企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14829件   回答数31716

年休取得で賞与減額されるのは問題ないか

弊社はお客様企業への技術者派遣サービスをメインに事業をしております。
平日は基本的にお客様企業での作業となるため、帰属意識を持って頂くために
祝日がある土曜日を営業日として、社員を全員集めて定例会議を開催しております。
→所定労働時間が週40時間を超えないようにするため
→毎回ではなく、2ヶ月に一度の開催になります
→土曜日開催の意図は、平日は各社員のお客様先の業務の都合で全員集まりにくいと思われるため

ただ平日業務で疲れがあるのと、会議の内容が弊社の事業運営においてそれほど重要でないことにより
(新入社員紹介、セキュリティ研修、売上報告など。
 社員が数人欠席しても、弊社の事業運営に支障が出るとは言えません)
有給を取得して休む社員が結構いるのが現状です。
そこで定例会議の参加を査定項目に追加し、就業規則に沿った有給取得であっても
欠席した場合には賞与を減額することを考慮しております。
(お客様先業務がある、冠婚葬祭など特別な事情の場合は例外とします)
上記の対応は、年次有給休暇取得により労働者を不利益に取り扱っていることになってしまい
労働基準法に反することになってしまいますでしょうか?

以上、ご回答よろしくお願いいたします。

  • マツダさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/09/24 16:38
  • ID:QA-0079249

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/25 11:33
  • ID:QA-0079266

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご懸念の通り賞与の減額ですと、年次有給休暇取得により労働者を不利益に取り扱っていることになってしまい労働基準法に反する扱いに当たるものといえます。

従いまして、どうしても全員の参加が求められる会議であれば、年休付与について時季変更権を使用され別の日に変更される他ないものといえるでしょう。但し、時季変更権については営業に重大な支障を与える場合しか認められませんので、慎重に対応される事が不可欠です。

  • 投稿日:2018/09/25 21:57
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

時季変更権については『営業に重大な支障を与える場合しか認められません』ですが、以下のように当日や済むことであきらかに損害が出ることがわかる場合のみになりますでしょうか?(弊社の名前をA社とします)

例:毎週月曜日必須にお客様企業宛にレポートを作成して提出する定常業務があり、作成及び提出の業務を遂行できる社員がその日に全員休みを申請したため、いずれか一人に休みの日程を変更するように依頼した。

以下のような、長い目で見ると会社的に明らかにまずいですが、休みによって直接的な損害が発生することは証明するのが厳しい事由では難しいでしょうか?

例:同じ支部に所属する社員が定期的に一か所に集まることで、A社の社員である自覚を忘れないようにしたい。現時点の売上目標と実績を共有することで、社員の士気を高めたい。社内の事務連絡の場としたい。また新規入社した社員を紹介する場としたい。お客様先で情報漏洩事故を起こさないように、情報セキュリティの研修を行う
→研修内容は入社時や過去の定例会で行ったものの使いまわしになります(費用や時間をかけられないため)

※社員が自宅から見れるWEBの社内ポータルサイトがあり、定例会議の内容や議事録は参加しなくても確認可能です。

長文になりましたが、ご回答よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/25 11:39
  • ID:QA-0079267

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

休日を営業日とした会議開催

従業員の有給休暇の取得に対しては、事故変更権が行使できます。
 労働基準法第39条第5項「請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。」「単に指定された年休日には事業の正常な運営を妨げる事由が存在するという内容のものでも足りる」

よって、定例会議を出席を優先させるのは、その定例会議が事業運営に必要であることが望ましいです。現状の定例会議の内容では、弱いように思われます。
業務上必要な研修を設定するとかは、いかがでしょうか?

またはネットでの参加を認めるとかも一考かと思います。

  • 投稿日:2018/09/25 22:02
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

業務上必要な研修として情報セキュリティ研修をしていますが、講義資料作成に時間と費用をかけられないため、毎回ほぼ同じ内容の研修をしています。
また研修資料を社員が自宅から見れるWEBの社内ポータルサイトにアップし、欠席していても講義内容を確認できるようにしています。
また定例会議だけでなく、入社直後のお客様企業派遣前に必ず研修していますので、社員にとって目新しい内容ではありません。
上記でも問題ないでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/25 12:43
  • ID:QA-0079275

人事・経営コンサルタント

法律

ご提示のような有給取得阻害は強制性を持たせることは労基法違反となるでしょう。
主旨が逆で、社員の帰属意識を持たせるため、わざわざ休日呼び出しておきながらつまらない内容で時間をつぶされるのでは、モチベーションが上がらないのが自然です。惰性で行うような内容を改め、研修や実のある会議にするか、それが実行できる頻度にするんど、会社側が修正する方が先だと感じます。
年4回程度にして、上司と個人面談を入れ、業務進捗や評価と連動させるなど、意欲が上がりそうな内容を是非ご検討下さい。

  • 投稿日:2018/10/07 15:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます

ちなみにこの会議は突然開催するものではなく、あらかじめ開催日が決まっているものになります。
(年初の営業カレンダーに開催日が記載されています)
賞与減額の理由を年休取得ではなく、事前に予定されていた重要な会議に参加しなかったことによるものとする場合、労働基準法違反には当たらないかと思うのですが、如何でしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 13:27
  • ID:QA-0079311

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

休日を営業日とする会議開催

セキュリティ研修自体については、なんとも言えませんが、やはり全員が集合して意味のある会議、または研修がのぞましいと思います。
たぶん、社員が集めるために研修という
理由をつけていると感じているのではないでしょうか?
今まで以上に、業務に密接な研修でないと、
社員の納得が得にくいように考えます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/09/26 17:58
  • ID:QA-0079320

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、前者につきましては事業の運営に重大な支障が生じますので、年休申請に関わる時季変更権の行使は可能といえます。

これに対し、後者につきましては年休を取得する事で直接当日の業務に重大な支障が生じるわけではございませんので、時季変更権の行使はやはり不適切と解されます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 月給制それとも年俸制?昇給制度や人事考課は?パート契約社員の最新実態を探る
    多様化する非正規社員――パートタイマーおよび契約社員の労働の状況や内容について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。

あわせて読みたいキーワード

時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/15
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...