人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント 日本の人事部「HRカンファレンス」

採用、育成、働き方…216セッション
すべての概要が掲載されています。

icon HRカンファレンス2022春

5/18.19.20.24.25.26

人と組織をテーマに語り合う6日間。
全国のビジネスリーダーが集う
HR最大のイベントに、ぜひご参加ください。

CONCEPT開催概要

「カンファレンス」=会議・協議会・相談・協議・連盟。つまり、多くの人が集まり、一つのテーマについて話し合い、方向性を見出す場。

「HRカンファレンス」は日本の「人・組織・経営」について、多くの人が集い、ともに考える、日本で唯一の場です。

日本を代表するHRのオピニオンリーダーが集結し、最新の研究発表や、 採用・育成・労務に関する企業事例を紹介。 また、全国の参加者、登壇者をオンラインで結び、インタラクティブな対話を通じて企業成長の次の方向性を見出していきます。

企業を変革するリーダー同士がつながり、一大ネットワークを創出。日本の「人・組織・経営」がこの場所から変わります。

HRカンファレンス 開催概要イメージ

FEATURESHRカンファレンスの特長

01HR課題を網羅

セッション数は、HR領域最多。
求めていたナレッジが
ここで見つかる。

「HRカンファレンス」は、企業人事・経営層・管理職など、人と組織に課題を持つあらゆるビジネスリーダーに開かれたイベントです。セッションのテーマはHR領域全体を網羅し、複数講演も申し込み可能。知りたかったノウハウ、求めていたナレッジを一度の機会に習得できる最適な場です。

HR課題を網羅 イメージ図
2021秋のセッション抜粋
  • 経営課題ジョブ型新時代における報酬/給与戦略とは - 成長に必要な人材の確保に向けて
  • 採用適性検査×HRデータを活用してオンライン採用の質を高める方法とは
  • 人材育成DX時代の新・人材育成戦略「リスキリング」とは
  • 評価・配置・制度極めて高い成果を上げ続ける「スター社員」をどのように見出し、育成していくのか
  • 健康管理従業員のウェルビーイング実現へ。DX活用で進化するエンゲージメント向上のPDCA
  • 働き方生産性向上を実現する、リモートワーク関連の福利厚生最新トレンドと働き方のみらい
  • 労務・法務徹底予防!パワハラ行為者の適性検査傾向と社内の全管理職を対象とする予防施策の実例
  • ダイバーシティ&インクルージョン「仕事と育児の両立」支援~育児・介護休業法改正に向け、中小企業ができる事前準備~
  • HRテクノロジーアセスメント・ツールはどこまで人を評価できるか~先端事例の研究と実践~
02一流の講師陣

オピニオンリーダーが集結、
すべての参加者に、
最高峰との対話の機会を。

『日本の人事部』が、約20年にわたって培ってきた日本最大のHRネットワークを活かし、著名な大学教授や企業人事のエグゼクティブ、実績豊富なHRソリューション企業を登壇者として招聘。国内最高峰のリーダーたちの知見をダイレクトに学べる、またとない機会です。

一流の講師陣 イメージ図
これまでの主な登壇者※順不同。所属・肩書は講演当時のものです。

▼ 登壇者の画像をクリックすると詳細がご覧になれます

登壇者の画像をタップすると詳細がご覧になれます

03質の高いセッション

アカデミックな研究、
最新データ、企業事例…
ハイレベルなテーマ、
どこより分かりやすく。

講演後満足度アンケートでは常時90%以上の満足度を獲得。その秘密は、登壇者と『日本の人事部』が共同でセッションを企画・開発しているからです。セールス要素をできる限り省き、最新の研究成果や成功事例・失敗事例や最新のデータ、そして具体的な解決策を盛り込んだセッションは、実践的なヒントとともに、困難な課題に直面している人々に、大きな活力を与えています。

質の高いセッション イメージ写真
参加者のコメント(抜粋)
  • 人事課題の最新情報を提供いただき、具体的なアクションに繋がるヒントを得られました。
  • 現実的に実践できる解決策を知ることができました。
  • 制度の変化が大きかった2022年のトレンドを把握できました。
  • パネルディスカッションが、形式ではない「本当の議論」になっていました。
  • 今後の社会情勢を踏まえたプレゼンテーションでした。
04ライブ配信

インタラクティブ機能で、
現場の課題や解決策を
リアルタイムで共有。

各セッションでは、最新のトピックスを踏まえつつ、この場でしかお伝えできない事例や、最新の研究成果などを提供します。また、チャットや投票機能を活用し、日本を代表するHRのオピニオンリーダーとコミュニケーションも充実。参加者が現場で抱えている課題をその場で共有しながら、課題解決に資する新たな施策、方向性を見出していきます。

ライブ配信 イメージ写真

SNSにて情報発信中SNS

このページの先頭へ