人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ 講演者インタビュー 金子 行宏氏(ブライトンヒューマン株式会社 代表パートナー)インタビュー

講演者インタビュー一覧

「部長に研修は必要か?」~現場の声から紐解く部長研修実施のポイントとは~

金子 行宏氏 photo

ブライトンヒューマン株式会社 代表パートナー

金子 行宏氏

「部長研修を行うかどうか判断がつかない」「どんな研修を行えばよいか分からない」という理由から部長のみを対象にした育成、研修をあまり見かけませんが、事業と組織の発展に責任を持つ部長の育成は必須だと考えます。
本講演では、企業の部長や役員、人事責任者へインタビューした声を基に、部長研修の実施可否の判断や、企画・実施する際のポイントを実例を交えてご案内します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

多くの部長は研修機会から放置されています。どうしたらよいのでしょうか。

案1 課長と一緒に管理職研修へ参加させる
案2 ミニMBAや事業提言アクションラーニングなど、選抜型育成の投資をもって部長研修を了とする
案3 「うまいことやっておいてくれればよい」と念ずる

このように、もやもやしていて企画しにくい「部長研修」。研修ニーズはあるのかないのか、私たちと一緒に検討してみませんか。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

<部長の実態は個別具体で異なる>ことを承知した上で、部長本人・人事責任者・部長の上司からの「インタビュー結果」を基に、次のことを皆さんと考えます。

・部長の本音を聴いてみましょう、そこにあるニーズは、企業業績の決定要因といえないでしょうか
・部長の力を引き出すために、どうしたらよいでしょうか
・事業目標達成に向けた部長の支援方法

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

本講演では、限られた質的調査から導出された仮説を提示します。

当日、皆さまの会社のリアル部長と照らし合わせながら、ご感想やご意見もお聞かせいただければと思います。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
金子 行宏氏(かねこ ゆきひろ)
ブライトンヒューマン株式会社 代表パートナー
ブライトンヒューマン株式会社 代表取締役 BRH(北京)北京博瑞智明咨詢有限公司 董事長1964年生れ。(株)リクルートにて人材育成コンサルティングや研修プログラム開発に携わる。2003年退社後、中国と日本に組織人事コンサルティング会社であるブライトンヒューマン社を創業、現在に至る。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop