人・組織の課題解決策を体系的に学ぶ、日本最大のHRイベント

ゲストさん 会員登録(無料) ログイン 参加受付終了

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」 
2021年5月18日(火)・19日(水)・20日(木)・21日(金)・25日(火)・26日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会
[後援]厚生労働省

講演者インタビュー

日本の人事部「HRカンファレンス2021-春-」トップ 講演者インタビュー 高松 康平氏(株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員/問題解決力トレーニングプログラム講座 責任者)インタビュー

講演者インタビュー一覧

満足のいく営業戦略策定に必要な「考える力」を鍛える秘訣! ~営業職の地図と武器~

高松 康平氏 photo

株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員/問題解決力トレーニングプログラム講座 責任者

高松 康平氏

世の中が大きく変化する中で、顧客に近い営業が、戦略の立案から実行までを求められることが増えています。しかし、打ち手ありきのプランばかりで、考えながら営業することができていないという現状があります。本講演では、営業マネージャー・営業職向けの独自の思考フレームワークをベースに、営業部門の考える力をレベルアップさせ、質の高い戦略立案につなげるコツについてご紹介します。

―― 今回の貴社講演はどのような課題をお持ちの方向けの内容でしょうか?

行動量に頼ってしまい、営業の質がなかなか上がらない。また、外部環境の変化により、これまでと同じ施策では結果に結びつかず、何か新しいことをやらねばと日々奔走されている企業は多いのではないでしょうか。

本講演では、営業現場で戦略を考え、行動につなげていくための新しい問題解決力研修の内容をご紹介します。今後にむけてどのように育成していくのかを、問題解決のプロセスに沿って、お話しします。

営業マネージャーや営業職の方はもちろん、組織全体の販売力や営業力をアップさせたいという人事・研修担当者様にもおすすめの内容です。

―― 今回の講演の聞きどころ・注目すべきポイントをお聞かせください。

特に、営業所長(マネージャー)にフォーカスし、組織全体が問題解決のプロセスを活用できる状態を目指します。今回の講演では、その全体像と事例をご紹介してお話しします。

【営業向け問題解決力トレーニングの三つの特徴】
1.インプット⇒ケーススタディ⇒アウトプットを行うことで、効果的な学びを実現。
2.営業(営業マネージャー)の視点で俯瞰的に考える技術を体得する
3.実務をテーマにしたレポートに対する添削も実施

―― 講演に向けての抱負や、参加される皆さまへのメッセージをお願いします。

『筋の良い仮説を生む 問題解決の「地図」と「武器」』の著者本人が、問題解決の考え方をベースに、営業人材の育成に必要なポイントを最新導入事例なども含めてご紹介いたします。営業人材に必要な「地図」と「武器」も伝授します!

また、これまでBBTが提供してきた、「ビジネスリーダー(課長・係長層)のための問題解決力研修体験セミナー」との違いもご紹介します。

営業力強化研修の企画をされている方や、営業力をアップさせたい法人担当の方は、ぜひご参加ください。

  • この記事をシェア
講演者プロフィール
高松 康平氏(たかまつ こうへい)
株式会社ビジネス・ブレークスルー 執行役員/問題解決力トレーニングプログラム講座 責任者
慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、リクルート等を経て現職。現在はビジネス・ブレークスルーにて、教育コンテンツの企画開発から運営まで幅広く携わっている。著書に『筋の良い仮説を生む問題解決の「地図」と「武器」』(Amazon経営戦略カテゴリー第1位獲得)がある。

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop