企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

労務・法務・安全衛生の相談一覧

相談を検索する相談を投稿する

フリーワード


カテゴリー

並び順


ステータス

回答


再検索する
1,485件中 1~30件を表示

職種: 製造業

現行: 2交代勤務  AM8:00-PM5:00  PM5:00-AM2:00

届出済: 1年単位の変形労働に関する協定届と労使協定  36協定  2020年3月31日まで有効

... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/28 16:52
  • ID:QA-0090033

お世話になっております。
当社従業員(パート社員:一日5.5時間勤務、雇用保険あり、社保はなし。勤続8カ月)が産休取得について相談に来ました。6月中旬が出産予定日だそうです。
産休は取得できるのでしょ... 続きを読む

  • アノントビタカさん
  • 青森県
  • 半導体・電子・電気部品(従業員数 51~100人)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/28 09:42
  • ID:QA-0090006

有休の取得期限 new

回答募集中

いつもお世話になりありがとうございます。
本日は有休休暇の取得期限の考え方で質問させていただきます。

弊社では、アルバイトの方は法令に準じた付与
正社員9月1日一斉付与(先行付与)を行っております。... 続きを読む

  • 新井 淳子さん
  • 京都府
  • 繊維製品・アパレル・服飾(従業員数 3001~5000人)
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/27 14:22
  • ID:QA-0089980

所定労働時間の短縮を考えています

例えば、休憩時間を10分(→70分から60分)短縮し、終業時間を20分早めることなどは
労働条件の不利益変更にあたりますでしょうか? 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/24 16:01
  • ID:QA-0089916

専門業務型裁量労働制に関する協定届の書き方について教えていただけないでしょうか。

弊社は「専門業務型裁量労働制に関する協定届」を締結しています。

・1日の所定労働時間:8時間
・協定で定める時間 ... 続きを読む

  • ゆきこんさん
  • 東京都
  • 放送・出版・映像・音響(従業員数 51~100人)
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/23 16:45
  • ID:QA-0089870

日本の弊社で、海外在留の外国人を嘱託契約社員として採用する可能性を検討しています。その場合、日本の労働基準法等とは関係なくなり、有給休暇付与の義務は発生しないと考えていいものでしょうか? 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/23 10:48
  • ID:QA-0089858

 お世話になっております。

執行役員について相談させてください。

執行役員はあくまで「社員」の身分ですので、60歳到達時(当社の定年退職年齢)には、一般社員と同様に本人からの申出があれば再雇用制度... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/22 08:04
  • ID:QA-0089821

在職証明書と在籍証明書の違いをお教えいただけますと幸いです。
ネット検索すると在籍証明書の方が件数が多いので、在籍証明書の方が一般的なのでしょうか?

よろしくお願い致します。 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/21 19:59
  • ID:QA-0089815

いつもお世話になっております。

現在フレックス制度について、社内で変更を検討しているのですが、1日当たりの最低労働時間を設定した場合、フレックス対象者にも適用することが出来るのかお伺いさせてください... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/21 09:52
  • ID:QA-0089789

いつも大変参考にさせて頂いております。

早速ですが、今回のパート有期法(同一労働同一賃金)において、
待遇差の説明には「資料を活用し、口頭により説明すること」が
基本とされ、「説明すべき事項を全て記... 続きを読む

  • 三遊亭さん
  • 東京都
  • ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設(従業員数 5001~10000人)
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/20 16:53
  • ID:QA-0089772

有期雇用の労働者を何名か雇っています。有期は契約終期まで勤める義務がある半面、やむを得ない事情が…、に比べて

有期契約に、退職1か月前申し出という条項があれば、やむを得ない事情のない労働者にとって有... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/18 12:08
  • ID:QA-0089750

有給付与方法

回答募集中

いつも勉強させていただいています。
以前4月有給一斉付与について相談させていただきました。今回はその続きとなります。
入社年月による不公平感を少しでも解消することと経営側から指示があり思案しております... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/17 17:04
  • ID:QA-0089738

当薬局では、木曜と土曜が9時から13時までの勤務となっています。日祝が休日で合わせて週休2日制です。
木曜と土曜の出勤の際、実働が規定の4時間を超えたら、残業代扱いでしょうか。それとも木曜と土曜合わせ... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/17 11:09
  • ID:QA-0089730

ストレスチェックで高ストレスと判定された社員が産業医面談を行い、産業医から報告書が届きました。
産業医の意見に高ストレスとなった影響と、可能なら環境の変化を与えるよう記載がありました。

会社としては... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/16 13:23
  • ID:QA-0089703

育児・介護休業に関する規定を2017年に厚労省のひな型をベースにして作成しました。現状では
対象人員が出ていませんので運用したことはありません。この規程では、介護休業又は休暇を取得する
要件として、【... 続きを読む

  • kandt17さん
  • 東京都
  • 建設・設備・プラント(従業員数 31~50人)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/16 09:03
  • ID:QA-0089682

いつもお世話になります。

例えば、育児短時間勤務や介護短時間勤務を適用している正社員で、就業規則上はそれぞれの短時間勤務の所定労働時間を6時間と定めているのですが、本人が希望し、会社が認めれば、過去... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/14 19:15
  • ID:QA-0089630

いつも参考にさせて頂いております。

2020年4月からの同一労働同一賃金の施行に伴い質問をさせて頂きます。
弊社は定年再雇用にあたって、派遣業を行っているグループ会社の所属にさせて、派遣社員として再... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/14 13:42
  • ID:QA-0089612

社員を1名転勤させる計画があります。
企業規模が小さく過去に転勤が発生したこともなく前例がありません。
それゆえ転勤社内規定もない状況です。

転勤に伴う諸費用(引越し、敷金礼金等)は会社持ちになるか... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/13 14:40
  • ID:QA-0089586

 「就業規則XX条により一年間の休職を申請します。目的は米国への語学留学です。」ということで自己都合により休職を申請してきた社員がおります。会社の制度上、自己都合のため給与の支給は行われません。雇用は... 続きを読む

  • SARSAさん
  • 静岡県
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属(従業員数 501~1000人)
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/10 14:50
  • ID:QA-0089551

日頃よりお世話になっております。
従業員より、産前休暇中に有休休暇を取得したいと申し出がありました。
取得は可能でしょうか?
出産予定日:2020/3/9
上記の場合、有休休暇を取得しなければ、1/2... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/10 10:06
  • ID:QA-0089538

労働者代表を民主的に選考する際に全職員が集まる時間と場所を指定して
選考するように考えておりますが、その時の勤務時間の扱いについて質問させてください。
労働組合の活動は基本無給になると理解していますが... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/10 09:45
  • ID:QA-0089533

今回、従業員が飲酒運転で事故(人身事故・相手は一週間程度のケガ)を起こしてしまい、簡易裁判所より略式命令が自宅に届いたとの報告がありました。
過去の処分事例を確認すると、懲戒処分として「出勤停止10日... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/09 17:57
  • ID:QA-0089516

日頃よりお世話になっております。
養育する子が3歳になってから育休復帰した男性職員の社会保険料についてお尋ねします。
この者は復帰前の標準報酬が380千円でしたが、復帰後は時短勤務(週3日、週あたり1... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/09 11:23
  • ID:QA-0089507

いつも参考にさせていただいております。

子の看護休暇対象の社員より、以下のような問い合わせがありました。勤怠の取り扱い、および上長への助言についてご教示いただけますでしょうか。

昨日子供が風邪を引... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/09 10:25
  • ID:QA-0089503

いつもお世話になっています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年4月1日開始の届出分から新36協定届出書の対象になる、中小企業です。
現行は旧様式で届け出ています。
https://www... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/07 16:39
  • ID:QA-0089482

 弊社において出張を行う場合、取締役、管理職等問わず、必ず事前に出張伺いを提出し、上司の承認を得る運用となっております。
そして出張後に出張報告書を提出し、出張費の精算を行っております。
 現在弊社に... 続きを読む

  • サティーさん
  • 京都府
  • 情報処理・ソフトウェア(従業員数 301~500人)
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2020/01/06 18:20
  • ID:QA-0089452

 お世話になっております。

弊社では定年退職者の希望者に対して65歳を上限とした再雇用制度を
適用しています。再雇用契約のルールとして、年金の支給開始時期(いわゆる
経過措置の期間)は本人からの申出... 続きを読む

  • 投稿日:2020/01/06 10:21
  • ID:QA-0089434

お世話になっております。

「年5日の年次有給休暇の確実な取得」の年次有給休暇管理簿について3点質問です。


■1.年次有給休暇管理簿には基準日、日数、時季の3点すべて必要なのでしょうか?


■2... 続きを読む

  • ゆきえ。さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア(従業員数 101~300人)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:労務・法務・安全衛生
  • 投稿日:2019/12/24 10:48
  • ID:QA-0089318

いつもお世話になっております。

弊社内で定年退職者の再雇用規程を作成しようとしております。
その中で、60歳を迎えた方は、厚生年金支給との兼ね合いも考えて正社員ですが
年金支給額が減額にならないよう... 続きを読む

  • 投稿日:2019/12/23 19:03
  • ID:QA-0089312

厚労省の通知では育休中は健康診断を受けなくても良いが、復帰後は速やかに事業者が実施することになっています。

育休取得者が、育休中のため通常の健康診断期間に受診しなかったケースについて、復帰後に健康診... 続きを読む

  • 投稿日:2019/12/22 22:49
  • ID:QA-0089291

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...