人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

プログラム

受付状況
開催日

ジャンル

フリーワード
5/18(火)
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-1] 受付終了

社員の能力を最大発揮させる
全体最適と個人最適を両立する人材育成の考え方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業を取り巻く環境が激変する中、階層別研修を中心とした人材育成体系だけで、競争に打ち勝ち、自社の発展を牽引する人財が育つでしょうか。企業の事業戦略と人財育成戦略をリンクさせ、事業発展に向けて全体最適を図りながら、ICTツールを活用して従業員一人ひとりの個人最適な研修を提供できるかがポイントです。本講演では、効果的に企業競争力を高める人財育成の考え方と方法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現状の人材育成や組織開発に関して問題意識を持っている


株式会社パーソル総合研究所 執行役員 デジタルラーニング事業本部 本部長

髙橋 豊氏

【髙橋 豊氏プロフィール】
(たかはし ゆたか)大学卒業後、大手建設会社に入社し総務人事を担当。その後、電気メーカー子会社にて採用及び研修担当、株式会社日本能率協会コンサルティングを経て、2015年にトーマツイノベーション株式会社に入社。講師派遣研修事業の事業責任者に従事しながら、人材育成コンサルティング及び研修を実施。2018年10月より現職。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-2] 受付終了

ニューノーマル時代の様々な働き方を支援する、これからの福利厚生のあり方とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍により、テレワークが定着、従来の職場の概念が崩れ、不可逆な働き方改革が加速しました。福利厚生サービスも、多様な働き方に応じた新たな枠組みでの再構築が必要です。再構築のポイントは「いつでもどこでも」「ひとりひとりに寄り添った」の2つです。最新事例を上記のポイントで整理し、企業視点・社員視点それぞれの立場から見た、ニューノーマル時代の福利厚生のあり方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現状の福利厚生に問題意識がある、新施策を検討したい


Gigi 株式会社 事業推進部長/「食」x「福利厚生」 エバンジェリスト

加賀 裕二氏

【加賀 裕二氏プロフィール】
(かが ゆうじ)日本大学、事業創造大学院卒業(MBA習得)。ソフトバンクやITベンチャーで、HRテクノロジー、Food Tech、地方創生等、様々な新規事業立ち上げに従事。現在、Gigi株式会社で、ごちめし・さきめし・びずめしの事業推進、従業員福利厚生と地域飲食店を繋ぐ、新時代の社食サービス「びずめし」の展開に奔走。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-3] 受付終了

今だからこそ、「これからの新人研修選定」のポイントを真剣に考えてみませんか?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

講演時、多くの会社様では今年の新人研修の運営がひと段落する頃と思います。ニューノーマルな世界が文字通りアタリマエ化してきた今だからこそ、今年得た情報もあわせて貴社の新人研修を再確認してみませんか? 当日はみなさんが「よい新人研修とはなにか」の判断基準をもち、今後の企画に活かせる時間を作りたいと思います。今年の新人に対して今からできることも考えていきたいと思っています。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「よい新人研修とは何か」の判断基準をもちたい


株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

【仁藤 和良氏プロフィール】
(にとう かずよし)早稲田大学法学部卒。アクセンチュア、リクルートグループを経て、「幸せの共創」をミッションとする人材・組織開発コンサルティングファーム「一皮むける研修のビヨンド」を創業。独自技術「SCT(セルフコンフィデンス・テクノロジー)」を活用し、多くの企業の健全化を支援している。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-4] 受付終了

社員クチコミデータから紐解く、働きがいのある企業の採用・組織創りの秘訣とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、個人と企業の関係性や、組織のあり方が大きく変わっています。環境変化に適応し、働きがいのある組織を創っていく秘訣とは何なのか。今回はOpenWork発表の 「働きがいのある企業ランキング」Top50にランクインされているサイバーエージェント社の専務執行役員の石田様にご登壇いただき、企業のクチコミを読み解きながら、組織創りや成功の秘訣を探ります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織力を上げる/文化を醸成するための採用手法を知りたい


オープンワーク株式会社 代表取締役社長

大澤 陽樹氏

【大澤 陽樹氏プロフィール】
(おおさわ はるき)東京大学大学院卒業後、リンクアンドモチベーション入社。中小ベンチャー企業向けの組織人事コンサルティング事業のマネジャーを経て、企画室室長に着任。新規事業の立ち上げや経営管理、人事を担当。2019年11月に当社取締役副社長に就任。2020年4月、当社代表取締役社長に就任。

株式会社サイバーエージェント 専務執行役員 人事管轄採用戦略本部長

石田 裕子氏

【石田 裕子氏プロフィール】
(いしだ ゆうこ)2004年新卒でサイバーエージェントに入社。広告事業部門で営業局長・営業統括に就任後、Amebaプロデューサーを経て、2013年及び2014年に2社の100%子会社代表取締役社長に就任。2016年より執行役員、2020年10月より専務執行役員に就任。採用戦略本部長兼任。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-5] 受付終了

“ほんもののジョブ型”と「役割」の概念 ~グローバルリーダー育成の鍵~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍でジョブ型への移行が検討される中、海外では日本人駐在員不在でも現地のビジネスが滞りなく行われ、駐在員の役割や存在意義が問われています。本講演では、グローバル経験豊かな講師が、多様性のある組織に欠かせない“ほんもののジョブ型”や「役割」の概念、重要なマインドセットについて言及し、日本企業のグローバル化、真のグローバルリーダー育成の鍵をお届けします。(協賛/株式会社ビジネス・ブレークスルー)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多様性ある組織をリードするグローバル人材を育成したい


株式会社堀江コンサルティング 代表取締役社長

堀江 徹氏

【堀江 徹氏プロフィール】
(ほりえ てつ)住友商事から、マーサー、ヘイ、エーオンヒューイット、EYを経て現職。20年以上グローバル経営・組織・人事に従事。早稲田ビジネススクール「組織と人材」非常勤講師。ロンドン、上海、シンガポール、バンコクに駐在し自ら多様性のある組織をリード。著書『海外駐在の極意』『グローバル・マネジャーの育成と評価』。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-6] 受付終了

「ブレンディッド・ラーニング」新リモート時代の人材育成学
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新しい経営戦略の実行には<経営>と<人事>との整合性が不可欠であり、そのためには、研修が成果に結びつくものとなっていなければなりません。イベント型(点)ではなくジャーニー(線)としての学習へ変革していく必要があり、そのためにはテクノロジーの最大活用が求められます。本講演では、オンライン・オフラインだけでなく、学びのブレンド化などについても解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

より効率的・効果的に、学習投資を成果に結びつけたい


株式会社ミキハウス HCサポート 取締役

藤原 裕史氏

【藤原 裕史氏プロフィール】
(ふじわら ひろし)2008年より人事責任者として採用・定着・制度構築全般に携わり、2012年からは社内教育体制構築の責任者に。グループ各社向け教育事業会社の立ち上げや外国籍人材の新卒比率が50%を超える中のダイバーシティ推進、「経験学習・マイクロラーニング」を軸としたグローバルな人材育成システムの開発に取り組む。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社 アシスタントマネージャー

吉田 智佳子氏

【吉田 智佳子氏プロフィール】
(よしだ ちかこ)1997年トリンプに入社販売職を経験し、2003年より大阪管轄のトレーナーを担当。2012年から東京へ移動し、トレーニングプランを担当ストアスタッフ及びエリアマネージャー(営業)のトレーニングサポートを行う。

ユームテクノロジージャパン株式会社 ラーニングコンサルタント/ビジネスプロデューサー

小仁 聡氏

【小仁 聡氏プロフィール】
(こに さとし)上智大学非常勤講師、日本フューチャーラーナーズ協会理事。(株)ファーストキャリア、(株)セルムを経てラーニングシフト設立後、ユームテクノロジージャパン初期メンバーとして参画。HRテクノロジーを活用した学習の事業開発に従事。著書に『ブレンディッドラーニング-新リモート時代の人材育成学』(フローラル出版)
インタビュー 受付終了
5/18(火)
10:30 -
11:30
基調講演[A] 受付終了

逆・タイムマシン経営論:遠近歪曲の罠
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「タイムマシン経営」という言葉がある。すでに「未来」を実現している国や地域に注目し、日本に持ってくるという発想だ。「逆・タイムマシン経営論」はこの逆を行く。「近過去」に遡って当時のメディアの言説を振り返ると、さまざまな再発見がある。同時代のノイズがきれいさっぱり洗い流されて、本質的な論理が姿を現す。「新聞・雑誌は寝かせて読め」。メディアが一斉に取り上げるような言説には必ずと言っていいほどその時代特有のバイアスが入り込んでくる。「遠いものほど良く見え、近いものほど粗が目立つ」という人間の認識と思考におけるバイアスに注目して、本質を見抜くセンスと大局観を獲得するための思考様式を提案する。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多くの情報の中から本質を見抜くセンスを磨きたい


一橋大学大学院 経営管理研究科 教授

楠木 建氏

【楠木 建氏プロフィール】
(くすのき けん)1964年東京生まれ。専攻は競争戦略とイノベーション。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部専任講師、同大学同学部助教授、同大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年から現職。1997年から 2000 年まで一橋大学イノベーション研究センター助教授を兼任。1994-1995年と2002年、ボッコーニ大学経営大学院(イタリア・ミラノ)客員教授を兼任。著書として『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』(2010、東洋経済新報社)、『経営センスの論理』(2013、新潮社)、『戦略読書 日記』(2013、プレジデント社)、『「好き嫌い」と経営』(2014、東洋経済新報社)、『好きなようにしてください――たった一つの「仕事」の原則』(2015、ダイヤモンド社)などがある。
受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-1] 受付終了

キャリア自律を促し、未来のハイパフォーマーを創出するためのスキルマップデザイン
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DX、グローバル化、リモートワーク等が進展する中、差異化された価値を創出・提供し続けるために、従業員にはどのような知識・スキルを身につけてもらってキャリアを形成してもらうのか。鍵を握るのは「これから求められる組織能力」の定義です。本講演では、実例をもとに、求められる組織能力の明確化、ジョブの定義・ジョブ遂行のためのスキルマップの導出まで、具体的な流れをご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

未来志向でのジョブの定義、育成体系構築の手法に関心がある


株式会社インヴィニオ 代表取締役/エデューサー

土井 哲氏

【土井 哲氏プロフィール】
(どい さとし)1984年、東京大学経済学部卒業後東京銀行に入行。在職中に米国MITスローン経営大学院にてMSを取得。92年McKinsey & Co.に入社、通信業界、IT業界のコンサルティングに従事。97年にインヴィニオの前身である(株)プロアクティアを設立。以来、人材開発・組織開発分野のコンサルティングに従事。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-2] 受付終了

「ナラティヴマネジメント」とは~企業変革力を高め、個人と組織を活かす新手法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ダイナミックケイパビリティを強化するには、環境の急激な変化に対応できる組織、個を活かし部下と信頼関係を構築出来るリーダーが必須です。本講演では上司部下のナラティブを起点に、組織ナラティブを作り出し、方向性を束ねる≒企業変革力に繋げるステップを解説します。管理職を変えようとするのではなく「変わる」アプローチで、経営や管理職の意識にパラダイムシフトを起こしましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職の意識改革をしたい/企業変革力の基盤を作りたい


コンティニュウ株式会社 代表取締役社長/名古屋工業大学講師

大山 裕之氏

【大山 裕之氏プロフィール】
(おおやま ひろゆき)パイオニア、カシオ計算機、大前研一のコンサルティングファームを経て2009年に創業。人間の本質をベースとした人材開発、組織開発手法を多数開発。原則的理論から分かりやすく実践的なメソッドで2万人以上の管理職を指導、成果を上げている。その教育に対する熱意と笑顔の講義により参加者から高い評価を得ている。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-3] 受付終了

リモートワークにおける科学的な営業人財育成モデルとは
<東京大学との共同研究より>
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「営業はセンスや才能だから……」「特殊な業界で標準化できない……」という声をよくお聞きします。営業人財を採用しOJTや研修を実施しても、成果が出ないと悩む人事・管理職・経営者は多く、リモートワークに移行した昨今、特にその悩みは深いようです。本講演では、7469社の営業組織データ分析に基づき東京大学、他との共同研究で解明した、営業人財の成長モデルを事例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートワーク体制下での難しい営業人財育成を任され困っている


ソフトブレーン・サービス株式会社 代表取締役社長/一般財団法人 プロセスマネジメント財団 代表理事

野部 剛氏

【野部 剛氏プロフィール】
(のべ たけし)早稲田大学卒業後、野村證券へ入社。本店勤務。4年間一貫して、リテール営業。トップ営業マンとして活躍。2005年5月ソフトブレーン・サービス株式会社入社。執行役員を経て2010年7月に代表取締役社長に就任。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-4] 受付終了

非エンジニア人事必見! GitHubから読み解くエンジニア候補者の見極めポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エンジニアに求められるスキルが企業や職種によって多様化・複雑化している昨今、エンジニア採用を行う人事にとって、選考時の「ITスキルの見極め」はこれまで以上に難しくなっています。本講演では、エンジニア選考官との共通言語を増やし、候補者の理解を深め、寄り添いたい人事の方に向けに、世界中のエンジニアが活用する「Github」から読み解くスキルの見極め方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ITエンジニアの採用に課題意識を持っている


株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長

山根 淳平氏

【山根 淳平氏プロフィール】
(やまね じゅんぺい)2013年に株式会社ギブリー参画後、ハッカソンやプログラミングコンテストなどエンジニアのコミュニティ運営を行う傍ら、IT・通信・メーカー企業等にエンジニア採用・育成・評価制度設計の支援を行う。2016年執行役員就任以降はプログラミングスキルチェックツール「track」のプロダクトオーナーを務める。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-5] 受付終了

意図せず失敗する「英語研修」の作られ方。
知っておきたい! 社員と研修会社のホンネ。
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

英語研修で結果が出ず、研修会社を変えたが、やはり上手くいかないという相談が少なくありません。原因を突き詰めると、社員のマインドがつかめてなかったことに行き着きます。弊社研修でも痛い失敗をしてきました。そこから分かった社員のホンネ「私がやる気にならない理由」と、研修会社が言わないホンネ「研修会社を変えなくても、今スグできること」を紹介。他社で実施中の研修にも活かせます。(協賛/株式会社 ビズコム)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員が自発的・自律的に英語学習に取り組む仕組みを作りたい


英語&スキルトレーング BizCom 代表

鹿野 晴夫氏

【鹿野 晴夫氏プロフィール】
(かの はるお)東京都立大学工学部卒。29才、初の海外出張を契機に、苦手だった英語の自己学習を開始。TOEIC L&Rテスト335点から、3年半で850点へ(現在990点)。経験を綴った本の執筆後、英語トレーニング指導のプロに。著書に『TOEICテストで高得点を取れる人と取れない人の習慣』(明日香出版)など70点。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-6] 受付終了

変化する従業員エンゲージメント
~有意義な体験を従業員に提供するための本質~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事分野で頻繁に目にする「エンゲージメント」という言葉。「重要なのは分かっている」のに何もしていなかったり、既に取り組んでみたものの「具体的な成果につながらない」と、空回りしている人事担当の方々もいらっしゃるのではないでしょうか。本講演では、コロナ禍で変化しつつあるエンゲージメントの実態と、その維持・向上のためにも注目されるメンタルヘルスやウェルビーイングに焦点を当てて論じてみたいと思います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員の声を戦略や施策に活かすための方法を模索している


クアルトリクス合同会社 EXソリューションストラテジー ディレクター

市川 幹人氏

【市川 幹人氏プロフィール】
(いちかわ みきと)住友銀行(現三井住友銀行)、三菱総合研究所を経て、ヘイグループ(現コーン・フェリー・ジャパン)およびウイリス・タワーズワトソンにおいて、従業員意識調査チームの統轄責任者を歴任。従業員の声に基づく組織改革支援に豊富な経験。クアルトリクスでは、従業員エクスペリエンス分野推進のディレクターを務める。

さんぎょうい株式会社 メンタルヘルス・ソリューション事業室 室長

佐倉 健史氏

【佐倉 健史氏プロフィール】
(さくら たけし)臨床心理士・公認心理師・メンタルヘルス法務主任者。一般企業での会社員経験を経て臨床心理士に。精神科クリニック併設型の外部EAP機関にて国内最大手から中小企業まで500件以上の支援実績を持つ。さんぎょうい株式会社では顧客企業の個別課題に対するコンサルティングや、研修講師などを担当。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-7] 受付終了

人事DXの成功と失敗。明暗を分ける5つの条件
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ペーパーレス、HRテクノロジー、RPAなど、働き方改革やコロナ禍を背景に人事部門のDXが活況を呈しています。「人事DX」が上手くいっている企業がある一方で、失敗している企業も目に付きはじめました。両者の明暗を分けるものとは何でしょうか? 本講演では、人事部門のDXを成功させるために知っておくべき基本と本質を実態ベースで解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社の人事DXがどうあるべきか? を知りたい


株式会社クレオ 事業戦略本部 マーケティング統括部 プロモーション部 部長

平田 恵輔氏

【平田 恵輔氏プロフィール】
(ひらた けいすけ)2007年クレオに入社。大手・中堅企業を中心にERPのコンサルティングに従事、営業部長を経て現在はスタートアップ事業のブランディング、エンタープライズDXのマーケティングを担当。2020年12月、「人事部門のためのDXマニュアル」を公開。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
12:40 -
13:40
パネルセッション[B] 受付終了

社員の“働く”を支援する「信頼経営」で、エンゲージメントや生産性を向上させる
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「信頼経営」は社員と企業が対等な関係を築き、社員の“働く”をバックアップすることで、エンゲージメントや生産性を高める考え方です。本講演では、積水ハウス、ヤフー、ニトリホールディングスという業種の異なる3社の人事部門責任者の方にご登壇いただき、コロナ禍での組織に関する取り組みについて「信頼経営」をキーワードに議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のエンゲージメントや生産性の高め方に悩んでいる


積水ハウス株式会社 執行役員 人材開発担当

藤間 美樹氏

【藤間 美樹氏プロフィール】
(ふじま みき)1985年神戸大学卒業。藤沢薬品工業(現アステラス製薬)、バイエルメディカル、武田薬品工業、参天製薬にて人事の要職を歴任。2020年12月に積水ハウスに転職し、2021年4月より現職。M&Aは米国と欧州の海外案件を中心に10件以上経験し、米国駐在は3回、計6年。グローバル化を日米欧の3大拠点で推進。

ヤフー株式会社 執行役員 コーポレートグループ ピープル・デベロップメント統括本部長 兼 チーフ・コンディショニング・オフィサー(CCO)

湯川 高康氏

【湯川 高康氏プロフィール】
(ゆかわ たかやす)青山学院大学経済学部卒。1992年、全日空エンタプライズ株式会社入社、人事全般に従事。2003年5月、ヤフー株式会社入社。採用、労務、給与厚生を担当。2014年4月より本部長として、人事とオフィス部門を管掌。2016年、働き方改革を推進。2018年4月、執行役員に就任(現職)。

株式会社ニトリホールディングス 組織開発室 室長

永島 寛之氏

【永島 寛之氏プロフィール】
(ながしま ひろゆき)東レ勤務を経て2007年ソニー入社。米国マイアミに赴任時にダイバーシティ組織の運営を通じてグローバル組織構築に興味を持ち、2013年に米国出店を果たしたばかりのニトリに入社。その後、店長、人材採用部長、採用教育部長を務め、2019年3月から現職。テクノロジーによる社員と会社の成長をマッチングする教育システム構築に全力投入中。「個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる」という考えのもと、従業員のやる気・能力を高める施策を次々と打ち出す。

株式会社Works Human Intelligence 最高人財責任者(CHRO)

野田 公一氏

【野田 公一氏プロフィール】
(のだ こういち)早稲田大学卒業後、株式会社三菱銀行入行。HBSにてMBA取得。インクス株式会社を経て2004年、楽天株式会社入社。執行役員として金融業務室長、経営企画室長、グローバル人事部長等を歴任。2016年、ウォルマート・ジャパンHD株式会社/合同会社西友にて執行役員兼最高人財責任者。2019年より現職。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-1] 受付終了

若手育成を問い直し、挑戦の土壌を創る―堅実組織の風土改革―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

この1年、ほぼ全ての企業が事業のあり方や組織運営に変化を余儀なくされてきました。外からも内からも新しい取り組みが求められる中、堅実な組織がいかに挑戦の風土を創れるか、が問われています。本講演では、「若手育成」の問い直しがカギを握っていること、その背景や、効果的な取り組み事例もあわせてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織に挑戦の風土を創りたいが、どこからどのように着手すべきか悩んでいる


michinaru株式会社 代表取締役

菊池 龍之氏

【菊池 龍之氏プロフィール】
(きくち たつゆき)大学卒業後人材開発ベンチャー企業に入社。企業の採用・教育支援に従事しその後複数の事業の立ち上げを経験。2011年株式会社コヨーテ設立。独自の採用メソッドを開発し2000社を超える企業に伝える。2020年横山と共にmichinaru株式会社設立。新規事業創造プロジェクト「Hatch!」をプロデュース。

michinaru株式会社 取締役

横山 佳菜子氏

【横山 佳菜子氏プロフィール】
(よこやま かなこ)2005年リンクアンドモチベーションに転じ、2011年グループ内子会社リンクイベントプロデュース立上げを経て独立。「変化を創る挑戦者を創る」を目指し、組織で働く人のキャリア・リーダーシップ開発や、内発的動機が価値創造の起点となる事業創造プロジェクト「Hatch!」の開発及びファシリテーションを行う。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-2] 受付終了

もう無駄遣いはやめよう! リーダーが本当に「変わる」コツとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

研修で触発されたものの、すぐに元通り……成果は出ない。みなさんの会社も思い当たりませんか? スタンフォード大学教授ジェフリー・フェファー氏は「リーダーシップ教育には多大な資金と時間が投入されているが、ほとんど成果が出ていない」と言っています。本講演では、なぜ上手うまくいかないのか、どうしたら変わるのか、数多くのリーダー育成を設計・運営してきた経験をもとに、コツをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社のリーダー育成プログラムに課題を感じている


株式会社デルタスタジオ

渡慶次 道俊氏

【渡慶次 道俊氏プロフィール】
(とけいじ みちとし)東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門に入社。主に製薬・半導体業界のM&Aアドバイザリー業務に従事。同社を退職後、デルタスタジオに参画。次世代リーダーから経営陣までリーダーシッププログラムの設計・開発に従事。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-3] 受付終了

「個」の時代に企業が行うキャリア教育とは? ~若手社員の自律を促す研修設計~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

“キャリア自律”という言葉が一般的に使われ始めてしばらくたちます。しかし、「キャリア教育を受けた社員が離職してしまうのではないか」というジレンマがあり、「個人の支援」と「組織の発展」の間で悩まれている人材開発担当者は多いのではないでしょうか。本講演では、エンゲージメント向上とキャリア自律の関係から、具体的なキャリア教育の研修設計のポイントについてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

キャリア教育は必要だが、離職につながらないか不安に感じている


株式会社NEWONE マネジャー

小野寺 慎平氏

【小野寺 慎平氏プロフィール】
(おのでら しんぺい)大学卒業後、(株)シェイクに入社。企業の人材育成や組織開発のコンサルティングを行う。2018年1月(株)NEWONEに参画。商品開発・マーケティング、組織開発、研修のファシリテーターなどで活動する傍ら、「仕事そのものが面白いと思う20代を増やす」をテーマに20代向けの能力開発の新規事業を立ち上げる。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-4] 受付終了

ウィズコロナ時代の人材育成と適所適材
人材の躍動化のための「出向」とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

雇用制度や人材育成において、個人に目を向けられることが多くなりました。個人が躍動化するためには、個人の特性を見極め、成長環境に配置する“適所適材”の取り組みが重要です。一方で、社内だけではすべての機会を創出することは難しく、社外にも成長の機会を求めていく必要があります。本講演では、出向を通した人材が躍動するためのカギについて、事例を交えながらお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材育成の機会創出に悩んでいる


アデコ株式会社 Adecco COO代行

柳 修一氏

【柳 修一氏プロフィール】
(やなぎ しゅういち)1979年、栃木県生まれ。新卒から人材派遣サービス業に従事し、2004年にアデコ入社。人材派遣事業において大型案件の獲得やトップセールスとして、早い段階からマネジメントに従事。支社長、エリア長、首都圏の事業本部長を経て、2021年よりAdeccoブランドを統括するCOO代行に就任。
受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-5] 受付終了

人事課題解決型のDX・パルスサーベイで進化する組織改善のPDCAサイクル
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ウェルビーイングと生産性向上の同時達成に向けて、人事データの集約・可視化での状況把握に限らず、人事課題を包括的に解決するDXがいま求められています。本講演では、ストレスチェックや健診、休業者情報等の人事データを集約・分析し、解決策のレコメンド、ソリューション提供、パルスサーベイによる効果測定まで実現し、組織改善のPDCAサイクルを進化させるDX活用法をお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

HRDXの推進、人事データの集約・活用に悩んでいる


株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント 代表取締役社長

鳥越 慎二氏

【鳥越 慎二氏プロフィール】
(とりごえ しんじ)東京大学経済学部経済学科卒業。ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院修了(MBA 経営学修士号取得)。大学卒業後、外資系戦略コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーにて保険・金融を始め様々な業界を対象としたコンサルティング業務に従事。1999年、株式会社アドバンテッジリスクマネジメントを設立。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-6] 受付終了

【障がい者雇用】令和3年最新マーケット動向と企業が今やるべきこと
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

3月に障害者雇用促進法が改正、納付金の対象拡大も今年6月に方向性が決定する予定となり、障がい者雇用のマーケットは大きな変化が訪れています。コロナの影響も多方面に広がる中、どうすればマーケットの変化に対応できるのでしょうか。本講演では、最新のマーケット全体の動向を体系的にご説明した上で、今企業が障がい者雇用においてやるべきことを明確にできる場にしたいと考えております。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

障がい者雇用をこれから知りたい、数年取り組まれてきている


株式会社エスプールプラス 執行役員 わーくはぴねす農園事業部 事業部長

大橋 王二氏

【大橋 王二氏プロフィール】
(おおはし おうじ)リクルートで営業を、IT企業で経営を学び、それらの経験をもとにエスプールプラスの創業期から携わる。「一人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」という理念のもと、障がいのある方がやりがいをもって楽しく働くことができる環境を整備すること、企業様の障がい者雇用の幅を広げていくことを担う。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-7] 受付終了

DXの罠 ーなぜ、戦略だけではうまくいかないのか? 人事部門が貢献できることとは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍が加速させた世界の急激な転換に合わせて、ビジネスを、組織を、人を、変革することができていますか? 日本の多くの企業が、DX推進において何故いまだに戦略立案より先に進めずにいるのでしょうか。DXは、組織や、組織に属する人の心を変えることから始まります。世界で多くの企業の成功と失敗を目の当たりにしてきた経験から、DX推進の鍵と人事部門が担うべき役割についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX推進を担う人材、組織開発や、組織の現状把握に悩んでいる


IGS株式会社 CEO/慶應義塾大学 特任教授/経産省「創造性を発揮する組織のあり方に関する研究会」委員

福原 正大氏

【福原 正大氏プロフィール】
(ふくはら まさひろ)現三菱UFJ銀行、現ブラックロック最年少マネージングディレクター、日本法人取締役を経て、2010年IGS株式会社を創設。2016年2月より、人工知能とビッグデータを活用して、採用や企業の組織分析を行う「GROW」をサービス開始。著書に『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』(朝日新聞出版)など。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
14:50 -
15:50
パネルセッション[C] 受付終了

新卒採用成否のカギは「候補者体験」の見直しとデザイン~40万件以上のクチコミからひも解く~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新卒採用市場が21、22、そして23卒と1年毎に大きく変化する中で、企業規模も採用経験も異なるソフトバンクとグッドパッチは、なぜ採用に成功しているのか。そのポイントは「候補者体験」にありました。ワンキャリアが持つ40万件以上のクチコミを使い、学生の考え方や企業側の盲点を解説しながら、2社が取り組んだ「候補者体験」の質向上につながるアクションを明らかにしていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

母集団形成・選考辞退率の高さに課題があり、改善方法を知りたい


ソフトバンク株式会社 人事本部 本部長 兼 組織人事統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長

源田 泰之氏

【源田 泰之氏プロフィール】
(げんだ やすゆき)1998年入社。営業を経験後、2008年よりHR領域を担当。ソフトバンクグループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティおよび後継者育成機関のソフトバンクアカデミア、新規事業提案制度(ソフトバンクイノベンチャー)の責任者。SBイノベンチャー・取締役を務める。孫正義が私財を投じ設立した、公益財団法人孫正義育英財団の事務局長。孫正義育英財団では、高い志と異能を持つ若者が才能を開花できる環境を提供、未来を創る人材を支援。教育機関でのキャリア講義や人材育成の講演実績など多数。日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門個人の部 最優秀賞 受賞。

株式会社グッドパッチ 代表取締役社長 CEO

土屋 尚史氏

【土屋 尚史氏プロフィール】
(つちや なおふみ)2011年9月に株式会社グッドパッチを設立。「デザインの力を証明する」というミッションを掲げ、様々な企業の事業戦略からUI/UXまでを支援し、企業価値の向上に貢献。ベルリン、ミュンヘンにもオフィスを構え、世界で200名以上のデザイナーを抱える。2020年6月、デザイン会社として初の東証マザーズ上場。

株式会社ワンキャリア 取締役

北野 唯我氏

【北野 唯我氏プロフィール】
(きたの ゆいが)新卒で博報堂へ入社。ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。現在取締役として人事・戦略・広報クリエイティブ領域を統括。またテレビ番組や新聞などで「職業人生の設計」「組織戦略」の専門家としてコメントを寄せる。著書に『転職の思考法』『天才を殺す凡人』など。
受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-1] 受付終了

今、注目の「EVP(従業員への価値提供)」とは
~自律創造型社員の創出~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCAの時代、過去にとらわれず企業が成長するためには、従業員一人ひとりの力が鍵となります。「自ら学び・考え・動く」自律的な社員を育て、多様化する従業員一人ひとりに向き合い支援することが不可欠です。今、EVP(従業員が感じるその企業で働く価値)が注目されています。本講演では、EVPとは何か? どのようにEVPを向上させるのか? 事例を交え、分かりやすく解説していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

持続的成長に向けた企業変革や自律創造型人財の育成がしたい


株式会社JTBベネフィット 取締役執行役員

田中 宏和氏

【田中 宏和氏プロフィール】
(たなか ひろかず)1987年、(株)日本交通公社(現:JTB)へ入社、法人営業部門に従事。2000年、社内ベンチャー制度にてJTBベネフィットを起業、福利厚生サービス「えらべる倶楽部」を立ち上げる。経営管理全般にも従事し、HR領域にて「従業員への価値提供」を追求。2020年、EVPソリューションを開発、現在に至る。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-2] 受付終了

採用関連データから読み解く、効果的なオンライン採用術とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

情報検索の進化やモバイルの普及により、求職者の求職活動方法は日々変化しています。そして企業は採用活動を行うにあたり、求職者の活動変化に対応する必要があります。本講演ではIndeedが保有する各種データをもとに求職者の採用に関する動向を解説するとともに、これからのオンライン採用において押さえておくべきポイントをご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

Webを使った採用活動や、効果的な求人票の書き方を知りたい


Indeed Japan Director of Sales

堀口 裕亮氏

【堀口 裕亮氏プロフィール】
(ほりぐち ひろあき)2008年、株式会社リクルートエージェントに入社。中途採用支援事業に従事。2010年、株式会社リクルートキャリアコンサルティングでの人員適正化コンサルティングを経て、2016年にIndeed Japan株式会社へ参画。現在は首都圏マーケット深耕を担う。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-3] 受付終了

その紙管理、健康を害しています。ペーパレス健康管理の失敗事例と正しい導入ステップ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

いまだに、健康診断やストレスチェックといった社員の健康情報は、紙やエクセルなどのアナログ管理が主流です。バラバラに管理したままでは、社員の健康リスクを正しく判断できません。そこで注目される健康管理のペーパレス化ですが、逆に業務効率化が落ちたり、法令違反になってしまう場合も。本講演では、失敗しがちなペーパレス化事例と健康管理システムの選び方事例をお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

健康診断が紙管理のままで、社員の健康リスクが把握できていない


株式会社iCARE 取締役CRO 健康経営アドバイザー

中野 雄介氏

【中野 雄介氏プロフィール】
(なかの ゆうすけ)大手人材会社に新卒で入社後、2015年株式会社iCAREに第一号社員としてジョイン。500社以上の衛生委員会立ち上げやストレスチェック、メンタル不調者対応などの健康管理に携わる。2019年1月よりSales&Marketing部長、2019年9月より執行役員を歴任し、2020年7月より現職。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-4] 受付終了

研究結果から見えた、ダイバーシティに欠かせない「3つの意識・5つの行動」とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

~HRカンファレンス2020春 満足度上位講演に選出~
多様性を受け入れる意識をどう社内浸透させるか。特に「外国人材の職場適応、日本人側の受け入れ」問題は成功例が少なく、ダイバーシティ部門の頭を悩ませています。本講演では、東京大学の社会心理学博士が明らかにした、外国人材の職場適応に不可欠な概念「CQ(異文化適応力)」と、異文化受容に不可欠な「3つの意識・5つの行動」について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ダイバーシティ・多様性に対する意識の「社内浸透」に悩んでいる


株式会社エイムソウル 代表取締役/PT. Bridgeus Kizuna Asia Director

稲垣 隆司氏

【稲垣 隆司氏プロフィール】
(いながき たかし)1975年大阪生まれ、同志社大学卒業。2005年株式会社エイムソウルを設立。350社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシア進出。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。2020年9月より、厚生労働省 ビルクリーニング分野特定技能協議会 情報収集・分析等検討会 検討委員に就任。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-5] 受付終了

ニューノーマル時代の組織創り~『自律した組織と個人の創造』へのアプローチ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ニューノーマル時代ではリモート運用方法やコミュニケーションの習熟などにとどまらず、自律した個人の育成と相互の信頼関係の形成が重要です。本講演では、組織の価値観や期待行動を共有しエンゲージメントを高めるイノベーティブな組織創りのポイントと、それを支えるためのリアルタイムフィードバックの活用方法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ニューノーマル時代に適した組織と人のあり方を模索している


一般社団法人中部産業連盟 人材マネジメントコンサルティング部 部長 上席主任コンサルタント

梶屋 宣之氏

【梶屋 宣之氏プロフィール】
(かじや のぶゆき)大手自動車部品、上場金属、上場橋梁鉄鋼、ITなど多様な業種において人事制度革新における支援コンサルティングを多数実施。また、組織風土改革、管理職対象のアセスメント研修、人事考課者研修、アクションラーニング研修など人材開発にも実績多数。人事制度構築や組織風土改革と人材育成研修の両輪で活躍中。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-6] 受付終了

自律的なチームの目標管理とマネジメントとは? 強いチームをつくる「OKR」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモートワーク環境のもと、自律的な組織がこれまで以上に求められます。チームのマネジメントやMBOに代表される従来型の目標管理を見直さなければなりません。そこで、鍵を握るのが「OKR」です。本講演では、これからの時代に必要とされるマネジメントとOKRについて導入から運用まで実践的な内容を交えてご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

MBOなど従来の目標管理に課題を感じている


株式会社タバネル 代表取締役

奥田 和広氏

【奥田 和広氏プロフィール】
(おくだ かずひろ)一橋大学商学部卒業。ファッション・化粧品メーカー、コンサルティング企業などで勤務。取締役として最大 170 人の組織マネジメントに携わる。OKR、組織マネジメントのコンサルティングを行う株式会社タバネルを設立。 著書に『本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR』がある。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-7] 受付終了

オンラインを活用し、「40・50代からの能力の成長」をデザインするには?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で、事業と組織の在り方が大きく変わる中、40・50代の社員も新しい能力を獲得できるかが重要なテーマとなりました。欧米の企業で浸透している「知性や能力が一生をかけて成長を遂げていく」という考えの成人発達理論は、近年日本でも注目されるようになっております。この理論を交え、ミドル層が既存の業務を離れずに能力の成長を図るための育成体系の設計についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新人若手だけではなく、ミドル以降も成長できる環境が必要だと思っている


株式会社アントレプレナーファクトリー 代表取締役/立命館大学・大学院(MBAコース) 非常勤講師

嶋内 秀之氏

【嶋内 秀之氏プロフィール】
(しまうち ひでゆき)オリックス株式会社にてベンチャー投資に主に携わり、2009年にアントレプレナーファクトリー設立。ラーニングテクノロジーと動画を用いて、地域や時間を問わずに学習できる動画サービスを展開。3000を超える学習コンテンツを揃え、知性発達科学者加藤洋平氏を招いたコンテンツを企画制作し、成人発達理論の普及にも努める。
インタビュー 受付終了
5/18(火)
17:00 -
18:00
パネルセッション[D] 受付終了

元ネスレ日本・高岡浩三氏が語る「パーパスマネジメント」の実践
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、経営における「パーパス」(企業や個人の存在意義)の重要性が高まり、パーパスを活用した戦略策定や組織開発について多方で議論されています。本セッションでは、元ネスレ日本の代表・高岡浩三氏による「パーパスを活用したCSVの取り組み(事業成長と社会的価値の両立)」とアイディール・リーダーズが提唱する「パーパスマネジメント」について講演を行います。後半は参加者の皆さまからのご質問に直接お答えしながら進行します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ミッション・ビジョン・バリューが絵に描いた餅になっている


ケイアンドカンパニー株式会社 代表取締役

高岡 浩三氏

【高岡 浩三氏プロフィール】
(たかおか こうぞう)1960年大阪生まれ。1983年ネスレ日本入社。各種ブランドマネジャー等を経てネスレコンフェクショナリー株式会社マーケティング本部長として「キットカット受験応援キャンペーン」をてがける。2010年11月より2020年3月までネスレ日本代表取締役社長兼CEO。2020年4月ケイアンドカンパニー代表取締役としてDXを通じたイノベーション創出のプロデューサー。

アイディール・リーダーズ株式会社 CHO(Chief Happiness Officer)

丹羽 真理氏

【丹羽 真理氏プロフィール】
(にわ まり)University of Sussex大学院にてMSc取得後、株式会社野村総合研究所に入社。2015年、Ideal Leaders株式会社を共同設立。社員のWell-being・Happinessを向上するリーダー「CHO」の普及を目指す。2018年に初の著書『パーパス・マネジメント』を出版。

アイディール・リーダーズ株式会社 COO(Chief Operating Officer)

後藤 照典氏

【後藤 照典氏プロフィール】
(ごとう あきのり)東京大学教育学部卒業。グロービス経営大学院修了(MBA)。グロービスマネジメントスクール講師。株式会社ベネッセコーポレーション入社後、商品企画、販売・マーケティング、人事などに携わる。Ideal Leaders入社後は、上場企業経営層向けコーチングや、管理職向けの意識変革研修などを多数実施。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-1] 受付終了

人的資本経営の時代、ISO30414が経営、管理職育成のあり方に投げかける問いとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨年8月に米国証券取引委員会が上場企業に人的資本に関する情報開示を義務化。このガイドラインとして推奨されているHR領域初の国際規格ISO30414は、今後の企業のマネジメントに本質的な変革を求めています。この中核を担う管理職が変化出来るか、出来ないかによって組織の命運は大きく変わります。本講演では、問われている変革の本質と、それを担う管理職育成のあり方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジメント層の機能不全を変えていきたい


アルー株式会社 エグゼクティブコンサルタント/一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム 特別研究員

中村 俊介氏

【中村 俊介氏プロフィール】
(なかむら しゅんすけ)東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程卒。国内大手損害保険会社で官公庁担当営業として従事したのち、創業間もないアルー株式会社に参画。営業マネージャー、経営戦略室長、新規事業(ALUGO)立ち上げ、納品責任者、インド現地法人の代表取締役などを歴任し、同社の東証マザーズ上場に貢献。
受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-2] 受付終了

パナソニックの人事と語る、大手企業が23卒で取組むべきエンゲージメント採用とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2020年度はコロナの影響に伴い、早期/長期化やオンライン化が加速し、従来の手法だけではターゲット学生を採用することが難しくなりました。これからの採用を成功に導くためには、データ起点での採用コミュニケーション設計や戦略策定が極めて重要です。本講演では、パナソニックの採用マーケティングを務める杉山様をお招きし、23卒に取組むべきエンゲージメント採用についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用のデジタルシフト/戦略策定に課題がある


パナソニック株式会社 採用ブランディング・PeopleAnalytics課 課長

杉山 秀樹氏

【杉山 秀樹氏プロフィール】
(すぎやま ひでき)慶応SFC卒。ITベンチャーでマーケティング/広報/IR/経営企画を経てHRチームを立ち上げ。採用/組織戦略/ブランディングをリード。 その後、メガベンチャーにてHR立ち上げをし、HR/PRを統括。子供を授かったことを契機に未来を創るためパナソニックに入社し現職。

株式会社スパイスボックス 採用コミュニケーション事業部 事業部長

秋山 真氏

【秋山 真氏プロフィール】
(あきやま しん)2016年に新卒入社し営業プロデューサー経験を経て、2年目よりチームマネージャーに就任。3年目からは自ら事業を立ち上げ、人事向け採用ソリューションを提供開始。『THINK』を用いたSNS上のビックデータ解析と、分析を活かしたプランニングが事業の強みであり、Z世代に刺さる採用コミュニケーションを立案。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-3] 受付終了

企業成長を加速させる新しい人事部門の姿とは~経営戦略を企画実践するための第一歩~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

副業就労やジョブ型雇用の拡大など、人事情報の管理は大きな転換期を迎えています。これからの人事部は人材獲得競争や従業員エンゲージメント向上に対応するべく領域毎に細分化された業務とシステムの在り方を見直し経営戦略に基づく包括的な人事戦略の企画実践が求められます。本講演では人事情報を経営戦略に活用している事例を紹介し、抜本的な業務見直しと組織改革のポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事部門の業務効率化と戦略実践機能の強化を図りたい


Fフロンティア株式会社 代表取締役/人事コンサルタント/社会保険労務士

深瀬 勝範氏

【深瀬 勝範氏プロフィール】
(ふかせ かつのり)大手電機メーカーの人事部門を経験後、金融機関系シンクタンク、上場企業人事部長等を経て独立。現在、経営コンサルタントとして人事制度設計、事業計画の策定などのコンサルティングを行うとともに執筆・講演活動などで幅広く活躍中。主な著書に『Excelでできる 戦略人事のデータ分析入門』(労務行政)ほか多数。

スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部 部長

瀧 頼子氏

【瀧 頼子氏プロフィール】
(たき よりこ)会計・人事給与の国産ソフトウェアパッケージSuperStreamの製品発売時の初期メンバーとしてシステム導入・サポート業務に携わり、平成13年からは製品サポート部門長として従事。平成24年より商品企画・マーケティング部門の責任者として、ユーザのご要望や市場ニーズ・制度対応を鑑み製品への実装に取組む。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-4] 受付終了

勘違いしがちなキャリアカウンセリング 
~重要性と進め方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事の方から、キャリアカウンセリングについて「社員が辞めてしまうのではないか」や「人事がやることなの?」などのイメージを持っているとよくお聞きします。本講演では、皆さんが勘違いしがちなキャリアカウンセリングについて、海外と日本の考え方の違いや弊社がこれまで実施してきた事例をもとに「重要性や実際の進め方」について、お話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員が力を発揮しきれる職場を作りたいと考えている


株式会社キャリアブリッジ 代表取締役

石川 靖氏

【石川 靖氏プロフィール】
(いしかわ やすし)1976年生まれ神奈川出身SIer、デジタルエージェンシー、ベンチャー役員を経て2015年に前身となる株式会社リソラを起業、現在に至る。自身の経験を活かし今年からキャリアコンサルティング事業を本格化。社会人講師、産業カウンセラー資格保持。

セルフキャリアデザイン協会理事/株式会社キャリアブリッジ キャリアカウンセリング事業部 担当部長

木村 俊夫氏

【木村 俊夫氏プロフィール】
(きむら としお)延べ1800人を超えるカウンセリング経験を軸にした人財育成と、IT通建業界向けた社内研修の実績をもとに、業務企画やビジネスコンテンツのコンサルティングを行っている。事業のスタートアップに強みを持つ。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-5] 受付終了

答えのない時代に価値を生み出す『思考力』とは? 自ら考え行動できる人材の育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

我々を取り巻く環境は複雑さを増し、将来の予測が困難な時代にあります。この様な環境では、自ら考え行動できる人材の育成が非常に重要です。一方、どのような能力を、どのように育てればいいのか、具体的にイメージするのは難しいと思います。本講演では、正解のない時代にビジネスで成果を出すために必要な『思考力』について、その強化の必要性から具体的な鍛え方の手法までお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

“自ら考え行動できる人材”を育成する方法が知りたい


株式会社アイデアル 代表取締役社長

星山 相馬氏

【星山 相馬氏プロフィール】
(ほしやま そうま)1989年(株)日本ブレーンセンター(現エン・ジャパン(株))に入社。企業の採用・教育・評価に関するコンサルサルティングに従事。2005年(株)アイデアルを設立し、戦略的HRコンサルティングを展開。現在は、ビジネス思考を強化する教材『evolve method(イボルブメソッド)』を中心に事業を行っている。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-6] 受付終了

自律・共創社員を育てるコミュニケーション~「口ぐせ」から信頼関係に至るステップ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ウェブ会議が主となった新しい職場環境では、従来の管理型から自律・共創社員を育成する新たなリーダーシップスタイルへのシフトが重要となっています。その際、日頃のコミュニケーションが改革のポイントとなります。本講演では、これから必要とされるリーダーの在り方を「口ぐせ」という切り口からひも解き、成長し続ける組織風土に至るまでの道すじを実践事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離職、人材育成、組織のコミュニケーション等の課題がある


株式会社共創アカデミー 代表取締役/ファシリテーション塾 塾長/NPO法人はたらく場研究所 代表理事

中島 崇学氏

【中島 崇学氏プロフィール】
(なかじま たかあき)NECにて人事、広報、組織開発に従事。特に組織開発では、社内ビジョン浸透のための「3,000人の対話集会」を実施。独立後、株式会社共創アカデミーを設立。組織を越えて活躍するリーダーを育成するファシリテーションプログラムを提供。最近はオンラインでのファシリテーション、リーダー研修も様々な企業で実施。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-7] 受付終了

在宅ワークの落とし穴!? コロナ禍で見えた仕事と介護の両立支援の新たな課題と対策
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

家族の介護をしている従業員は、悩みを打ち明けられず一人で抱え込んでしまうケースが散見されます。コロナ禍で在宅ワークが増える中、上司や同僚と話す機会が減り、当事者がますます話しづらい環境になっています。本講演では、「隠れ介護」をしていた従業員が突然辞めてしまう事態が起こらないよう、会社が行うべき対策とポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員からの介護相談が少なく実態が把握できていない


株式会社インターネットインフィニティー 介護コンシェルジュ相談員 介護支援専門員

吉井 しのぶ氏

【吉井 しのぶ氏プロフィール】
(よしい しのぶ)慶應義塾大学を卒業後、介護福祉士を取得後に介護支援専門員を取得。ケアマネジャーとしての業務経験を活かし、仕事と介護の両立を支援するため、大手企業の従業員向け介護セミナーにて講師を務める。また、介護コンシェルジュとしても活躍。従業員の介護に関する悩みに対し、自身の現場経験を活かした個別相談も担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-8] 受付終了

ミドル・シニアのキャリア自律を促す事例と成果につなげるポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

終身雇用の限界や企業の生産性向上が取り上げられる現在、各企業にとってミドル・シニア層のキャリア開発は喫緊の課題と言えます。本講演では、日本企業が抱えるミドル・シニア層のキャリア自律の課題を改めて整理します。そのうえでミドル・シニア層のキャリア自律を促すポイントを「恒常的な制度」や「組織での施策」などの事例を踏まえながらご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ミドルシニアの自律を促し、活性化させたい


株式会社ビジネス代謝ラボ 代表取締役

小高峯 康行氏

【小高峯 康行氏プロフィール】
(こだかみね やすゆき)1991年(株)リクルート入社 2002年(株)ファインド・シー設立 代表取締役就任 2020年(株)ビジネス代謝ラボ設立 代表取締役就任 大手企業を中心に、採用・教育・人事制度など数々のコンサルティングを経て、現在に至る
インタビュー 受付終了
5/19(水)
10:30 -
11:30
基調講演[E] 受付終了

イノベーティブな企業に変わる:対話を通じた足元からの変革論
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

イノベーション推進は誰しも重要だと理解していても、実際には「新しい事業アイデアを出そうとする人がいない、出てきても小粒」など、今ひとつ企業としての推進力が生み出せない状況をどう変革したら良いのでしょうか。この講演では、原因がはっきりせず、ずっとモヤモヤとした問題がある「組織の慢性疾患」を対話を通じてどうやってイノベーティブな企業へと変革していくかについてお話しします。抜本的な変革を求めるよりも、足元からじわじわと着実に会社を変えていきましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

イノベーションを起こしたい、起こせる組織をつくりたい、と考えている


埼玉大学 経済経営系大学院 准教授

宇田川 元一氏

【宇田川 元一氏プロフィール】
(うだがわ もとかず)専門は、経営戦略論、組織論。 ナラティヴ・アプローチに基づいた企業変革、イノベーション推進の研究を行っている。また、様々な企業のアドバイザーとして、その実践を支援している。 HRアワード2020書籍部門最優秀賞受賞(『他者と働く』)、2007年度経営学史学会賞(論文部門奨励賞)受賞。2021年4月20日『組織が変わるー行き詰まりから一歩抜け出す対話の方法2on2』(ダイヤモンド社)を刊行。
受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-1] 受付終了

現場を率いる管理職に必要な地図と武器
~学びを実務につなげるための秘訣とは? ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変化が大きい環境の中で、以前にも増して管理職の役割が重要になってきています。一方で管理職が抱える課題は多く、本来の役割に徹することができていない管理職の方も多いのではないでしょうか。本講演では、管理職自身が今後どのように歩むべきなのかを自らが考えられるようになるためのエッセンスと、研修をきっかけに変化を促し、実務につなげるためのポイントについてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職が抱える様々な課題に対する解決のヒントを得たい


株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員 問題解決力トレーニングプログラム講座責任者

高松 康平氏

【高松 康平氏プロフィール】
(たかまつ こうへい)慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在はビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツの企画開発から運営まで幅広く携わっている。【著書】『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』(Amazon経営戦略カテゴリー第1位獲得!)
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-2] 受付終了

エンジニア育成するなら避けられない「Python」
人事が知るべき基本的知識と作法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エンジニアの中で人気言語1位、「TIOBEプログラミング言語オブ・ザ・イヤー2020年」を獲得したPythonは、人工知能、機械学習、ビッグデータ、インフラ技術の中心的な技術として普及しています。本講演ではエンジニア育成で知っておくべきPythonと人材育成の注意点、社内稟議に活用できる市場データの解説を人事部門の方にもわかりやすく解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人工知能などのPythonエンジニアの育成に興味がある


一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事

吉政 忠志氏

【吉政 忠志氏プロフィール】
(よしまさ ただし)マーケッター。吉政創成株式会社代表取締役。PHP、Rails、ヤマハネットワーク機器RTX検定の運営会社の代表。過去にはLinuxやXMLの認定試験を立ち上げる。

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 顧問理事

寺田 学氏

【寺田 学氏プロフィール】
(てらだ まなぶ)Python Web関係の業務を中心にコンサルティングや構築を(株)CMSコミュニケーションズ代表取締役として手がけている。他には一般社団法人PyCon JP Association 代表理事、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会顧問理事を務めている。最近はPythonの魅力を伝えるべく、初心者向けや機械学習分野のPython講師を精力的に務め、Pythonをはじめとした技術話題を扱うPodcast「terapyon channel」を配信中。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-3] 受付終了

適性検査×HRデータを活用してオンライン採用の質を高める方法とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

COVID-19感染拡大の影響により、「選考のオンライン化」という大きなゲームチェンジが起こっています。このような背景もあり、今回は「適性検査」「HRデータ活用」という2つのキーワードを軸に、オンライン環境下における選考見極めの精度を向上するノウハウをお伝えします。すぐに実践可能な内容が詰まっておりますので、是非この機会をご活用いただけますと幸いです。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「適性検査」で取得できるHRデータをもっと活用したい


株式会社アッテル 代表取締役 CEO

塚本 鋭氏

【塚本 鋭氏プロフィール】
(つかもと えい)東京大学・大学院において、機械学習(AI)の研究に従事。人工知能学会研究会優秀賞・東京大学工学系研究科長賞(総代)等を受賞。2013年に株式会社クラウドワークスに参画し、データ分析・産官学連携を主担当すると共に、B2B事業責任者、子会社副社長等を歴任。2018年に株式会社アッテルを設立。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-4] 受付終了

障がい者法雇用率2.5%時代を見据えた、テレワークの在り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で障がい者の業務スタイルをテレワーク化した結果、採用時のミスマッチやマネジメント負担、離職などの問題が続々と発生しています。これらの問題を解消し、持続的に法定雇用率を達成するには、障がい者雇用戦略を根本から見直すフェーズに来ています。本講演では、法定雇用率2.5%時代を見据えた、障がい者雇用のテレワーク戦略から具体策まで、様々な事例を交えてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

障害者雇用促進法への対応で、様々な方法を検討している


株式会社スタートライン 取締役

白木 孝一氏

【白木 孝一氏プロフィール】
(しらき こういち)福岡県出身。関西学院大学卒業後、未成熟だった人材サービス業界に可能性を感じベンチャーに就職。マネージャーとして規模拡大に貢献しIPOを経験後、企業の障がい者雇用課題解決、障がい者の職住近接を実現するサテライトオフィス事業を展開するため株式会社スタートラインを創業。セールス、マーケティング担当役員。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-5] 受付終了

人事主導で始める、DXのファーストステップ~育成戦略の立て方、動かし方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が経営課題として「DX」に着手し始めています。しかし一歩目を踏み出せていない、もしくは現場が着いてこないという課題に直面されている企業が非常に多いことも事実です。本講演では、経営と現場の両面から「どのようにデジタル人材の育成を行いDXを推進していくか」という点について、計画の立て方や実際の動かし方など様々な事例をもとにお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営課題に対してしっかりとアプローチしたい


株式会社DMU Strategic Director

徳原 靖也氏

【徳原 靖也氏プロフィール】
(とくはら せいや)JT勤務を経て独立。大小様々な企業の新規事業創出を行う株式会社pinealを経営。DMUには戦略企画として参画。JTでは加熱式たばこ事業の立ち上げメンバーとして従事し、デジタルマーケティング部門の立ち上げを行った。「収益を産む仕組みを創出する」をモットーに業界業種様々なクライアントのサポートを行う。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-6] 受付終了

DX推進企業の取り組みから紐解く
リモートワーク下での働きやすい職場環境とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモートワーク中心の働き方へと急速に変化する中で、多くの企業では、従業員の生産性向上が求められています。従業員の働きやすさを重視した取り組みをしながら、どのように生産性向上を図ればよいのでしょうか。本講演では、就業管理や労務管理を効率化し、納得感のある人事評価の実現で高いモチベーションを維持してきたDX推進企業をご紹介。今後の働きやすい職場づくりについて考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

HRテクノロジーを活用した人材管理のヒントを得たい


株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー 取締役 クラウドソリューション統括部長

飯野 泰史氏

【飯野 泰史氏プロフィール】
(いいの やすし)2004年に新卒でソリューション・アンド・テクノロジーに入社。自社開発の人事業務フロントパッケージ「WiMS」の企画開発に携わり、大手新聞社の人事評価システム開発プロジェクトなどを担当。2018年、取締役に就任。現在はクラウドソリューション統括部長としてSaaS事業戦略を牽引。

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー クラウドソリューション統括部 マーケティングマネジャー

佐藤 梢氏

【佐藤 梢氏プロフィール】
(さとう しょう)2010年、株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー入社。自社開発の人事業務フロントパッケージをクラウドサービスで提供する「WiMS/SaaS」事業の企画および販売促進を推進し、多くの企業に向け勤務管理システムのパッケージ選定支援と、コンサルティングサービスを担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-7] 受付終了

短期間で成果につながる
~自律的な英語学習を促す3つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

グローバル環境に対応するために多くの企業が英語研修を導入しています。一方で、個人の目標管理やモチベーション維持ができず、時間の経過と共に社員の学習意欲が下がってしまうケースが散見されます。本講演では、目的の一致、やりきれば成果が出る設計、やりきる仕組みの3つのポイントに焦点を当てて、短期間で成果を出す人材育成について、成果を出している企業の最新事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

有効な英語研修、自律的な英語学習方法を学びたい


株式会社プログリット 代表取締役社長

岡田 祥吾氏

【岡田 祥吾氏プロフィール】
(おかだ しょうご)1991年生まれ。大阪大学工学部を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考え、元リクルートの山碕(取締役副社長)と創業。短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチング「プログリット」を提供。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-8] 受付終了

コンプライアンスに基づくパワハラ対処法~部下指導から始める組織風土の改革~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

パワハラ防止法施行後、「パワハラが気になって部下を叱れない」「部下指導を躊躇してしまう」という管理者が増えています。このように管理・監督者が委縮しないために、具体的で実践的な「叱る技術」をご紹介します。また、パワハラの起こる背景には組織のマネジメントが関係しています。パワハラを端緒に組織風土改革に展開したコンサルティングの実例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

部下を叱れない、指導を躊躇する管理者を育成したい


コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社 研修開発センター コンサルタント

岩谷 真弓氏

【岩谷 真弓氏プロフィール】
(いわたに まゆみ)大学卒業後、商社勤務を経て現職。南山大学人間関係研究センターにおいて人間関係論を学び企業への応用を志す。サンフランシスコ州立大学心理学部D.マツモト教授に師事し、感情と文化に関する研修講師認定を得る。専門は心理学をベースにしたマネジメントプログラム。日本ロゴセラピスト協会公認A級ロゴセラピスト。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
12:40 -
13:40
パネルセッション[F] 受付終了

持続的成長を実現するための人的資本経営~自律的な組織をつくるには~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変革の時代において持続的に企業成長をさせていくためには、「人的資本」を軸にした経営、そして自律的な組織が求められます。本セッションでは、話者がそれぞれの立場から情報と知見を共有し、人的資本経営の実践、そして自律した組織を作る人材マネジメントについて議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

変化に対応できる組織をつくりたい


経済産業省 産業人材課長

能村 幸輝氏

【能村 幸輝氏プロフィール】
(のうむら こうき)2001年 経済産業省入省。人材政策・税制担当、大臣官房総務課政策企画委員などを経て、2018年より現職。経産省の産業人材政策の責任者。人的資本経営、テレワーク、副業・複業、フリーランスなど「多様な働き方」の環境整備、リカレント教育、HRテクノロジーの普及促進、外国人材政策などを担当。

大日本住友製薬株式会社 執行役員/コーポレートガバナンス、コーポレートコミュニケーション、人事担当

樋口 敦子氏

【樋口 敦子氏プロフィール】
(ひぐち あつこ)1986年、住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)入社、研究開発に携わる。
1992年に住友製薬株式会社(2005年合併後、大日本住友製薬株式会社)に移籍。
経営企画、広報部長、海外事業推進部長等を歴任。
2017年より執行役員に就任し、現在、コーポレートコミュニケーション部門、人事部門、コーポレートガバナンス部門責任者。

株式会社リンクアンドモチベーション 取締役

川内 正直氏

【川内 正直氏プロフィール】
(かわうち まさなお)入社後、組織人事領域のコンサルティングに加え、新規拠点立ち上げ、新規事業部門立ち上げを担当。2010年、西日本地域の組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。グループ会社の取締役を経て、2018年、同社の取締役に就任。現在はグループ最大規模である組織変革コンサルティング部門の責任者に着任。
受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-1] 受付終了

事業戦略にフォーカスするタレントマネジメント~人材情報の蓄積と活用の事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

これからのタレントマネジメントは「個人と会社の双方向の視点が重要」になります。そのためには広範で詳細な人材情報を適時適切に収集するという壁を乗り越え、そのうえで経営や事業における意思決定に活かすしくみを作っていくことになります。本講演ではタレントマネジメントを理論だけに終わらせず、実際に実践し効果を上げている企業事例をご紹介し、成功の秘訣を探っていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データドリブン・タレントマネジメントを企画・遂行したい


株式会社パーソル総合研究所 タレントマネジメント事業本部 カスタマーサクセス部 部長

宮腰 康弘氏

【宮腰 康弘氏プロフィール】
(みやこし やすひろ)1999年よりタレントマネジメントシステムの企画および製品開発に携わる。2017年にパーソル総合研究所に参画。現在はタレントマネジメントシステム「HITO-Talent」の導入、保守、カスタマーサクセスなどお客様の広範なご支援を実施している。
受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-2] 受付終了

オンラインでこそ活きる、ファシリテーションの真髄
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ファシリテーションスキルの底上げは、生産性向上を図るための必須テーマです。様々な方法論はあれど、真に役立つ内容とは、実際に膨大な数のファシリテーションを行う中で培った「実践知」に基づき生まれたもの。「オンライン」での活用を視野に入れ、筋論だけではない、人間的な視点を踏まえた、現実的な実践の方法などを、年間で100本以上の研修をこなすトップファシリテーターが解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内会議の時間が長い/意味の無い会議をなくしたい


HR Design Lab. 代表/株式会社博報堂コンサルティング 執行役員

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努め、現在は、HR Design Lab.代表として実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-3] 受付終了

ニューノーマル時代の若手社員育成ー早期自律とその学習デザインの新たな方向性
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

今後、より早期自律が求められる中で、若手育成はどのように変わっていくでしょうか? 育成の個別化を目指し育成機会(対面・オンライン・e-learning等)は充実させたが、学ぶ事への主体性が育まれないという問題を良くお伺いします。本講演では、従来の育成機会に加え、『職場での学習デザイン』『学びへの主体性醸成』『若手の早期自律』の新たな方向性を提示していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手社員の早期自律、新たな育成・学習のデザインを模索している


株式会社シェイク ヒューマンリソースコンサルティング部門 ディレクター

三浦 悠介氏

【三浦 悠介氏プロフィール】
(みうら ゆうすけ)大学卒業後、シェイクに入社し、組織人事コンサルタントとして活躍。入社4年目で最年少マネジャーとなり、新規事業や支店の立ち上げを進める。現在は大手企業を中心にコンサルティング営業からプログラム開発、ファシリテーターを一貫して行い、また中小企業への経営支援も行っている。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-4] 受付終了

なぜ、エンゲージメントは低下するのか。~企業が押さえておくべき7つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業の成長には社員のパフォーマンスと定着率を上げることが必要不可欠。そこで今注目されているのが『エンゲージメント』です。では、なぜエンゲージメントは低下するのか!? そして、エンゲージメントが下がった時に企業はどんな施策を打つ必要があるのか。本講演では、様々な事例や話を交えながら『エンゲージメントカンパニー』を作るために重要なポイントをお話しさせていただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントサーベイを取っても具体的な施策が出来ていない


株式会社アックスコンサルティング HRコンサルティング事業部 マネージャー チーフコンサルタント

髙見 史弥氏

【髙見 史弥氏プロフィール】
(たかみ ふみや)2014年当社に入社。年間平均200件以上の士業事務所を訪問し、営業・マーケティングや組織作りの支援を行うと同時に、支社の採用・育成責任者を担当。入社から5年で1.5倍の規模に拡大させた。2019年からは支援実績のもと、人材開発、人材育成などのコンサルティングを提供。MotifyHR営業責任者。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-5] 受付終了

Z世代の定着・活躍に必要な、育てる採用 ~内定者から始めるキャリア開発3.0~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

日本の一括採用はメリットもある一方で、「配属ギャップ」「戦力化に時間を要する」などの課題も山積です。世代観の変化も踏まえ、採用や育成にも変化が求められています。本公演では、主体的に活躍している若手社員への調査や事例から、“育てる採用”をコンセプトにした、内定前後のキャリア開発アプローチを紹介します。採用広報・インターン・内定者-新卒育成を見直したい方は必見です。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用ミスマッチ・若手の早期離職・若手の主体性向上に課題がある


東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

小山 健太氏

【小山 健太氏プロフィール】
(こやま けんた)東京経済大学キャリアデザイン研究所副所長。博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。専門は組織心理学、キャリア心理学。慶応大学と上智大学でも非常勤講師。人材育成学会奨励賞(研究部門)受賞、キャリアコンサルティング2級技能士(国家資格)。

Original Point株式会社 代表/東京経済大学キャリアデザイン研究所 客員研究員

高橋 政成氏

【高橋 政成氏プロフィール】
(たかはし まさなり)新卒で人事コンサルティング会社へ入社。100社以上の企業の人材育成・採用に携わり、トップセールスとして活躍した後、最年少でマネジャーへ。その後2016年、大学・採用・キャリア開発の領域から、新たな価値を創るためOriginal Point(株)を設立。実践と研究から、キャリア領域の最適解を模索中。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-6] 受付終了

2年連続で従業員の生活習慣病指標を10%以上改善! マルハニチロの健康経営施策とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

“マルハニチロはいまよりももっと「サステナブルな企業グループ」へ”を実現すべく、『健康経営の推進』を重点課題に掲げる同社。特に独自の施策であるDHAチャレンジでは、中性脂肪をはじめとした生活習慣病指標を2年続けて10%以上改善しました。この成果に至った戦略策定・目標設定・社内巻き込みという3点についてお話しします。きっとマネしてみたいポイントが見つかります。(協賛/株式会社NSD)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

健康経営を推進し、従業員の活力向上&生産性向上を実現したい


マルハニチロ株式会社 人事部 ダイバーシティ&インクルージョン室 室長

齋藤 麻里氏

【齋藤 麻里氏プロフィール】
(さいとう まり)1990年入社。冷凍食品事業部配属後、業務用に関わる企画開発、運営、販売に従事。2007年より広報・経営企画部などにて10年CSRを担当。2018年より人事部にてダイバーシティ&インクルージョンを推進。栄養士、食育指導士、フードコーディネータ―資格等を保有。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-7] 受付終了

他社事例に学ぶ! オンライン下におけるマネジメントの質が上がる目標設定と1on1手法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークが進み、オンライン上でのマネジメントが難しいと感じる管理職は非常に多いです。一方でそのマネジメント手法はいまだ開発途上で、人事の皆様も解決策を模索しているのではないでしょうか? そこで本講演では、オンライン下におけるマネジメントの質が上がる「目標設定」と「1on1」手法の実践的なノウハウを、他社事例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン下のマネジメントに役立つ管理職育成法を探している


三菱地所リアルエステートサービス株式会社 人事部次長 

原 栄市氏

【原 栄市氏プロフィール】
(はら えいいち)1995年に入社し、分譲マンションの販売営業を経て、法人をメインとした不動産の売買仲介に支店を含め15年間従事し、2019年より現職。採用業務をはじめ現在は新長期経営戦略に基づく人財育成を担当。

スミセイ情報システム株式会社 常務執行役員 人材開発本部長

赤松 実氏

【赤松 実氏プロフィール】
(あかまつ まこと)1988年に住友生命保険相互会社入社後、同社のシステム開発業務を担う関連会社であるスミセイ情報システム株式会社に出向。100名を超える要員を抱える部署の所属長に就任。同部署の人事・人材育成の経験を経た後、同社の人事部門長に就任。現在は人材開発本部長として同社の人事・人材育成企画全般を担当。

株式会社フィールドマネージメント・ヒューマンリソース シニアマネージャー

野崎 洸太郎氏

【野崎 洸太郎氏プロフィール】
(のざき こうたろう)2006年に大手情報通信会社に入社し、営業、コンサルティングに従事。首都圏、九州エリアの部門長として約60名のマネジメントに従事。その後、フィールドマネージメントグループに参画し、主に組織人事系のコンサルティングを担当。
受付終了
5/19(水)
14:50 -
15:50
パネルセッション[G] 受付終了

企業事例から紐解く「従業員エンゲージメント向上」と「組織活性化」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

組織のパフォーマンスを継続的に上げるために、「従業員の多様な価値観に応え、エンゲージメントを向上する」ことの重要性が増しています。そのためには「組織のコンディションの計測」「効果的な人事制度の構築・運用」が求められます。本セッションでは、有識者や企業の人事責任者をお招きし、エンゲージメント向上や組織活性化に対する人事の取り組みについてディスカッションします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

他社のエンゲージメント向上や組織活性化の取り組み事例を知りたい


慶應義塾大学 商学部 教授

山本 勲氏

【山本 勲氏プロフィール】
(やまもと いさむ)1970年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。1995年に日本銀行入行、2003年にブラウン大学経済学部大学院博士課程を修了(経済学博士)。2007年、慶應義塾大学商学部准教授を経て、2014年より現職。専門領域は応用ミクロ・マクロ経済学、労働経済学、計量経済学。労働市場を分析対象として、労働時間や賃金、雇用形態、ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ、メンタルヘルス、人材マネジメント、技術革新などのテーマについて、企業や労働者の多様なデータを用いた定量的な検証を行っている。主な著書に『人工知能と経済』(編著、勁草書房)、『労働時間の経済分析』(共著、日本経済新聞出版社)など。

株式会社サイバーエージェント 人材戦略本部 本部長 / キャリアエージェント

大久保 泰行氏

【大久保 泰行氏プロフィール】
(おおくぼ やすゆき)2003年、サイバーエージェントに入社。インターネット広告代理事業部門にてセールス部門のエグゼクティブプランナー、営業局長を経て、2017年10月より現職。GEPPOの運用と社内ヘッドハンティングを専門とする組織であるキャリアエージェントの責任者も務める。

株式会社SmartHR 執行役員・VP of Human Resource(人事責任者)

薮田 孝仁氏

【薮田 孝仁氏プロフィール】
(やぶた たかひと)2006年より株式会社ECナビ(株式会社VOYAGE GROUP)にてWebディレクターとして従事。2008年に株式会社ライブドアに入社し、2011年より人事を担当。2013年LINE株式会社に商号変更を経て、2013年4月より採用、育成、組織活性化を担当する人材支援室の立上げに従事。2018年12月、SmartHRに入社し、2019年1月より現職。採用、人材育成、評価制度、組織改善の分野を担当。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-1] 受付終了

管理職に求められる新たなチーム作りの手法-4つの組織開発パターンと具体的な進め方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークで職場の一体感やつながりを作ることが難しくなっている中で、組織が成長するには今まで以上にメンバーの関係性を強化し、強いチームを作ることが必要です。強いチーム作りのためにはキーマンとなる管理職に、メンバーの関係性に直接アプローチする「組織開発」のスキルが求められます。本講演では、4つの組織開発パターンをもとに具体的な方法についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職のチーム作りを強化したい、職場単位で組織開発をしたい


株式会社NEWONE 代表取締役社長

上林 周平氏

【上林 周平氏プロフィール】
(かんばやし しゅうへい)大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、(株)シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年9月、株式会社NEWONEを設立。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-2] 受付終了

研修に「全集中」させる新たなメソッドとは
J:COMと松竹芸能の事例から学ぶ研修の創意工夫
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ニューノーマルな時代、「研修のあり方」も変化を求められています。「社員が主体的に学ばない」「研修に集中しない」など人事担当者の悩みを多く聞きますが、「受けなきゃいけない研修」を「受けたい研修」に変えるにはどのような工夫ができるでしょうか。本講演では企業内大学を創設したJ:COMグループと松竹芸能が取り組むプロジェクトの事例をもとに研修の創意工夫のポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員研修を工夫したい、社員に響く研修を提供したい


株式会社エニー 常務取締役

川村 豊氏

【川村 豊氏プロフィール】
(かわむら ゆたか)日本一のケーブルテレビ統括運営会社である株式会社ジュピターテレコム(J:COM)で、企業内大学「J:COMユニバーシティ」を立ち上げ、全国社員17,000人の教育研修を行う人財開発部の責任者として従事。2020年4月より同グループイベント会社である株式会社エニーの常務取締役に就任。

松竹芸能株式会社所属 お笑いコンビ

セバスチャン氏

【セバスチャン氏プロフィール】
(せばすちゃん)2009年結成。阿部健一と原田公志、中学校同級生の息の合った漫才が持ち味。松竹芸能株式会社が取り組んでいる体験型研修「笑育」において、スタート時から参加し、学校・企業合わせて100団体以上講師として登壇。主な出演 日本テレビ「所さんの目がテン!」、テレビ朝日「アメトーーク!」、長野放送「土曜はコレダネッ!」。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-3] 受付終了

人生100年時代、ミドルシニアが一歩を踏み出すセカンドキャリア支援施策のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

労働力人口の約4割は50代以上が占めている中、70歳定年が義務化され、40代50代のミドルシニア層が、組織に与える影響は益々拡大していきます。本講演では、副業・学び直しにより、実際に組織の外に一歩を踏み出し、自律的なセカンドキャリア形成を実現した事例をご紹介し、ミドルシニア層への支援施策のポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

40代50代のモチベーションを上げ、自律的なセカンドキャリア形成したい


Dialogue for Everyone株式会社 代表取締役

大桃 綾子氏

【大桃 綾子氏プロフィール】
(おおもも あやこ)慶應義塾大学大学院社会学研究科修了(社会心理学)三井化学(株)にて人事・事業企画に約10年従事、(株)トリドールホールディングスを経て、現職。大都市の副業人材と地域中小企業をつなぐ人材シェアリングサービスを提供するJOINS株式会社取締役。国家資格キャリアコンサルタント、コーチ。2児の母。

Dialogue for Everyone株式会社 取締役

北村 貴氏

【北村 貴氏プロフィール】
(きたむら たか)1967年北海道十勝生まれ。石油メーカーにて人事を経験後、1997年29歳で日本で2番目となるネットマーケティング会社(株)マーケティングジャンクション設立。2005年北海道へUターン、2007年(株)グロッシーを設立、料理研究家400人をネットワーク。2013年東京と北海道の2地域居住を開始。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-4] 受付終了

キャリア採用の母集団最大化~エージェントから数多く質のいい推薦を維持する方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

有効求人倍率が低下しても、採用難易度が下がるわけではありません。特に、エンジニアを始めとして「競争率の高い採用に苦戦している」「今まで以上に採用スピードを求められている」というお声をよく伺います。採用成功企業は、どのように取り組んでいるのでしょうか。本講演では、「エージェントからの推薦」に絞り、人事ができる工夫や注意点などをお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エージェントからの推薦においてできる工夫や注意点を知りたい


株式会社エクスオード 代表取締役

守屋 尚氏

【守屋 尚氏プロフィール】
(もりや ひさし)1989年株式会社リクルート入社。一貫してHR事業に従事。2002年グループマネージャーとして着任。2004年に退職後、外資系ブランドマネジメント企業でディレクターとして転職。2008年に株式会社エクスオードを設立、現在に至る。自ら構築した「エージェントマネジメント」サービスを中心に事業を展開。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-5] 受付終了

多様な人材が活躍できるプラットフォームとは~激動の時代でも変わらず大切なこと~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍を機に、働く環境も大きく変わり、従業員の管理手法にも変化が求められています。その中でも育児、介護、病気の治療等で休業中の従業員とのコミュニケーションの取り方や両立支援のあり方について、従来のやり方では対処できない課題が見えてきました。本講演では、時代が移りゆくなかで「変えるべきこと」と「変えてはならないこと」をダイバーシティマネジメントの観点でお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材や働き方が多様化する中、既存の両立支援施策を見直したい


株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長

宮原 淳二氏

【宮原 淳二氏プロフィール】
(みやはら じゅんじ)早稲田大学社会科学部卒。大学卒業後、資生堂にて人事制度企画から採用・研修まで人事労務全般に従事。2011年に東レ経営研究所入社。ワークライフバランス、ダイバーシティ、業務効率化などをテーマとした講演を多数実施。

株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 両立支援事業本部 副本部長

國井 弘美氏

【國井 弘美氏プロフィール】
(くにい ひろみ)京都大学法学部卒。大学卒業後、現三菱UFJ銀行にて営業、海外業務、人事、ダイバーシティ推進に従事。2020年5月にアドバンテッジリスクマネジメント入社、両立支援事業本部営業統括担当。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-6] 受付終了

SCSKのグローバル人材育成 自律的に学び続けていく仕組み
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

各企業においてコロナ禍で多くの研修がリモートでの対応となりました。SCSK社も、例年実施の海外フィールドワークは叶わなかったものの、他のグローバル研修はすべてオンラインで実施しました。オンラインへ切り替えることで、研修への参加率UPや、自律的な学習習慣の醸成など、これまでの研修では得られなかった成果を得る事もできました。本講演では、実際にリモートでの研修構築、運営をご担当された人事ご担当者様をお招きし、ご講演いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン研修に課題を感じている


SCSK株式会社 人材開発本部 人材開発部人材開発課

山本 良子氏

【山本 良子氏プロフィール】
(やまもと りょうこ)総合商社を経て、人事ソリューション企業で教育企画や営業を経験。現職では各種人材開発・組織開発に携わる。

株式会社WizWe 代表取締役社長

森谷 幸平氏

【森谷 幸平氏プロフィール】
(もりたに こうへい)早稲田大学卒業後、オハイオ大学大学院で修士号取得(社会学)。その後数社を経て(株)WizWeを設立し、人とデジタルのサポートで語学学習を習慣化し、90%以上の学習者を完走に導く「Smart Habit」を開発。2020年より同事業をデジタルプラットフォーム化し事業グロースに従事。
受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-7] 受付終了

採用DXを実現!
曖昧な採用基準から脱却「データをもとにした採用基準の作り方」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

環境の劇的な変化により、オンライン採用といった新しい採用方法を導入する企業が増えております。しかし採用基準は過去のままで担当者の主観による合否判断を下してしまうケースも多いのではないでしょうか。本講演では、採用基準に悩みを抱える企業に向けて「データをもとにした採用基準の作り方」を解説。実際の分析結果をもとに手軽に始められる分析手法から応用的な知識までをご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データを活用して自社に合っている人を採用できるようにしたい


株式会社リーディングマーク 代表取締役

飯田 悠司氏

【飯田 悠司氏プロフィール】
(いいだ ゆうじ)2011年東京大学を卒業後、世界の人々の自己実現を支援する仕組みを創るため大学3年生時に60万円の貯金を資本金にリーディングマークを立ち上げる。現在は、東大/京大/早慶等の日本の最優秀層3人に一人が就職活動で利用をするレクミーと、ひと目で採るべき人物がわかる、適性検査クラウドミキワメを運営。

株式会社リーディングマーク 組織開発研究所 研究員/ミキワメ事業部 コンサルタント/臨床心理士

佐藤 映氏

【佐藤 映氏プロフィール】
(さとう うつる)京都大学大学院教育学研究科博士後期課程を単位取得退学後、京都文教大学で教鞭をとり、2020年にリーディングマーク入社。リーディングマークではミキワメのアルゴリズム開発責任者を務める。
インタビュー 受付終了
5/19(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-8] 受付終了

-「ハイパフォーマー」の育成・定着-
タレントマネジメントのメソッドと推進の注意点
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方の多様化や経営環境の変化が顕著な今日、多くの企業では働き方改革による生産性向上が求められています。本講演では、事業成長を加速させる「ハイパフォーマー」の育成や定着というテーマを中心に、タレントマネジメントを始める上での注意点や実践企業の事例など、すぐに活用できる具体的なメソッドをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ハイパフォーマーの育成・定着のメソッドを知りたい


株式会社HRBrain コンサルティング事業部長

新宮 祐賀氏

【新宮 祐賀氏プロフィール】
(しんぐう ゆうが)某人材系のメガベンチャー企業にて、新卒で入社。1年目から海外駐在を経験し、マレーシアと香港拠点の立ち上げに尽力。4年目に事業部初の採用統括責任者になる。2019年10月にHRBrainのコンサルティング事業部長として、入社。
受付終了
5/19(水)
17:00 -
18:00
パネルセッション[H] 受付終了

「新規事業」「イノベーション」を創り出す人材をどのように見出し、育てていけばいいのか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テクノロジーの進化やグローバル化によって市場が激しく変化する中、企業には既存の事業に安住するのではなく、常に新たな価値を提供することが求められています。そのためには、新規事業やイノベーションを創り出す人材が必要ですが、企業はそのような人材をどのように見出し、育てていけばいいのでしょうか。また、どうやって仕事を任せ、サポートしていけばいいのでしょうか。新規事業開発で成果を上げているロート製薬・高倉氏、LIFULL・羽田氏と、新規事業を創る人材の研究で知られる立教大学・田中氏が議論します。(協賛/コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新規事業やイノベーションを創り出す人材をどのようにして育成していけばいいのかを知りたい


ロート製薬株式会社 取締役

髙倉 千春氏

【髙倉 千春氏プロフィール】
(たかくら ちはる)1983年、農林水産省入省。1990年にフルブライト奨学生として米国Georgetown 大学へ留学し、MBAを取得。1993年からはコンサルティング会社にて、組織再編、新規事業実施などにともなう組織構築、人材開発などに関するコンサルティングを担当。その後、人事に転じ、1999年ファイザー株式会社、2004年日本ベクトン・ディッキンソン株式会社、2006年ノバルティスファーマ株式会社の人事部長を歴任。2014年に味の素株式会社へ入社し、グローバル戦略推進に向けた、グローバル人事制度の構築と実施をリードした。2020年4月にロート製薬株式会社に入社、6月から現職。

株式会社LIFULL 執行役員 CPO 人事本部長

羽田 幸広氏

【羽田 幸広氏プロフィール】
(はだ ゆきひろ)1976年生まれ。上智大学卒業。人材関連企業を経て2005年6月ネクスト(現LIFULL)入社。人事責任者として人事部を立ち上げ、企業文化、採用、人材育成、人事制度の基礎づくりに尽力。2008年からは社員有志を集めた「日本一働きたい会社プロジェクト」を推進し、2017年「ベストモチベーションカンパニーアワード」1位を獲得。7年連続「働きがいのある会社」ベストカンパニー選出(2011年~2017年)、健康経営銘柄選定(2015年度、2016年度)など、企業として高い評価を得るまでに導いた。著書 :『日本一働きたい会社のつくりかた』(PHP研究所)

立教大学 経営学部 助教

田中 聡氏

【田中 聡氏プロフィール】
(たなか さとし)1983年 山口県周南市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程 修了。博士(学際情報学)。新卒で株式会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア株式会社)に入社。大手総合商社とのジョイントベンチャーに出向し、事業部門での実務経験を経て、2010年 同社グループの調査研究機関である株式会社インテリジェンスHITO総合研究所(現・株式会社パーソル総合研究所)立ち上げに参画。同社リサーチ室長・主任研究員・フェローを務め、2018年より現職。専門は、経営学習論・人的資源開発論。働く人と組織の成長・学習を研究している。
受付終了
5/20(木)
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-1] 受付終了

分断する組織をどうつなぐか ~コミュニティシップのつくり方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

仕事や会社との距離感が変わり、組織の中にあった分断が顕在化してきています。経済的価値と社会的価値のどちらが発想の起点か、人と会社をつなぐのはジョブなのか感情・思いなのか、個人の自由と組織の統制をどうバランスさせるのか……。組織運営が難しくなる中で、人と組織をつなぐ新たな原動力を創り出す必要があります。本講演ではコミュニティシップという概念を紹介しながら、その取り組みを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これからの組織のあり方、人事の役割を模索している


株式会社ジェイフィール 代表取締役・コンサルタント/武蔵野大学 経営学部 特任教授

高橋 克徳氏

【高橋 克徳氏プロフィール】
(たかはし かつのり)野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、ジェイフィール設立に参画。組織変革コンサルタント。人と人との相互作用が組織に与える影響、ダイナミズムを研究し、組織感情、リレーションシップなどの新たな概念を数多く提示。主な著書に、『不機嫌な職場』『職場は感情で変わる』『みんなでつなぐリーダーシップ』など。

株式会社ジェイフィール 代表取締役・コンサルタント

重光 直之氏

【重光 直之氏プロフィール】
(しげみつ なおゆき)2007年にジェイフィール設立に参画。ヘンリー・ミンツバーグ教授との出会いを機に、内省と対話をベースにした「リフレクションラウンドテーブル®」を日本に導入し、その取り組みが高く評価され第1回HR Awardを受賞。主な著書に「ミンツバーツ教授のマネジャーの学校」「ワクワクする職場をつくる。」など。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-2] 受付終了

採用選考にAIを導入するメリット・デメリット
~押さえるべき課題と今後の方向性~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

面接業務の省力化や採用基準の統一を目的に、採用現場における企業のAI活用が広がりを見せています。学生や求職者側にとっても、心理的バイアスのない公平な選考を受けられるというメリットがある一方で、現状のAI選考には課題も多いです。本講演ではAI選考を最も多く提供している立場から、取り組まれている企業の実情と、従来より一歩踏み込んだAI選考について解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用選考にAIを活用したいが、導入時の注意点がわからない

タレンタ株式会社 専務取締役 兼 CFO

中村 究氏

【中村 究氏プロフィール】
(なかむら とおる)日本製鉄株式会社、日鉄ソリューションズ株式会社を経て、タレンタ株式会社の設立に参加。海外のHRテクノロジー / 人事DXソリューションを日本企業にご紹介している。AI選考ソリューション HireVue(ハイアービュー)の日本総代理店として、人材採用におけるAI活用についてのご相談を広く承っている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-3] 受付終了

成人発達理論×1on1が組織を変える~相互変容型1on1ミーティングのすすめ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材育成や組織開発の視点で、成人発達理論というキーワードを聞くようになってきました。しかし、成人発達理論をどのように人材育成や組織活性につなげるかは、まだ試行錯誤の段階です。弊社では成人発達理論を用いた研修を全階層で実施しました。その結果、役員・管理職クラスで一番効果を発揮できることが分かりました。今回は、その中でも成人発達理論を1on1に活用する方法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1の導入や組織への定着・浸透に課題がある


株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

【島森 俊央氏プロフィール】
(しまもり としひさ)2008年 株式会社グローセンパートナーを設立 。人事制度の導入や役員/管理職クラスの教育研修を通して、クライアントの業績向上と社員活性化の実績を多く残している。加藤洋平氏から直接、成人発達理論を学ぶとともに、自己変容の体験を進めており、一歩異なる視点でアドバイスができることが特徴である。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-4] 受付終了

800種のワーク設計から見えた、効果的なオンラインインターンの内容と実施後フォロー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

インターンの主戦場はオンラインに代わり、コロナ禍が収まっても続くと言われます。800種類のワーク設計を行ってきた当社は昨年、インターンのオンライン化を多数支援。その経験から見出した、効果的なオンラインインターン内容や欠かせない実施後フォロー策について知見をまとめました。1.ストーリー型 2.母集団形成型 3.理系学生向け など具体的な成功事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

インターンをオンライン化したい/インターン内容を強化したい


株式会社エイムソウル 取締役

蛭田 英樹氏

【蛭田 英樹氏プロフィール】
(ひるた ひでき)北海道大学を卒業後、東証一部上場の経営コンサルティング会社に入社。中小企業の企業成長コンサルティング、新業態開発プロジェクトを経験。その後、自社の新卒採用活動に従事し、年間150名の採用を達成。2008年(株)エイムソウルに入社し、人事コンサルタントとして100件以上の採用イベントをプロデュース。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-5] 受付終了

人材データベースシステムの企画・導入に向けてやっておくべきこと
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材データベースシステムの導入にあたり、押さえておくべきこと、やっておくべきこと、注意点は何でしょうか。本講演では、システム導入のプロジェクトを成功させるために、<1>システム導入の企画、上申時に整理、考えておくべきこと、見落としがちなポイント、<2>人材データベース整備に必要な要素とデータ活用、分析のための人事データ整備のポイントを解説します。(協賛/インフォテクノスコンサルティング株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材データベースシステム企画の上申、導入を計画している


株式会社T4C Rosicディビジョン エグゼクティブ・マネージャー

森谷 多加志氏

【森谷 多加志氏プロフィール】
(もりや たかし)Rosicの営業として10年、日本を代表する大手企業から中小企業まで様々な規模、業種業態の企業を担当。営業のモットーは "お客様と同じ方向を向いて考動する" 夢は、人材マネジメント業務の高度化・効率化のお手伝いを通じて、社員と社会が幸せになる日本企業を1社でも多く増やすこと。

株式会社T4C Rosicディビジョン コンサルチーム マネージャー

鈴木 潤氏

【鈴木 潤氏プロフィール】
(すずき じゅん)情報システム会社にて人事給与システムパッケージの設計・開発・導入のコンサルタントとして、SE・リーダーを経験。T4C入社後、Rosic導入コンサルタントとして、通信・医療・アパレル・ドラッグストアなど、様々な業界・業種の顧客に対し、Rosic導入プロジェクトマネジメントを行っている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-6] 受付終了

現役の高血圧専門医が語る
診療から見えてきた従業員の健康管理とオンライン活用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事部は従業員の健康管理も求められています。コロナ感染のリスクから在宅勤務が導入され、従業員が通院をためらうケースが増えています。特に自覚症状がなく軽視されがちな高血圧症は、深刻な合併症を引き起こすリスクがあり、コロナ下でも適切な管理が欠かせません。本講演では、オンライン診療から見えてきた人事・従業員の健康管理に対する課題や、「仕事と治療の両立」の支援までお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

高血圧の受療率を高めたい、脳卒中・循環器病対策をしたい


一般社団法人テレメディーズ 代表理事/福島県立医科大学 腎臓高血圧内科 博士研究員

谷田部 淳一氏

【谷田部 淳一氏プロフィール】
(やたべ じゅんいち)1999年 福島県立医科大学卒業、米国バージニア大学留学、福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座助教、同慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座助教を経て、2019年まで東京女子医科大学高血圧・内分泌内科講師。2018年より一般社団法人テレメディーズ代表理事、現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-7] 受付終了

優秀な人材の採用からメンタルヘルスまでデータ活用で実践する人事DX
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、「優秀な人材の採用」「離職率の低減」「メンタルヘルス対策」などの課題解決においてデータ活用が注目されています。しかし、ITツールの導入や外部コンサルタントへの依頼だけでは成果が出ないという悩みを多く耳にします。本講演では人事部におけるデータ活用の勘所と企業環境に応じたDX人材育成の事例を統計学やデータサイエンスの専門用語なしでお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事データを積極的に活用し、課題解決をしたい


株式会社データビークル 代表取締役CEO

油野 達也氏

【油野 達也氏プロフィール】
(ゆの たつや)経営責任者兼営業責任者。1964年生まれ。昭和62年よりITビジネス経験30年。営業、製品企画、海外子会社経営などの実務をSIビジネス、パッケージ、クラウドサービスなど多岐にわたるビジネスモデルで経験。
受付終了
5/20(木)
10:30 -
11:30
パネルセッション[I] 受付終了

従業員が描く理想の「生き方」「働き方」を実現する
人生100年時代の新人材戦略:従業員のキャリアオーナーシップ支援
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が「働き方改革」に取り組んでいます。しかし、企業側がいくら労働生産性を高めても、個人の生活の質が高まらなければ、従業員は幸せを感じられません。いま企業には「働き方」だけでなく、従業員が理想とする「生き方」の実現を支援していくことが求められているのです。本セッションでは、いち早く従業員のライフキャリア支援に取り組んでいる2社の人事最高責任者が登壇。カゴメの「生き方改革」、オカムラの「Work in Life」の事例を取り上げ、法政大学・田中氏の司会で、従業員がイキイキと働き生活していくために企業は何ができるのかを考えます。(協賛/日本生命保険相互会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のキャリア支援に関する最新の動向を知りたい


カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(人事最高責任者)

有沢 正人氏

【有沢 正人氏プロフィール】
(ありさわ まさと)1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。 銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年にHOYA株式会社に入社。人事担当ディレクターとして全世界のHOYAグループの人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任。グローバルサクセッションプランの導入などを通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年にAIU保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

株式会社オカムラ 上席執行役員 コーポレート担当 CHRO(人事部・人財開発部・お客様相談室・サステナビリティ推進部)

佐藤 喜一氏

【佐藤 喜一氏プロフィール】
(さとう よしかず)1982年、株式会社岡村製作所(現:オカムラ)経営情報システム研究所に入社。経営企画部、1999年労働組合中央執行委員長、2009年総務部長を経て、2015年人事部長に。定年延長・賃金制度などの人事制度改革、採用(新卒・キャリア)、労務、健康経営推進、D&I、働き方改革の推進などを担当。2019年からCHROとして人財開発も含めた戦略人事に従事する。

法政大学 キャリアデザイン学部 教授

田中 研之輔氏

【田中 研之輔氏プロフィール】
(たなか けんのすけ)博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。専門はキャリア論、組織論。一般社団法人 プロティアン・キャリア協会代表理事。UC. Berkeley元客員研究員、University of Melbourne元客員研究員、日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学。社外取締役・社外顧問を24社歴任。著書25冊。『辞める研修 辞めない研修 新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。新刊『プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ 今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』。日経ビジネス、日経STYLEほかメディア多数連載。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-1] 受付終了

これからの企業成長に欠かせない『EVP』発想による取り組みとは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

労働力の流動性が高まり、労働人口が減少する中で、人材を採用・定着させるには、「EVP」発想による従業員への価値提案によるエンゲージメントの醸成が必須と言われています。本講演では、「EVP」とは何か、エンゲージメントを高めて行くにはどのようにすればよいのかについて、具体的事例を交えながら考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織活性化や従業員のワークエンゲージメントを高めたい


株式会社JTB ビジネスソリューション事業本部 事業推進チーム 事業推進担当部長

上山 毅氏

【上山 毅氏プロフィール】
(うえやま たけし)(株)日本交通公社(現JTB)に入社。海外旅行を中心に、法人の様々な課題を解決するツアー・イベント等を企画。その後、グループの福利厚生会社、JTBベネフィットで17年勤務、営業企画~取締役企画開発本部長等を経て、現職。JTBグループのHRソリューション全体のマーケティング・販売促進等を担当。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-2] 受付終了

変質する時代における人事の役割
~生活の中で働く喜びを低下させない仕事の工夫~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワーク導入が進むにつれ、社員が生活の中で仕事を行う「ワーク・ライフ・インテグレーション」が求められます。その環境でエンゲージメントを高めるには、組織のパーパスに向けて1人ひとりが自律的に働くカルチャーづくりとHRテクノロジーの活用が不可欠です。今回、この環境で社員エンゲージメント向上のための「人事の役割」について人事ジャーナリストの楠田氏をお招きしてお伝えします。(協賛/サイオステクノロジー株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離れ離れ(テレワーク)の社員のケアや新入社員フォローがしたい


人事ジャーナリスト

楠田 祐氏

【楠田 祐氏プロフィール】
(くすだ ゆう)NECなど大企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学ビジネススクール客員教授(MBA)を7年間経験。2015年は日テレのNEWS ZEROのコメンテーターを担当。現在は人事ジャーナリストとしてセミナーやラジオ番組で活動。企業の非常勤取締役及び顧問など多数。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-3] 受付終了

営業組織の改革は「達成×育成」で実現できる。 環境変化に強い営業の共通項とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍において、ブラックボックス化された営業組織ほど課題の表面化が顕著になっています。そんな中実績を上げながら、確実に営業人材が育つ組織は何を行っているのでしょうか?本講演では弊社が13年実施してきた営業育成のノウハウと、営業の変革ポイントを通し、営業組織の改革で重要な「達成×育成」の考え方を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

属人的な営業組織を改革しながら、営業人材を育てたい


株式会社マーケットヴィヴィッド 執行役員 研修講師

玉置 裕次郎氏

【玉置 裕次郎氏プロフィール】
(たまき ゆうじろう)野村證券株式会社に入社。全国同位職の営業マンの中で、月次営業利益額1位を獲得。2008年よりマーケットヴィヴィッドで「営業ゲーム」の開発メイン担当として、営業研修事業の立ち上げに関わる。現在は 研修講師として数多くの企業のサポートを行う。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-4] 受付終了

戦略的リモートワーク・惰性的リモートワーク ―大規模データで導く決定の条件―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方・価値観の多様化、コロナ感染拡大等によりリモートワークが加速しています。しかし、自社の特性を踏まえた時、リモートワークを今後も継続すべきか、決め手がないまま悩まれている方も多いようです。本講演は大規模定量調査結果に基づいて、リモートワークを戦略的に活用する場合の条件や惰性的に選択した場合に起こる問題、リモートワーク下のマネジメントのあり方等について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートワークのマネジメント、リモートワーク活用に悩んでいる


株式会社Consulente HYAKUNEN/株式会社Maxwell's HOIKORO CEO

前山 匡右氏

【前山 匡右氏プロフィール】
(まえやま きょうすけ)電機メーカー、シンクタンクを経て創業。様々な分野の知見とコンサルタント、経営者として培った実践知を統合し、大企業の全社変革、新規事業創造、経営トップの育成など、難度の高い分野のコンサルティングを数多く実施。HRテック分野のスタートアップ株式会社Maxwell's HOIKOROのCEOを務める。

株式会社Consulente HYAKUNEN リサーチ・フェロー 博士(商学)

宍戸 拓人氏

【宍戸 拓人氏プロフィール】
(ししど たくと)組織の中で起こるコンフリクトの研究を専門分野とし、組織のパフォーマンス向上に向けた研究や、多数の国際学会発表を行う。Consulente HYAKUNENメンバーとして多数の企業の変革を推進。株式会社Maxwell's HOIKORO 製品開発責任者。武蔵野大学経営学部経営学科准教授

株式会社Consulente HYAKUNEN パートナー(取締役)

上野 佐保氏

【上野 佐保氏プロフィール】
(うえの さほ)シンクタンクを経て現職。民間企業・医療法人など、幅広い業界・規模の組織に対する人事制度の構築、大規模合併人事等のコンサルティングを実施。人事制度を中心とする人材マネジメント領域、組織開発コンサルティングを専門とし、これまで延べ250社以上の案件に携わる。武蔵野大学しあわせ研究所客員研究員
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-5] 受付終了

【現役女性管理職100名へのインタビューから考える】女性リーダーを増やすヒント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「女性は管理職になりたがらない。」という声をよくお聞きしますが、本当にそうなのでしょうか?本講演では、当社で実施した女性管理職100名へのインタビューや、当社の女性活躍に関する蓄積されたデータから判明した女性社員の生の声をお伝えします。さらにその情報をもとにした、明日から行える「女性管理職の採用・登用・定着」について事例を交えながら紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

女性の管理職登用や女性管理職の採用に悩んでいる


株式会社mog 代表取締役社長

稲田 明恵氏

【稲田 明恵氏プロフィール】
(いなだ あきえ)パーソルキャリアへ新卒入社。人材紹介の法人営業後、特例子会社や障がい者雇用支援事業など新規事業責任者を経験。人事労務の運用、研修・採用領域の責任者に従事、ワーママのを解消したいと業界初のボランティアマッチング事業「ママボラン」を展開。2019年、株式会社mog (ママ、お仕事がんばって!)を創業。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-6] 受付終了

VUCA時代のウェルビーイング~人と組織のメンタルヘルスマネジメント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「はたらくをよくする」ソリューションを提供しているピースマインドが20年以上のEAPの支援実績から、コロナ禍に求められるメンタルヘルスマネジメントのポイントをデータを交えてお話しします。①従業員のストレスケア、②管理職の役割、③組織の生産性向上とリスクマネジメント。あわせて2021年3月にまとめた「コロナ禍のウェルビーイング調査」等最新のデータや事例も解説致いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

不安定な時代に、変化に強い持続可能な人と組織づくりをしたい


ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ 所長

渋谷 英雄氏

【渋谷 英雄氏プロフィール】
(しぶたに ひでお)法政大学、東洋大学大学院、東京大学大学院を経て臨床心理士。航空会社勤務後、大学院に進む。5社以上の大手企業相談室勤務を活かし、現在ピースマインド株式会社にてメンタルヘルス講師。国際EAP協会資格委員長、日本オンラインカウンセリング協会理事、東洋大学総合情報学部客員教授(スポーツ心理学)等を務める。

ピースマインド株式会社 サービス本部コンサルティング部 部長

後藤 麻友氏

【後藤 麻友氏プロフィール】
(ごとう まゆ)臨床心理学(修士)。公認心理師。臨床心理士。国際EAPコンサルタント。従業員のメンタルヘルス支援、人事管理職のマネジメントコンサルテーションといった産業領域の臨床業務に長年従事。現在は、コンサルティング部 部長として、主にコンサルタントの管理・育成を行なっている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-7] 受付終了

英語力育成と測定におけるPDCA設計の仕方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「組織の英語力が上がらない」「研修の成果がでない」というお悩みをよくお伺いしますが、「誰を、いつまでに、どのレベルまで引き上げたいのか」という計画が明確でないケースが非常に多いと感じています。英語力育成(研修)と測定(テスト)のサイクルに注目し、英語4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)の測定の重要性と効果について、企業事例と共に説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織の「実務で使える英語力」を上げたい


株式会社ベネッセi-キャリア

佐藤 桂司氏

【佐藤 桂司氏プロフィール】
(さとう けいじ)「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能をオンラインで測定する英語アセスメントGTEC(ジーテック)の導入支援、および企業の英語力向上のためのコンサルティング業務を担当。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-8] 受付終了

~社員の離職が減り利益率が上がる~いまおさえておきたい退職金制度設計と活用事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業にとって重要な、人材の定着やエンゲージメント向上施策の1つに、退職金制度の活用があります。退職金制度というと「難しそう」「コストがかかる」「業種や従業員数が限られるのでは?」といった声を多く耳にします。また「退職金制度(確定拠出年金)はあるが加入率が低い」場合もあるのではないでしょうか。本講演では、様々なメリットのある前払退職金制度の基本と活用事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントを向上させたい、退職金制度について知りたい


株式会社ベター・プレイス 代表取締役COO

古市 成樹氏

【古市 成樹氏プロフィール】
(ふるいち なりき)2005年 (有)ALL CONNECTを共同創業、グループ連結売上355億円・スタッフ数550名まで組織拡大させる。2020年 資本主義の恩恵をあらゆる人が平等に享受できる社会をつくるという企業理念に共感し ㈱ベター・プレイスに参画、営業・カスタマーサクセス・IT・管理部門を含む業務全般を統括。
受付終了
5/20(木)
12:40 -
13:40
パネルセッション[J] 受付終了

リモート時代における、新しい「マネジメント」と「人事評価」のあり方を考える
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークなどのリモート環境での働き方が浸透し、マネジャーとメンバーが同じ空間で仕事をすることが減った今、「マネジメント」と「評価」のあり方に変化が求められています。成果を出すために、マネジャーはメンバーをどのように「マネジメント」「評価」すべきなのでしょうか。また、そのために人事ができることは何なのでしょうか。富士通でジョブ型人事制度の導入を主導した平松氏、ダイドードリンコで数々の人事制度改革を実行してきた濱中氏をお迎えし、人的資源管理論や人事評価を専門とする江夏氏のファシリテーションの下、議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

テレワークに移行し、人事評価のあり方やマネジャーの育成に課題を抱えている人事担当者


富士通株式会社 執行役員常務 CHRO

平松 浩樹氏

【平松 浩樹氏プロフィール】
(ひらまつ ひろき)1989年富士通株式会社に入社し、主に営業部門の人事を担当。2009年より、役員人事の担当部長として指名報酬委員会の立上げに参画。2015年より、営業部門の人事部長として働き方改革を推進。2018年より、人事本部人事部長として今年4月に導入したジョブ型人事制度の企画・導入を主導。2021年4月より現職。

ダイドードリンコ株式会社 取締役 執行役員 人事総務本部長

濱中 昭一氏

【濱中 昭一氏プロフィール】
(はまなか あきかず)大学卒業後、1987年ダイドードリンコ株式会社に入社。1994年より各営業所の所長を歴任後、2001年に営業管理課長に就任。2002年に人事部が発足した際、人事課長に就任。2011年に人事総務部長、2013年に執行役員人事総務本部長を経て、2017年より現職。

神戸大学 経済経営研究所 准教授

江夏 幾多郎氏

【江夏 幾多郎氏プロフィール】
(えなつ いくたろう)1979年生まれ。一橋大学商学部卒業。同大学にて博士(商学)取得。名古屋大学大学院経済学研究科を経て2019年より現職。専門は人的資源管理論、雇用システム論。主著に『人事評価における「曖昧」と「納得」』(NHK出版)など。
受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-1] 受付終了

ハウス食品研究所が挑む、仕掛けで導く職場変革 “対話”で生まれるエンゲージメント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍により、変革なくしては生き残れない現代。ハウス食品研究所ではイノベーションの創出に向け、対話の量と質の向上に着手しました。キーワードは「ルールは変えられなくても、仕掛けは変えられる」。抑圧型のルールではなく、変革を楽しむ仕掛けによって行動変容を生み出した施策をハウス食品 岩国様と、エンゲージメントの専門家であるビジネスリサーチラボ 伊達様とともにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ルール・仕組みによる変革に限界を感じている


ハウス食品グループ本社株式会社 研究開発本部 イノベーション企画部(施策実施当時)

岩国 隆司氏

【岩国 隆司氏プロフィール】
(いわくに たかし)入社より営業部門、本社スタッフ、R&D部門を経験。特に、現場における人材育成の在り方と推進においての知見は数多く保有。直近では、千葉研究センターのリノベーションプロジェクトリーダーとして、企画立案から工事計画立ち合い、完成後の推進と、大型プロジェクトの携わった。モットーは「答えは一つではない」「事実と未来は、目の前にある」「どうせやるなら、仕事も楽しく!」

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役

伊達 洋駆氏

【伊達 洋駆氏プロフィール】
(だて ようく)神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、人事データ分析や組織サーベイのサービスを提供している。共著に『組織論と行動科学から見た 人と組織のマネジメントバイアス』(ソシム)、『「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール』(ナツメ社)など。

リ・カレント株式会社 人材組織開発プロデュース部 マネジャー

堀井 悠氏

【堀井 悠氏プロフィール】
(ほりい ひさし)学生と社会人育成を熟知した経験を活かし、若年層の早期戦略化をテーマにマインド・スキル両面で変革を実践。人材・組織開発に専念するためにリ・カレントに参画。自らのチームで部下と一丸となり、数々の書籍や研修コンテンツを実践。チームの失敗も成功も実際の体験から簡潔な理論に落とし込む。
受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-2] 受付終了

人材活用分野もDX時代へ! DX推進で変わる現場のマネジメント、人材開発、適材配置
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

様々な分野でDXが推進される中「システムを導入したが期待した効果が出ない」という声は少なくありません。本講演では人材活用領域のDXに期待される本来の目的と失敗の原因を紐解きます。人材活用分野のDX推進で変わる現場のマネジメント、人材開発、適材配置。また、業務効率化だけではない、データと理論で人と組織のパフォーマンスを引き出すDXの、第一歩目の踏み出し方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

戦略人事、DXを推進したい、タレントマネジメントを進めたい


株式会社エスユーエス HAQI事業部 マネージャー シニアコンサルタント

坂上 紘子氏

【坂上 紘子氏プロフィール】
(さかがみ ひろこ)2020年HRアワード優秀賞を受賞したタレントマネジメントシステム「SUZAKU」の企画責任者を務める。組織心理学に基づくアセスメント・サーベイデータ、人事データの解析実績は1000社以上。データに基づく根拠ある人材育成、組織開発、マネジメントの支援とコンサルティングに携わる。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-3] 受付終了

なぜ、リーダー選抜はうまくいかないのか? -昇進昇格に関する問題提起と処方箋-
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍をきっかけに、組織や人事のあり方を根底から問い直す企業が多い中、求められるリーダー像・能力要件を再定義し、人選や登用の仕組みを再構築していく企業様が増えています。本講演では、各社で「リーダー選抜」がうまく機能しない共通点を整理しながら、リーダーの適性を見極め、活かしていくための処方箋を、人材アセスメントのプロフェッショナルとしてのノウハウを交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社の人選力を高めたい/ハイポテンシャル人材を発掘育成したい


株式会社リードクリエイト 常務取締役

吉田 卓氏

【吉田 卓氏プロフィール】
(よしだ たかし)大学卒業後、大手金融機関に入社。企画部門を経て、人事部で育成・評価・異動業務に従事。2005年リードクリエイトに入社。リーダーの選抜・育成を軸に人材開発支援を担当し、これまでソリューションに携わった企業は500社以上。一般論に留まらない「実践知」をベースにしたセミナーも多数開催。2021年より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-4] 受付終了

ゆとり世代マネージャーが語る! 組織を強くするコミュニケーションのコツ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

急速に変化する時代の中、どんなに環境や価値観が変化しても、企業成長のためには良好な"社内コミュニケーション"が欠かせません。本講演では、ゆとり世代マネージャーの立場から、「世代間・役職・男女」などのシチュエーション別に、有効的な接し方を整理します。また、10,000人を対象とした自社アンケートの結果解説も交え、「組織を強くするコミュニケーション」のポイントもお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

コミュニケーションを活性化したい・ハラスメントの対策をしたい


株式会社アスマーク 経営企画部 Humap事業G マネージャー

奥津 直樹氏

【奥津 直樹氏プロフィール】
(おくつ なおき)新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。マーケティングリサーチの法人営業を担当し、入社3年目からはマネージャーを経験。2020年6月にHRテクノロジー領域の新規事業チーム「Humap事業グループ」を新設。現在、マネージャーとしてクライアント様の働き方改革推進に向けて日々活動中。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-5] 受付終了

新卒就活生への独自アンケート調査に見る
「就活生のホンネ 最新版」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウィルスの感染拡大により、新卒活動にも大きな転換期を迎えました。変化をとらえるべく、当社で1000名以上の2021年卒、22年卒の新卒学生を対象に、活用ツールや様変わりした就職活動への対応状況など、独自アンケート調査を実施しました。本講演では、その調査を基に昨期と今期比較することで就活学生の意識の変化を読み解きます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新卒採用の方法を改めて検討したい


株式会社ステラス JPOSTING事業部 企画部 部長/中小企業診断士

磯崎 幸一氏

【磯崎 幸一氏プロフィール】
(いそざき こういち)大学卒業後、障がい者、新卒、アルバイト採用支援の企画提案営業を経て、株式会社ジャパンジョブポスティングサービスに参加。中途採用におけるプロセス改善および採用マーケティングの企画提案営業を担当した後、商品企画リーダーとして採用管理システム「ジョブスイート」をリリース。2014年より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-6] 受付終了

コーセーなどの大手企業事例から学ぶ
人材育成における効果的なeラーニング活用方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

eラーニング・オンラインでの学習環境整備に課題を持つ皆様に、5,000社以上の導入実績から得られた導入・活用から見る「お客様視点の外せないポイント」を解説します。更にコーセーの法務の方をお招きして、「研修+α」でユニークかつ効果的な使い方をしているケース、研修効果を挙げるための工夫など、企画から制作・運用に至るまで、オンラインでの育成の質を高める仕掛けを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

他社のeラーニングの導入・活用事例を参考にしたい


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)情報サービス業で国内大手企業やグローバル企業に情報システムを数多く導入。その後ネットラーニングへ入社。現在は代表取締役社長。eラーニング導入初期に、大手企業において多くの研修成功事例を生んだ。一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。

株式会社コーセー 法務部 テクニカルIP課 課長

藤城 博氏

【藤城 博氏プロフィール】
(ふじしろ ひろし)株式会社コーセーに入社し、化粧品の製剤研究を中心に基礎研究や開発研究に従事。また、特許分野を担当し、生み出された技術の知的財産化を推進。その後、法務部でコンプライアンス関連業務を担当し、国内外コーセーグループのコンプライアンス向上に邁進。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-7] 受付終了

企業の生産性向上に直結! 人事システムのユーザーエクスペリエンスをどう最大化するか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

B2Cの世界では、良質なユーザーエクスペリエンス(UX)の実現がビジネス成功の鍵です。一方でB2Bの世界にある人事システムは、マニュアルを読む、従業員の質問対応が前提です。「時間を費やすことなく、迷わず最後まで処理を完了できること」こそがB2BのUXの定義であり、この実現が生産性に劇的な改善を生み出します。本講演ではこのUX向上に向けたステップを実例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートワーク等の「新しい働き方」のもとで効率性を高めたい


ラクラス株式会社 取締役会長

北原 佳郎氏

【北原 佳郎氏プロフィール】
(きたはら よしろう)日米両国での人事およびIT部門での経験を元に、2005年にラクラス株式会社を設立。創業とともに、クラウドとBPOを組み合わせたフルスコープの人事アウトソーシングサービスを、主に大企業向けに展開。先端の情報技術を駆使することで、対社内業務に社員が時間を使わないための方法論を、一貫して追求している
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-8] 受付終了

今、人事に求められるExcelスキルとは
~業務が楽になる最新仕事術を解説!~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事業務に欠かせないExcel。関数やピボットテーブル、マクロを使いこなせば一流だった時代はもう終わりました。PowerQuery等、業務自動化に繋がる新しいスキルを身につける必要があります。本講演では、テクノロジーの世界的権威として認められMicrosoft本社のグローバルサミットにも呼ばれる講演者が、すぐに試したくなる人事部向け厳選スキルをお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ご自身の業務を少しでも楽にしたい/組織の人材育成で悩んでいる


Youseful株式会社 代表取締役/Microsoft MVP

長内 孝平氏

【長内 孝平氏プロフィール】
(おさない こうへい)2021 Microsoft MVPに輝いたテクノロジーの専門家であり、伊藤忠商事経理部出身者としてビジネス現場の勘所を深く理解した、国内唯一無二の研修プロフェッショナル。ベストセラー「Excel現場の教科書」著者。東証一部上場企業の研修実績多数。2021年「プレジデント」一流の超勉強法に掲載有り。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
14:50 -
15:50
パネルセッション[K] 受付終了

「心理的安全性」がチームにもたらす効果とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、「心理的安全性」が注目を集めています。チームのメンバー誰もが不安を感じることなく発言・行動できることが、パフォーマンスや生産性の向上を実現し、効果的なチーム作りにつながると考えられているからです。では、どうすれば心理的安全性の高いチームを実現することができるのでしょうか。また、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。グーグルの谷本氏、早稲田大学の村瀬氏、日本ラグビーフットボール協会の中竹氏という立場の異なる三人が、心理的安全性がチームにもたらす効果についてディスカッションします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

心理的安全性は組織にどんな効果をもたらすのか、どのようにして高めることができるのかを知りたい。


グーグル合同会社 執行役員 人事本部長

谷本 美穂氏

【谷本 美穂氏プロフィール】
(たにもと みほ)慶應義塾大学卒業後、人材サービス会社を経て2000年GEに入社。18年間にわたりグローバルリーダーシップと組織開発に携わる。2011年より米国GEグローバル本社の人事部門に異動、世界30ヵ国から選抜された次世代グローバルリーダー開発を担当。2016年よりGEジャパン株式会社 執行役員 人事部長、デジタルカルチャーへの変革を推進する。2018年グーグル合同会社入社。イノベーションを起こす組織づくりを推進する。

早稲田大学 商学部 准教授

村瀬 俊朗氏

【村瀬 俊朗氏プロフィール】
(むらせ としお)1997年に高校卒業後、渡米。2011年、University of Central Floridaにて産業組織心理学の博士号を取得。Northwestern UniversityおよびGeorgia Institute of Technologyで博士研究員(ポスドク)を務めた後、シカゴにあるRoosevelt Universityで教鞭を執る。2017年9月から現職。専門はチームワークとリーダーシップ。

(公財)日本ラグビーフットボール協会 理事/株式会社チームボックス 代表取締役

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学し、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め全国大学選手権で準優勝。卒業後、英国に留学。レスタ―大学大学院社会学修士課程修了。三菱総合研究所等を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督を務め、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇など多くの実績を残す。2010年退任後、日本ラグビー協会初代コーチングディレクターに就任。U20日本代表ヘッドコーチも務め、2015年にはワールドラグビーチャンピオンシップにて初のトップ10入りを果たした。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』( CCCメディアハウス)、新著『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』(ダイヤモンド社)など多数。
受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-1] 受付終了

認知科学をベースとした、リモート時代における個人・組織の自律的マインドの作り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今リモート化が急速に進み、組織の一体感の欠如や、組織間に距離ができていることを感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。組織作りに必要なのは、個人と組織が同じゴールに向かっていくマインド作りです。本講演では、認知科学をベースに個人と組織のゴール設定のポイント、ゴール達成のマインドの作り方を具体例を挙げながらわかりやすく解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員・組織に自律的マインドを築きあげたい


株式会社ユーキャン 講師

渡邊 佑氏

【渡邊 佑氏プロフィール】
(わたなべ ゆう)大学卒業後、京セラグループKSCCマネジメントコンサルティング(株)に入社しコンサルティング業務に従事。2015年MBA取得後、翌年合同会社Coaching4Uを創業し介護・物流・飲食などサービス業を中心に組織コンサルティング・コーチングを実施中。2019年よりユーキャン法人研修講師としても活躍中。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-2] 受付終了

テクノロジーから顧客の課題を考える:『新価値創造リーダー』の育成モデル
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「技術起点のソリューション開発」×「リーダー育成」で日本のものづくり産業を支えるリーダーを輩出する。大企業・大学・ベンチャーの垣根を越えた(共創させた)オープンイノベーションと人財育成を両立することができる取り組みをご紹介します。
*新価値=革新的な技術や発明だけでなく、今ある技術・商品・サービス(既存価値)に対して、新たな視点で「顧客の価値(MUST)」を見出すこと

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

技術系からの早期選抜、会社としての新価値創造・事業センス向上がしたい


株式会社Co-learning 代表取締役

竹枝 正樹氏

【竹枝 正樹氏プロフィール】
(たけえだ まさき)マツダ株式会社(知的財産部)にて、ブランドプロテクション・ナレッジマネジメント業務に従事。2010年株式会社ファーストキャリアに参画、関西営業マネージャーとして大手企業の人事育成を経験した後、独立。複数社の人材企業(厚労省系事業、職業紹介、専門家派遣)等の取締役を歴任し、2018年より現職。

株式会社ファーストキャリア 代表取締役社長

瀬戸口 航氏

【瀬戸口 航氏プロフィール】
(せとぐち わたる)大手コンサルティング会社にて自動車業界を中心に新規事業開発支援・ビジネスプロセス構築業務に従事し、研修・セミナーの講師としても多数登壇。その後、事業会社を経て2010年、株式会社ファーストキャリア参画。営業マネージャー、企画開発本部長を歴任し、2016年4月より現職。同年、株式会社セルム執行役員就任。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-3] 受付終了

VUCA時代に必要な「数字を根拠に自ら考え行動できる」人材育成のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCAの時代では既存の価値観やビジネスモデルなどが通用しなくなると言われています。その様な不確実性の高い時代においては自ら考え自ら行動できる「自立型人材」の育成が欠かせません。そのために何が必要か? 客観的なデータ(数字)を根拠に物事を考える力を身に付けることが重要です。本講演ではビジネスシーンで数字を上手に活用するポイントをご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

数字を根拠に考える、数字を使って報告・提案する力を身に付けたい


オルデナール・コンサルティング合同会社 代表社員/日本数学検定協会認定 ビジネス数学トレーナー

長谷川 正恒氏

【長谷川 正恒氏プロフィール】
(はせがわ まさのぶ)20代に外資系サービス業で営業に従事し世界3位の実績を残す。2006年より上場企業にて経営企画、管理業務に従事。30代で上場企業役員就任。M&A実務は事業会社責任者として、国内外で合わせて10件以上のクロージング実績がある。豊富な実務経験から「実務に即した人材育成」が信条。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-4] 受付終了

3つのキーワードから紐解く「法定雇用率2.3%時代」に求められる効果的な障害者雇用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

法定雇用率が2.3%となり、即戦力人材の売り手市場が加速する中、今後企業側には採用の裾野を広げることが求められています。本講演では前回のHRカンファレンス2021-秋-で大好評を得た独自データや調査内容をアップデートし解説。さらに3つのキーワード「ジョブ型雇用」「テレワーク」「地方採用」から、裾野を広げた戦力化雇用の在り方を紐解いてまいります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

近年の障害者雇用のトレンドを知り、採用方針の参考にしたい


株式会社D&I 取締役COO

小林 鉄郎氏

【小林 鉄郎氏プロフィール】
(こばやし てつろう)2009年に株式会社D&I創業、取締役COO就任。人材紹介から特例子会社設立コンサルティング等、多岐にわたる障害者雇用に関する課題解決に寄与。また、130社300名以上が導入している障害者テレワークサービス「エンカク」による障害をお持ちの方の新たな戦力化雇用モデルを構築するべく自ら推進している。
受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-5] 受付終了

人事が今考えておくべき! 「ジョブ型雇用」を見据えた22卒・23卒エンジニア採用戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、日本従来の職務領域を定めず、入社後に教育することを前提とした「メンバーシップ型採用」から、企業活動に必要となるポジションに専門知識を持った人材を採用をする「ジョブ型採用」を導入する動きを耳にすることが増えてきています。本講演では、ジョブ型雇用の歴史的背景や概念理解、新卒エンジニア採用における戦略立案についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ITエンジニアの採用に課題意識を持っている


株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長

山根 淳平氏

【山根 淳平氏プロフィール】
(やまね じゅんぺい)2013年に株式会社ギブリー参画後、ハッカソンやプログラミングコンテストなどエンジニアのコミュニティ運営を行う傍ら、IT・通信・メーカー企業等にエンジニア採用・育成・評価制度設計の支援を行う。2016年執行役員就任以降はプログラミングスキルチェックツール「track」のプロダクトオーナーを務める。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-6] 受付終了

健康経営の偏差値、知ってますか? 300社の分析を基にした健康KPIの立て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

健康経営の取り組みには費用と時間が掛かるなかで「健康経営の効果が実感できない」という相談が増えています。既に1万社超が取り組んでいる健康経営ですが、効果を定量的に計測する方法はまだありません。本講演では健康情報(ストレスチェックや健康診断)をデータアナリストが分析した「健康経営の偏差値」を、企業事例とともに紹介。健康経営優良法人の認定取得対策とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これから健康経営に取り組みたい。取り組みの成果を把握したい。


株式会社iCARE 取締役CRO 健康経営アドバイザー

中野 雄介氏

【中野 雄介氏プロフィール】
(なかの ゆうすけ)大手人材会社に新卒で入社後、2015年株式会社iCAREに第一号社員としてジョイン。500社以上の衛生委員会立ち上げやストレスチェック、メンタル不調者対応などの健康管理に携わる。2019年1月よりSales&Marketing部長、2019年9月より執行役員を歴任し、2020年7月より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-7] 受付終了

エンゲージメントを高めるマインドフルネスの活用 ~2つの誤解と2つの鍵~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社員が主体的に業務に励むためには、高いエンゲージメントが求められます。一方で、具体的な高め方や、そのキーとなるマネージャーの育成方法が分からない企業も多く存在しています。本講演では、エンゲージメントに関わる2つの誤解を紐解き、高めるための2つの鍵(心理的柔軟性、心理的安全性)とマインドフルネスの活用方法について、少し体験を交えながらわかりやすくお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメント向上、マネージャー育成、心理的安全性に関心がある


マインドフルネスプロジェクト 代表/SIY国際認定講師/CMA

伊藤 穣氏

【伊藤 穣氏プロフィール】
(いとう みのる)慶應義塾大学卒業、前職:一部上場企業課長職。組織改革プロジェクトリーダー、上場プロジェクトに参画。体調を壊し退職し、「社員一人ひとりがイキイキと働ける職場作りに貢献する」を経営理念にマインドフルネスプロジェクトを立ち上げる。国内では数少ないGoogle社が開発した能力開発プログラムSIYの認定講師。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-8] 受付終了

競争力強化のための能力開発 ~人材アセスメントを活用した新たな潮流~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現在、人材アセスメントは世界中で活用されています。日本では主に昇格審査に用いられており、自社の競争力強化に結びつく能力開発の観点ではあまり活用されていないものでした。しかし近年、日本の国際競争力が低下する中、人的資源管理のトレンドに変化が生まれています。本講演では、今後の人的資源管理に有用な人材アセスメントの潮流をご案内するとともに企業の活用事例についてご案内差し上げます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

タレントマネジメントなど、自社の競争力強化に関心がある/新しい人材アセスメント方法に関心がある


株式会社トランストラクチャ ディレクター

河野 健士氏

【河野 健士氏プロフィール】
(かわの たけし)大手教育出版社グループで企画編集を務め、ワークフロー改編や組織変革にも関与した後、組織・人事コンサルタントに転身。各種業界を対象に企業向け研修、アセスメント・センター、人材育成制度策定支援等に携わった後に現職。主として管理職・次世代幹部向け育成施策、アセスメント・センター業務等に従事。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
17:00 -
18:00
基調講演[L] 受付終了

キーフレーズで考える「キャリア自律」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今キャリア自律の重要性が、ますます認識されるようになってきました。我々慶應義塾大学藤沢キャンパスのキャリアリソースラボでは20年以上にわたって、組織の中での自律的キャリア形成に関して調査を続けてきました。コロナ禍でますます想定外変化が激しい今、キャリア自律とは長期の具体的なキャリア目標からの逆算的な行動計画で作っていくものではありません。組織内キャリア自律の知恵とその具体的なイメージをご理解いただきたく、調査から得られた知見をキーフレーズで表現し、その意味を解説していきたいと思います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織の中での自律的キャリア形成について知りたい


慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 俊介氏

【高橋 俊介氏プロフィール】
(たかはし しゅんすけ)1954年生まれ。東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。日本国有鉄道(現JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、89年にワイアット(現タワーズワトソン)に入社、93年に同社代表取締役社長に就任する。97 年に独立し、ピープルファクターコンサルティングを設立。2000年には慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任、11年より特任教授となる。主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『人が育つ会社をつくる』(日本経済新聞出版社)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP新書)、『プロフェッショナルの働き方』(PHPビジネス新書)、『ホワイト企業』(PHP新書)など多数。
受付終了
5/21(金)
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-1] 受付終了

丸井グループの事例から考える、「企業成長に繋がる“手挙げ文化”の醸成」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

丸井グループでは自ら手を挙げた人がチャンスを得られるという「手挙げ文化」が浸透し、これまで社員の8割以上が様々なチャレンジをしてきました。しかし、このような主体性を引き出す文化は自然にできたものではなく、意図的に形成したものになります。本講演では、丸井グループの「手挙げ文化」を深掘りし、どうすれば主体的な社員を育てる企業文化を作れるのかについて紐解いていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の主体性を引き出したい、組織風土を変革したい


株式会社丸井グループ 人事部 人材開発課 チーフリーダー

伊藤 真氏

【伊藤 真氏プロフィール】
(いとう まこと)2014年に(株)丸井グループに新卒入社し、店舗での販売、本社でのバイヤー業務といった小売事業に従事した後、コーポレートブランディングを推進させるデザインオフィス立ち上げを経験。2020年より現職において知識創造型企業実現に向けた人材育成・研修の企画立案を担当。

株式会社コンサルティングアソシエイツ 異業種交流研修プロジェクトリーダー

大竹 圭氏

【大竹 圭氏プロフィール】
(おおたけ けい)(株)ファーストリテイリング入社後、飲食業のコンサルタントを経て2008年(株)コンサルティングアソシエイツに参画。企業マッチング型異業種交流研修事業「Breaktrhoughシリーズ」としてイノベーション、現場力、リーダーシップ等、多くのコースを立ちあげる。現在はオンラインでの異業種交流研修も企画運営中。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-2] 受付終了

支援型リーダー育成の鍵は「内発的動機の見える化」
~ドワンゴ、米海軍の先進事例から
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

物理的に異なる場所で仕事を行う上で、「自律的な従業員の育成」「組織や従業員の生産性向上」は重要なポイントです。多様な働き方の中で組織を強くする方法の1つに「支援型リーダーの育成」があります。本講演では慶應義塾大学特任教授 小杉俊哉氏をお招きし、支援型リーダー育成の鍵となる「内発的動機の見える化」について、ドワンゴ様、米海軍様など国内外の先進事例を交えて議論いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内のコミュニケーションの質低下やリーダー育成に課題を感じている


EQIQ株式会社(Attuned運営会社) 創業者 CEO

Casey Wahl氏

【Casey Wahl氏プロフィール】
(ケイシー ウォール)ニューヨーク州出身。大学卒業後、東京で起業。2014年にIEビジネススクールにてエグゼクティブMBAを取得。現在、EQIQ株式会社のCEOとして、「内発的動機は人々の仕事と人生を豊かにする」信念のもと、Attunedと人材紹介サービスを展開している。著書に『未来をつくる起業家』など。

合同会社THS経営組織研究所 代表社員/慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特任教授

小杉 俊哉氏

【小杉 俊哉氏プロフィール】
(こすぎ としや)早稲田大学法学部卒業後、NECに入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー、ユニデン人事総務部長、アップル人事総務本部長を歴任後、独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授などを経て現職。ふくおかフィナンシャルグループ・福岡銀行、エスペックなどの社外取締役を兼任。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-3] 受付終了

2021年以降の障害者労働市場をデータで解説~市場変化に対応した雇用拡大戦略~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

法定雇用率の上昇に伴い、障害者雇用市場は「広域化」と「多層化」という2軸で雇用拡大が進みました。一方で、雇用率未達成の企業や、雇用拡大へ課題を抱える企業も増えています。市場や社会の変化に合わせ、障害者雇用環境はどう変化していくか? 直面する課題にどのような対策を打つべきか? 行政統計データを当社独自の切り口で再整理し、「事業、組織、採用、マネジメント」の軸で紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

障害者雇用市場傾向や、雇用拡大のための効果的な戦略を知りたい


パーソルチャレンジ株式会社 コーポレート本部 経営企画部 ゼネラルマネジャー

大濱 徹氏

【大濱 徹氏プロフィール】
(おおはま あきら)パーソルキャリアへ入社後、障害者の人材紹介サービス「dodaチャレンジ」に参画。2013年より、同サービスの責任者。多くの組織の採用支援と雇用アドバイザリー業務に従事。現在は、パーソルグループで障害者雇用支援事業を展開する、パーソルチャレンジの経営企画や新規事業開発に従事。
受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-4] 受付終了

オンライン採用で競合より学生の心を掴むインターンシップ。設計の基本と応用を解説
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウイルスが未だ猛威を振るう中、変化するライフスタイルやワークスタイル同様、採用活動も「オンライン採用」というニューノーマルに急速に移行しつつあります。本講演では、多くの企業でインターンシップのオンライン化を支援してきた実績に基づいて、オンライン上で競合との違いを打ち出し、学生の心を掴むためのインターンシップ設計における基本と応用を具体的に解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンラインでも採用成果につながるインターンシップを実施したい


ジャンプ株式会社 クライアントパートナー/JCDA認定キャリア・デベロップメント・アドバイザー

林田 宏基氏

【林田 宏基氏プロフィール】
(はやしだ ひろき)企業人事~採用アウトソーサー~採用コンサルタントとして延べ20年以上、多様な立場で人事・採用に関わる実務とマネジメントに従事。顧客企業の採用戦略や採用イベント、採用選考等の設計・運用支援実績多数。また、独自の採用戦略立案フレームワークに基づく人事向けコーチングやセミナー講演も積極的におこなっている。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-5] 受付終了

健康経営のための従業員の睡眠課題対策とSAS(睡眠時無呼吸症候群)対策とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

従業員の睡眠状態は、生産性に大きく影響することが示されてきており、産業衛生現場での「睡眠関連指導」や「SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査」に注目が集まっています。一方、従業員が抱える睡眠課題は多岐に渡り、効果的な対策を行うためには、その内容を正しく理解することが不可欠です。今回の講演では、睡眠課題をはじめ、指導の事例やSAS検査への取り組み方などを具体的に解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ストレス・メンタル対策や生産性向上で健康経営を目指している


帝人株式会社 ヘルスケアコネクト企画開発部 睡眠改善インストラクター

出井 丈也氏

【出井 丈也氏プロフィール】
(でい たけや)2007年に帝人株式会社に入社し、研究開発職として繊維素材を中心とした商品開発を担当。その後、2015年よりマテリアル事業およびヘルスケア事業の両領域において、新規事業企画、推進業務に携わる中、従業員の健康増進、重症化予防として企業向け睡眠力向上サービスの事業化に従事し、現在に至る。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-6] 受付終了

人事DXに向けた科学的人事のすすめ ~データ活用で人事戦略はどう変わるか~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

大きく変容した社会活動を背景に、多くの企業がデジタル技術を活用した人事戦略に取り組み始めました。先進企業では、最新テクノロジーを導入し、ハイパフォーマー人材の特徴分析、戦略的な育成・配置や採用すべき人材の発見に活用しています。本講演では、企業の組織力向上を支援する科学的人事・タレントマネジメントの最新事例、テクノロジーを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事情報の一元化と活用をしたい、システムの選び方を知りたい


株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

鈴村 賢治氏

【鈴村 賢治氏プロフィール】
(すずむら けんじ)中央大学卒業後、野村総合研究所に入社。テキストマイニング・データマイニングを専門に従事。2007年プラスアルファ・コンサルティングに入社。マーケティング視点を取り込んだ科学的な人材活用を支援。著書に『科学的人事の衝撃』(東洋経済)。タレントマネジメントの啓蒙、普及のため、日々全国を駆け巡っている。
受付終了
5/21(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-7] 受付終了

持続的な企業成長を実現する、ニューノーマル時代の人材育成とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCA時代に入り、持続的成長を成し遂げるためにも、多くの企業が「次世代の人材育成」を重要な経営課題にあげています。では大企業が新たなビジネスイノベーションを生む人材育成をどのようにすべきなのでしょうか。本講演ではVUCA時代に求められる人材育成のあり方や、自律的に学習する環境の構築方法等をソフトバンクの源田氏をお招きし、事例を踏まえてディスカッションをします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンラインでの人材育成や自律型人材、デジタル人材育成をしたい


ソフトバンク株式会社 人事本部 本部長 兼 組織人事統括部 統括部長 兼 未来人材推進室 室長

源田 泰之氏

【源田 泰之氏プロフィール】
(げんだ やすゆき)2008年より現職。ソフトバンクグループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティおよび後継者育成機関のソフトバンクアカデミア、新規事業提案制度(ソフトバンクイノベンチャー)の責任者。SBイノベンチャー・取締役を務める。日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞受賞。

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO/株式会社ニューズピックス 執行役員

麻生 要一氏

【麻生 要一氏プロフィール】
(あそう よういち)東京大学卒業。株式会社リクルートに入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大。2018年9月株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員就任、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。
受付終了
5/21(金)
10:30 -
11:30
パネルセッション[M] 受付終了

今こそ考えたい「企業文化」の共有
リモートワーク環境でいかに維持し浸透させるのか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業が発展していく上で従業員に企業文化を浸透させることは重要ですが、リモートワークが続く中、どうすれば実現できるのでしょうか。本講演では現在、完全リモートワークで事業を展開しているFacebook Japan、エンタメ業界特有の働き方を改革したユニバーサルミュージックが登壇。それぞれの企業文化を紹介した上で、リモートワークの中で企業文化をいかに浸透させるのかを議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

テレワークシフトに伴い、組織「求心力」を高めるヒントがほしい


Facebook Japan株式会社 人事統括 (Head of Human Resources)

佐々木 丈士氏

【佐々木 丈士氏プロフィール】
(ささき たけし)フォード・ジャパン・リミテッド、フィリップ モリス ジャパンにおいて人事ビジネスパートナーとして、さまざまな事業部門の組織開発を担当。2015年6月よりフェイスブックに入社、日本、韓国、パートナーシップ事業部の人事戦略を担当。

ユニバーサル ミュージック合同会社 人事総務本部 人事部 部長

齋藤 洋子氏

【齋藤 洋子氏プロフィール】
(さいとう ようこ)2002年ユニバーサル ミュージック合同会社人事部採用担当として入社。産休・育児休職を経て、人材開発企画に従事し、2013年EMIミュージックとの合併・組織統合プロジェクトに参画。2015年人事部部長に就任し、人事制度・雇用制度の再構築および働き方改革などを通じて経営課題に取り組む。

HR Design Lab. 代表/株式会社博報堂コンサルティング 執行役員

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努め、現在は、HR Design Lab.代表として実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など
インタビュー 受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-1] 受付終了

自分事として強い自覚を促すコンプライアンス研修のあり方とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2020年6月のパワハラ防止法施行やコンプライアンスリスクに対する世間の厳しい目など、企業はより一層対策に取組むことが求められています。一方で打ち手は限られていて、研修を実施しても「当たり前の事」「私には関係のない事」と参加者の本気度も薄くなりがちです。本講演では、コンプライアンス研修やハラスメント研修の参加者に自分事として自覚を促すためのポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

コンプライアンス研修、ハラスメント研修を有効に実施したい


株式会社マネジメントベース 代表取締役

本田 宏文氏

【本田 宏文氏プロフィール】
(ほんだ ひろふみ)慶應義塾大学修士課程修了後、(株)野村総合研究所にて15年間、人材と組織に関する診断・コンサルティングに従事。その後、人材と組織のアセスメントを専門とする(株)マネジメントベースを設立。2009年には日本初、新型うつへ対応した適性検査をリリースするなど企業ニーズに応じた各種アセスメントを開発・提供。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-2] 受付終了

自律型人材育成の失敗には必ず原因がある
因果関係から導く成功への5ステップ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

経営課題の普遍的なトピックである自律型人材育成。ただ実際に取り組むと、総論賛成・各論反対が随所に起こり、その運用に躓くことも少なくありません。本講演では、失敗事例の原因を特定し、現場で改善・改良を重ねてきた経緯と結果をもとに、育成のための全体像の設計の仕方、その中での優先順位の付け方、立場やレイヤーの違いをふまえたアプローチの仕方を、具体例でお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現状の自律型人材育成の取り組みや成果に、迷いや不安がある


tag&associates株式会社 代表取締役

冨田 晋作氏

【冨田 晋作氏プロフィール】
(とみた しんさく)ベンチャー、オーナー企業での営業・マーケティング、事業開発部門ならびに人材・組織開発の責任者を経てtag&associatesを創業。個人のミッションとリーダーシップ開発を軸に経営陣や人事、人材・組織部門の右腕として、あるいは事業部門のメンターとして、各現場での運用をご支援しています。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-3] 受付終了

ドコモグループの事例から紐解く、1on1で成果を出す3つのステージ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、1on1に取り組む企業が増えてきましたが、期待した成果を出せずに苦しんでいるご相談を数多く伺います。それらの話を整理すると、目指す1on1にたどり着くまでに、3つのステージがあることが見えてきました。本講演ではNTTドコモ・スマートライフ推進部、ドコモ・テクノロジーの1on1導入事例をご紹介。事例を踏まえて3つのステージや、ステージレベルを上げていくためのポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1を導入したがうまくいかない・今後導入を検討している


株式会社ファインド・シー 代表取締役

小高峯 康行氏

【小高峯 康行氏プロフィール】
(こだかみね やすゆき)1991年(株)リクルート入社 2002年(株)ファインド・シー設立 代表取締役就任 2020年(株)ビジネス代謝ラボ設立 代表取締役就任 大手企業を中心に、採用・教育・人事制度など数々のコンサルティングを経て、現在に至る
インタビュー 受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-4] 受付終了

現役コンサルタントが伝授!! 今さら聞けない「オンライン研修のつくり方」超超入門
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍において、研修の実施形態が「集合型」から「オンライン型」に大きく変化しています。JMAMではコロナ禍前よりオンライン研修の企画・設計に取り組んでまいりました。今回は、オンライン研修における各社の取り組み状況のアンケート結果や年間2000日以上のオンライン研修実績から、学習の環境面、運営面に関する効果的なオンライン研修のつくり方(コツ)をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

効果的なオンライン研修にするために内容や進め方を見直したい


株式会社日本能率協会マネジメントセンター HRMコンサルタント

野口 恵平氏

【野口 恵平氏プロフィール】
(のぐち けいへい)大学卒業後、大手個別指導学習塾の直営事業部(教室運営責任者)、情報システム部、研修センター、新学習指導開発室などに従事。フランチャイズ教室向け研修の企画・製作・運営に携わる。その後、日本能率協会マネジメントセンターに入社し、階層別・テーマ別研修の講師として、オンライン・集合研修の両方にて活躍中。
受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-5] 受付終了

各大学GPA上位者の傾向から見る、活躍する学生選びのポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

22卒生15万人の履修データを利用し有名校GPA上位5%の学生へのヒアリングを実施。そこからGPA上位者に共通するタイプが見えてきました。大学の急速な変化が学生の行動にどのような変化を与えているのかをデータとヒアリング調査を基に解説。また、富士通の採用責任者との対談を通して、学業行動と求める学生の相関、入社後の活躍との関連を調査結果と企業の実感から考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新卒・若手採用の質向上、効率向上、入社後育成のレベルアップがしたい


富士通株式会社 人材採用センター マネージャー

渡邊 賢氏

【渡邊 賢氏プロフィール】
(わたなべ けん)2005年に富士通株式会社入社後、人事部門配属。2008年に新卒採用部門、2014年にビジネス部門人事、2016年シンガポールへ赴任し、RHQ HR Managerを経て2019年より新卒採用担当マネジャーとして年間750名の新卒採用責任者として活躍。

株式会社履修データセンター 代表取締役/NPO法人DSS 代表理事

辻 太一朗氏

【辻 太一朗氏プロフィール】
(つじ たいちろう)リクルートに入社後、人事部に従事。2011年に「大学教育と就職活動のねじれを直し、大学生の就業力を向上させる会(略称DSS)を、13年に大学成績センターを設立し、一体で活動を進める。著書に『なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?』『「履修履歴」面接』がある。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-6] 受付終了

ニューノーマルな時代に「生き残る組織」を創る「リーダーシップ」とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ニューノーマルな時代に生き残る組織とはどんな特徴を備えているのか。組織のためにだけ存在する組織ではなく、働く人が「幸せに働くことが出来る組織」だと考えます。「幸せに働く」ことは、実際に生産性・創造性・欠勤率・離職率にどのように影響するのか、幸せの心的要因を分析した幸せの4つの因子とは何か、幸せな働き方/不幸せな働き方の14因子とは何かなどの点についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これからの時代に対応した生産性や創造性の高い組織を創りたい


慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

前野 隆司氏

【前野 隆司氏プロフィール】
(まえの たかし)慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長。ハーバード大学Visiting Professorなどを経て現職。博士(工学)。『幸福学×経営学』(2018年)、『幸せのメカニズム』(2014年)など多数。専門は、システムデザイン・マネジメント学、幸福学、イノベーション教育など。

株式会社レアリゼ 代表取締役社長

真田 茂人氏

【真田 茂人氏プロフィール】
(さなだ しげと)早稲田大学卒業後、株式会社リクルート、外資系金融会社、人材サービス会社設立を経て、株式会社レアリゼを設立。個人の意識変革を起点とした組織開発を強みとし、幅広い分野において、講演、研修・コンサルティング導入など実績がある。また、サーバントリーダーシップの普及を通じ、リーダーの育成などに力を入れている。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
12:40 -
13:40
パネルセッション[N] 受付終了

「部下の強みを引き出し、成長させる管理職」の育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多様化する人材のマネジメント、リモート環境での部下とのコミュニケーションなど、管理職が抱える課題は増えるばかりです。部下の育成もその一つですが、強みを引き出し、成長させていくために、管理職に求められることとは何でしょうか。また、「育て上手な管理職」を育成するために、人事・人材開発担当者はどのような教育を行うべきなのでしょうか。コカ・コーラボトラーズジャパンの東氏、三井情報の戸部氏、「経験学習」研究の第一人者である北海道大学大学院の松尾氏が、いま求められる「管理職育成」のあり方を語り合います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

部下指導に優れた管理職を育成したい


コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社 人事/総務本部 人事統括部 人財開発部 部長

東 由紀氏

【東 由紀氏プロフィール】
(ひがし ゆき)ニューヨーク州立大学卒業後、外資系と日系の金融機関でセールスやマーケティングの業務に従事し、2013年に人事にキャリアチェンジ。野村證券でグローバル部門のタレントマネジメントとダイバーシティ&インクルージョンのジャパンヘッドに着任。その後、アクセンチュアを経て。2020年2月より現職で人財開発、採用、評価制度を統括。中央大学大学院戦略経営修士、職場におけるLGBTアライと施策の効果について研究。 2018年11月からAllies Connectの代表として、企業×アカデミック×社会のアライをつなげる活動を開始。特定NPO法人東京レインボープライド理事、認定NPO法人ReBit アドバイザー。

三井情報株式会社 人事総務統括本部 本部長

戸部 雅之氏

【戸部 雅之氏プロフィール】
(とべ まさゆき)1989年、現・三井情報の前身会社の1社である三井情報開発株式会社に技術職として入社。多数の大規模システム開発プロジェクトを経験後、2007年よりITコンサルティング部門を統括し、業務プロセス改善を実現するコンサルタントを数多く育成。2011年英国現地法人MKI (U.K.)社長。2015年本社技術部門にてクラウドサービス、金融ソリューション、スマートサービスなどの技術本部長を歴任、2018年よりコーポレート部門にて人材戦略、人事制度改革を担当。2019年人事総務統括本部長。

北海道大学大学院 経済学研究院 教授

松尾 睦氏

【松尾 睦氏プロフィール】
(まつお まこと)1988年小樽商科大学商学部卒業。92年北海道大学大学院文学研究科(行動科学専攻)修士課程修了。99年東京工業大学大学院社会理工学研究科(人間行動システム専攻)博士課程修了。博士(学術)。2004年英国ランカスター大学にてPh.D. (Management Learning)取得。神戸大学大学院経営学研究科教授などを経て現職。著書に『部下の強みを引き出す 経験学習リーダーシップ』(「HRアワード2020」書籍部門 入賞)『「経験学習」ケーススタディ』『職場が生きる 人が育つ 「経験学習」入門』(「HRアワード2012」書籍部門 最優秀賞 受賞)(いずれもダイヤモンド社)ほか。
受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-1] 受付終了

実例から見るピープルマネジメント×HRテクノロジーの今と未来
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、日本の人事領域でも、HRテクノロジーの導入が進む一方で、うまく活用しきれていないケースも多く見受けられます。本講演では、HRテクノロジーの中でも、ピープルマネジメント領域に特化したテクノロジーの実例をもとに、「組織がHRテックを導入することで、ピープルマネジメントはどのように変わっていくのか」という問いに対するヒントを抽出していきます。(協賛/株式会社インヴィニオ)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

HRテクノロジーの導入で組織を変えたい


株式会社インヴィニオクロス 代表取締役社長

畑 俊彰氏

【畑 俊彰氏プロフィール】
(はた としあき)2004年に株式会社ベンチャー・リンク入社。2009年日本郵便株式会社に転職。同社にて、組織風土改革、異業種他社との共創PJの推進etc、多数の組織横断プロジェクトを牽引。2018年株式会社インヴィニオに転職。企業の組織変革・リーダー育成に携わる。2021年3月より現職。

株式会社KAKEAI 代表取締役社長 兼 CEO

本田 英貴氏

【本田 英貴氏プロフィール】
(ほんだ ひでたか)2002年に株式会社リクルート入社。商品企画、グループ全体の新規事業開発部門の戦略スタッフなどを経て、(株)電通とのJVにおける経営企画室長。その後、(株)リクルートホールディングス人事部マネージャー。2015年リクルート退職後、スタートアップ数社での役員を経て、2018年4月に株式会社KAKEAIを創業。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-2] 受付終了

年間200名増の急成長を支える「カルチャー」×「人事」の新しい組織のカタチ 
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

マネーフォワードは変化の激しい環境に対応し、数千規模のグローバルカンパニーへの成長に向け、カルチャーや風土によって組織が自立駆動できるよう、人事本部を「People Forward本部」としてアップデートしました。本講演ではこれまでマネーフォワードの成長を支えてきた企業文化浸透に加え、「カルチャー」×「人事」融合やそれらの事業部へ落とし込みの事例など、今まさに挑戦中の取り組みをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

企業理念、カルチャーの浸透を通じて強い組織を作りたい


株式会社マネーフォワード People Foward本部 本部長

菱沼 史宙氏

【菱沼 史宙氏プロフィール】
(ひしぬま ふみおき)人材業界にて求人メディアの制作・ディレクターを経験後、株式会社クライスアンドカンパニーでキャリアコンサルタント職に携わる。その後、株式会社スープストックトーキョーの人材開発副部長として採用/制度/組織開発を経験した後、2018年にマネーフォワードに入社。現在はPeople Foward本部本部長。
受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-3] 受付終了

テレワークにも左右されない従業員の健康管理~メンタルケアや運動不足解消方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークの導入や外出自粛の影響を受けて、従業員の運動不足やコミュニケーション不足によるメンタル不調など、今まで以上に従業員の健康を意識する企業が増えています。本講演では、昨今に企業が抱える従業員のココロとカラダの健康管理の課題に対して、オンラインの活用でどのように解決しているのか、管理栄養士の視点から事例も交えて解説していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のココロとカラダの健康管理の課題を解決したい


株式会社グッピーズ ヘルスケア事業部 リーダー/管理栄養士

寺田 沙也香氏

【寺田 沙也香氏プロフィール】
(てらだ さやか)健康経営エキスパートアドバイザーの資格を取得。自社サービスである健康管理アプリ「グッピーヘルスケア」を活用し、企業の健康経営推進のための課題解決に向けたサポートを実施。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-4] 受付終了

DX活用の人材育成で顧客拡大へ/ホンダカーズ愛知2030VISION実現への挑戦
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

世界のビジネス環境の急変に伴い、多くの業界で組織・人づくりの再構築が進められています。本講演では日本を代表するイノベーション企業のHondaグループで、全国No1ディーラー(2013~20年経常利益)である、ホンダカーズ愛知より人材開発・人材アセスメント・組織分析による科学的DX手法を用いた「成長実感による自発的能力開発プラットフォーム」の取組事例を紹介いただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX手法の人材育成・組織開発で、顧客拡大を推進したい


株式会社ホンダカーズ愛知 管理部 総務課 採用研修グループ

安井 さやか氏

【安井 さやか氏プロフィール】
(やすい さやか)一貫して人事業務に従事。2015年人材派遣会社名古屋支店責任者として立上げ完遂。2020年ホンダカーズ愛知入社。2030VISOIN実現に向け、評価制度と人材育成/組織開発の連動に向け、コンピテンシー開発、企業理念教育を軸に新能力開発プログラム導入。新規研修企画、OJT促進、社内風土醸成を推進中。

株式会社ネクストエデュケーションシンク 常務執行役員 ソリューション事業部 事業部長

渡邊 洋治氏

【渡邊 洋治氏プロフィール】
(わたなべ ようじ)入社以来20年HRテクノロジーの人材アセスメント、人材育成システムの構築、コンサルを行う。IT、自動車等国内大手企業累数300社10万名超の人材・組織分析プロジェクトを主導。人材戦略をプロデュース。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程修了。日本サイバーセキュリティ人材キャリア支援協会企画運営委員。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-5] 受付終了

オンラインで「欲しい学生と向き合う」採用を実現するには?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの採用を余儀なくされています。リアルでの採用に比べて学生との関係性を構築することが難しく、知らない間に学生の志望度が落ちてしまうことが多いです。そのため、今まで以上に「欲しい学生と向き合う」採用が必要になります。本講演では選考過程を通して欲しい学生に向き合い、内定承諾を勝ち得る方法を講演します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用したい学生と出会えない/内定承諾率が低い/採用工数が負担


株式会社グローアップ 新卒事業部 マネージャー

松山 朋子氏

【松山 朋子氏プロフィール】
(まつやま ともこ)2012年に学習院大学卒業後、大手のメーカーで営業を経験。 翌年2013年、グローアップに入社し、2016年新卒紹介事業部のマネージャーに就任。 マネージャー就任後は、同事業部が運営するスカウト型逆求人サービスの 『キミスカ』を 2020年採用において10万人の就活生が使うサービスへと成長させる。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-6] 受付終了

サイバーエージェント、freeeの事例に学ぶ
優秀人材を採用するための中途採用戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

優秀人材の採用が困難を極める中途採用。既存のやり方だけでなく、独自の戦略・新たな手法を確立する企業様も出てまいりました。どのようなポイントを重要視し、具体的にどのように進めているのでしょうか。本講演では、独自の戦略を立てて中途採用を強化されている、サイバーエージェントの石田様や、freeeの栗林様をお招きし、背景やポイント・注意点を具体的にお聞きします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

中途採用で成功するためのヒントがほしい


株式会社サイバーエージェント 執行役員 採用戦略本部長

石田 裕子氏

【石田 裕子氏プロフィール】
(いしだ ゆうこ)2004年新卒でサイバーエージェントに入社。広告事業部門で営業局長・営業統括に就任後、Amebaプロデューサーを経て、2013年及び2014年に2社の100%子会社代表取締役社長に就任。2016年より執行役員、2020年10月より専務執行役員に就任。採用戦略本部長兼任。

freee株式会社 経営基盤 人事採用本部 採用責任者

栗林 由季氏

【栗林 由季氏プロフィール】
(くりばやし ゆき)情報通信関連の商社で営業としてのキャリアをスタートし、2014年にfreeeへ入社。社員20名強の時代からリクルーターとしてfreeeの魅力について情報発信を行う。現在はリクルーティングチームの責任者としてfreeeの採用戦略、運用、チーム作りに関わる。

Sansan株式会社 執行役員 Eight事業部 Eight Career部 部長

小川 泰正氏

【小川 泰正氏プロフィール】
(おがわ やすまさ)2002年エン・ジャパン株式会社に入社。リーマンショック後の事業再編に関わった後、子会社の取締役として事業立ち上げに従事。2015年にSansan株式会社に入社し、執行役員として、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のカスタマーサクセス、マーケティング等を牽引。2020年よりEight Career Design事業の推進に従事。
受付終了
5/21(金)
14:50 -
15:50
パネルセッション[O] 受付終了

スターバックスの事例から考える「組織開発」
~企業文化をベースとしたエンゲージメント醸成の取り組みとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、大きな注目を集めている「組織開発」。組織のコミュニケーションを活性化させる取り組みとして語られることの多いキーワードですが、企業では実際にどのような取り組みが行われているのでしょうか。本セッションでは、独自の企業文化をベースにエンゲージメントを醸成し、組織開発に活かしている、スターバックス コーヒー ジャパンの事例を取り上げます。同社の久保田氏と組織開発研究の第一人者である南山大学・中村氏との議論を通じて、どのようにして組織開発を実践していけばいいのかを考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「従業員エンゲージメント」「組織開発」に関する取り組み事例を知りたい


スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 人事本部 本部長

久保田 美紀氏

【久保田 美紀氏プロフィール】
(くぼた みき)ドイツ系IT企業で採用・教育・部門人事を経験した後、2010年スターバックス コーヒー ジャパンに人材開発部長として入社。リテイルおよびサポートセンターの人材開発・組織開発に従事した後、2016年より人事部長に就任、現在に至る。米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー。

南山大学 人文学部心理人間学科 教授/人間関係研究センター センター長

中村 和彦氏

【中村 和彦氏プロフィール】
(なかむら かずひこ)1964年岐阜県生まれ。名古屋大学大学院教育研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。専攻は組織開発、人間関係トレーニング、グループ・ダイナミックス。アメリカのNTL Institute組織開発サーティフィケート・プログラム修了。組織開発の実践者養成を通して現場の支援に携わるとともに、実践と研究のリンクを目指したアクションリサーチに取り組む。著書に『入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる』(光文社新書)などがある。
受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-1] 受付終了

オンライン時代のモチベーション・マネジメント 
プロコーチが教える「3つの視点」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で増えたリモートワークにより、突然求められるようになったセルフマネジメント。在宅のメリットもある一方で、これまでに加え、更にモチベーションとの付き合い方が難しくなっています。管理職は今、どのような関わりをすべきでしょうか? 本講演では、コーチ歴10年以上のプロコーチが、離れていてもオンラインで活かせるモチベーションマネジメントの視点をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートでのマネジメント(コーチング)に難しさを感じている


株式会社Uコーチング 代表取締役

宇都宮 勇治氏

【宇都宮 勇治氏プロフィール】
(うつのみや ゆうじ)早稲田大学卒業後、英字新聞ジャパンタイムズの記者、株式会社コーチ・エィのエグゼクティブコーチを経て2011年独立。経営者や経営幹部への約17年間の1on1コーチングの実績から、複数の大手研修会社の外部講師としてコーチング研修を実施中。過去には早稲田大学の公開講座やアカデミーヒルズのセミナーにも登壇。

港屋株式会社 代表取締役

五島 希里氏

【五島 希里氏プロフィール】
(ごとう きさと)フェリス女学院大学在学中、マクドナルドの社内コンテストのフロアサービス部門で優勝し、社員・アルバイト向けホスピタリティ講座の企画運営に携わる。大学卒業後、人材サービス企業でのIR、子会社設立を経て、(株)コーチ・エィへ。2015年独立。エグゼクティブコーチ、組織開発、国内外の学生の育成等に取り組む。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-2] 受付終了

リモート環境下における、データを活用した信頼関係の作り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモート環境下においてコミュニケーションの課題が表面化したケースが散見されます。今後、益々多様性が広がる雇用環境下で現場ではどのような対応が求められるのでしょうか。本講演ではデータによって浮かび上がった社員の性格や価値観をコミュニケーションやマネジメントでどう活用したのか。そして相互理解や信頼関係を深め離職を回避し、生産性を高めたかについて事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモート下のコミュニケーションに課題を感じている


株式会社ミツカリ 代表取締役社長 CEO

表 孝憲氏

【表 孝憲氏プロフィール】
(おもて たかのり)京都大学法学部卒。モルガン・スタンレー証券株式会社に入社し、営業としてベストセールス賞を度々受賞。全社の採用リーダーとして1000人以上の学生と面接を行う。退職後はUCバークレーに留学し、MBAを取得。スキル以外のミスマッチで活躍できず退職する人を目の当たりにしてきた経験から、ミツカリを創業する。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-3] 受付終了

ニューノーマルで部下育成に求められる「新しいリーダーシップスタイル」とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナにより一気に世の中の変化が起こる中、リーダーシップ、マネジメントにも変化が出てきています。変化が激しい時代の中では数字によるマネジメントが徐々に機能しなくなり、よりバリュー(価値観)を重視したマネジメントやリーダーシップが必要になってきます。今回はニューノーマルのリーダーシップ論について、お伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

部下指導が上手くいかないという声が現場から上がってきている


株式会社情熱 取締役

矢間 啓介氏

【矢間 啓介氏プロフィール】
(やざま けいすけ)明治学院大学卒業。環境系ベンチャーでの営業、管理職業務を経て人事系コンサルベンチャーに転職。大手自動車メーカー、大手印刷会社等の研修を担当。2007年、株式会社情熱を設立し取締役に就任。教育研修事業を展開。現在は大手から中小までのバリュー浸透コンサルティングをメインに活動。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-4] 受付終了

新卒採用のプロ20人・60時間分の学びを50分に凝縮【23卒採用の成功ポイント】
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

22卒は21卒以前から進んできた早期化の流れに加えて、コロナ禍でオンライン化が急激に進みました。採用だけでなく、ビジネスモデルが変わり、求められる人物像、成果をあげるコンピテンシーすら変わる中で、新卒採用の戦略・戦術をどう変えればよいのでしょうか。本講演では、1年間で60回以上、新卒採用のプロと対談して得られた23卒採用のポイントをぎゅっと凝縮してお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

23卒採用をこれから計画したい


株式会社ジェイック 新卒事業本部 シニアマネージャー

稲本 太郎氏

【稲本 太郎氏プロフィール】
(いなもと たろう)2004年大学卒業後、株式会社ジェイック入社。15年間、一貫して企業の採用支援に携わり、延べ1,000社以上に携わる。「人と組織のポテンシャルを最大化するための選択肢を研究し、最も適切な手法を提供し続ける」をミッションに、採用コンサルタント、キャリアカウンセリング、マネジメントを歴任。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-5] 受付終了

DX人材に求められるデザイン思考力 ~いま必要とされる理由と発掘方法について~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「DX人材を育てろ」――昨今叫ばれることが多くなったDX人材の必要性。一方で、DX人材がどのような能力を備えている人材かをイメージできていない方が多いと感じています。本質的な価値を生み出すDX推進のために、必要要件をイメージすることから始めませんか。本講演では、DX人材に必要となるデザイン思考力の重要な背景や発掘方法について、具体例を交えながらご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX人材の発掘・育成がしたい


VISITS Technologies株式会社 イノベーション&トランスフォーメーション部 事業部長

吉村 由宇氏

【吉村 由宇氏プロフィール】
(よしむら ゆう)京都大学経済学部卒。東京海上日動火災保険にて人材開発や組織開発を担当。人や組織面でのDX推進や、次世代リーダー育成、人事評価制度、HR Tech研究チームの立ち上げ・運営など人材開発・組織開発全般に従事。現在はVISITS Technologies社にてHRソリューションの企画設計・提供全般に従事。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-6] 受付終了

理念浸透の6つのメリット~実践度を見える化する理念浸透の手法とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

理念浸透は全ての企業の永遠の課題ですが、膨大な著書があるにもかかわらず施策や手法に正解はありません。理念を浸透させるには、社員の心からの共感と主体的な行動が必要で、評価制度への組み込みも重要となります。本講演では、理念浸透のメリットや、着実に理念を組織内に浸透させていくために、クレドの明文化・可視化、評価制度への組込みなどをDXで実現する方法をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

会社の理念を組織や社員にもっと浸透させたい


株式会社シンクスマイル 代表取締役

新子 明希氏

【新子 明希氏プロフィール】
(あたらし はるき)1972年大阪府生まれ。2007年シンクスマイル設立。現在は、社内モチベーション向上SNS「ホメログ」や「RECOG(レコグ)」を社内開発、販売している。「称賛文化の形成」や「従業員エンゲージメントの向上」を促進させるアプリの開発販売を通じて、毎日の「働く」が楽しくなる世の中の形成を目指している。
受付終了
5/21(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-7] 受付終了

スキル可視化が変える人材育成の世界観
~デジタルバッジ導入で自律型学習を促す~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

欧米企業を中心に、国際標準規格を元に4330万個以上発行されているデジタル証明「オープンバッジ」をご存知ですか。個人の「スキル」や、研修や教育の「学び」を可視化するこの仕組みによって、学習モチベーションの維持向上・学習時間の増加だけでなく、離職率の低減など導入企業で様々な効果が出始めています。本講演では日本IBMの事例などを紹介し、その活用方法についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

スキル管理や受講者のモチベーション向上を検討している


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)情報サービス業で国内大手企業やグローバル企業に情報システムを数多く導入。その後ネットラーニングへ入社。現在は代表取締役副社長。eラーニング導入初期に、大手企業において多くの研修成功事例を生んだ。一般財団法人オープンバッジ・ネットワーク、一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。
インタビュー 受付終了
5/21(金)
17:00 -
18:00
パネルセッション[P] 受付終了

テレワーク、副業、ワーケーション……これからの「働き方」を考える
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍により、テレワークや時差出勤を導入する企業が増え、日本の働き方は大きく変化しました。さらに副業やワーケーション、従業員シェアなど、働き方のバリエーションが増えています。大きな変化が起きる中、企業と人との関係性は今後どのように変化していくのでしょうか。従業員の自律性や組織の生産性を高めるため、企業は何をすればいいのでしょうか。新しい働き方を実践し注目を集めているカルビー・武田氏、ユニリーバ・島田氏をお迎えし、法政大学・石山氏の司会で、これからの働き方について考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「働き方」に関する先進事例と、そこに込められた目的や実際の成果について知りたい


カルビー株式会社 常務執行役員 CHRO(Chief Human Resource Officer)

武田 雅子氏

【武田 雅子氏プロフィール】
(たけだ まさこ)1968年東京生まれ。89年に株式会社クレディセゾン入社。全国のセゾンカウンターで店舗責任者を経験。2014年人事担当取締役に就任。2016年には営業推進事業部トップとして大幅な組織改革を推進。2018年5月カルビー株式会社に転職、翌年4月より常務執行役員。全員活躍の組織実現に向け、人事制度改定など推進中。

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長

島田 由香氏

【島田 由香氏プロフィール】
(しまだ ゆか)1996年慶應義塾大学卒業後、日系人材ベンチャーに入社。2000年コロンビア大学大学院留学。2002年組織心理学修士取得、米系大手複合企業入社。2008年ユニリーバ入社後、R&D、マーケティング、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターを経て2013年4月取締役人事本部長就任。その後2014年4月取締役人事総務本部長就任、現在に至る。学生時代からモチベーションに関心を持ち、キャリアは一貫して人・組織にかかわる。高校3年生の息子を持つ一児の母親。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP®︎トレーナー。

法政大学大学院 政策創造研究科 教授

石山 恒貴氏

【石山 恒貴氏プロフィール】
(いしやま のぶたか)一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア形成、人的資源管理等が研究領域。人材育成学会常任理事、日本労務学会理事、人事実践科学会議共同代表、NPO法人二枚目の名刺共同研究パートナー、フリーランス協会アドバイザリーボード。主な著書:『日本企業のタレントマネジメント』(2020年、中央経済社)、『地域とゆるくつながろう』(編著、2019年、静岡新聞社)、『越境的学習のメカニズム』(2018年、福村出版)、『会社人生を後悔しない40代からの仕事術』(パーソル総研と共著、2018年、ダイヤモンド社)、『パラレルキャリアを始めよう!』(2015年、ダイヤモンド社)、主な論文:Role of knowledge brokers in communities of practice in Japan,Journal of Knowledge Management,Vol.20,No.6,2016.
受付終了
5/25(火)
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-1] 受付終了

オンライン研修だから作れる! ビジネススキル開発・定着サイクルのニューノーマル
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

オンライン研修自体は当たり前となりましたが、オンラインの特性と強みを活かすと、ビジネススキルの開発・定着アプローチは従来から大きく変わります。本講演では、この新しいサイクルを実践されている企業事例を通じて、仕掛けのポイントを解説します。キーワードは「反復学習」「反転学習」「自律的学習」です。正解がない時代に必要なスキルを身につける効果的な方法を一緒に探りましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のスキル開発、人材育成を検討している


株式会社リクルートマネジメントソリューションズ HRD統括部HRDサービス開発部 公開・パートナーサービスグループ マネジャー

櫻井 勇太氏

【櫻井 勇太氏プロフィール】
(さくらい ゆうた)営業時代は、小売サービス業の営業変革等を支援し、MVG3回、MVP2回、ナレッジ大会優秀賞など受賞。現在は自社商品以外のアライアンス商品の開発・営業・企画・パートナーマネジメントを統括。

株式会社HRインスティテュート 代表取締役社長

三坂 健氏

【三坂 健氏プロフィール】
(みさか けん)慶應義塾大学経済学部卒業。安田火災海上保険株式会社を経てHRI参画。経営支援、新規事業開発、人材育成を軸に活動。近著に『人材マネジメントの基本(日本実業出版社)』『図解オンライン研修入門(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』など。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-2] 受付終了

経営の意思決定に不可欠な“人事の見える化”
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

事業環境の見通しが不透明な状況が続く中、経営基盤の強化をはかる上で、より高い人事管理力が求められています。人事管理力を高めていくためには、経営的な観点や社員側の視点なども踏まえて、多面的かつ定量的に人事状況を分析することが重要です。今回は、人事領域において捉えておくべき問題・課題の視点と、その状況を把握するための有効なアプローチ方法について解説をいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現在の人事の問題課題を「定量的に」把握したい/人事制度の見直しを検討している


株式会社トランストラクチャ ディレクター

久保 博子氏

【久保 博子氏プロフィール】
(くぼ ひろこ)国内大手生命保険会社にて中小企業のリスク防衛、および企業の福利厚生を目的とした企業保険の営業に従事した後、現職。ディレクターとして、人事制度設計、グループ人材管理基盤構築を中心とした組織・人事コンサルティング業務に携わるほか、自社管理部門の責任者として、会社の基盤構築・マネジメント業務に従事。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-3] 受付終了

顧客満足につながる新時代の社員エンゲージメントとエクスペリエンスの3つの高め方!
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ニューノーマルの時代が訪れ、会社のリモート化が更に進むことは確実です。この状況では社員同士の接点も少なくなり、本音が「見えない化」しています。社員満足度調査を実施し対応する企業もありますが、それは顧客満足につながっているのでしょうか? 本講演では、顧客満足につながる新時代の社員エンゲージメントとエクスペリエンスの高め方の3つのポイントを明らかにします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモート化で社員のやる気が低下しているが、打ち手が見出せない


日本アイ・ビー・エム株式会社 エンゲージメント&エクスペリエンス事業責任者

佐藤 一樹氏

【佐藤 一樹氏プロフィール】
(さとう かずき)日本アイ・ビー・エム株式会社に入社後コンサルとして一貫してお客様の人事領域における課題解決を支援。タレントマネジメント業務構築やタレントデータを用いたAI活用の事業責任者を歴任。現在NewNormal下において、どのようにして社員のエンゲージメントとエクスペリエンスを高めるかを支援する事業を牽引。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-4] 受付終了

最新調査結果から見えた社員教育DX化の進展!
社員教育のオンライン化9つのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現在、コロナ禍における社員教育として、eラーニングやオンライン研修を活用した「社員教育のDX化(オンライン化)」を進めている企業様が増えています。オンライン化によって、従来の集合研修以上の成果を上げている企業様もある一方、成果が上がらない事例も散見されます。本講演では、実際の企業事例から導いた社員教育のオンライン化を成功させる9つのポイントについて解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員教育のオンライン化、eラーニングの導入を進めたい


KIYOラーニング株式会社 代表取締役社長

綾部 貴淑氏

【綾部 貴淑氏プロフィール】
(あやべ きよし)外資系ソフトウェア会社、ITコンサルティング会社を経て、KIYOラーニング株式会社を創業。2008年にオンライン資格講座「スタディング(旧「通勤講座」)を開講し、2021年1月現在で講座数27、累計受講者数10万人を超える。2017年に社員教育クラウド「AirCourse」をリリース。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-5] 受付終了

「大学院生採用」と「理系採用」の最新トレンドと採用成功のコツ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

需要が高まり採用が年々難しくなっている「理系学生」や「大学院生」。その最新トレンドと採用成功には何が必要かを解説いたします。大学院生の概要から効果的な採用広報・スカウトの方法まで、実際の企業事例も含めてお話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

理系採用・大学院生採用のトレンドやノウハウについて知りたい


株式会社アカリク 採用コンサルティング事業部 セールスチーム

栗田 貴彬氏

【栗田 貴彬氏プロフィール】
(くりた たかあき)医療関係や障がい者関係等の複数の人材会社にて、大手企業を中心としたクライアントへの採用コンサルティングを経験。現在は、株式会社アカリクにて新規企業への提案から、企業の運用フォロー・採用成功までのトータルサポートを行う。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-6] 受付終了

生産性向上が鍵を握る!
ウィズコロナ時代を生き残るための"従業員の健康管理"とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナ感染が長期化する中、「従業員健康管理」の重要性が高まっています。効果的に行えば従業員の生産性が向上し、コスト削減、さらには売上向上に直結する重要なテーマです。
本講演では、""データドリブンな健康経営のアドバイザー""として企業の健康経営支援プログラムを提供する株式会社エンフィール根橋氏と産業医福本先生とともに、コロナ禍で求められる健康管理について事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

コロナ禍における従業員の健康管理についてヒントが欲しい


株式会社 empheal(エンフィール) 取締役副社長

根橋 拓也氏

【根橋 拓也氏プロフィール】
(ねばし たくや)外資系メディアを経て、2015年エムスリー入社。
2019年4月よりNTTドコモとエムスリーの合弁会社empheal(エンフィール)の副社長に就任。
「データドリブンでROIが高い健康経営」を軸に据え、企業の健康経営支援に従事している。

株式会社i・OH研究所 代表取締役 医学博士 労働衛生コンサルタント(保健衛生)

福本 正勝氏

【福本 正勝氏プロフィール】
(ふくもと まさかつ)1988年慈恵医大卒、97年同大学院修了。医師、医学博士、労働衛生コンサルタント。専門は産業医学、航空医学。大手企業から中小企業まで、産業医及びコンサルタントとして活動中。学会などの活動にも従事。日本産業衛生学会関東地方幹事、同関東産業医部会長、日本宇宙航空環境医学会評議員など。

エムスリーキャリア株式会社 健康経営グループ マネージャー 第1種衛生管理者 健康経営アドバイザー

角尾 恵氏

【角尾 恵氏プロフィール】
(すみお めぐみ)大手人材派遣会社にて20年超に渡り、事務職派遣、若年者雇用促進事業の責任者として企業の人材活用の提案を行う。2018年エムスリーキャリア株式会社に入社。健康経営グループのマネージャーとして産業医紹介事業に従事し現在に至る。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
10:30 -
11:30
パネルセッション[Q] 受付終了

自己発揮・自己実現を支援する「キャリア改革」―グッドキャリア企業アワード受賞
JTBの取組みに学ぶ―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

JTBは会社が社員を育てるのではなく、社員一人ひとりの自己発揮・自己実現を支援するスタンスを取っています。社員と会社の関係性を変えることを「カルチャー改革」として捉え、経営改革の一つに位置付けてチャレンジしてきました。
本セッションでは、JTBで社員のキャリア開発支援に携わる高岡氏とキャリア開発に精通する日本マンパワーの水野氏が登壇。キャリア改革を実行するための考え方や施策について議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営戦略としてのキャリア開発支援をどう進めれば良いか知りたい


株式会社JTB 人事部 人財開発担当部長 JTBダイバーシティ推進事務局長

高岡 裕之氏

【高岡 裕之氏プロフィール】
(たかおか ひろゆき)1997年入社。教育旅行(学校)営業、営業推進本部を経て、2018年からJTBユニバーシティの人財開発担当として研修改革とキャリア改革に着手。2020年3月より現職となり、JTBグループのカルチャー改革およびダイバーシティ&インクルージョンの推進、社員のキャリア開発支援等に携わっている。

株式会社日本マンパワー フェロー

水野 みち氏

【水野 みち氏プロフィール】
(みずの みち)企業内のキャリア開発、組織開発、D&I推進に従事。キャリア面談、組織診断、対話型の組織開発を推進。国際基督教大学卒業。2005年ペンシルバニア州立大学にてカウンセリングを学び教育学修士取得。組織開発ファシリテーター、NPO日本キャリア開発協会認定スーパーバイザー。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-1] 受付終了

人材開発担当者に押さえてほしい「これからの」マネジャー育成のデザイン3つのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

時代が大きく変容しているのは、皆さんお気づきの通りと思います。その中で人材開発担当者は、企画にあたり、今後何を押さえておく必要があるのでしょうか。本講演では時代の変化を概観したあとで、経営に影響の大きい「マネジャー育成」に焦点をあてて「今マネジャーに必要なことは何か」、「どのような施策が必要か」を考えていきます。あわせて、ビヨンドの研修プログラムの概要もお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新時代のマネジメントを考えたい/具体的な施策も知りたい


株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

【仁藤 和良氏プロフィール】
(にとう かずよし)早稲田大学法学部卒。アクセンチュア、リクルートグループを経て、「幸せの共創」をミッションとする人材・組織開発コンサルティングファーム「一皮むける研修のビヨンド」を創業。独自技術「SCT(セルフコンフィデンス・テクノロジー)」を活用し、多くの企業のヘルシー(健全)化を支援している。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-2] 受付終了

ビジネスを円滑に進め、好印象を与える「ロジカル・スピーキングの真髄」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「ロジカルに話せること」や「ロジカルな印象を持たれること」は優秀なビジネスパーソンという印象を与え、ビジネスを円滑に進めるために重要なスキルです。頭の中に素晴らしいアイデアがあったとしても、伝え方が悪ければ受け入れられず、結果的に何の価値も生み出せません。本講演ではすぐに現場で使える再現性のあるコミュニケーションスキルについて、応用が効く「型」を交え解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社社員の、主張を伝える力が弱い/コミュニケーションに時間がかかる/プレゼンテーションや交渉を苦手とする人が多い


HR Design Lab. 代表/株式会社博報堂コンサルティング 執行役員

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を努め、現在は、HR Design Lab.代表として実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-3] 受付終了

リモート時代におけるヤフーの内定者フォロー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウイルスによるリモートシフトを受けて、先進的な内定者フォローの取り組み事例について、ヤフー株式会社採用部長大森靖司様にご講演いただきます。急速な変化で多くの企業が、新卒内定者との向き合い方について試行錯誤される中、ヤフーの取り組みの事例は、大変貴重なヒントになるのではないでしょうか。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

先進的な企業の内定者フォローの取り組みが気になる


ヤフー株式会社 コーポレートグループ ピープル・デベロップメント統括本部 コーポレートPD本部 採用部長

大森 靖司氏

【大森 靖司氏プロフィール】
(おおもり せいじ)2005年に株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。2014年にヤフー株式会社に入社、ポテンシャル採用からキャリア採用までヤフーの全採用における母集団形成をリーダーとして主導。その後クリエイター向けの人事施策の企画運用、部門人事を経て、現在はヤフー全体の採用責任者を務める。

株式会社WizWe 代表取締役社長

森谷 幸平氏

【森谷 幸平氏プロフィール】
(もりたに こうへい)早稲田大学卒業後、オハイオ大学大学院で修士号取得(社会学)。その後数社を経て(株)WizWeを設立し、人とデジタルのサポートで語学学習を習慣化し、90%以上の学習者を完走に導く「Smart Habit」を開発。2020年より同事業をデジタルプラットフォーム化し事業グロースに従事。
受付終了
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-4] 受付終了

経営の「未来」を変えるための人材活用 ~企業の変革を目指し 人事が今から始めること~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で世の中は急速に変わり、企業が変革する必要性は一層高まりを見せています。5年後、10年後、この先の企業の未来を考えた時、競争力を生み出し、変革の担い手になるためには管理人事から脱却し、経営のパートナーとなる戦略人事になることが必要不可欠です。本講演では長年議論されているのになかなか変われないのはなぜか?今何を求められているか?志水静香氏と共に紐解いていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

タレントマネジメントを始めたい、人事領域のトレンドを知りたい


株式会社Funleash CEO 兼 代表取締役

志水 静香氏

【志水 静香氏プロフィール】
(しみず しずか)元ランスタッド取締役・最高人材開発責任者(CPO) 。大学卒業後に日系IT・外資系IT・自動車メーカー等を経てギャップジャパンで人事本部長として人事制度基盤を確立。2013年、法政大学大学院政策創造研究科修士課程修了。2017年ランスタッド入社、取締役を務める。2018年株式会社Funleash設立。また、2020年には「リンクトイン2020インフルエンサーオブザイヤーTOP10」に選出。

株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役副社長

鈴村 賢治氏

【鈴村 賢治氏プロフィール】
(すずむら けんじ)中央大学卒業後、野村総合研究所に入社。テキストマイニング・データマイニングを専門に従事。2007年プラスアルファ・コンサルティングに入社。マーケティング視点を取り込んだ科学的な人材活用を支援。著書に『科学的人事の衝撃』(東洋経済)。タレントマネジメントの啓蒙、普及のため、日々全国を駆け巡っている。
受付終了
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-5] 受付中

オンライン環境下での採用活動を整理する~失敗例から学ぶ中途採用~

オンライン環境での中途採用が本格化してから約1年が経過しました。従来の採用活動とは異なる、オンライン採用ならではの問題・課題が出てきています。本講演では、いろいろな企業様で実際にあった失敗例や課題をご紹介しながら、今後のオンライン採用で「やるべきこと」「やったほうがよいこと」「やってはいけないこと」を採用プロセスに沿って、整理しながら解説していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン採用での注意点を整理して体系化したい


株式会社リクポス 代表取締役

桃園 達也氏

【桃園 達也氏プロフィール】
(ももぞの たつや)大手コンビニやメーカーなど300社以上へ採用支援サービスを導入。また人事・経理・総務・業務支援など様々なアウトソーシング案件の提案、導入コンサル、運用支援などの経験多数。自社採用での実務・マネジメントの実績もある(年間500名)。2017年(株)リクポスを設立し、代表取締役に就任。
5/25(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-6] 受付終了

ミドルシニア社員の『自律的キャリア形成』に取組む。日本生命保険の挑戦!
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

難易度が高いといわれるミドルシニア社員の「自律的キャリア形成」の推進。社内の人材開発部門にキャリア支援チームを設置し、この命題に取組んでいる日本生命保険相互会社は、「グッドキャリア企業アワード2019」で厚生労働大臣表彰を受賞しました。定年後研究所が、キャリア支援施策を通じてミドルシニア社員のポジティブマインドセットに取組む同社を徹底取材しお伝えします。(協賛/株式会社星和ビジネスリンク)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ミドルシニア社員の自律的キャリア形成支援策を検討したい


定年後研究所特任研究員/日本FP協会 特別顧問

得丸 英司氏

【得丸 英司氏プロフィール】
(とくまる えいじ)日本生命保険で25年にわたり法人・個人分野のライフコンサルティング部門に従事。日本FP協会常務理事、慶應義塾大学大学院講師等を歴任。夕刊フジ『定年後の自走人のススメ』連載中。ラジオNIKKEI『小島・鈴木のダイバーシティ・プラットフォーム』「自走人のススメ」コーナー出演。メディア、多数の講演で活躍。

日本生命保険相互会社 人材開発部 キャリア支援課長

松本 和信氏

【松本 和信氏プロフィール】
(まつもと かずのぶ)平成元年日本生命保険相互会社入社。フロント、ミドル、バックあらゆる領域での人材育成、人材開発を経験し2016年に社内公募制度を活用して現職(人材開発部キャリア支援チーム)に着任。日本生命におけるキャリア支援体制をイチから構築し、2019年には厚労省グッドキャリアアワード大賞(厚生労働大臣賞)を受賞。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
12:40 -
13:40
パネルセッション[R] 受付終了

組織の壁を打破する人事のアプローチとは
東京海上日動が起こした変革のブレイクスルー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業を取り巻く環境が大きく変化している中、企業は変化に強い組織を作ることが求められています。そのためには人事が「組織の壁」を打破し、社員同士をつなげて組織を活性化させることが必要です。本セッションでは、東京海上日動の堀氏、組織論を専門とする野田氏、ニューズピックスの事業開発を担う麻生氏が登壇。東京海上日動の事例を基に、組織変革のために人事が行うべきアプローチについて議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

チームや部署間、会社組織の壁に悩んでいる


東京海上日動火災保険株式会社 人事企画部 人材開発室 能力開発チーム 担当課長

堀 豪志氏

【堀 豪志氏プロフィール】
(ほり たけし)2008年4月に入社。損害サービス部門において自動車保険の保険金支払業務を経験した後、2016年より人事企画部にて機構改革や要員戦略等、人事戦略の企画立案に従事。2019年より社員の能力開発業務に就き、人材育成方針の策定・推進、社員のデジタルリテラシー向上施策の立案、組織開発・風土変革の実現に向けた企画などを担当。

明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

野田 稔氏

【野田 稔氏プロフィール】
(のだ みのる)野村総合研究所、リクルート新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。専門は組織論、組織開発論、人事・人材育成論、経営戦略論、ミーティングマネジメント。大学で学生の指導に当たる一方、企業に向けて組織・人事領域を中心に、幅広いテーマで実践的なコンサルティング活動も行う。

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO/株式会社ニューズピックス 執行役員

麻生 要一氏

【麻生 要一氏プロフィール】
(あそう よういち)東京大学卒業。株式会社リクルートに入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大後、ヘッドクオーターにおけるインキュベーション部門を統括。社内事業開発プログラム及び、スタートアップ企業支援プログラムを立ち上げ、新規事業統括エグゼクティブとして約1500の社内プロジェクト及び約300社のベンチャー企業・スタートアップ企業のインキュベーションを支援した経験を経て、起業家へ転身。2018年2月株式会社アルファドライブを創業し、2019年11月ユーザベースグループ入り。2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーへ就任、ベンチャーキャピタリスト業開始。2018年9月株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員就任、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。著書に「新規事業の実践論」。
受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-1] 受付終了

コロナ禍での「経営理念」「ビジョン浸透」の重要性と取り組み施策とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

商品での差別化が難しい昨今、企業はお客様に継続的にサービスを利用してもらうには“人を通じた顧客体験(CX)”も欠かせません。そのためには、一人ひとりが経営理念やビジョンに共感し、お客様の事前期待を超える価値の提供を行い続けることがポイントです。本講演では、コロナ禍での「経営理念」「ビジョン浸透」の重要性と、それと向き合うための施策や仕組みづくりを事例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営理念やビジョンを社員が共感・浸透していないと悩んでいる


株式会社JTBコミュニケーションデザイン HRコンサルティング局 チーフコンサルタント

佐藤 昌弘氏

【佐藤 昌弘氏プロフィール】
(さとう まさひろ)大手コンビニエンスストアでの人材育成経験や外資系生命保険会社での勤務経験を活かし、組織・職場の課題に基づいたリーダーシップ、マネジメントのコンサルティングを実施。幹部、管理職、リーダー層を中心に自身のマネジメント、コンサルティング経験を踏まえた研修が受講生に好評。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-2] 受付終了

満足のいく営業戦略策定に必要な「考える力」を鍛える秘訣! ~営業職の地図と武器~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

世の中が大きく変化する中で、顧客に近い営業が、戦略の立案から実行までを求められることが増えています。しかし、打ち手ありきのプランばかりで、考えながら営業することができていないという現状があります。本講演では、営業マネージャー・営業職向けの独自の思考フレームワークをベースに、営業部門の考える力をレベルアップさせ、質の高い戦略立案につなげるコツについてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

営業マネージャー・営業職の考える力をレベルアップさせたい


株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員/問題解決力トレーニングプログラム講座 責任者

高松 康平氏

【高松 康平氏プロフィール】
(たかまつ こうへい)慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在はビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツの企画開発から運営まで幅広く携わっている。著書に『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』(Amazon経営戦略カテゴリー第1位獲得)がある。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-3] 受付終了

失敗しない次世代リーダーの「抜擢と育成」ーHRデータを活用した科学的分析手法とはー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

次世代幹部候補の選抜・育成に課題はありませんか? 選抜に偏りや漏れがあったり、候補者がその後失速してしまうケースが増えています。この原因は、育成体系の設計手法もさることながら、採用や選抜の基準が正しくないという事例が多いのです。本講演では、高度にHRデータを活用することで、採用、配置、抜擢、育成を、科学的視点から成功させる手法についてお話しをさせていただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

業績を向上させるために「HRデータ」を科学的に活用したい


株式会社レイル 代表取締役社長

須古 勝志氏

【須古 勝志氏プロフィール】
(すこ かつし)テスト理論、テスト開発、心理統計学、e-Learningシステム開発、各種検定試験の設計に精通。また、人事コンサル等の経験も豊富。人と組織の「適合性」を確かな制度で数値化するアセスメントツール「MARCO POLO」設計者。著書『HRプロファイリング』(日本経済新聞出版/2020年)
インタビュー 受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-4] 受付終了

「グローバル人材力」底上げの要諦~駐在員の質低下とグローバル人材枯渇に向き合う~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナにより、グローバルな人の動きが制限され、駐在員の位置付けが大きく変わりました。世界が急激に変化する中で、日本企業のグローバル化は残念ながら遅れています。本講演では、日本とアジアにて多くのグローバル人材を育成する当社が、アジアから見た日本企業海外現地法人のリアルと、グローバルリーダー育成の事例を元に日本企業のグローバル力底上げに必要な手法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

国内/海外問わず、グローバルリーダー育成を加速させたい


beyond globalグループ President & CEO

森田 英一氏

【森田 英一氏プロフィール】
(もりた えいいち)大阪大学大学院卒業後、アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。その後、シェイク社創業を経て、beyond globalグループ代表。グローバル人材育成事業等、様々な企業体質変革プロジェクトを統括。「HRアワード2013」の教育・研修部門で最優秀賞受賞。著作に『会社を変える組織開発』等多数
インタビュー 受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-5] 受付終了

デジタル社会における人財マネジメント
一人ひとりがイキイキと働くためのデータ活用とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方改革、デジタル化が急速に進むなか、企業の人財マネジメントにおいてもデータ活用の重要性が認識されてきています。従業員エンゲージメント、タレントマネジメント、ジョブ型人事へのシフトなど企業人事は多くの課題に直面しています。そのような課題に対し、企業は何をめざし、どのような施策を立て、その中でデータをどう活用していくのか、当社事例をベースにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事業務や従業員エンゲージメントの向上にデータ活用したい


株式会社日立ソリューションズ スマートライフソリューション事業部 働き方改革エバンジェリスト

伊藤 直子氏

【伊藤 直子氏プロフィール】
(いとう なおこ)1990年津田塾大学卒業。日立中部ソフトウェア(現 日立ソリューションズ)に入社。ソフトウェア製品開発、ネットワーク・セキュリティSEを経て、2004年管理職へ。2015年から働き方改革のプロジェクトに入り、自社の改革推進とともに、企業の働き方改革をITで支援する事業に携わっている。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-6] 受付終了

「ジョブ型論争」の本質とは? ニューノーマル時代の採用を語る
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨年は、私たちにとって過去経験のない大きな変化への対応を迫られる年となりました。生活様式や働き方はニューノーマルへとシフトし、雇用制度や人材採用も大きな転機を迎えています。本講演ではジョブ型雇用に取り組んでいるKDDI株式会社、ジョブ型雇用に知見の深いリクルートワークス研究所中村様をお招きし、改めて「なぜジョブ型なのか、ジョブ型の本質は何か」について、深く議論します。(モデレーター:Indeed Japan 岡安)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ジョブ型雇用に関心がある/導入事例に興味がある


KDDI株式会社 執行役員 コーポレート統括本部 人事本部長

白岩 徹氏

【白岩 徹氏プロフィール】
(しろいわ とおる)1991年に第二電電株式会社(DDI,現KDDI)に入社。支社、支店での直販営業、代理店営業、本社営業企画部、営業推進部、カスタマーサービス企画部長など営業/CS部門の経験を経て、
2013年人事部長
2016年総務・人事本部 副本部長
2019年4月より現職

リクルートワークス研究所 主任研究員

中村 天江氏

【中村 天江氏プロフィール】
(なかむら あきえ)東京大学大学院数理科学研究科修士課程修了後、1999年リクルート入社。就職・転職・キャリア形成支援のサービス立ち上げや企画を経て、2009年、リクルートワークス研究所に異動。「人材採用システムの研究」で、2016年一橋大学で博士号(商学)取得。専門は人的資源管理論。主任研究員。

Indeed Japan Head of sales

岡安 伸悟氏

【岡安 伸悟氏プロフィール】
(おかやす しんご)1978年、神奈川生まれ。日本・イタリアにて考古学を学び遺跡発掘・研究に従事。2007年、株式会社アイデムに求人広告制作担当として入社。以降、新規事業開発・事業企画・マーケティング業務に携わり紙媒体・Web媒体・新卒事業・人材紹介事業を兼任。2016年~ Indeed Japan株式会社に参画。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
14:50 -
15:50
パネルセッション[S] 受付終了

日立製作所の事業変革と人財戦略~ジョブ型人財マネジメントとD&I推進の取り組み~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

日立製作所は事業変革を実現するため、人財戦略との連動性を重要視しています。本講演ではその背景を共有し、人財戦略における日々の実務を通じたトピックスを中心に、ダイバーシティ&インクルージョン推進や、日本におけるジョブ型人財マネジメントへの転換に向けた取組みを紹介します。加えて、ジョブディスクリプション等の導入支援を行うコーン・フェリーが各社で活かせる観点を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

企業変革を実現する上で最も大切な「人」に課題を感じている


株式会社日立製作所 執行役専務 CHRO 兼 コーポレートコミュニケーション・オーディット責任者

中畑 英信氏

【中畑 英信氏プロフィール】
(なかはた ひでのぶ)1983年3月九州大学法学部卒業。同年4月株式会社日立製作所入社、戸塚工場総務部に配属。2000年7月日立アジアLtd.出向。11年10月国際事業戦略本部担当本部長、12年7月インフラシステム社総務本部長。13年4月理事、14年4月執行役常務兼CHRO、19年4月より執行役専務(現任)。

コーン・フェリー・ジャパン株式会社 シニア クライアント パートナー

釼持 祥夫氏

【釼持 祥夫氏プロフィール】
(けんもち さちお)事業会社での部門立直し、新規事業開発、組織開発、M&Aの経験を活かし、日本IBM・アビームでインダストリーリーダー、グローバルソリューションの立ち上げをリード。その後、ビッグデータ分析多国籍ベンチャーの日本での組織・ビジネスを立ち上げた。現在は、経営変革やDX等の事業戦略を実現する組織・人事戦略を支援している。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-1] 受付終了

変革期を乗り越えるリーダーシップとは~共創できる組織を目指して~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍によって漸進的だった動きが一気に加速。働く意味の多様化は進み、組織や仲間とのつながり方が激変した中で、価値を生み出していくこれからのリーダーシップとはどのようなものでしょうか? 本講演では、自分らしさを持ちながら、会社の外に飛び出して様々な価値観の人とつながり、新しい価値を生み出すリーダーシップをどのように身につければよいか、事例を交えながらご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ピンチをチャンスに変えるため、何をすれば良いかと悩んでいる


株式会社ジェイフィール コンサルタント

山中 健司氏

【山中 健司氏プロフィール】
(やまなか けんじ)アサヒビール株式会社、同社関連会社のコンサルティング部門を経てジェイフィールに参画。「一人ひとりの可能性を引き出す組織づくり」の支援を中心に取り組んでおり、組織風土改革やミドルマネジャー向け研修などのプロジェクトを数多く担当し、組織人材開発プログラムも開発している。多摩大学大学院博士課程前期修了。

株式会社ジェイフィール コンサルタント

和田 誠司氏

【和田 誠司氏プロフィール】
(わだ せいじ)株式会社タナベ経営にて、SPデザインコンサルタントとして、マーケティング支援に従事。2016年4月よりジェイフィールに合流。ジェイフィールの日本の感情再生という夢と自分の思いを重ねて、組織開発・人材開発コンサルタントとして活躍。東京理科大学大学院イノベーション研究科修士課程修了、技術経営修士。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-2] 受付終了

オンライン時代におけるTOEIC L&Rを活用した英語力育成戦略の構築法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「研修を行っているのに効果が出ていない」といった悩みをお持ちの人事部の方は多いものです。本講演では、効率のよい研修と効果測定について「研修制度の構築方法」「モチベーションの上げ方」「学習習慣の定着」の3つのポイントをお伝えすることで、失敗しない英語力育成戦略をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の英語力の育成に課題を感じている


コーリジャパン アドバイザー/Y.E.Dインインターナショナル合同会社 代表

江藤 友佳氏

【江藤 友佳氏プロフィール】
(えとう ゆか)コロンビア大学大学院ティーチャーズカレッジ修士号取得。外資系コンサルティングファーム勤務を経てから株式会社アルクと楽天株式会社にてビジネスパーソンの英語教育に従事。さまざまな英語スピーキング試験の試験官資格を有する「英語力評価」の専門家。著書に『ロジカルに伝わる英語プレゼンテーション 』などがある。

一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会 IP事業本部 IP普及ユニット ユニットマネジャー

永井 聡一郎氏

【永井 聡一郎氏プロフィール】
(ながい そういちろう)金融機関、外資系メーカーを経て、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)に入団。TOEICProgramを企業・学校法人に普及する部門責任者。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-3] 受付中

サーベイ施策を再整理する ~テクノロジーの進化と後活用のあり方について~

社員向けサーベイは古くから行われてきましたが、近年はテクノロジーの進化により実施が容易となり、また社員エンゲージメントの重要性が認知されたこともあり、施策の拡大を行う企業が増加の一途を辿っています。本講演では乱立するサーベイ施策に視点を当てて、個々の施策やその目的・現状・課題の再整理と、テクノロジーの進化により可能となった現実解について考察します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「サーベイ飽き」や「サーベイ結果の後活用」に課題を感じている


タレンタ株式会社 代表取締役社長 兼 COO

田中 義紀氏

【田中 義紀氏プロフィール】
(たなか よしのり)慶應義塾大学院理工学研究科管理工学専攻修了。外資系IT企業複数社を経てタレンタ株式会社に参画。2010年よりHR領域に特化し、人事業務の効率化や高度化に加え、ワークエンゲージメントの向上や内的動機づけの促進を狙った最先端HRテクノロジーの発掘や日本企業への適用手法を開発しサービスとして展開している。
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-4] 受付終了

新卒エージェントから見る中小企業が大手企業に負けないための動機づけの施策とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

動機形成は中小企業の採用において多くの企業様の課題であると同時に、動機形成の成功が入社後のミスマッチを軽減する大きな要素と捉えられています。現在のコロナ禍においてオンライン採用の普及が進む今、その課題感をより感じる企業様が増えてきています。本講演では、新卒紹介においてエージェントが就活生と行うコミュニケーションをもとに、選考間での動機形成戦略をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社にマッチした就活生への口説き・動機形成がうまくいかない


HRクラウド株式会社 代表取締役

中島 悠揮氏

【中島 悠揮氏プロフィール】
(なかしま ゆうき)楽天株式会社にて勤務し、MVPを獲得するなどトップ営業マンとして活躍する。そんな中”ただ学生を企業に入社させるだけ”になりがちな新卒市場を変えるべく2014年HRクラウド株式会社(旧Roots)設立。2万人の学生の就職活動と、500社以上の企業の新卒・中途採用を支援。
受付終了
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-5] 受付終了

パナソニックエイジフリー社と語る、農業を通じた障がい者雇用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

障害者雇用促進法改正や納付金拡大の議論の展開など、障がい者雇用の環境は急激に変わってきております。そんな中でも、障がい者だけでなく、会社全体にメリットがある障がい者雇用を実現できている企業があります。本講演では、パナソニックエイジフリー様をゲストにお招きし、環境に左右されることなく会社全体の幸せを実現する障がい者雇用や人材活用の取り組みについてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内業務のみでの障がい者雇用に困難さを感じられている


パナソニック エイジフリー株式会社 専務取締役

金城 学氏

【金城 学氏プロフィール】
(きんじょう がく)1990年松下電器産業株式会社(現、パナソニック株式会社)入社。本社・分社・事業部・関係会社の人事・労務畑を歩む。2018年10月より現介護事業会社の役員に就任。喫緊の課題となっていた障がい者法定雇用率を達成。障がいを持った従業員の活躍の場の拡大と更なる社内ノーマライゼーション向上に向け取組み中。

株式会社エスプールプラス 障がい者雇用支援グループ チーフ

酒井 健行氏

【酒井 健行氏プロフィール】
(さかい たけゆき)30年間大手百貨店で、販売・店舗開発・コンプライアンス・人事労務に携わる。その後、エスプールプラスに転職。百貨店人事担当時に、障がい者雇用の課題と現実を実感。現在、企業人事担当者として障がい者雇用に取り組んだ経験を活かし、一人でも多くの障がい者雇用の創出と社会貢献に取り組む。

株式会社エスプールプラス 障がい者雇用支援グループ リーダー

岡本 開太氏

【岡本 開太氏プロフィール】
(おかもと かいた)ハウスメーカーにてBtoC営業、オフィス系商社にてBtoB営業を経験。SDGs達成に向け事業理念に共感、2017年にエスプールプラスに転職。その後現在までに約200名の雇用創出に携わる。イキイキと働く障がいのある方々から日々元気をもらい活動。
インタビュー 受付終了
5/25(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-6] 受付中

IT企業からDX企業への転換・ジョブ型雇用導入ー富士通社に学ぶ人財育成・活用戦略ー

企業におけるDX推進が叫ばれる中、それをリードする人財のスキルやマインド育成の重要性が増しています。本講演では、「IT企業からDX企業への転換」を経営戦略として掲げ、「ジョブ型雇用の導入」など大きく変革を図られた富士通社と対談。改革時のポイントやヒントを学びつつ、社員が学びを習慣化するラーニングカルチャーの醸成、DX人財育成のための未来像について考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX人財育成・活用の仕組み化、自発的学習の習慣化に課題がある


富士通株式会社 Employee Success本部 組織開発部 マネージャー

末松 佳子氏

【末松 佳子氏プロフィール】
(すえまつ よしこ)2006年富士通株式会社に入社し、金融部門にて人事業務全般を担当。国際人事にて現在のグローバル人事制度企画・導入に携わった後、タレントマネジメントを担当。日本・海外の混成組織にてグローバル経験を積む。2019年より人材開発に異動し、会社からの一律な学び提供からの転換、社員の自律な学び促進を担当。

株式会社ベネッセコーポレーション 大学・社会人事業開発部 部長 (Udemy事業責任者)

飯田 智紀氏

【飯田 智紀氏プロフィール】
(いいだ とものり)ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)とソフトバンクグループ株式会社で経営企画・グループ会社管理、事業再生・国内外投資業務などに従事。2015年9月よりベネッセホールディングスに参画。現在はベネッセコーポレーションでUdemyを中心にリカレント教育事業などの新規事業開発を推進中。
5/25(火)
17:00 -
18:00
基調講演[T] 受付終了

キャリア形成に活かす「ポジテイブ心理学」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「より良い生き方や働き方を実現する」ために、キャリア形成の上で大切なこととは何でしょうか。ポジテイブ心理学では人間の「弱さ」と同時に「強み」にも焦点を当てることで、人生をさらに充実させ、豊かで幸福(well-being)なものにし、なりたい自分をいかに実現するかを研究します。人間のネガテイブな部分を決して否定するものではありません。「ポジティビティ3に対してネガティビティ1」のバランスで、両面をもつことに意味を置いています。レジリエンスを含め、キャリア形成にいかにポジテイブ心理学を活用するかについて具体的に考えましょう。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ポジティブ心理学の概要と、実際にどのようにしてキャリア形成に活用するのかのを知りたい


キャリア心理学研究所 代表/臨床心理士

宮城 まり子氏

【宮城 まり子氏プロフィール】
(みやぎ まりこ)慶應義塾大学文学部心理学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。臨床心理士として病院臨床(精神科、小児科)などを経て、産能大学経営情報学部助教授となる。1997年よりカリフォルニア州立大学大学院キャリアカウンセリングコースに研究留学。立正大学心理学部教授、法政大学キャリアデザイン学部教授を経て、2018年4月から現職。専門は臨床心理学(産業臨床、メンタルヘルス)、生涯発達心理学、キャリア開発・キャリアカウンセリング。他方、講演活動や企業のキャリア研修などの講師、キャリアカウンセリングのスーパーバイザーとしても精力的に活躍している。著書に、『キャリアカウンセリング』(駿河台出版社)、『産業心理学』(培風館)、『7つの心理学』(生産性出版)、『「聴く技術」が人間関係を決める』(永岡書店)などがある。
受付終了
5/26(水)
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-1] 受付終了

これからの時代の「チームマネジメント」に求められるリテラシーとは何か?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

様々な想定外が起き続ける激しい変化、リモートワーク組と出社組の混在など、チームマネジメントの難しさが高まり続けています。緊急な仕事に追われて重要なことが後手になり、ますます機能しなくなる状態も散見されます。このような先行き不透明な時代にチームのベクトルを一致させ、メンバーの持てる力を最大限引き出すマネジメントリテラシーとは何か? についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジメントに課題を感じ、より良い組織・チームをつくりたい


株式会社ミライバ ディレクター

岩崎 真也氏

【岩崎 真也氏プロフィール】
(いわさき しんや)テンプスタッフラーニング株式会社代表取締役社長、パーソル総合研究所取締役などを経て2018年に組織開発コンサルタント/ファシリテーターとして独立。新規事業立ち上げ、営業改革、会社経営、合併推進などの様々な経験を活かし、企業変革のプロセス支援を行う。2019年株式会社ミライバの設立に参画。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-2] 受付終了

メンタル不調者を出さないためのコンディション・マネジメント
成功事例と失敗事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「社員のメンタル不調にどう対処すればいいのか」、そんなお悩みが数多く寄せられています。社員のメンタル不調を未然に防ぐために、会社としてどのような対策を講じていく必要があるでしょうか。本講演では、弊社にて7年間蓄積した膨大なコンディションデータに基づき、メンタル不調者を出さないためのコンディション・マネジメントについて、成功事例と失敗事例を交えてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

メンタル不調者への対応が後手になっている


株式会社コンケア 代表取締役社長

石田 有氏

【石田 有氏プロフィール】
(いしだ ゆう)2003年株式会社エクスブレーン入社。大手上場企業から中小企業の様々なシステム開発・インフラ構築を担当。自社内のメンタル不調者発生を契機に、2015年東京メンタルヘルス株式会社と共同出資の形で株式会社コンケアを社内起業。株式会社エクスブレーン代表取締役社長を兼務。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-3] 受付終了

社員の個性・才能を発掘! 先進企業の事例から学ぶDXで実現するタレントマネジメント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

外部環境の大きな変化に伴い、多くの企業がテレワークを始めとした働き方改革を加速させています。この急速な変化は会社と社員それぞれのビジョンをも一変させました。そこで今改めて注目されているのがタレントマネジメントです。本講演では、これからの時代に不可欠な「タレントマネジメントシステム」の活用事例を交え、戦略人事を成功させている数々の企業様の実例を一挙にご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事のDX推進・タレントマネジメント・タレントマネジメントシステムの活用法が知りたい


株式会社カオナビ 取締役副社長 COO

佐藤 寛之氏

【佐藤 寛之氏プロフィール】
(さとう ひろゆき)上智大学卒業後、株式会社リンクアンドモチベーションに入社。大手企業向け組織変革コンサルティング部門にて営業を担当。シンプレクス株式会社にて人材開発グループ責任者を務めた後、株式会社カオナビに参画。事業の立ち上げを代表の柳橋と共に行う。現在は取締役副社長として、事業戦略を推進。
受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-4] 受付終了

シリコンバレー流のイノベーションから学ぶ~インクルーシブ・リーダーシップの育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

シリコンバレー流のイノベーション事例から、最新のグローバルビジネスの変化についてお届けいたします。また、アフターコロナに求められるコミュニケーション、インクルーシブ・リーダーシップの育て方について、MS&ADインシュランスグループホールディングスの鈴木氏をゲストにお迎えし、インタビューいたします。(協賛/株式会社アビタス)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営人材育成に課題を抱えている


株式会社ジャパンビジネスラボ 執行役員 兼 事業統括本部長

坂 一博氏

【坂 一博氏プロフィール】
(さか かずひろ)国内情報サービス企業勤務の後、経営学修士課程(MBA)修了。その後、食品メーカー海外事業企画部門にてクロスボーダーM&A後の事業統合、戦略立案に従事。2016年~19年の3年間、韓国ソウル支社に販売マーケティング責任者とし赴任。現地での事業推進、現地大手食品会社とのJV(生産工場)設立に従事。

MS&ADインシュアランスグループホールディングス 総合企画部・イノベーション室

鈴木 智洋氏

【鈴木 智洋氏プロフィール】
(すずき ともひろ)早稲田大学商学部卒。2001 年 MS&AD グループ入社。保険基幹システムや海外システム、R&D(研究開発)などを担当。2017 年からは米シリコンバレー駐在となり、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC) に所属し、大企業と海外スタートアップを結びつけたオープンイノベーション活動に従事。2016 年米国公認会計士合格。2019 年 7 月マサチューセッツ大学 MBA プログラム卒業。

株式会社アビタス 法人営業部 シニアマネージャー

柳尾 彰大氏

【柳尾 彰大氏プロフィール】
(やなお あきひろ)新卒で外資系企業の金融セクターでファイナンスの業務を担当。その後、大手法人向け人材教育企業で、6,000社超の人事コンサルティング・教育研修プロジェクトに携わった後、ベンチャー企業の経営職に従事。自宅近くに子供と一緒に女性が働くことのできるWeb事務の事業を立ち上げる。現在は、アビタスの法人事業の責任者として法人向け研修の企画・提案等を実施。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-5] 受付終了

その仕事、リモートワークでもできませんか?
事業継続性の実現のために人事ができること
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

短期間で働き方の強力なオプションとなったリモートワークですが、製造業・建設業・映像制作などに代表される機密性が高く容量の大きなデータを扱っている職種では、導入ハードルは依然高いままです。本講演では現場と人事の抱えている課題を両側面から整理するとともに、あらゆる状況に対処できる事業の継続性を確保するために抑えてほしいポイントと効果的な手法を事例を交えながらご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

業界・職種によりリモートワークの実現に困難を感じている


株式会社 日本HP サービス・ソリューション事業本部 ビジネス開発部

島﨑 さくら氏

【島﨑 さくら氏プロフィール】
(しまざき さくら)株式会社 日本HPにて法人向けデスクトップ/ノートパソコンのプロダクトマネージャーを経て、現在は製造・建設・映像制作など特にマシンパワーが求められる専門職種の生産性向上の提案に従事。営業SEや組織人事コンサルティングの経験も有し、ITと人の両面から最適な解を提供することを心がけています。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-6] 受付終了

複業を人事戦略に! 社員のキャリア自律を支援し、組織変革をリードする人材を開発する
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変化の激しい時代、組織が個人のキャリアをつくる時代は終わり、キャリア自律した個人を組織が活かす時代に変わりつつあります。企業にとって“複業”を促進することは、様々な変革をリードする人材をつくるための重要な人事戦略となります。本講演では、“複業”を新たな人事戦略として活用するために、企業が取り組むべきポイントについてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のキャリア自律を促進したい、副業制度を導入したい


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 事業開発部 部長

成瀬 岳人氏

【成瀬 岳人氏プロフィール】
(なるせ たけひと)業務コンサルタントとして複数プロジェクトに従事した後、ワークスタイル・コンサルティングサービスを立ち上げ、複数社の労働時間改善やテレワーク導入を支援。2020年4月より、企業向け複業支援『プロテア』を事業開発し、責任者を務める。著書『組織力を高める テレワーク時代の新マネジメント』(日経BP)
インタビュー 受付終了
5/26(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-7] 受付終了

Instagramで採用は可能か? 今さら聞けないSNS採用ブランディングとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、採用活動の場がオンラインへとシフトしたことにより、これまで通りの方法では採用が上手く出来ていないといった声を聞きます。しかし、オンラインをうまく活用すれば、企業規模や知名度に関係なく、自社に合った人財が多数応募するような採用活動が可能です。本講演では、オンラインで最も有効な手法の一つである『SNS採用』の、運用体制、コンテンツ作りのノウハウについてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用決定率を高めたい/競合他社より優位性を持ちたい


株式会社リソースクリエイション 取締役

小笠原 寛氏

【小笠原 寛氏プロフィール】
(おがさわら ひろし)大手人材広告サラリーマンを経て、個人事業主として企業採用サポートに従事。代表の髙田と当社を創業。累計800社以上の採用をサポートし、SNS(主にInstagram)を活用した新しい採用手法を展開。新卒・中途・アルバイトを含む求職者が企業に求めるコンテンツを提案し、採用コストを大幅削減。

株式会社リソースクリエイション 広報・SNS事業部

西川 唯香氏

【西川 唯香氏プロフィール】
(にしかわ ゆいか)幼少期をアメリカで過ごした帰国子女。大学卒業後はヘアメイクアーティストの仕事に従事した後、営業を志しリソースクリエイションへ入社。BtoBの人材広告営業を経て現在の広報・SNS事業を統括。自身のライバーとしての経験を活かし、数多くのSNS企業アカウントを運用。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
10:30 -
11:30
基調講演[U] 受付終了

ポストコロナ時代の戦略人事~「ジョブ型」は答えではない~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現在、人材マネジメントは、3種類の大きな変化の中にあります。経営戦略の変化、働く人の変化、そしてコロナウイルスの感染拡大による組織の変化です。変化のなかでの戦略人事として「ジョブ型雇用への移行」が議論されていますが、本当にこれが答えなのでしょうか。必要なのは、もっと本質的な人事改革です。この講演では、わが国の企業が今後人事変革を進めていくうえで、大切にしたいものと変えていくべきものを、事例なども踏まえてお話しします。(協賛/株式会社クレオ)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

最新の「戦略人事」に関する考え方を知りたい


学習院大学 経済学部 経営学科 教授/一橋大学 名誉教授

守島 基博氏

【守島 基博氏プロフィール】
(もりしま もとひろ)人材論・人材マネジメント論専攻。1980年慶應義塾大学文学部卒業、同大学院社会研究科社会学専攻修士課程修了。86年米国イリノイ大学産業 労使関係研究所博士課程修了。組織行動論・人的資源論でPh.D.を取得後、カナダ国サイモン・フレーザー大学経営学部助教授。90年慶應義塾大学総合政策学部助教授、98年同大大学院経営管理研究科助教授・教授、2001年一橋大学大学院商学研究科教授を経て、2017年4月より現職。2020年より一橋大学名誉教授。主な著書に『人材マネジメント入門』『人材の複雑方程式』『21世紀の“戦略型”人事部』『人事と法の対話』などがある。
受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-1] 受付終了

1on1活かせてますか? - 自律型人材・組織づくりのためポイント -
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

言葉としては市民権を得た「1on1」。リモートワークの普及によりその重要性が一層高まり、多くの企業で部下の成長支援を目的に取り入れられています。一方で1on1を実施することが目的となり、場が形骸化しているという声も多数聞きます。改めて、今だからこそ1on1を価値あるものにし、さらに1on1を通じて自律型人材を育成するポイントについてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1実施が目的になってしまう課題感を持っている


株式会社エナジード 執行役員 法人事業部 事業部長

下永田 真人氏

【下永田 真人氏プロフィール】
(しもながた まさと)2006年株式会社リクルートに入社。 求人広告事業の事業企画、プロダクトマネジャーとして成長戦略、サービス開発を実施。2018年株式会社ミスミにてEC事業のDX推進をマーケティングから推進しエナジードに参画。 社長室として経営企画・全社マーケティングに携わり、2019年11月より法人事業部に従事。
受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-2] 受付終了

Well-beingな組織を実現!
組織課題の真の原因を明確にするためのノウハウ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多様な人材を受け入れ、新しい働き方を推進するとき、組織や人材に新しい課題が現れます。新たな課題に対し適切な施策が打てなかったり、施策の期待値が社内で定量的に共有されず納得できる結果が得られないこともあります。本講演では慶應義塾大学SFC研究所の西本真寛氏を迎え、曖昧になりがちな組織課題の真の原因解明がWell-beingな組織実現の鍵になることを事例と共に説明します。(協賛/株式会社イトーキ)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

現場目線での課題解決が進まず、施策の効果も出ず悩んでいる


Public Health Consulting LLC. Director Co-Founder/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

西本 真寛氏

【西本 真寛氏プロフィール】
(にしもと まさひろ)はたらく人の健康づくり研究者。シンクタンクにて、経産省「健康経営オフィスレポート」や県の健康寿命研究等を担当。企業向けに生産性向上のためのトレーニング開発や研修、ヘルスケア関連サービスの開発支援を行っている。東京大学大学院 医学系研究科 修了(MPH)。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-3] 受付終了

「部長に研修は必要か?」~現場の声から紐解く部長研修実施のポイントとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「部長研修を行うかどうか判断がつかない」「どんな研修を行えばよいか分からない」という理由から部長のみを対象にした育成、研修をあまり見かけませんが、事業と組織の発展に責任を持つ部長の育成は必須だと考えます。
本講演では、企業の部長や役員、人事責任者へインタビューした声を基に、部長研修の実施可否の判断や、企画・実施する際のポイントを実例を交えてご案内します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

課題化されず見落とされてきた部長の研修ニーズに関心がある


ブライトンヒューマン株式会社 代表パートナー

金子 行宏氏

【金子 行宏氏プロフィール】
(かねこ ゆきひろ)ブライトンヒューマン株式会社 代表取締役 BRH(北京)北京博瑞智明咨詢有限公司 董事長1964年生れ。(株)リクルートにて人材育成コンサルティングや研修プログラム開発に携わる。2003年退社後、中国と日本に組織人事コンサルティング会社であるブライトンヒューマン社を創業、現在に至る。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-4] 受付終了

テレワーク時代の人事評価~成果だけでなく行動評価で納得性を作る~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今定着したテレワーク。「部下の仕事ぶりがわからない中でどう人事評価するか」という大きな問題に直面をしている企業も多いでしょう。「仕事ぶり」がわからないからこそ成果での評価が中心になりますが、果たして社員の納得感は得られているでしょうか? 本講演では360度フィードバックの仕組みを使い、部下の『日常行動』を見える化して適切な人事評価をする手法について考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

テレワーク・在宅勤務の中で人事評価の見直しを検討している


株式会社シーベース 代表取締役社長

深井 幹雄氏

【深井 幹雄氏プロフィール】
(ふかい よしお)1995年エン・ジャパン株式会社入社。新卒サイト、派遣サイト、エージェントサイトの事業部長を経て、2017年株式会社シーベースの代表取締役社長に就任。
受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-5] 受付終了

今、最も必要なのは人財開発のDX~自律的人財育成の基盤構築~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材確保が難しいなか、社員教育・能力開発は、企業にとって大きな課題ですが、多種多様な働き方・キャリア開発が求められる時代となり、従来型の手法では対応が難しいのが現状です。今後は、ITツールを活用しながら、業務に必要なスキルや知識を効果的に学習できる仕組みをデザインする必要があります。本講演では、人材開発におけるDXの進め方を実際の事例を交えながらご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材開発の設計を見直したい/HR領域でDX推進に課題がある


株式会社ソフィア オペレーションデザイン事業部 コンサルタント

幾田 一輝氏

【幾田 一輝氏プロフィール】
(いくた かずき)地域コミュニティ、NPO組織の相談支援、セミナー・ワークショップの講師を担当。(株)ソフィアに参画後は、大手IT企業、事務機器メーカー、化学メーカー、不動産グループなどの社内コミュニケーション調査及び戦略策定、ワークショップの企画・運営を担当。大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム16期生。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-6] 受付終了

NEC11万人のエンゲージメントが向上した、組織開発の具体的取り組み施策
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

NECグループは経営トップの強いコミットのもとでカルチャー変革を進めており、社員のエンゲージメント向上を一つの重要指標に設定しています。NECグループ保有のAIを活用しながら数多くの施策を実施し、今年度のエンゲージメントスコアは大きく向上しました。3年間で60組織の組織開発を支援してきた登壇者が、特に効果的だった施策を厳選してご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員エンゲージメントを向上させたい、データ活用を推進したい


NECマネジメントパートナー デジタル変革推進本部 シニアマネージャー

若林 健一氏

【若林 健一氏プロフィール】
(わかばやし けんいち)2018年、高度化サービス開発チームを設立。経営管理・人事・マーケティングを中心に、データアナリティクスとAIを活用しNECグループの経営高度化について2年間200プロジェクト実施。NEC Contributors of the Year2019受賞、HRアワード2020で企業人事部門で優秀賞受賞。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-7] 受付終了

「仕事と介護」はダイバーシティ推進の次の波~2025年問題とエイジングリテラシー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

女性活躍、働き方改革、無意識バイアス。過去数年振り返っても、ダイバーシティ施策の焦点は急速に進化してきました。今やサステナブル経営が叫ばれる中、2025年には人口ボリュームゾーンの団塊世代が後期高齢者に突入します。本講演では、仕事と介護の両立が「当たり前」化する次の数年を見据えた施策の肝について、8000名の従業員データと医療・介護のプロの知見と共に徹底解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

2025年問題の影響を理解し、人事としての対処方法を考えたい


株式会社リクシス 代表取締役社長 CEO

佐々木 裕子氏

【佐々木 裕子氏プロフィール】
(ささき ひろこ)東京大学法学部卒。日本銀行を経て、マッキンゼーアンドカンパニーでアソシエイトパートナーを務める。その後株式会社チェンジウェーブを立ち上げ、2016年に株式会社リクシスを創業。子育てに加え、自身の両親の介護も始まり、多様性推進の目的と現実を理解しながら、画期的な仕事と介護の両立支援の在り方を定義する。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
12:40 -
13:40
パネルセッション[V] 受付中

サイボウズと採用学研究所が語る、採用解像度の向上がもたらす“攻めの採用変革”とは

通年採用の浸透、ジョブ型採用への転換など、新卒採用活動が多様化・複雑化し、煩雑な管理業務が増えたため、明確な戦略を描けないまま採用活動を行っている企業は多いようです。どうすれば採用戦略の解像度を高められるのでしょうか。サイボウズ・綱嶋氏と採用学研究所・伊達氏をお招きし、自社に必要な人材をいかに定義して採用戦略を考えればいいのか、“採用解像度”をキーワードに議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新卒優秀層を採用したい/改めて採用戦略を再考したい


サイボウズ株式会社 人事本部 採用育成部 新卒採用チームリーダー

綱嶋 航平氏

【綱嶋 航平氏プロフィール】
(つなしま こうへい)2017年に新卒でサイボウズに入社。入社以来一貫して新卒採用に携わり、2019年10月より採用育成部新卒採用チームのリーダーを務める。また、社内人材の成長支援・人材マネジメント支援も担当。複業ではコーチングを通じた対人支援活動を行っている。

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役(採用学研究所 所長)

伊達 洋駆氏

【伊達 洋駆氏プロフィール】
(だて ようく)神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、組織サーベイや人事データ分析のサービスを提供している。著書に『オンライン採用 新時代と自社にフィットした人材の求め方』(日本能率協会マネジメントセンター)など。

Thinkings株式会社 取締役

森田 徹氏

【森田 徹氏プロフィール】
(もりた とおる)2006年人材コンサルティング会社へ入社、大手企業からベンチャー企業まで数多くの新卒・中途採用の成功スキーム構築を支援。2013年イグナイトアイ株式会社の創業メンバーとして、SONAR ATSのマーケティング・セールス部門を管掌。現在はThinkings株式会社にてプロダクトマネジメントを担当。
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-1] 受付終了

採用活動でも注目度が高まるソーシャルインパクトと、それを伝えるストーリー戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

長期投資家が企業活動による社会や環境への影響、企業倫理やガバナンスに注目しているように、就職活動中の学生も「社会貢献度」に目を向け始めています。企業が10年~20年先にどのような未来を描き、そこに向けどう貢献しようとしているのか。そして今の事業は、描いた未来像に繋がっているのか? あるべき姿と現在の企業活動を繋ぎ、学生にもわかりやすく伝えるストーリー戦略をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

SDGsやESGといった潮流を踏まえた事業展開を検討している


株式会社博報堂 PR局 部長

牧 志穂氏

【牧 志穂氏プロフィール】
(まき しほ)2000年入社、2004年からコーポレート・コミュニケーション局(現・PR戦略局)に所属。食品・トイレタリー・自動車・エアライン・金融など幅広い業種を経験。統合コミュニケーションに加え、企業広報コンサルティング、トップ広報対応、CSV、SDGs関連業務に携わる。2019年~現在、博報堂SDGsプロジェクトメンバー。

博報堂マーケティングスクール 代表

岡 弘子氏

【岡 弘子氏プロフィール】
(おか ひろこ)慶応義塾大学大学院社会学専攻科社会心理学修了。グロービス経営大学院経営学専攻修了。1993年博報堂入社。以後、2010年まで、 食品、トイレタリー、教育、金融のコミュニケーションの新市場創造業務に従事。2016年博報堂マーケティングスクールを立上げ。博報堂マーケティングスクール代表。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-2] 受付終了

2021年度OJT対策 新入社員のオンボーディングを成功させる6つの観点とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークが当たり前になった今、新入社員のオンボーディングをスムーズに行うことが離職防止の一つの鍵となります。テレワーク下での弊害がある中、新入社員のエンゲージメントを高め前向きに働いてもらうためには、何がポイントとなるのでしょうか。本講演では、どのような環境でも新入社員が職場に馴染み、共に働く仲間として貢献する状態を作るための具体的な6つの観点についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新入社員が主体的に前向きに働くためのポイントを知りたい


株式会社NEWONE 代表取締役社長

上林 周平氏

【上林 周平氏プロフィール】
(かんばやし しゅうへい)大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、(株)シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者として、プログラム開発に従事。新人~経営層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年9月、株式会社NEWONEを設立。

株式会社NEWONE マネジャー

小野寺 慎平氏

【小野寺 慎平氏プロフィール】
(おのでら しんぺい)大学卒業後、(株)シェイクに入社。企業の人材育成や組織開発のコンサルティングを行う。2018年1月(株)NEWONEに参画。商品開発・マーケティング、組織開発、研修のファシリテーターなどで活動する傍ら、「仕事そのものが面白いと思う20代を増やす」をテーマに20代向けの能力開発の新規事業を立ち上げる。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-3] 受付中

オンライン研修を劇的に進化させる
~設計ステップ、ツール選択の観点を徹底解説~

オンライン研修は研修運営側と受講者側にとって多くのメリットをもたらした一方で、Zoomなどの会議システム利用の限界や課題も見えてきました。オンライン研修をより進化させるためには、改めて研修で実現したい目的とその道筋を定義し、「本来のオンライン研修のあるべき姿」を具現化させる必要があります。本講演ではその設計ステップとツール選択の観点について解説していきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンライン会議システムの教育・研修利用に限界を感じている


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)情報サービス業で国内大手企業やグローバル企業に情報システムを数多く導入。その後ネットラーニングへ入社。現在は代表取締役社長。eラーニング導入初期に、大手企業において多くの研修成功事例を生んだ。一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-4] 受付終了

「働かなくても高給取り」のミドル層を生み出さないための、若手管理職候補の人材育成
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

会社に「高給取りミドル管理職」はいませんか? 弊社の独自調査においても、全階層中、ミドル層の育成遅れを感じている企業が最も多く、コロナ禍によりさらに深刻化しています。生産性や意欲が低いミドル層を生み出さないためには、30代を会社としてどう過ごさせるかが重要です。本講演では原因を明示した上で、自社で取り組める30代社員を幹部候補にするための育成ノウハウを公開します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

高給取りのミドル層社員対策に困っている


株式会社タナベ経営 HRコンサルティング東京本部 部長代理/チーフコンサルタント

岡原 安博氏

【岡原 安博氏プロフィール】
(おかはら やすひろ)人事制度・教育体系の構築やマネジメント支援に従事。人事研究会に所属し、「社員が幸せになる会社」作りを研究し、コンサルティングに展開している。主な実績 中堅運送業:人事制度再構築コンサルティング 地場青果卸売業:人事制度再構築コンサルティング 中堅自動車部品卸売業:人事制度再構築コンサルティング
インタビュー 受付終了
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-5] 受付終了

まだ間に合う! 形骸化しはじめた1on1制度
~再生の処方箋~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

1on1の導入にあたって制度や研修を整えることは、非常に重要です。しかし、どれだけ制度を整えても、運用時に様々な不具合が起こるケースが多いです。「実は、ほとんど実施できていない」「話す内容がない」「何のためにやるのかわからない」。こんな声が上がってきたら要注意。運用時の壁を乗り越えて、1on1を定着させていくためには何が出来るのか? を事例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

形骸化しはじめた1on1制度を再生したい


株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 主任研究員/マネジャー

荒金 泰史氏

【荒金 泰史氏プロフィール】
(あらがね やすし)入社以来アセスメントサービスに従事し、企業の人事課題に対し、データ/ソフトの両面からソリューションを提供。実証研究を重ねる。入社者の早期離職、メンタルヘルス予防、エンゲージメント向上、組織開発に詳しい。現場マネジャーの対話力を向上させるHRテクノロジーサービス『INSIDES』の開発責任者を務める。
受付終了
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-6] 受付終了

自社のDX・AI活用を推進する
AI/データ分析人材の育成と採用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

国をあげて、AI人材、データサイエンス人材の採用・育成が、急務で取り組まれています。文系・理系問わず幅広い学生を対象に、今後の採用ニーズは高まっていくと思われます。この先、ビジネスの必須スキルとなるデータリテラシー。日本初のデータサイエンスプラットフォームを持つ当社が、データリテラシー人材の傾向や、採用時に苦労する点、採用の手法について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

AIリテラシー人材を採用・育成したい


株式会社SIGNATE ビジネスプロデューサー

糸賀 拓馬氏

【糸賀 拓馬氏プロフィール】
(いとが たくま)新卒で総合人材サービス会社の企画系部門に就職。5年間、クリエイティブ及び新規事業企画・開発に従事。2017年5月に立ち上げ直後のSIGNATEにJoin。現在は新規事業企画・開発、マーケティング等の業務に従事。
受付終了
5/26(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-7] 受付終了

失敗例と成功例からみる、効果的な健康経営施策とは?
~社員を巻き込むポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「健康経営」という言葉はここ数年で定着し、取り組む企業様も増えてきました。「社員の巻き込み方が分からない」「施策が頭打ちになってきた」といった課題の他に、「リモートワーク下での実施・管理につまづいている」という企業様も多いようです。本講演では、6年にわたる健康経営施策の成功例・失敗例や、コロナ禍での最新事例を紹介しながら、今後の打ち手についてお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

健康経営を推進する中で、次の改善アクションを模索されている


オムロンヘルスケア株式会社 経営統轄部 総務企画部 健康経営推進グループ 基幹職

大家 明子氏

【大家 明子氏プロフィール】
(おおや あきこ)大学で心理学を学んだ後、オムロン株式会社入社。入社後、中高年向け健康サービス事業の立ち上げ、運営に10年間従事。その後、衛生管理者として社員の健康管理、健康経営を担当し精力的に推進。他社取組みのアドバイスにも関わる。健康経営エキスパートアドバイザー、社会保険労務士。
受付終了
5/26(水)
14:50 -
15:50
パネルセッション[W] 受付終了

トヨタ自動車を支える人材育成
~成長と全員活躍に向けた課題と取り組み事例~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

アフターコロナの世界が訪れるといわれる昨今、企業が新たに打ち出すビジネスや戦略を確実に実現するための人材育成がより重要になってきています。ビジネス環境が大きく変化するこれからの時代、どのように組織や人材マネジメントの舵取りを行っていくべきなのでしょうか。本セッションでは、トヨタ自動車様をお迎えし、同社が実践する人材育成のお取り組みについてお話を伺います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

今後、どのように組織や人材マネジメントの舵取りを行っていくべきか悩んでいる


トヨタ自動車株式会社 総務・人事本部 副本部長 

東 崇徳氏

【東 崇徳氏プロフィール】
(あずま たかのり)グローバルトヨタおよびトヨタ自動車(日本)の人事・人材育成を統括。これまで、厚生労働省への出向をはじめ、労働組合との交渉やグローバル幹部のタレントマネジメント等、人材育成・労務管理を幅広く経験。2014 年より 3 年間、ブラジルトヨタに赴任し、中南米地域の人材育成・労務管理を統括。2019 年より人材開発部部長に着任し、日本の人事制度改革、グローバル幹部の人材育成を推進。2020年より、総務・人事本部 副本部長として、総務、秘書、人事、法務、企業スポーツを担当。

株式会社グロービス グロービス・デジタル・プラットフォーム マネジング・ディレクター

井上 陽介氏

【井上 陽介氏プロフィール】
(いのうえ ようすけ)消費財メーカーに従事後、グロービスにて企業向け人材コンサルティング、名古屋オフィス新規開設リーダー、法人部門マネジング・ディレクターを経て、デジタル・テクノロジーで人材育成にイノベーションを興すことを目的としたグロービス・デジタル・プラットフォーム部門を立ち上げ責任者として組織をリードする。
受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-1] 受付終了

なぜ成長企業はOKRと1on1を選ぶのか? 組織変革を成功させるためのポイントとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

環境変化を超えて人と組織を成長させる3つの方法をご提示します。1つ目が「必達」から「チャレンジ」への意識と行動の変革。2つ目が「育てるマネジメント」の実践。3つ目が「テクノロジー活用による習慣化」です。OKRの具体的導入方法、それを支える1on1フィードバック、そしてアプリケーション活用による効率的運用。ぜひ当セミナーを貴社成長のきっかけにしてください。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

既存事業が伸び悩んでいる/新規事業を伸ばしたい


セレクションアンドバリエーション株式会社 代表取締役/グロービス経営大学院 准教授

平康 慶浩氏

【平康 慶浩氏プロフィール】
(ひらやす よしひろ)アクセンチュア、アーサーアンダーセン、日本総合研究所を経て現職。早稲田大学大学院ファイナンス研究科MBA取得。1990年代からいち早く大手電機メーカーでのジョブ型人事制度設計を手掛け、その後大企業、中堅中小企業を問わず数多くの人事変革を実現。日経での隔週連載が6年目に突入するなど、著書・寄稿も多数。

セレクションアンドバリエーション株式会社 OKRコンサルティングリーダー シニアコンサルタント

山本 遼氏

【山本 遼氏プロフィール】
(やまもと りょう)上場建設業、製造業での人事戦略・企画部門を経て現職。中小企業診断士。OKRコンサルティング責任者として、人と組織の成長を実現するための設計及び運用支援を進めている。執行役員、管理職層の研修も多数手掛け、マネジメント視点での人事制度運用でクライアント企業の成長を実現。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-2] 受付終了

現代版 学習する組織の作り方 ~トレーニングからラーニングへ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

アメリカの調査機関、ロミンガー社が提唱する70:20:10の法則。成果に結びつく学びのうち70%が日々の仕事経験、20%が他者との関わりであり、会社の提供する公式な学習の割合は10%に過ぎないということです。90%を占める、いわゆる「インフォーマル」な学習を、いかに会社の学習資産として転換し、教え合い学び合う文化を促進するのか、具体的な方法論についてご案内します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のナレッジを会社の資産に変えられていない


ユームテクノロジージャパン株式会社 ラーニングコンサルタント/ビジネスプロデューサー

小仁 聡氏

【小仁 聡氏プロフィール】
(こに さとし)上智大学非常勤講師、日本フューチャーラーナーズ協会理事。(株)ファーストキャリア、(株)セルムを経てラーニングシフト設立後、ユームテクノロジージャパン初期メンバーとして参画。HRテクノロジーを活用した学習の事業開発に従事。著書に『ブレンディッドラーニング-新リモート時代の人材育成学』(フローラル出版)
インタビュー 受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-3] 受付終了

組織パフォーマンスを最大化する、データドリブンな最適配置戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

従業員の「入社後活躍、定着」に影響を与える重要な要素として「配置/配属」があります。しかし弊社にて実施した調査結果では実に「6割」の企業様が「客観的データに基づいた配置配属の意思決定を行っていない」という状況が明確になりました。そこで今回は採用時や入社後に取得できるデータを活用し、データドリブンに配置/配属の精度を高める手法についてお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員データを科学的に分析し、配置配属の意思決定に活用したい


株式会社アッテル 代表取締役 CEO

塚本 鋭氏

【塚本 鋭氏プロフィール】
(つかもと えい)東京大学・大学院において、機械学習(AI)の研究に従事。人工知能学会研究会優秀賞・東京大学工学系研究科長賞(総代)等を受賞。2013年に株式会社クラウドワークスに参画し、データ分析・産官学連携を主担当すると共に、B2B事業責任者、子会社副社長等を歴任。2018年に株式会社アッテルを設立。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-4] 受付終了

中途・パート採用コストを削減!求人出稿を自動で最適化する"採用のDX化"とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

応募数の向上は社員数に直結する大事な変数です。応募数を増やすためには、媒体選定や原稿作成など膨大な作業がつきものです。本講演では、日本初の運用型求人広告プラットフォームの活用で、効率的・効果的な採用を実践するために採用プロセスの工数をいかに削減し、応募数の向上を図るか、また、これらの活動を通じていかに「採用のDX化」 を実現できるかについてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「応募が少ない」「求人手法/媒体選定に悩む」等の課題がある


株式会社イオレ 代表取締役社長

小川 誠氏

【小川 誠氏プロフィール】
(おがわ まこと)大学在学中に(株)アルファーブランチを設立。その後(株)ラフデッサンを設立、代表取締役社長。2010年1月(株)イオレ営業部門のアドバイザリー顧問を経て、同年6月 取締役就任。2016年6月 専務取締役、2018年6月 代表取締役 副社長、2019年6月 代表取締役社長に就任。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-5] 受付終了

ESの専門家だから話せる―落とし穴に落ちない従業員エンゲージメント向上の実践手法―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ後も厳しさを増す人的資源の獲得競争。そのため従業員エンゲージメントの維持・向上がますます必要不可欠になってきます。一方で従業員エンゲージメントの取組みは活発化しているものの、いくつかの落とし穴に落ちてしまい、事務局が迷走しているケースが多々あります。どうすれば効果的に従業員エンゲージメントを向上させる事ができるのか、落とし穴に落ちないステップや施策を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員エンゲージメント、ES、社員の定着率を向上させたい


株式会社ヒューマンブレークスルー 代表取締役/ESコンサルタントグループ 代表

志田 貴史氏

【志田 貴史氏プロフィール】
(しだ たかし)上場大手メーカー、経営コンサルタント会社を経て、ESに専門特化したコンサルティングを展開すべく、07年現在の会社を設立。中小企業から大企業まで様々な規模及び業種で、豊富なES・エンゲージメントのコンサル実績を持つ。主な著書として、『ESで離職率1%を可能にする人繰りの技術』(太陽出版)などがある。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-6] 受付終了

多様性で会社を変える
~アンコンシャスバイアスと当たり前の打破~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

大変革時代が到来し、多くの企業様が多様性推進を経営変革の本丸として掲げ、アンコンシャスバイアスへの対応、女性幹部登用の加速、経営層の意識変革、現場発のイノベーション創造などにチャレンジされ始めています。本講演では、具体的な企業様の事例をご紹介しながら、「目に見える変化」を起こす実践的な仕掛けかたをひも解きます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多様性を企業成長に繋げる仕掛けを考えたい


三井住友海上火災株式会社 常務執行役員 損害サポート本部長 / MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社 執行役員(ダイバーシティ&インクルージョン担当)

本島 なおみ氏

【本島 なおみ氏プロフィール】
(もとじま なおみ)1987年に住友海上火災保険⼊社。損害サービス、経営企画、グループ会社など多岐にわたる部⾨を経験する。2014年に傷害疾病損害サポート部⻑、2018年に執⾏役員に就任。2021年より常務執行役員。持株会社であるMS&ADホールディングスのダイバーシティ&インクルージョン担当執⾏役員を兼務する。

株式会社チェンジウェーブ 代表取締役社長

佐々木 裕子氏

【佐々木 裕子氏プロフィール】
(ささき ひろこ)日本銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニー・アソシエイトパートナーを経て、チェンジウェーブを創業。変革デザイナーとして組織変革や人材育成など450社以上の実績を持つ。無意識バイアス・ラーニングツール「ANGLE」の設計・監修、株式会社リクシスの立ち上げなど、多様な変革を広げている。
インタビュー 受付終了
5/26(水)
17:00 -
18:00
パネルセッション[X] 受付終了

従業員エンゲージメント・組織開発の観点から考える“戦略的”生産性向上
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモートワークの導入により、従業員にはこれまで以上に自律的で生産性の高い働き方が求められている中において、人事はどんな支援ができるのでしょうか。本セッションでは「従業員エンゲージメント向上」「組織開発」という観点から、「生産性向上」を考えます。個人と組織が互いに貢献し合える関係があり、組織内の信頼関係性が強い状態を実現できれば、一人ひとりが自律的かつ主体的に動くようになり、高い組織パフォーマンスが期待できるからです。制度や仕組みといったハード面からのアプローチではなく、人や関係性に関するソフト面からのアプローチで「生産性向上」について議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

一人ひとりの生産性を向上させたい・自律的に働く従業員を増やしたい


株式会社三井住友銀行 人事部研修所 副所長

樋口 知比呂氏

【樋口 知比呂氏プロフィール】
(ひぐち ともひろ)人事専門家x産業組織心理学者xキャリコン。職業経歴は、通信会社で人事担当者、コンサルティングファームで人事コンサルタント/シニアマネージャー、銀行で人事部長を含む役席者を務め、人事専門家として20年超の実務経験を有する。アカデミックな経歴は、早稲田大学政治経済学部卒、カリフォルニア州立大学MBA。UCLA HR Certificate取得。立命館大学大学院人間科学研究科博士後期課程在学中。従業員エンゲージメントに関する研究論文で人材育成学会奨励賞受賞。国家資格キャリアコンサルタント。

株式会社ニトリホールディングス 組織開発室 室長

永島 寛之氏

【永島 寛之氏プロフィール】
(ながしま ひろゆき)東レ勤務を経て2007年ソニー入社。米国マイアミに赴任時にダイバーシティ組織の運営を通じてグローバル組織構築に興味を持ち、2013年に米国出店を果たしたばかりのニトリに入社。その後、店長、人材採用部長、採用教育部長を務め、2019年3月から現職。テクノロジーによる社員と会社の成長をマッチングする教育システム構築に全力投入中。「個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる」という考えのもと、従業員のやる気・能力を高める施策を次々と打ち出す。

Qasee 株式会社 代表取締役

村田 敦氏

【村田 敦氏プロフィール】
(むらた あつし)警察官として約10年間、初級幹部としてマネジメント業務に携わった後、ITシステム開発を行う株式会社ゼロフィールドを創業。事業は初年度から黒字化し、2019年2020年と雑誌経済会の注目企業にも選出。これまでの組織マネジメント経験を生かした新たなシステムを開発し、Qasee 株式会社を設立。
受付終了

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

オフィス・ご自宅・外出先などから講演を視聴する参加お申込み

※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop