企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

インタビューコラム

となりの人事部一覧を見る

ユニバーサル ミュージック合同会社:<br />
リアルとオンラインが共存する職場へ<br />
ユニバーサル ミュージックが創るニューノーマルでの働き方

ユニバーサル ミュージック合同会社:
リアルとオンラインが共存する職場へ
ユニバーサル ミュージックが創るニューノーマルでの働き方

インターネットの発展にあわせて、社会は目まぐるしく変化しています。現金は電子マネーに、情報収集はテレビからSNSに、そして音楽はCDからストリーミングに……。世界最大の音楽企業ユニバーサル ミュージック グループの日本法人である、大手レコード会社のユニバーサル ミュージック合同会社もその影響を大きく受けていますが、過渡期を生き抜くため、ここ数年は人事制度改革や組織風土改革に注力しています。さらに2020年10月には、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、新たな働き方となる「WORKSTYLE 3.0」を発表。その動向が注目を集めています。人事部長の齋藤洋子さんに、同社が変貌を遂げてきた全容と、これからの課題についてうかがいました。[2020/11/19]


キーパーソンが語る“人と組織”一覧を見る

村瀬俊朗さん:<br />
チームが心でつながる「感情的信頼」がカギ<br />
リモートでも強いチームをつくる秘訣とは

村瀬俊朗さん:
チームが心でつながる「感情的信頼」がカギ
リモートでも強いチームをつくる秘訣とは

新型コロナウイルス感染症の流行により、人々の働き方やビジネスのあり方が大きく変化しています。とくに緊急事態宣言が発出された2020年4月以降、在宅勤務をはじめとするリモートワークを導入する企業が急増しました。遠隔で勤務する社員が増えるなか、企業は、メンバー間の信頼関係をどう構築すればいいのでしょうか。また、リモート環境下で強いチームをつくるために必要なものとは何なのでしょうか。長年にわたり日米でチームワークとリーダーシップを研究してきた、早稲田大学商学部准教授の村瀬俊朗先生にお話をうかがいました。[2020/11/24]


HR業界TOPインタビュー一覧を見る

仲暁子さん(ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO):<br />
時間を切り売りする人生はもったいない<br />
Wantedlyで、シゴトでココロオドル世界へ

仲暁子さん(ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO):
時間を切り売りする人生はもったいない
Wantedlyで、シゴトでココロオドル世界へ

「共感」を軸とした会社と人の出会いを提案し、今や日本の採用市場に欠かせない存在となった、「Wantedly」。代表取締役CEOの仲暁子さんは「コロナ禍だからこそ、個人と企業の新たなつながりを作り、そのつながりを保ち続けるサービス強化を加速させるべき」と話します。仲さんは日本の採用市場の現状をどのように捉えているのでしょうか。そしてHR業界の未来に向けた展望とは。仲さんのご自身のキャリアや、「ココロオドルシゴトの原点」を交えてお話しいただきました。[2020/11/20]


イベントレポート一覧を見る

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート<br />
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ

HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグローバル企業で人事の要職を務めてきた有沢氏は、2012年にカゴメ株式会社へ入社し、同社のグローバル人事制度を構築。その後、営業利益が最高益を記録するなど、HRBPを含めた組織体制で成功を収めている。これからの人事はどのようなHRBPを目指すべきなのか。有沢氏がカゴメでの体験をもとに、これから経営に求められる人事戦略のあり方について語った。[2020/06/17]


人事支援サービスの傾向と選び方一覧を見る

語学研修でグローバルビジネスに適応する多様なスキルを習得!<br />
ニーズに合わせたおすすめサービスと選び方

語学研修でグローバルビジネスに適応する多様なスキルを習得!
ニーズに合わせたおすすめサービスと選び方

語学研修は近年、外国語に加え、グローバルビジネスに必要なさまざまなスキル・視点を習得できることから、リーダー育成や組織力強化の面でも期待が寄せられています。ここでは企業向け語学研修で学べることを整理するとともに、サービス形態や導入事例についてご紹介します。[2020/10/23]


人事マネジメント解体新書一覧を見る

人事マネジメント「解体新書」第118回<br />
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)<br />
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する

近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関連法」を例に取って、どのように「公的資料」を使って法改正の概要をつかんでいけばいいのかを具体的に見ていく。[2019/11/21]


編集部注目レポート一覧を見る

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第13回】<br />
キャリア開発は、売上を伸ばすのか? ―ミドルシニアのキャリア開発から―

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第13回】
キャリア開発は、売上を伸ばすのか? ―ミドルシニアのキャリア開発から―

令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事という仕事で関わる<同僚たち>へのキャリア開発支援。このゼミでは、プロティアン・キャリア論をベースに、人生100年時代の「生き方と働き方」をインタラクティブなダイアローグを通じて、戦略的にデザインしていきます。

タナケン教授があなたの悩みに答えます![2020/11/30]new


人事白書 調査レポート一覧を見る

障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4%<br />
今後の雇用には前向き

障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4%
今後の雇用には前向き

障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未満」(5.9%)という順になりました。[2020/11/24]


よくわかる講座

人事戦略・人事系IT

企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。


人事労務

テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。


その他

それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。



注目の記事一覧を見る

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多くの企業が長時間労働の解消・是正、労働生産性の向上に取り組んでいるが、長年にわたり長時間労働を続けてきた日本企業にとって、そう簡単に解決できる課題ではないようだ。企業には、中長期的な視点で取り組んでいくことが求められるが、具体的にはどう対応すればいいのか。この問題を解決すべく、東京都では「TOKYO働き方改革宣言企業」制度を設けるなど、働き方改革の気運を盛り上げていくためにさまざまな施策を展開している。その一環として、2018年2月8日には企業交流会を開催。パネルディスカッションやグループワークを通じて、働き方改革のさらなる推進のための情報とヒントを提示した。[2018/03/01]


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査結果によると、過去3年間にうつ病などメンタルヘルスの不調を理由に休職制度を利用した社員の退職率は、42.3%にのぼりました。企業活動の根幹をなす労働者の休職・退職は、企業のみならず、社会全体にとっても大きな損失です。今後は、予防としての職場のメンタルヘルス対策と並行して、不調者の復職支援や再発防止への取り組みも欠かせませんが、具体的には何をすればいいのでしょうか。健康とパフォーマンスが両立する、本当に健康的な職場づくりのポイントを、産業保健心理学がご専門の東京大学大学院准教授・島津明人先生にうかがいました。[2016/05/23]


HR調査・研究 厳選記事一覧を見る

人事・退職給付一体サーベイ(働き方改革・福利厚生編)の実施と結果概要(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)

人事・退職給付一体サーベイ(働き方改革・福利厚生編)の実施と結果概要(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社では、三菱UFJ信託銀行 (以下、「MUTB」という )と協働し、2018年度に「人事・退職給付一体サーベイ(シニア活用編)」として、 再雇用制度・定年延長に対する各企業の動向調査を実施した。2019年度は定年延長に対する各企業の動向を引き続き調査するとともに、新たに働き方改革・福利厚生の観点からサーベイを実施した(「人事・退職給付一体サーベイ(働き方改革・福利厚生編)」)。[2020/11/30]new


人事・労務実態調査一覧を見る

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準<br />
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。<br />
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増

労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。

今春闘交渉では政府による経済界への「賃上げ要請」が7年目を迎えたが、米中貿易摩擦を背景とする世界経済の減速懸念などにより、大手製造業では前年割れの水準で妥結するケースも見られた。

目下の新型コロナウイルス感染拡大による経済・経営への影響については、大手の賃上げ交渉時は情勢が不透明であったことから、交渉においてそれほど大きな下押し圧力とはなっておらず、また、人手不足が深刻な中小では昨年に引き続き賃上げの動きが見られる。

ただ、中小ではこれから本格的な交渉に入る企業も少なくないため、“コロナショック” が最終的にどの程度今年の賃上げ交渉の結果を左右するのか、現時点では予断を許さない。

このような状況下、初任給を前年度から “全学歴据え置いた” 企業は、当研究所調査で58.5%となり、19年度速報集計時の57.3%から1.2ポイント上昇した。集計(回答)企業は、商業(30社)、機械(21社)、化学(19社)などの業種で多く、業種間の偏りはあるものの、今年度の初任給の動向を知る一助となろう。なお、東証1部上場以外の企業も含めた最終的な集計結果は、8月14日発行の第3998号に掲載している。

*今回、新型コロナウイルスの感染が拡大する中で調査を実施したため、集計社数が例年を下回っている点に留意いただきたい(2019年度241社→2020年度164社)。[2020/10/19]


人事・労務関連コラム一覧を見る

【印鑑レス時代の必須知識】<br />
電子署名、eシール、タイムスタンプの機能と役割、種類別の違い等<br />
電子文書の公的認証制度を整理する

【印鑑レス時代の必須知識】
電子署名、eシール、タイムスタンプの機能と役割、種類別の違い等
電子文書の公的認証制度を整理する

テレワークの増加で、紙文書から電子文書へとペーパーレスへ動きが活発化しています。ここでは、電子文書を扱うための基礎知識を解説。とくに作成者を証明する電子署名、発行元を証明するeシール、発行日時を証明するタイムスタンプについて、その機能、役割、法制度との関係等を説明します。[2020/11/16]


新卒・パート/アルバイト調査一覧を見る

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」

「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した
ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。
採用面接の現場でどのような課題があるのか、最新の調査結果を紹介します。[2019/09/19]


人材採用“ウラ”“オモテ”一覧を見る

人材採用“ウラ”“オモテ” <br />
転職相談もチャットでこなす時代<br />
コミュニケーションを重ねても人柄が見えにくい?

人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職相談もチャットでこなす時代
コミュニケーションを重ねても人柄が見えにくい?

長く人材紹介の良さは「人が介在する」ことだとされてきた。キャリアアドバイザーがいることで、求職者の人柄や仕事に対する考え方といったソフト面も考慮しながら推薦できる。しかし、時代の移り変わりとともに、アドバイザーと求職者のコミュニケーションの取り方も変化しつつある。対面による相談が急減し、チャットのような文字だけのやりとりを希望する人も増えてきた。そのため、人柄や価値観などをつかむのも難しくなってきている。[2020/12/02]new


あの仕事の「ヒト」と「カネ」一覧を見る

【弁理士】被害者にも加害者にもならないために。知的財産のプロフェッショナル

【弁理士】被害者にも加害者にもならないために。知的財産のプロフェッショナル

知的財産のプロフェッショナル。弁理士の仕事内容や収入は?[2020/01/09]


プロフェッショナルコラム一覧を見る

島倉 大

人事として「やっぱりトラブルになったか…」を未然に防ぐ方法

♦♦人事責任者として「やっぱりトラブルになったか…」を未然に防ぐ方法♦♦   人事の責任者として「なんとなく危ないな…」と感じているケースは多々あっても、 トラブルを未然に防ぐのは容易なことではありません。 以下の事例で考えてみましょう。   ************************...[2020/12/01]new

テーマ: 執筆:島倉 大


森川 隆司

在宅勤務下での精神的負担

【ヒューマン・タッチ レター vol.69】 みなさん、こんにちは。ヒューマン・タッチの森川です。 在宅勤務が長くなってきている中で、 現状の把握や、積極的な心と体の健康の保持増進、 また、業務効率の改善、などを目的に 従業員に質問紙による調査を行う企業様は多いと思います。   「在宅...[2020/11/30]new

テーマ:職場環境改善 執筆:森川 隆司


長友 威一郎

弊社の新しい理念をお伝えします

平素より大変お世話になっております。 ソリューションの長友です。   さて、前回の投稿でもお伝えいたしましたように、 今年の4月から新しい期を迎えるにあたり、 弊社では【理念】のブラッシュアップ行ないました。     弊社では、理念とは   【全社員が共通して最も大切にする価値観...[2020/11/30]new

テーマ:「人を活かす経営」自律社員創造委員会 執筆:長友 威一郎


最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。