企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

インタビューコラム

となりの人事部一覧を見る

株式会社ラッシュジャパン:<br />
会社の決定による一方的な異動は行わない<br />
従業員の「オーナーシップ」が生む、ラッシュジャパンの価値とは

株式会社ラッシュジャパン:
会社の決定による一方的な異動は行わない
従業員の「オーナーシップ」が生む、ラッシュジャパンの価値とは

コスメやバス・ヘアケア用品で知られるラッシュには、基本的には会社の一方的な決定による異動はありません。店舗の運営にも、細かいルールはなし。店長やスタッフの自主性に任せます。では、どのようにして「自分らしく働ける」環境をつくっているのか。同社人事部長の安田雅彦さんにうかがいました。[2018/07/10]


キーパーソンが語る“人と組織”一覧を見る

山本 寛さん:<br />
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」<br />
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは

山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは

少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を担う若手社員の離職防止は、企業にとって重要課題。若手社員がエンゲージメント高く働くために、企業は何をすればいいのでしょうか。近著のテーマとして「若手のリテンション」を取り上げた、青山学院大学経営学部教授の山本寛先生にお話をうかがいました。[2018/07/18]


HR業界TOPインタビュー一覧を見る

飯島 淳一さん(コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 代表取締役):<br />
「ラーニングをベースとするタレントマネジメント」を企業に提案<br />
時代の変化に対応し、顧客をナビゲートする

飯島 淳一さん(コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 代表取締役):
「ラーニングをベースとするタレントマネジメント」を企業に提案
時代の変化に対応し、顧客をナビゲートする

コーナーストーンは、世界192ヵ国で約36万人のユーザーに利用されているタレントマネジメントソリューションです。コーナーストーン日本法人を2016年から率いているのが代表取締役の飯島淳一さん。グローバルカンパニーで成功を収めたご自身のキャリアから、日本企業におけるタレントマネジメントの考え方、さらには日本の人事の現状をどう分析しているのかなど、HRテクノロジーの最前線をけん引するキーパーソンである飯島社長にお話をうかがいました。[2018/07/27]


イベントレポート一覧を見る

ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告<br />
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~

2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」が開催されました。ATD(Association for Talent Development)はタレント開発に関する世界最大の会員制組織(NPO)。ATDが主催する国際カンファレンスには毎年、世界各国から企業のHR、コンサルタント、研究者、教育機関・行政体のリーダーたちが集い、現在直面している課題やこれからの人材開発のあり方について、組織の枠を超えて学び合います。日本での認知度も年々高まっており、人材開発に携わる人々が議論を行う共通の言語やプラットフォームとなっています。本レポートではATD 2018の現地の様子や、行われていた議論の内容を共有することを通して、グローバルの人材開発の動向を紹介するとともに、カンファレンスの魅力や醍醐味(だいごみ)をお伝えします。[2018/07/12]


人事支援サービスの傾向と選び方一覧を見る

『日本の人事部』がおすすめする「内定者フォロー」サービス6選

『日本の人事部』がおすすめする「内定者フォロー」サービス6選

内定者フォローの目的や方法、成功事例を分かりやすくまとめています。さらに、『日本の人事部』が厳選した「内定者フォロー」サービスをピックアップ。内定者フォロー施策を考える上で、またサービスを比較・検討する際にお役立てください。[2018/03/13]


人事マネジメント解体新書一覧を見る

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)<br />
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例

「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育の体系化などを目的として、戦略的に「研修内製化」に取り組んでいる企業の事例を取り上げ、その効果・効用や運用する際のポイントを紹介する。[2018/04/20]


編集部注目レポート一覧を見る

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す

三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSNS形式の日報を導入し、社員が講師を務める社内大学「SANWAアカデミー」を開設。「つくるひとをつくる」を経営理念として、社員を第一に考え、大切にする仕組みを考えた功績が認められたのです。同社ではどのようにしてこれらの仕組みを生み出し、社内に根付かせていったのでしょうか。代表取締役社長の森本尚孝さんにお話をうかがいました。
(聞き手:株式会社natural rights代表取締役 小酒部さやか)[2018/07/17]


人事白書 調査レポート一覧を見る

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割

従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制度を設けて認める予定である」(9.7%)という結果となった。企業にとって、従業員の「兼業」「副業」を認めることにメリットはあるのか。「大変メリットがあった」(6.5%)、「メリットがあった」(16.9%)と、メリットを感じる企業は合わせて23.4%となった。もっとも調査の時点では、「わからない」が59.7%を占めている。[2018/08/09]new


よくわかる講座

人事戦略・人事系IT

企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。


人事労務

テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。


その他

それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。



注目の記事一覧を見る

[パーソルテンプスタッフ株式会社]<br />
採用のミスマッチを解消するために<br />
パーソルテンプスタッフが企業と推進する「共存共栄」とは

[パーソルテンプスタッフ株式会社]
採用のミスマッチを解消するために
パーソルテンプスタッフが企業と推進する「共存共栄」とは

パーソルテンプスタッフでは2017年4月から、若年層を中心とする事務職未経験者を対象に、派遣先企業での直接雇用を支援する「無期雇用型派遣サービス・funtable(ファンタブル)」を開始。派遣期間に上限がないため、派遣先企業とスタッフの双方が適性や相性を十分に見極めることができ、採用のミスマッチを防ぐことにつながるという、funtable。具体的にどのような効果・効用が期待できるのか、開発担当責任者である石井義庸さんにお話をうかがいました。[2018/07/25]


若手社員の課題や不安を解決!<br />
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは<br />
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~

若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~

若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受講者を対象として仕事やキャリアに関する「意識調査」を行っています。今回は、人材育成やキャリア、雇用などを研究テーマにしている法政大学大学院の石山恒貴教授にその結果を分析していただき、若手社員のキャリアをサポートしていく上で必要な考え方や手法を明らかにしていきました。[2018/07/24]


人事・労務実態調査一覧を見る

2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)<br />
13職種に見る最新実態と諸格差の動向

2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向

近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など13職種を対象に、部長・課長・係長クラス・一般社員の4職位について賃金水準の最新実態を紹介します。[2018/08/03]


人事・労務関連コラム一覧を見る

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応

2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)」)についてご説明します。[2018/07/11]


新卒・パート/アルバイト調査一覧を見る

52.8%のアルバイト学生、もっと働きたい――なのに人手不足の「なぜ?」

52.8%のアルバイト学生、もっと働きたい――なのに人手不足の「なぜ?」

人手不足が深刻化し、パート・アルバイトの確保に頭を悩ませる小売店や飲食チェーンが増えています。一方、学生や主婦を対象に行った調査では「まだ働ける余地がある」と回答した人が多く見られました。このようなアンマッチはなぜ起きるのでしょうか。その背景を探ります。[2018/07/20]


人材採用“ウラ”“オモテ”一覧を見る

人材採用“ウラ”“オモテ” <br />
人材も東京一極集中

人材採用“ウラ”“オモテ” 
人材も東京一極集中

東京で働く優秀な人材を採用したいと思っても、なかなかうまくいかず苦戦を強いられる地方企業は多い。そんな中、採用成功に向けて、各社はさまざまな工夫を行っているようで――。[2018/08/01]


あの仕事の「ヒト」と「カネ」一覧を見る

1分間に300文字を入力!リアルタイムで字幕を反映するステノキャプショナー(字幕速記人)の匠の技とは?

1分間に300文字を入力!リアルタイムで字幕を反映するステノキャプショナー(字幕速記人)の匠の技とは?

テレビの画面に番組進行と同時に映し出される字幕。高齢者や聴覚障害者には欠かせない字幕の入力を支えているのが「ステノキャプショナー」と呼ばれるタイピングの達人だ。わずか10個の文字入力キーを駆使して3000種もの言葉を瞬時に生み出すその技に迫る![2018/07/30]


専門家コラム一覧を見る

田原 祐子

これからの日本を良くする小さなステップ

これからの日本を良くする小さなステップ 〜世界的なアーティスト、サイヒロコさんに教えてもらったこと。〜 成田空港のアートミュージアム、フランスのポンビドー博物館など、素晴らしい作品で知られる、サイヒロコさん。 新建ハウジングの私の連載コーナーで、私がインタビューした記事をご紹介したこともあるし、...[2018/08/10]new

テーマ:コンサルティング 執筆:田原 祐子


服部 裕樹

夏バテ中でもモチベーションがUPする2つの褒め方

暑中お見舞い申し上げます。 異常なほどの猛暑が続いていますが、体調を崩していませんか?   熱中症や脱水症状、睡眠不足などには十分気をつけていても、夏バテをしてしまうこともありますよね。   部下や後輩が夏バテをしているとき、あなたはどんな風に声をかけますか?   今回は、夏バテ中の部...[2018/08/06]

テーマ:チームモチベーション 執筆:服部 裕樹


大島 由起子

人事データ一の元化は、想像している以上にハードルが高い

「人材データの一元化」とは何を指すのか?   「人事システム」「タレントマネジメントシステム」と呼ばれる、人材に関するデータを扱うシステムが数多く出回っている現在、「人材データの一元化」など、当たり前の話だと考えている人も少なくない。実際に、「単なるデータの一元化でしょう?その程度なら自分でも作...[2018/08/06]

テーマ:人事分野でのシステム活用 執筆:大島 由起子


会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。