人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ 講演者インタビュー 江藤 友佳氏(コーリジャパン アドバイザー/Y.E.Dインインターナショナル合同会社 代表)インタビュー

講演者インタビュー一覧

オンライン時代におけるTOEIC L&Rを活用した英語力育成戦略の構築法

江藤 友佳氏 photo

コーリジャパン アドバイザー/Y.E.Dインインターナショナル合同会社 代表

江藤 友佳氏

「研修を行っているのに効果が出ていない」といった悩みをお持ちの人事部の方は多いものです。本講演では、効率のよい研修と効果測定について「研修制度の構築方法」「モチベーションの上げ方」「学習習慣の定着」の3つのポイントをお伝えすることで、失敗しない英語力育成戦略をお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

さまざまな企業の人事担当者と話す機会がありますが、多くの企業で「社員に業務で使える英語力を身につけてほしい」といった目的のもと、研修が行われているのを目にしてきます。
しかし、「せっかく研修を提供したのにテストでスコアが伸びなかった」といった声を聞くことが頻繁にあります。なぜそのようなことが起きるのか、またどうすればそのような課題を解決できるのかを知りたい方に、ぜひ、ご視聴いただきたいです。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

社員育成においてスキルの可視化は必要不可欠です。「業務で使える英語」という漠然としたものを、読解力や記述力などの具体的なスキルに分解し、さらにレベル感を考えて適切な評価指標を決める必要があります。また、 その評価指標に基づいたゴールを、細分化して決めることをお勧めします。
こうすることで、ある地点に到達できたら、テスト(評価指標)を変えて、また新たな道を進み、よりスキルアップしていくことができます。このような研修戦略を考えるためには、どのようなものさしがあるのかを知ることも大切です。今回はIIBCの担当者と共にTOEIC LRやTOEIC SWの特性やその活用法についてお話しします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

私自身は楽天の人事部のメンバーとして、社員の英語力育成計画を立て、英語化チームで研修やテストの運営を行っていました。もちろん人事担当者の忙しさを理解しています。少しでも社員の研修やテストを効率的に運営したいことと思います。限られた予算で最大限の効果を出し、また、ご自身の業務負担も軽減できる、そんな研修制度立案のヒントになればうれしく思います。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
江藤 友佳氏(えとう ゆか)
コーリジャパン アドバイザー/Y.E.Dインインターナショナル合同会社 代表
コロンビア大学大学院ティーチャーズカレッジ修士号取得。外資系コンサルティングファーム勤務を経てから株式会社アルクと楽天株式会社にてビジネスパーソンの英語教育に従事。さまざまな英語スピーキング試験の試験官資格を有する「英語力評価」の専門家。著書に『ロジカルに伝わる英語プレゼンテーション 』などがある。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop