人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ講演者インタビュー> 飯野 泰史氏(株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー 取締役 クラウドソリューション統括部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

DX推進企業の取り組みから紐解く
リモートワーク下での働きやすい職場環境とは

飯野 泰史氏 photo

株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー 取締役 クラウドソリューション統括部長

飯野 泰史氏

リモートワーク中心の働き方へと急速に変化する中で、多くの企業では、従業員の生産性向上が求められています。従業員の働きやすさを重視した取り組みをしながら、どのように生産性向上を図ればよいのでしょうか。本講演では、就業管理や労務管理を効率化し、納得感のある人事評価の実現で高いモチベーションを維持してきたDX推進企業をご紹介。今後の働きやすい職場づくりについて考えます。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

コロナをきっかけに、働き方はリモートワークを中心とした「ニューノーマルな働き方」へと急速に舵を切りました。人事部の皆さまは在宅勤務制度の構築や就業規則の見直しなど、この1年でさまざまな対応をされてきたと思います。ツールを導入し、働く環境を整えたものの、社内の情報共有や人材育成の難しさなど新たな課題が見えてきたところではないでしょうか。

今回の講演では、先進企業の人事部がテレワークの導入時にまず何を行ったのか、そしてこれからのより良い働き方のために、HRテクノロジーを活用して、今どのような取り組みを進めているのかをご紹介いたします。

働き方のセルフマネジメントや人事評価のあり方、社員エンゲージメントの向上など、人事業務のさらなる飛躍を模索している方に、課題解決のヒントをお持ち帰りいただければ幸いです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

デジタルトランスフォーメーションに不可欠なテクノロジーの活用を検討しているものの、具体的に何ができるのか、他社ではどのような取り組みを行っているのか、社内の業務改革を推進する上で参考となる情報が欲しい、というお声を多くいただきます。

企業の未来を支える人事部の役割として、今、先進企業ではHRテクノロジーを活用してどのような取り組みを進めているのか、企業の人事業務の現場を知るコンサルタントから具体的な取り組み事例をご紹介したいと思います。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

働きやすい環境づくりは、従業員のモチベーションアップを促し、定着率の向上、競争力強化へ大きく貢献します。新しい働き方に向けた現状分析と課題整理に少しでもお役に立てれば幸いです。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
飯野 泰史氏(いいの やすし)
株式会社ソリューション・アンド・テクノロジー 取締役 クラウドソリューション統括部長
2004年に新卒でソリューション・アンド・テクノロジーに入社。自社開発の人事業務フロントパッケージ「WiMS」の企画開発に携わり、大手新聞社の人事評価システム開発プロジェクトなどを担当。2018年、取締役に就任。現在はクラウドソリューション統括部長としてSaaS事業戦略を牽引。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop