人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

プログラム

受付状況
開催日

ジャンル

フリーワード
5/20(木)
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-1] 受付終了

分断する組織をどうつなぐか ~コミュニティシップのつくり方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

仕事や会社との距離感が変わり、組織の中にあった分断が顕在化してきています。経済的価値と社会的価値のどちらが発想の起点か、人と会社をつなぐのはジョブなのか感情・思いなのか、個人の自由と組織の統制をどうバランスさせるのか……。組織運営が難しくなる中で、人と組織をつなぐ新たな原動力を創り出す必要があります。本講演ではコミュニティシップという概念を紹介しながら、その取り組みを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これからの組織のあり方、人事の役割を模索している


株式会社ジェイフィール 代表取締役・コンサルタント/武蔵野大学 経営学部 特任教授

高橋 克徳氏

【高橋 克徳氏プロフィール】
(たかはし かつのり)野村総合研究所、ワトソンワイアットを経て、ジェイフィール設立に参画。組織変革コンサルタント。人と人との相互作用が組織に与える影響、ダイナミズムを研究し、組織感情、リレーションシップなどの新たな概念を数多く提示。主な著書に、『不機嫌な職場』『職場は感情で変わる』『みんなでつなぐリーダーシップ』など。

株式会社ジェイフィール 代表取締役・コンサルタント

重光 直之氏

【重光 直之氏プロフィール】
(しげみつ なおゆき)2007年にジェイフィール設立に参画。ヘンリー・ミンツバーグ教授との出会いを機に、内省と対話をベースにした「リフレクションラウンドテーブル®」を日本に導入し、その取り組みが高く評価され第1回HR Awardを受賞。主な著書に「ミンツバーツ教授のマネジャーの学校」「ワクワクする職場をつくる。」など。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-2] 受付終了

採用選考にAIを導入するメリット・デメリット
~押さえるべき課題と今後の方向性~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

面接業務の省力化や採用基準の統一を目的に、採用現場における企業のAI活用が広がりを見せています。学生や求職者側にとっても、心理的バイアスのない公平な選考を受けられるというメリットがある一方で、現状のAI選考には課題も多いです。本講演ではAI選考を最も多く提供している立場から、取り組まれている企業の実情と、従来より一歩踏み込んだAI選考について解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

採用選考にAIを活用したいが、導入時の注意点がわからない

タレンタ株式会社 専務取締役 兼 CFO

中村 究氏

【中村 究氏プロフィール】
(なかむら とおる)日本製鉄株式会社、日鉄ソリューションズ株式会社を経て、タレンタ株式会社の設立に参加。海外のHRテクノロジー / 人事DXソリューションを日本企業にご紹介している。AI選考ソリューション HireVue(ハイアービュー)の日本総代理店として、人材採用におけるAI活用についてのご相談を広く承っている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-3] 受付終了

成人発達理論×1on1が組織を変える~相互変容型1on1ミーティングのすすめ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材育成や組織開発の視点で、成人発達理論というキーワードを聞くようになってきました。しかし、成人発達理論をどのように人材育成や組織活性につなげるかは、まだ試行錯誤の段階です。弊社では成人発達理論を用いた研修を全階層で実施しました。その結果、役員・管理職クラスで一番効果を発揮できることが分かりました。今回は、その中でも成人発達理論を1on1に活用する方法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1on1の導入や組織への定着・浸透に課題がある


株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

【島森 俊央氏プロフィール】
(しまもり としひさ)2008年 株式会社グローセンパートナーを設立 。人事制度の導入や役員/管理職クラスの教育研修を通して、クライアントの業績向上と社員活性化の実績を多く残している。加藤洋平氏から直接、成人発達理論を学ぶとともに、自己変容の体験を進めており、一歩異なる視点でアドバイスができることが特徴である。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-4] 受付終了

800種のワーク設計から見えた、効果的なオンラインインターンの内容と実施後フォロー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

インターンの主戦場はオンラインに代わり、コロナ禍が収まっても続くと言われます。800種類のワーク設計を行ってきた当社は昨年、インターンのオンライン化を多数支援。その経験から見出した、効果的なオンラインインターン内容や欠かせない実施後フォロー策について知見をまとめました。1.ストーリー型 2.母集団形成型 3.理系学生向け など具体的な成功事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

インターンをオンライン化したい/インターン内容を強化したい


株式会社エイムソウル 取締役

蛭田 英樹氏

【蛭田 英樹氏プロフィール】
(ひるた ひでき)北海道大学を卒業後、東証一部上場の経営コンサルティング会社に入社。中小企業の企業成長コンサルティング、新業態開発プロジェクトを経験。その後、自社の新卒採用活動に従事し、年間150名の採用を達成。2008年(株)エイムソウルに入社し、人事コンサルタントとして100件以上の採用イベントをプロデュース。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-5] 受付終了

人材データベースシステムの企画・導入に向けてやっておくべきこと
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材データベースシステムの導入にあたり、押さえておくべきこと、やっておくべきこと、注意点は何でしょうか。本講演では、システム導入のプロジェクトを成功させるために、<1>システム導入の企画、上申時に整理、考えておくべきこと、見落としがちなポイント、<2>人材データベース整備に必要な要素とデータ活用、分析のための人事データ整備のポイントを解説します。(協賛/インフォテクノスコンサルティング株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人材データベースシステム企画の上申、導入を計画している


株式会社T4C Rosicディビジョン エグゼクティブ・マネージャー

森谷 多加志氏

【森谷 多加志氏プロフィール】
(もりや たかし)Rosicの営業として10年、日本を代表する大手企業から中小企業まで様々な規模、業種業態の企業を担当。営業のモットーは "お客様と同じ方向を向いて考動する" 夢は、人材マネジメント業務の高度化・効率化のお手伝いを通じて、社員と社会が幸せになる日本企業を1社でも多く増やすこと。

株式会社T4C Rosicディビジョン コンサルチーム マネージャー

鈴木 潤氏

【鈴木 潤氏プロフィール】
(すずき じゅん)情報システム会社にて人事給与システムパッケージの設計・開発・導入のコンサルタントとして、SE・リーダーを経験。T4C入社後、Rosic導入コンサルタントとして、通信・医療・アパレル・ドラッグストアなど、様々な業界・業種の顧客に対し、Rosic導入プロジェクトマネジメントを行っている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-6] 受付終了

現役の高血圧専門医が語る
診療から見えてきた従業員の健康管理とオンライン活用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事部は従業員の健康管理も求められています。コロナ感染のリスクから在宅勤務が導入され、従業員が通院をためらうケースが増えています。特に自覚症状がなく軽視されがちな高血圧症は、深刻な合併症を引き起こすリスクがあり、コロナ下でも適切な管理が欠かせません。本講演では、オンライン診療から見えてきた人事・従業員の健康管理に対する課題や、「仕事と治療の両立」の支援までお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

高血圧の受療率を高めたい、脳卒中・循環器病対策をしたい


一般社団法人テレメディーズ 代表理事/福島県立医科大学 腎臓高血圧内科 博士研究員

谷田部 淳一氏

【谷田部 淳一氏プロフィール】
(やたべ じゅんいち)1999年 福島県立医科大学卒業、米国バージニア大学留学、福島県立医科大学腎臓高血圧・糖尿病内分泌代謝内科学講座助教、同慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座助教を経て、2019年まで東京女子医科大学高血圧・内分泌内科講師。2018年より一般社団法人テレメディーズ代表理事、現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-7] 受付終了

優秀な人材の採用からメンタルヘルスまでデータ活用で実践する人事DX
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、「優秀な人材の採用」「離職率の低減」「メンタルヘルス対策」などの課題解決においてデータ活用が注目されています。しかし、ITツールの導入や外部コンサルタントへの依頼だけでは成果が出ないという悩みを多く耳にします。本講演では人事部におけるデータ活用の勘所と企業環境に応じたDX人材育成の事例を統計学やデータサイエンスの専門用語なしでお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事データを積極的に活用し、課題解決をしたい


株式会社データビークル 代表取締役CEO

油野 達也氏

【油野 達也氏プロフィール】
(ゆの たつや)経営責任者兼営業責任者。1964年生まれ。昭和62年よりITビジネス経験30年。営業、製品企画、海外子会社経営などの実務をSIビジネス、パッケージ、クラウドサービスなど多岐にわたるビジネスモデルで経験。
受付終了
5/20(木)
10:30 -
11:30
パネルセッション[I] 受付終了

従業員が描く理想の「生き方」「働き方」を実現する
人生100年時代の新人材戦略:従業員のキャリアオーナーシップ支援
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が「働き方改革」に取り組んでいます。しかし、企業側がいくら労働生産性を高めても、個人の生活の質が高まらなければ、従業員は幸せを感じられません。いま企業には「働き方」だけでなく、従業員が理想とする「生き方」の実現を支援していくことが求められているのです。本セッションでは、いち早く従業員のライフキャリア支援に取り組んでいる2社の人事最高責任者が登壇。カゴメの「生き方改革」、オカムラの「Work in Life」の事例を取り上げ、法政大学・田中氏の司会で、従業員がイキイキと働き生活していくために企業は何ができるのかを考えます。(協賛/日本生命保険相互会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のキャリア支援に関する最新の動向を知りたい


カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(人事最高責任者)

有沢 正人氏

【有沢 正人氏プロフィール】
(ありさわ まさと)1984年に協和銀行(現りそな銀行)に入行。 銀行派遣により米国でMBAを取得後、主に人事、経営企画に携わる。2004年にHOYA株式会社に入社。人事担当ディレクターとして全世界のHOYAグループの人事を統括。全世界共通の職務等級制度や評価制度の導入を行う。また委員会設置会社として指名委員会、報酬委員会の事務局長も兼任。グローバルサクセッションプランの導入などを通じて事業部の枠を超えたグローバルな人事制度を構築する。2009年にAIU保険会社に人事担当執行役員として入社。ニューヨークの本社とともに日本独自のジョブグレーディング制度や評価体系を構築する。2012年1月にカゴメ株式会社に特別顧問として入社。カゴメ株式会社の人事面でのグローバル化の統括責任者となり、全世界共通の人事制度の構築を行っている。2012年10月より現職となり、国内だけでなく全世界のカゴメの人事最高責任者となる。

株式会社オカムラ 執行役員 コーポレート担当 CHRO(人事部・人財開発部・お客様相談室・サステナビリティ推進部)

佐藤 喜一氏

【佐藤 喜一氏プロフィール】
(さとう よしかず)1982年、株式会社岡村製作所(現:オカムラ)経営情報システム研究所に入社。経営企画部、1999年労働組合中央執行委員長、2009年総務部長を経て、2015年人事部長に。定年延長・賃金制度などの人事制度改革、採用(新卒・キャリア)、労務、健康経営推進、D&I、働き方改革の推進などを担当。2019年からCHROとして人財開発も含めた戦略人事に従事する。

法政大学 キャリアデザイン学部 教授

田中 研之輔氏

【田中 研之輔氏プロフィール】
(たなか けんのすけ)博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。専門はキャリア論、組織論。一般社団法人 プロティアン・キャリア協会代表理事。UC. Berkeley元客員研究員、University of Melbourne元客員研究員、日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学。社外取締役・社外顧問を24社歴任。著書25冊。『辞める研修 辞めない研修 新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。新刊『プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ 今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』。日経ビジネス、日経STYLEほかメディア多数連載。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-1] 受付終了

これからの企業成長に欠かせない『EVP』発想による取り組みとは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

労働力の流動性が高まり、労働人口が減少する中で、人材を採用・定着させるには、「EVP」発想による従業員への価値提案によるエンゲージメントの醸成が必須と言われています。本講演では、「EVP」とは何か、エンゲージメントを高めて行くにはどのようにすればよいのかについて、具体的事例を交えながら考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織活性化や従業員のワークエンゲージメントを高めたい


株式会社JTB ビジネスソリューション事業本部 事業推進チーム 事業推進担当部長

上山 毅氏

【上山 毅氏プロフィール】
(うえやま たけし)(株)日本交通公社(現JTB)に入社。海外旅行を中心に、法人の様々な課題を解決するツアー・イベント等を企画。その後、グループの福利厚生会社、JTBベネフィットで17年勤務、営業企画~取締役企画開発本部長等を経て、現職。JTBグループのHRソリューション全体のマーケティング・販売促進等を担当。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-2] 受付終了

変質する時代における人事の役割
~生活の中で働く喜びを低下させない仕事の工夫~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワーク導入が進むにつれ、社員が生活の中で仕事を行う「ワーク・ライフ・インテグレーション」が求められます。その環境でエンゲージメントを高めるには、組織のパーパスに向けて1人ひとりが自律的に働くカルチャーづくりとHRテクノロジーの活用が不可欠です。今回、この環境で社員エンゲージメント向上のための「人事の役割」について人事ジャーナリストの楠田氏をお招きしてお伝えします。(協賛/サイオステクノロジー株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離れ離れ(テレワーク)の社員のケアや新入社員フォローがしたい


人事ジャーナリスト

楠田 祐氏

【楠田 祐氏プロフィール】
(くすだ ゆう)NECなど大企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。中央大学ビジネススクール客員教授(MBA)を7年間経験。2015年は日テレのNEWS ZEROのコメンテーターを担当。現在は人事ジャーナリストとしてセミナーやラジオ番組で活動。企業の非常勤取締役及び顧問など多数。
受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-3] 受付終了

営業組織の改革は「達成×育成」で実現できる。 環境変化に強い営業の共通項とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍において、ブラックボックス化された営業組織ほど課題の表面化が顕著になっています。そんな中実績を上げながら、確実に営業人材が育つ組織は何を行っているのでしょうか?本講演では弊社が13年実施してきた営業育成のノウハウと、営業の変革ポイントを通し、営業組織の改革で重要な「達成×育成」の考え方を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

属人的な営業組織を改革しながら、営業人材を育てたい


株式会社マーケットヴィヴィッド 執行役員 研修講師

玉置 裕次郎氏

【玉置 裕次郎氏プロフィール】
(たまき ゆうじろう)野村證券株式会社に入社。全国同位職の営業マンの中で、月次営業利益額1位を獲得。2008年よりマーケットヴィヴィッドで「営業ゲーム」の開発メイン担当として、営業研修事業の立ち上げに関わる。現在は 研修講師として数多くの企業のサポートを行う。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-4] 受付終了

戦略的リモートワーク・惰性的リモートワーク ―大規模データで導く決定の条件―
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方・価値観の多様化、コロナ感染拡大等によりリモートワークが加速しています。しかし、自社の特性を踏まえた時、リモートワークを今後も継続すべきか、決め手がないまま悩まれている方も多いようです。本講演は大規模定量調査結果に基づいて、リモートワークを戦略的に活用する場合の条件や惰性的に選択した場合に起こる問題、リモートワーク下のマネジメントのあり方等について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートワークのマネジメント、リモートワーク活用に悩んでいる


株式会社Consulente HYAKUNEN/株式会社Maxwell's HOIKORO CEO

前山 匡右氏

【前山 匡右氏プロフィール】
(まえやま きょうすけ)電機メーカー、シンクタンクを経て創業。様々な分野の知見とコンサルタント、経営者として培った実践知を統合し、大企業の全社変革、新規事業創造、経営トップの育成など、難度の高い分野のコンサルティングを数多く実施。HRテック分野のスタートアップ株式会社Maxwell's HOIKOROのCEOを務める。

株式会社Consulente HYAKUNEN リサーチ・フェロー 博士(商学)

宍戸 拓人氏

【宍戸 拓人氏プロフィール】
(ししど たくと)組織の中で起こるコンフリクトの研究を専門分野とし、組織のパフォーマンス向上に向けた研究や、多数の国際学会発表を行う。Consulente HYAKUNENメンバーとして多数の企業の変革を推進。株式会社Maxwell's HOIKORO 製品開発責任者。武蔵野大学経営学部経営学科准教授

株式会社Consulente HYAKUNEN パートナー(取締役)

上野 佐保氏

【上野 佐保氏プロフィール】
(うえの さほ)シンクタンクを経て現職。民間企業・医療法人など、幅広い業界・規模の組織に対する人事制度の構築、大規模合併人事等のコンサルティングを実施。人事制度を中心とする人材マネジメント領域、組織開発コンサルティングを専門とし、これまで延べ250社以上の案件に携わる。武蔵野大学しあわせ研究所客員研究員
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-5] 受付終了

【現役女性管理職100名へのインタビューから考える】女性リーダーを増やすヒント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「女性は管理職になりたがらない。」という声をよくお聞きしますが、本当にそうなのでしょうか?本講演では、当社で実施した女性管理職100名へのインタビューや、当社の女性活躍に関する蓄積されたデータから判明した女性社員の生の声をお伝えします。さらにその情報をもとにした、明日から行える「女性管理職の採用・登用・定着」について事例を交えながら紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

女性の管理職登用や女性管理職の採用に悩んでいる


株式会社mog 代表取締役社長

稲田 明恵氏

【稲田 明恵氏プロフィール】
(いなだ あきえ)パーソルキャリアへ新卒入社。人材紹介の法人営業後、特例子会社や障がい者雇用支援事業など新規事業責任者を経験。人事労務の運用、研修・採用領域の責任者に従事、ワーママのを解消したいと業界初のボランティアマッチング事業「ママボラン」を展開。2019年、株式会社mog (ママ、お仕事がんばって!)を創業。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-6] 受付終了

VUCA時代のウェルビーイング~人と組織のメンタルヘルスマネジメント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「はたらくをよくする」ソリューションを提供しているピースマインドが20年以上のEAPの支援実績から、コロナ禍に求められるメンタルヘルスマネジメントのポイントをデータを交えてお話しします。①従業員のストレスケア、②管理職の役割、③組織の生産性向上とリスクマネジメント。あわせて2021年3月にまとめた「コロナ禍のウェルビーイング調査」等最新のデータや事例も解説致いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

不安定な時代に、変化に強い持続可能な人と組織づくりをしたい


ピースマインド株式会社 ワーキングベターラボ 所長

渋谷 英雄氏

【渋谷 英雄氏プロフィール】
(しぶたに ひでお)法政大学、東洋大学大学院、東京大学大学院を経て臨床心理士。航空会社勤務後、大学院に進む。5社以上の大手企業相談室勤務を活かし、現在ピースマインド株式会社にてメンタルヘルス講師。国際EAP協会資格委員長、日本オンラインカウンセリング協会理事、東洋大学総合情報学部客員教授(スポーツ心理学)等を務める。

ピースマインド株式会社 サービス本部コンサルティング部 部長

後藤 麻友氏

【後藤 麻友氏プロフィール】
(ごとう まゆ)臨床心理学(修士)。公認心理師。臨床心理士。国際EAPコンサルタント。従業員のメンタルヘルス支援、人事管理職のマネジメントコンサルテーションといった産業領域の臨床業務に長年従事。現在は、コンサルティング部 部長として、主にコンサルタントの管理・育成を行なっている。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-7] 受付終了

英語力育成と測定におけるPDCA設計の仕方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「組織の英語力が上がらない」「研修の成果がでない」というお悩みをよくお伺いしますが、「誰を、いつまでに、どのレベルまで引き上げたいのか」という計画が明確でないケースが非常に多いと感じています。英語力育成(研修)と測定(テスト)のサイクルに注目し、英語4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)の測定の重要性と効果について、企業事例と共に説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織の「実務で使える英語力」を上げたい


株式会社ベネッセi-キャリア

佐藤 桂司氏

【佐藤 桂司氏プロフィール】
(さとう けいじ)「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能をオンラインで測定する英語アセスメントGTEC(ジーテック)の導入支援、および企業の英語力向上のためのコンサルティング業務を担当。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-8] 受付終了

~社員の離職が減り利益率が上がる~いまおさえておきたい退職金制度設計と活用事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業にとって重要な、人材の定着やエンゲージメント向上施策の1つに、退職金制度の活用があります。退職金制度というと「難しそう」「コストがかかる」「業種や従業員数が限られるのでは?」といった声を多く耳にします。また「退職金制度(確定拠出年金)はあるが加入率が低い」場合もあるのではないでしょうか。本講演では、様々なメリットのある前払退職金制度の基本と活用事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメントを向上させたい、退職金制度について知りたい


株式会社ベター・プレイス 代表取締役COO

古市 成樹氏

【古市 成樹氏プロフィール】
(ふるいち なりき)2005年 (有)ALL CONNECTを共同創業、グループ連結売上355億円・スタッフ数550名まで組織拡大させる。2020年 資本主義の恩恵をあらゆる人が平等に享受できる社会をつくるという企業理念に共感し ㈱ベター・プレイスに参画、営業・カスタマーサクセス・IT・管理部門を含む業務全般を統括。
受付終了
5/20(木)
12:40 -
13:40
パネルセッション[J] 受付終了

リモート時代における、新しい「マネジメント」と「人事評価」のあり方を考える
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークなどのリモート環境での働き方が浸透し、マネジャーとメンバーが同じ空間で仕事をすることが減った今、「マネジメント」と「評価」のあり方に変化が求められています。成果を出すために、マネジャーはメンバーをどのように「マネジメント」「評価」すべきなのでしょうか。また、そのために人事ができることは何なのでしょうか。富士通でジョブ型人事制度の導入を主導した平松氏、ダイドードリンコで数々の人事制度改革を実行してきた濱中氏をお迎えし、人的資源管理論や人事評価を専門とする江夏氏のファシリテーションの下、議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

テレワークに移行し、人事評価のあり方やマネジャーの育成に課題を抱えている人事担当者


富士通株式会社 執行役員常務 CHRO

平松 浩樹氏

【平松 浩樹氏プロフィール】
(ひらまつ ひろき)1989年富士通株式会社に入社し、主に営業部門の人事を担当。2009年より、役員人事の担当部長として指名報酬委員会の立上げに参画。2015年より、営業部門の人事部長として働き方改革を推進。2018年より、人事本部人事部長として今年4月に導入したジョブ型人事制度の企画・導入を主導。2021年4月より現職。

ダイドードリンコ株式会社 取締役 執行役員 人事総務本部長

濱中 昭一氏

【濱中 昭一氏プロフィール】
(はまなか あきかず)大学卒業後、1987年ダイドードリンコ株式会社に入社。1994年より各営業所の所長を歴任後、2001年に営業管理課長に就任。2002年に人事部が発足した際、人事課長に就任。2011年に人事総務部長、2013年に執行役員人事総務本部長を経て、2017年より現職。

神戸大学 経済経営研究所 准教授

江夏 幾多郎氏

【江夏 幾多郎氏プロフィール】
(えなつ いくたろう)1979年生まれ。一橋大学商学部卒業。同大学にて博士(商学)取得。名古屋大学大学院経済学研究科を経て2019年より現職。専門は人的資源管理論、雇用システム論。主著に『人事評価における「曖昧」と「納得」』(NHK出版)など。
受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-1] 受付終了

ハウス食品研究所が挑む、仕掛けで導く職場変革 “対話”で生まれるエンゲージメント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍により、変革なくしては生き残れない現代。ハウス食品研究所ではイノベーションの創出に向け、対話の量と質の向上に着手しました。キーワードは「ルールは変えられなくても、仕掛けは変えられる」。抑圧型のルールではなく、変革を楽しむ仕掛けによって行動変容を生み出した施策をハウス食品 岩国様と、エンゲージメントの専門家であるビジネスリサーチラボ 伊達様とともにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ルール・仕組みによる変革に限界を感じている


ハウス食品グループ本社株式会社 研究開発本部 イノベーション企画部(施策実施当時)

岩国 隆司氏

【岩国 隆司氏プロフィール】
(いわくに たかし)入社より営業部門、本社スタッフ、R&D部門を経験。特に、現場における人材育成の在り方と推進においての知見は数多く保有。直近では、千葉研究センターのリノベーションプロジェクトリーダーとして、企画立案から工事計画立ち合い、完成後の推進と、大型プロジェクトの携わった。モットーは「答えは一つではない」「事実と未来は、目の前にある」「どうせやるなら、仕事も楽しく!」

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役

伊達 洋駆氏

【伊達 洋駆氏プロフィール】
(だて ようく)神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、組織・人事領域を中心に、民間企業を対象にした調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知の両方を活用した「アカデミックリサーチ」をコンセプトに、人事データ分析や組織サーベイのサービスを提供している。共著に『組織論と行動科学から見た 人と組織のマネジメントバイアス』(ソシム)、『「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール』(ナツメ社)など。

リ・カレント株式会社 人材組織開発プロデュース部 マネジャー

堀井 悠氏

【堀井 悠氏プロフィール】
(ほりい ひさし)学生と社会人育成を熟知した経験を活かし、若年層の早期戦略化をテーマにマインド・スキル両面で変革を実践。人材・組織開発に専念するためにリ・カレントに参画。自らのチームで部下と一丸となり、数々の書籍や研修コンテンツを実践。チームの失敗も成功も実際の体験から簡潔な理論に落とし込む。
受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-2] 受付終了

人材活用分野もDX時代へ! DX推進で変わる現場のマネジメント、人材開発、適材配置
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

様々な分野でDXが推進される中「システムを導入したが期待した効果が出ない」という声は少なくありません。本講演では人材活用領域のDXに期待される本来の目的と失敗の原因を紐解きます。人材活用分野のDX推進で変わる現場のマネジメント、人材開発、適材配置。また、業務効率化だけではない、データと理論で人と組織のパフォーマンスを引き出すDXの、第一歩目の踏み出し方をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

戦略人事、DXを推進したい、タレントマネジメントを進めたい


株式会社エスユーエス HAQI事業部 マネージャー シニアコンサルタント

坂上 紘子氏

【坂上 紘子氏プロフィール】
(さかがみ ひろこ)2020年HRアワード優秀賞を受賞したタレントマネジメントシステム「SUZAKU」の企画責任者を務める。組織心理学に基づくアセスメント・サーベイデータ、人事データの解析実績は1000社以上。データに基づく根拠ある人材育成、組織開発、マネジメントの支援とコンサルティングに携わる。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-3] 受付終了

なぜ、リーダー選抜はうまくいかないのか? -昇進昇格に関する問題提起と処方箋-
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍をきっかけに、組織や人事のあり方を根底から問い直す企業が多い中、求められるリーダー像・能力要件を再定義し、人選や登用の仕組みを再構築していく企業様が増えています。本講演では、各社で「リーダー選抜」がうまく機能しない共通点を整理しながら、リーダーの適性を見極め、活かしていくための処方箋を、人材アセスメントのプロフェッショナルとしてのノウハウを交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社の人選力を高めたい/ハイポテンシャル人材を発掘育成したい


株式会社リードクリエイト 常務取締役

吉田 卓氏

【吉田 卓氏プロフィール】
(よしだ たかし)大学卒業後、大手金融機関に入社。企画部門を経て、人事部で育成・評価・異動業務に従事。2005年リードクリエイトに入社。リーダーの選抜・育成を軸に人材開発支援を担当し、これまでソリューションに携わった企業は500社以上。一般論に留まらない「実践知」をベースにしたセミナーも多数開催。2021年より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-4] 受付終了

ゆとり世代マネージャーが語る! 組織を強くするコミュニケーションのコツ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

急速に変化する時代の中、どんなに環境や価値観が変化しても、企業成長のためには良好な"社内コミュニケーション"が欠かせません。本講演では、ゆとり世代マネージャーの立場から、「世代間・役職・男女」などのシチュエーション別に、有効的な接し方を整理します。また、10,000人を対象とした自社アンケートの結果解説も交え、「組織を強くするコミュニケーション」のポイントもお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

コミュニケーションを活性化したい・ハラスメントの対策をしたい


株式会社アスマーク 経営企画部 Humap事業G マネージャー

奥津 直樹氏

【奥津 直樹氏プロフィール】
(おくつ なおき)新卒にて大手旅行代理店で法人営業を経験後、2015年中途入社。マーケティングリサーチの法人営業を担当し、入社3年目からはマネージャーを経験。2020年6月にHRテクノロジー領域の新規事業チーム「Humap事業グループ」を新設。現在、マネージャーとしてクライアント様の働き方改革推進に向けて日々活動中。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-5] 受付終了

新卒就活生への独自アンケート調査に見る
「就活生のホンネ 最新版」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新型コロナウィルスの感染拡大により、新卒活動にも大きな転換期を迎えました。変化をとらえるべく、当社で1000名以上の2021年卒、22年卒の新卒学生を対象に、活用ツールや様変わりした就職活動への対応状況など、独自アンケート調査を実施しました。本講演では、その調査を基に昨期と今期比較することで就活学生の意識の変化を読み解きます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新卒採用の方法を改めて検討したい


株式会社ステラス JPOSTING事業部 企画部 部長/中小企業診断士

磯崎 幸一氏

【磯崎 幸一氏プロフィール】
(いそざき こういち)大学卒業後、障がい者、新卒、アルバイト採用支援の企画提案営業を経て、株式会社ジャパンジョブポスティングサービスに参加。中途採用におけるプロセス改善および採用マーケティングの企画提案営業を担当した後、商品企画リーダーとして採用管理システム「ジョブスイート」をリリース。2014年より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-6] 受付終了

コーセーなどの大手企業事例から学ぶ
人材育成における効果的なeラーニング活用方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

eラーニング・オンラインでの学習環境整備に課題を持つ皆様に、5,000社以上の導入実績から得られた導入・活用から見る「お客様視点の外せないポイント」を解説します。更にコーセーの人事の方をお招きして、「研修+α」でユニークかつ効果的な使い方をしているケース、研修効果を挙げるための工夫など、企画から制作・運用に至るまで、オンラインでの育成の質を高める仕掛けを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

他社のeラーニングの導入・活用事例を参考にしたい


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)情報サービス業で国内大手企業やグローバル企業に情報システムを数多く導入。その後ネットラーニングへ入社。現在は代表取締役副社長。eラーニング導入初期に、大手企業において多くの研修成功事例を生んだ。一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。

株式会社コーセー 法務部 テクニカルIP課 課長

藤城 博氏

【藤城 博氏プロフィール】
(ふじしろ ひろし)株式会社コーセーに入社し、化粧品の製剤研究を中心に基礎研究や開発研究に従事。また、特許分野を担当し、生み出された技術の知的財産化を推進。その後、法務部でコンプライアンス関連業務を担当し、国内外コーセーグループのコンプライアンス向上に邁進。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-7] 受付終了

企業の生産性向上に直結! 人事システムのユーザーエクスペリエンスをどう最大化するか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

B2Cの世界では、良質なユーザーエクスペリエンス(UX)の実現がビジネス成功の鍵です。一方でB2Bの世界にある人事システムは、マニュアルを読む、従業員の質問対応が前提です。「時間を費やすことなく、迷わず最後まで処理を完了できること」こそがB2BのUXの定義であり、この実現が生産性に劇的な改善を生み出します。本講演ではこのUX向上に向けたステップを実例とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リモートワーク等の「新しい働き方」のもとで効率性を高めたい


ラクラス株式会社 取締役会長

北原 佳郎氏

【北原 佳郎氏プロフィール】
(きたはら よしろう)日米両国での人事およびIT部門での経験を元に、2005年にラクラス株式会社を設立。創業とともに、クラウドとBPOを組み合わせたフルスコープの人事アウトソーシングサービスを、主に大企業向けに展開。先端の情報技術を駆使することで、対社内業務に社員が時間を使わないための方法論を、一貫して追求している
インタビュー 受付終了
5/20(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-8] 受付終了

今、人事に求められるExcelスキルとは
~業務が楽になる最新仕事術を解説!~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事業務に欠かせないExcel。関数やピボットテーブル、マクロを使いこなせば一流だった時代はもう終わりました。PowerQuery等、業務自動化に繋がる新しいスキルを身につける必要があります。本講演では、テクノロジーの世界的権威として認められMicrosoft本社のグローバルサミットにも呼ばれる講演者が、すぐに試したくなる人事部向け厳選スキルをお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ご自身の業務を少しでも楽にしたい/組織の人材育成で悩んでいる


Youseful株式会社 代表取締役/Microsoft MVP

長内 孝平氏

【長内 孝平氏プロフィール】
(おさない こうへい)2021 Microsoft MVPに輝いたテクノロジーの専門家であり、伊藤忠商事経理部出身者としてビジネス現場の勘所を深く理解した、国内唯一無二の研修プロフェッショナル。ベストセラー「Excel現場の教科書」著者。東証一部上場企業の研修実績多数。2021年「プレジデント」一流の超勉強法に掲載有り。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
14:50 -
15:50
パネルセッション[K] 受付終了

「心理的安全性」がチームにもたらす効果とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、「心理的安全性」が注目を集めています。チームのメンバー誰もが不安を感じることなく発言・行動できることが、パフォーマンスや生産性の向上を実現し、効果的なチーム作りにつながると考えられているからです。では、どうすれば心理的安全性の高いチームを実現することができるのでしょうか。また、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。グーグルの谷本氏、早稲田大学の村瀬氏、日本ラグビーフットボール協会の中竹氏という立場の異なる三人が、心理的安全性がチームにもたらす効果についてディスカッションします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

心理的安全性は組織にどんな効果をもたらすのか、どのようにして高めることができるのかを知りたい。


グーグル合同会社 執行役員 人事本部長

谷本 美穂氏

【谷本 美穂氏プロフィール】
(たにもと みほ)慶應義塾大学卒業後、人材サービス会社を経て2000年GEに入社。18年間にわたりグローバルリーダーシップと組織開発に携わる。2011年より米国GEグローバル本社の人事部門に異動、世界30ヵ国から選抜された次世代グローバルリーダー開発を担当。2016年よりGEジャパン株式会社 執行役員 人事部長、デジタルカルチャーへの変革を推進する。2018年グーグル合同会社入社。イノベーションを起こす組織づくりを推進する。

早稲田大学 商学部 准教授

村瀬 俊朗氏

【村瀬 俊朗氏プロフィール】
(むらせ としお)1997年に高校卒業後、渡米。2011年、University of Central Floridaにて産業組織心理学の博士号を取得。Northwestern UniversityおよびGeorgia Institute of Technologyで博士研究員(ポスドク)を務めた後、シカゴにあるRoosevelt Universityで教鞭を執る。2017年9月から現職。専門はチームワークとリーダーシップ。

(公財)日本ラグビーフットボール協会 理事/株式会社チームボックス 代表取締役

中竹 竜二氏

【中竹 竜二氏プロフィール】
(なかたけ りゅうじ)1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学し、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め全国大学選手権で準優勝。卒業後、英国に留学。レスタ―大学大学院社会学修士課程修了。三菱総合研究所等を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督を務め、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇など多くの実績を残す。2010年退任後、日本ラグビー協会初代コーチングディレクターに就任。U20日本代表ヘッドコーチも務め、2015年にはワールドラグビーチャンピオンシップにて初のトップ10入りを果たした。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』( CCCメディアハウス)、新著『ウィニングカルチャー 勝ちぐせのある人と組織のつくり方』(ダイヤモンド社)など多数。
受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-1] 受付終了

認知科学をベースとした、リモート時代における個人・組織の自律的マインドの作り方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今リモート化が急速に進み、組織の一体感の欠如や、組織間に距離ができていることを感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。組織作りに必要なのは、個人と組織が同じゴールに向かっていくマインド作りです。本講演では、認知科学をベースに個人と組織のゴール設定のポイント、ゴール達成のマインドの作り方を具体例を挙げながらわかりやすく解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員・組織に自律的マインドを築きあげたい


株式会社ユーキャン 講師

渡邊 佑氏

【渡邊 佑氏プロフィール】
(わたなべ ゆう)大学卒業後、京セラグループKSCCマネジメントコンサルティング(株)に入社しコンサルティング業務に従事。2015年MBA取得後、翌年合同会社Coaching4Uを創業し介護・物流・飲食などサービス業を中心に組織コンサルティング・コーチングを実施中。2019年よりユーキャン法人研修講師としても活躍中。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-2] 受付終了

テクノロジーから顧客の課題を考える:『新価値創造リーダー』の育成モデル
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「技術起点のソリューション開発」×「リーダー育成」で日本のものづくり産業を支えるリーダーを輩出する。大企業・大学・ベンチャーの垣根を越えた(共創させた)オープンイノベーションと人財育成を両立することができる取り組みをご紹介します。
*新価値=革新的な技術や発明だけでなく、今ある技術・商品・サービス(既存価値)に対して、新たな視点で「顧客の価値(MUST)」を見出すこと

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

技術系からの早期選抜、会社としての新価値創造・事業センス向上がしたい


株式会社Co-learning 代表取締役

竹枝 正樹氏

【竹枝 正樹氏プロフィール】
(たけえだ まさき)マツダ株式会社(知的財産部)にて、ブランドプロテクション・ナレッジマネジメント業務に従事。2010年株式会社ファーストキャリアに参画、関西営業マネージャーとして大手企業の人事育成を経験した後、独立。複数社の人材企業(厚労省系事業、職業紹介、専門家派遣)等の取締役を歴任し、2018年より現職。

株式会社ファーストキャリア 代表取締役社長

瀬戸口 航氏

【瀬戸口 航氏プロフィール】
(せとぐち わたる)大手コンサルティング会社にて自動車業界を中心に新規事業開発支援・ビジネスプロセス構築業務に従事し、研修・セミナーの講師としても多数登壇。その後、事業会社を経て2010年、株式会社ファーストキャリア参画。営業マネージャー、企画開発本部長を歴任し、2016年4月より現職。同年、株式会社セルム執行役員就任。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-3] 受付終了

VUCA時代に必要な「数字を根拠に自ら考え行動できる」人材育成のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCAの時代では既存の価値観やビジネスモデルなどが通用しなくなると言われています。その様な不確実性の高い時代においては自ら考え自ら行動できる「自立型人材」の育成が欠かせません。そのために何が必要か? 客観的なデータ(数字)を根拠に物事を考える力を身に付けることが重要です。本講演ではビジネスシーンで数字を上手に活用するポイントをご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

数字を根拠に考える、数字を使って報告・提案する力を身に付けたい


オルデナール・コンサルティング合同会社 代表社員/日本数学検定協会認定 ビジネス数学トレーナー

長谷川 正恒氏

【長谷川 正恒氏プロフィール】
(はせがわ まさのぶ)20代に外資系サービス業で営業に従事し世界3位の実績を残す。2006年より上場企業にて経営企画、管理業務に従事。30代で上場企業役員就任。M&A実務は事業会社責任者として、国内外で合わせて10件以上のクロージング実績がある。豊富な実務経験から「実務に即した人材育成」が信条。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-4] 受付終了

3つのキーワードから紐解く「法定雇用率2.3%時代」に求められる効果的な障害者雇用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

法定雇用率が2.3%となり、即戦力人材の売り手市場が加速する中、今後企業側には採用の裾野を広げることが求められています。本講演では前回のHRカンファレンス2021-秋-で大好評を得た独自データや調査内容をアップデートし解説。さらに3つのキーワード「ジョブ型雇用」「テレワーク」「地方採用」から、裾野を広げた戦力化雇用の在り方を紐解いてまいります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

近年の障害者雇用のトレンドを知り、採用方針の参考にしたい


株式会社D&I 取締役COO

小林 鉄郎氏

【小林 鉄郎氏プロフィール】
(こばやし てつろう)2009年に株式会社D&I創業、取締役COO就任。人材紹介から特例子会社設立コンサルティング等、多岐にわたる障害者雇用に関する課題解決に寄与。また、130社300名以上が導入している障害者テレワークサービス「エンカク」による障害をお持ちの方の新たな戦力化雇用モデルを構築するべく自ら推進している。
受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-5] 受付終了

人事が今考えておくべき! 「ジョブ型雇用」を見据えた22卒・23卒エンジニア採用戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今、日本従来の職務領域を定めず、入社後に教育することを前提とした「メンバーシップ型採用」から、企業活動に必要となるポジションに専門知識を持った人材を採用をする「ジョブ型採用」を導入する動きを耳にすることが増えてきています。本講演では、ジョブ型雇用の歴史的背景や概念理解、新卒エンジニア採用における戦略立案についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ITエンジニアの採用に課題意識を持っている


株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長

山根 淳平氏

【山根 淳平氏プロフィール】
(やまね じゅんぺい)2013年に株式会社ギブリー参画後、ハッカソンやプログラミングコンテストなどエンジニアのコミュニティ運営を行う傍ら、IT・通信・メーカー企業等にエンジニア採用・育成・評価制度設計の支援を行う。2016年執行役員就任以降はプログラミングスキルチェックツール「track」のプロダクトオーナーを務める。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-6] 受付終了

健康経営の偏差値、知ってますか? 300社の分析を基にした健康KPIの立て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

健康経営の取り組みには費用と時間が掛かるなかで「健康経営の効果が実感できない」という相談が増えています。既に1万社超が取り組んでいる健康経営ですが、効果を定量的に計測する方法はまだありません。本講演では健康情報(ストレスチェックや健康診断)をデータアナリストが分析した「健康経営の偏差値」を、企業事例とともに紹介。健康経営優良法人の認定取得対策とともに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これから健康経営に取り組みたい。取り組みの成果を把握したい。


株式会社iCARE 取締役CRO 健康経営アドバイザー

中野 雄介氏

【中野 雄介氏プロフィール】
(なかの ゆうすけ)大手人材会社に新卒で入社後、2015年株式会社iCAREに第一号社員としてジョイン。500社以上の衛生委員会立ち上げやストレスチェック、メンタル不調者対応などの健康管理に携わる。2019年1月よりSales&Marketing部長、2019年9月より執行役員を歴任し、2020年7月より現職。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-7] 受付終了

エンゲージメントを高めるマインドフルネスの活用 ~2つの誤解と2つの鍵~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社員が主体的に業務に励むためには、高いエンゲージメントが求められます。一方で、具体的な高め方や、そのキーとなるマネージャーの育成方法が分からない企業も多く存在しています。本講演では、エンゲージメントに関わる2つの誤解を紐解き、高めるための2つの鍵(心理的柔軟性、心理的安全性)とマインドフルネスの活用方法について、少し体験を交えながらわかりやすくお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

エンゲージメント向上、マネージャー育成、心理的安全性に関心がある


マインドフルネスプロジェクト 代表/SIY国際認定講師/CMA

伊藤 穣氏

【伊藤 穣氏プロフィール】
(いとう みのる)慶應義塾大学卒業、前職:一部上場企業課長職。組織改革プロジェクトリーダー、上場プロジェクトに参画。体調を壊し退職し、「社員一人ひとりがイキイキと働ける職場作りに貢献する」を経営理念にマインドフルネスプロジェクトを立ち上げる。国内では数少ないGoogle社が開発した能力開発プログラムSIYの認定講師。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-8] 受付終了

競争力強化のための能力開発 ~人材アセスメントを活用した新たな潮流~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現在、人材アセスメントは世界中で活用されています。日本では主に昇格審査に用いられており、自社の競争力強化に結びつく能力開発の観点ではあまり活用されていないものでした。しかし近年、日本の国際競争力が低下する中、人的資源管理のトレンドに変化が生まれています。本講演では、今後の人的資源管理に有用な人材アセスメントの潮流をご案内するとともに企業の活用事例についてご案内差し上げます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

タレントマネジメントなど、自社の競争力強化に関心がある/新しい人材アセスメント方法に関心がある


株式会社トランストラクチャ ディレクター

河野 健士氏

【河野 健士氏プロフィール】
(かわの たけし)大手教育出版社グループで企画編集を務め、ワークフロー改編や組織変革にも関与した後、組織・人事コンサルタントに転身。各種業界を対象に企業向け研修、アセスメント・センター、人材育成制度策定支援等に携わった後に現職。主として管理職・次世代幹部向け育成施策、アセスメント・センター業務等に従事。
インタビュー 受付終了
5/20(木)
17:00 -
18:00
基調講演[L] 受付終了

キーフレーズで考える「キャリア自律」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今キャリア自律の重要性が、ますます認識されるようになってきました。我々慶應義塾大学藤沢キャンパスのキャリアリソースラボでは20年以上にわたって、組織の中での自律的キャリア形成に関して調査を続けてきました。コロナ禍でますます想定外変化が激しい今、キャリア自律とは長期の具体的なキャリア目標からの逆算的な行動計画で作っていくものではありません。組織内キャリア自律の知恵とその具体的なイメージをご理解いただきたく、調査から得られた知見をキーフレーズで表現し、その意味を解説していきたいと思います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

組織の中での自律的キャリア形成について知りたい


慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 俊介氏

【高橋 俊介氏プロフィール】
(たかはし しゅんすけ)1954年生まれ。東京大学工学部卒業、米国プリンストン大学工学部修士課程修了。日本国有鉄道(現JR)、マッキンゼー・ジャパンを経て、89年にワイアット(現タワーズワトソン)に入社、93年に同社代表取締役社長に就任する。97 年に独立し、ピープルファクターコンサルティングを設立。2000年には慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任、11年より特任教授となる。主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『人が育つ会社をつくる』(日本経済新聞出版社)、『自分らしいキャリアのつくり方』(PHP新書)、『プロフェッショナルの働き方』(PHPビジネス新書)、『ホワイト企業』(PHP新書)など多数。
受付終了

※プログラムは予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

オフィス・ご自宅・外出先などから講演を視聴する参加お申込み

※既に『日本の人事部』に会員登録されている方は、必ずログインの上、お申し込みください。
※お申し込みが一定数に達した講演は順次受付を締め切ります。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop