人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ 講演者インタビュー 岡原 安博氏(株式会社タナベ経営 HRコンサルティング東京本部 部長代理/チーフコンサルタント)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「働かなくても高給取り」のミドル層を生み出さないための、若手管理職候補の人材育成

岡原 安博氏 photo

株式会社タナベ経営 HRコンサルティング東京本部 部長代理/チーフコンサルタント

岡原 安博氏

会社に「高給取りミドル管理職」はいませんか? 弊社の独自調査においても、全階層中、ミドル層の育成遅れを感じている企業が最も多く、コロナ禍によりさらに深刻化しています。生産性や意欲が低いミドル層を生み出さないためには、30代を会社としてどう過ごさせるかが重要です。本講演では原因を明示した上で、自社で取り組める30代社員を幹部候補にするための育成ノウハウを公開します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演では、期待している成果が出せていないミドル層の社員にお悩みの方に向けた内容です。そのようなミドル層が生まれる「環境」に着目し、その対策についてお話しします。

上位役職者層を対象にした弊社の独自調査によると、自社で育成が遅れていると感じる階層として「幹部社員」と回答する率が最も高くなっています。コロナ禍でこの回答傾向はさらに強まり、より深刻な課題となっています。

モチベーションや生産性が低いミドル層を生まないためには、社員に「30代をどう過ごさせるか」が重要です。コロナ禍で明確になった、会社が期待する成果を出せていないミドル層社員にお困りの企業さま、特に長年この問題に苦労している企業さまは、ぜひご参加ください。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

普段のコンサルティングでも、成果の上がらないミドル社員に関するお悩みはよくお聞きします。さらに、コロナ禍をきっかけにしたテレワークで成果しか見えない環境になったことで、さらにご相談が増えています。
「テレワーク環境化で、対象人材が何をしているかわからない」「コロナ禍で、率先したリーダーシップを発揮し、活躍してほしいが、何も行動を起こしていない」という声をよくお聞きします。「生産性も意欲も低いが、給料は高いというミドル層がいることで、若手(30代)社員のモチベーションにも影響が出ている」というお悩みもあり、ミドル社員本人だけではなく、周りにも悪影響を及ぼしている状況がうかがえます。

このようなミドル層を生み出さないためには、社員が若手(30代)の時に、会社としてどのように時間を過ごさせるか、どのような人材になってもらいたいかという事が重要です。

今回は30代社員を、生産性が高く、意欲も高い幹部社員にするために会社ができることをお伝えします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

この問題に長年苦心されている場合、企業さまの意図しないところで、自然とそのような社員を生み出すシステムができている可能性があります。この負の連鎖を早いタイミングで断ち切らなければ、未来永劫、この問題に頭を抱えることになります。また、コロナ禍で課題が明らかになった企業さまも、今対処しなければ、そのようなミドル社員を生み出す風土が残ってしまう怖れがあります。
対症療法ではない、根治療法に取り組むきっかけに、ぜひご参加ください。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
岡原 安博氏(おかはら やすひろ)
株式会社タナベ経営 HRコンサルティング東京本部 部長代理/チーフコンサルタント
人事制度・教育体系の構築やマネジメント支援に従事。人事研究会に所属し、「社員が幸せになる会社」作りを研究し、コンサルティングに展開している。主な実績 中堅運送業:人事制度再構築コンサルティング 地場青果卸売業:人事制度再構築コンサルティング 中堅自動車部品卸売業:人事制度再構築コンサルティング

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop