人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ講演者インタビュー> 森谷 多加志氏(株式会社T4C Rosicディビジョン エグゼクティブ・マネージャー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

人材データベースシステムの企画・導入に向けてやっておくべきこと

森谷 多加志氏 photo

株式会社T4C Rosicディビジョン エグゼクティブ・マネージャー

森谷 多加志氏

人材データベースシステムの導入にあたり、押さえておくべきこと、やっておくべきこと、注意点は何でしょうか。本講演では、システム導入のプロジェクトを成功させるために、<1>システム導入の企画、上申時に整理、考えておくべきこと、見落としがちなポイント、<2>人材データベース整備に必要な要素とデータ活用、分析のための人事データ整備のポイントを解説します。(協賛/インフォテクノスコンサルティング株式会社)

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

人材データベースシステム導入で重要な二つのポイントである、
(1)システム導入を企画しているが、最初に取り組むべきタスクは何か
(2)システム導入プロジェクトを成功させるために重要なタスクは何か
という課題をお持ちの方に向けての内容です。

(1)は、人材データベースシステム導入の上申を計画している方を想定した内容です。(2)は、プロジェクト導入を成功させるにはどうすればよいか、システム導入後に活用を行うにはどうすればよいか、を知りたい方を想定した内容です。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

一つ目は、人材データベースのシステム導入企画を成功に導くためのノウハウについてのお話です。近年、人材データの活用が注目され、人事もデータに基づく業務を行うことが求められています。人事担当者がデータを活用するためのシステム導入を主導する際、会社にとって重要な提案であるにもかかわらず、スムーズに企画を進めることができずに、もどかしい思いをされている方も少なくないと考えます。

これまで弊社がシステム導入の企画をご協力させていただく中で、人事担当者が難しい要件を整理し、社内の承認・決裁を上手に通した事例を見てきた経験から、どういう考え方・行動ができれば、企画を成功に導くことができるのか、ポイントをお伝えしたいと思います。このポイントを抑えれば、よりよい人事システム導入の企画が提案でき、社内の承認・決裁もスムーズに勝ち取ることができると考えています。

二つ目は、人材データベースシステム構築プロジェクト成功の鍵となる「人事データ整備」についてのお話です。人事データを「分析」「活用」するためには、人事データの「整備」が必要となります。人事データは管理しているが、活用できていないというお客様は、人事データの「整備」がうまく行っていない、というケースが多くみられました。導入支援の経験を踏まえ、データ活用・分析を実現するための、人事データ整備のポイントを解説いたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

今回の二つの内容は、いままで営業活動のなかでその時々に合わせてお客様へ提案してきたことや、実際にシステム構築をお手伝いすることになった時にはじめてお伝えしているノウハウになります。

一人でも多くの方の自社の人材データベースシステム導入推進とプロジェクト成功のお役に立てればと考えています。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
森谷 多加志氏(もりや たかし)
株式会社T4C Rosicディビジョン エグゼクティブ・マネージャー
Rosicの営業として10年、日本を代表する大手企業から中小企業まで様々な規模、業種業態の企業を担当。営業のモットーは "お客様と同じ方向を向いて考動する" 夢は、人材マネジメント業務の高度化・効率化のお手伝いを通じて、社員と社会が幸せになる日本企業を1社でも多く増やすこと。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop