人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ講演者インタビュー> 山根 淳平氏(株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長)インタビュー

講演者インタビュー一覧

非エンジニア人事必見! GitHubから読み解くエンジニア候補者の見極めポイント

山根 淳平氏 photo

株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長

山根 淳平氏

エンジニアに求められるスキルが企業や職種によって多様化・複雑化している昨今、エンジニア採用を行う人事にとって、選考時の「ITスキルの見極め」はこれまで以上に難しくなっています。本講演では、エンジニア選考官との共通言語を増やし、候補者の理解を深め、寄り添いたい人事の方に向けに、世界中のエンジニアが活用する「Github」から読み解くスキルの見極め方をお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

IT人材やエンジニアに求められるスキルが企業や職種によって多様化・複雑化している昨今、エンジニアの採用活動を行う経営者や人事担当者にとって、選考時の「ITスキルの見極め」はこれまで以上に難しくなることが予想されます。

エンジニア職は、他の職種と比較すると特に専門性が高いため、「現場エンジニアと連携ができておらず、採用がうまくいっていない」「面接の日程調整や情報共有などのオペレーション中心となってしまい、あまり採用活動に積極的に関われていない」といった課題を持っている経営者、人事の方も多いのではないでしょうか。

本講演では「エンジニア未経験の人事がエンジニアをより理解するためにどうするのか」「人事主導でエンジニア候補者のスキル見極めを実践するためには」という点に着目して、お話しいたします。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

エンジニア採用をする経営者、採用担当者が書類選考や面談において候補者の見極めや魅力付けを適切に実施するためには、募集ポジションの技術要件だけに留まらず、活用するプログラミング言語の理解やキャリアステップなど、「エンジニア」という職種への理解や興味関心が欠かせません。

本講演は過去300人以上の人事が視聴し、反響が高かった「ソースコードやGitHubから読み解くエンジニア候補者の見極めポイント」と題する自社セミナーを、本カンファレンスに向けて内容をアップデートしたものです。エンジニア未経験の人事の方にわかりやすく、エンジニアやIT人材のスキルや、GitHub上での技術の読み解き方をお伝えしていきます。

過去のご視聴者からは、下記のような声をいただいています。
「専門知識が無くても、GitHubやソースコードのどこを見ればいいのかポイントを押さえられた」
「実際のGitHubを見ながらご説明いただき、非常にわかりやすかった」
「今までエンジニアに任せっきりだったが、多少は評価の負担を減らせそう!

明日からでも実践できるGitHubの読み解きポイントを、エンジニア目線で解説していきます。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

オンラインでの講演は、リアルで開催される講演と比べて、スライドの内容に集中することができるため、より具体的かつ実践的なお話を聞いていただけるかと存じます。

ぜひ、現場エンジニアの面接担当者や、エンジニア未経験で採用活動に関わる人事の方と一緒にご視聴ください。明日からお役立ていただけるエンジニア候補者の見極めノウハウを、お話しいたします。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
山根 淳平氏(やまね じゅんぺい)
株式会社ギブリー 執行役員 兼 track RUN & athletics 事業部長
2013年に株式会社ギブリー参画後、ハッカソンやプログラミングコンテストなどエンジニアのコミュニティ運営を行う傍ら、IT・通信・メーカー企業等にエンジニア採用・育成・評価制度設計の支援を行う。2016年執行役員就任以降はプログラミングスキルチェックツール「track」のプロダクトオーナーを務める。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop