人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ講演者インタビュー> 福原 正大氏(IGS株式会社 CEO/慶應義塾大学 特任教授/経産省「創造性を発揮する組織のあり方に関する研究会」委員)インタビュー

講演者インタビュー一覧

DXの罠 ーなぜ、戦略だけではうまくいかないのか? 人事部門が貢献できることとは?

福原 正大氏 photo

IGS株式会社 CEO/慶應義塾大学 特任教授/経産省「創造性を発揮する組織のあり方に関する研究会」委員

福原 正大氏

コロナ禍が加速させた世界の急激な転換に合わせて、ビジネスを、組織を、人を、変革することができていますか? 日本の多くの企業が、DX推進において何故いまだに戦略立案より先に進めずにいるのでしょうか。DXは、組織や、組織に属する人の心を変えることから始まります。世界で多くの企業の成功と失敗を目の当たりにしてきた経験から、DX推進の鍵と人事部門が担うべき役割についてお伝えします。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

本講演は、自社がDXをはじめとした組織変革を進めている中で、人事部門が果たせる役割や貢献とは何かを悩んでいる方を対象としています。また、実際に変革の推進を担っているものの、周囲の巻き込みに苦労している方も、ヒントを得ることができます。

コロナ禍の後押しがあり、ビジョンも示され、予算もついた。専門組織も作り、人材も採用した。しかし、いざ実行となるとなぜうまくいかないのでしょうか。そこにはいわば、DXの罠と呼べるような落とし穴があります。罠にはまらないために何が必要なのか、どうすれば抜け出すことができるのかを知りたいと思う方に、ぜひお聞きいただきたいと思います。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

私は外資系大手金融機関に在職中、安定した基盤を持つ大企業が大きくビジネス転換し、DXでイノベーションを果たすという経験をしました。強い既存事業がありながら、AIを活用した新規事業を急速に拡大し、大半の利益をそこで稼ぐようになったのです。

DXで目指すべきは、そのような転換であると私は考えます。デジタル化、効率化、コスト削減の話では決してありません。しかしながら日本で起業し、多くの企業の人材また組織開発を支援する中で、日本ではDXが誤解されている、誤解したまま戦略を掲げて実行しようとしているのではないかと危機感を感じています。

AI、ビッグデータ、プラットフォームといった言葉にばかり目が行きがちですが、変革を実行するのは人であり組織です。重要なのは、人間が持つバイアスを認識し、感情レベルから変革に向かわせることであり、多くの場合この視点が抜け落ちてしまっています。

なぜDXは人と組織の問題だといえるのか。日本の大きな課題は何か、どんなバイアスが変革を阻むのか。日本また世界の企業の事例と、最新動向を踏まえ、罠に落ちてしまわないために必須となるポイントをお伝えいたします。

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

私たちは、人材採用にAI技術を最初期に持ち込んだことで、2017年にハーバードビジネススクールのケーススタディに取り上げられたHRテクノロジー企業です。蓄積してきた人材の能力データ、評価データをもとに、データからどのように潜在人材を見出し、評価・育成していけるのかもご紹介いたします。

人材データを活用することで、自社のDX戦略実現人材評価、また人材・組織開発に、これまでになかった根拠と説得力を加えることができます。人と組織の課題解決にテクノロジーを活用したい方のお申込みをお待ちしております。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
福原 正大氏(ふくはら まさひろ)
IGS株式会社 CEO/慶應義塾大学 特任教授/経産省「創造性を発揮する組織のあり方に関する研究会」委員
現三菱UFJ銀行、現ブラックロック最年少マネージングディレクター、日本法人取締役を経て、2010年IGS株式会社を創設。2016年2月より、人工知能とビッグデータを活用して、採用や企業の組織分析を行う「GROW」をサービス開始。著書に『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』(朝日新聞出版)など。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop