企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

インタビューコラム

となりの人事部一覧を見る

丸紅株式会社:<br />
10年後を見据え、既存の枠組みを超える<br />
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策

丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策

2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018」で優秀賞を受賞したその取り組みを、人事部 部長の鹿島浩二さんにうかがいました。[2019/02/18]new


キーパーソンが語る“人と組織”一覧を見る

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現<br />
いま注目の人事リーダーが取り組む、カルビーの人事改革とは

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、カルビーの人事改革とは

『日本の人事部』のインタビューやイベント「HRカンファレンス」にもたびたび登壇するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる、武田雅子さん。長年にわたって株式会社クレディセゾンで人材開発や組織風土改革に取り組んできましたが、2018年に初めての転職でカルビー株式会社に入社。「全員活躍」を目指して同社の人事制度改革を進めています。これまでの人事プロフェッショナルとしての活躍と今後への期待から、「HRアワード2018」では、企業人事部門 個人の部 最優秀賞を受賞。いま最も注目されている人事パーソンである武田さんに、これまでのキャリアの軌跡と、カルビーでどのような人事制度改革に取り組んでいくのか、お話をうかがいました。[2019/01/30]


HR業界TOPインタビュー一覧を見る

武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長):<br />
銀行や中央省庁での仕事経験を糧に<br />
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する

武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長):
銀行や中央省庁での仕事経験を糧に
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する

企業向けにシェアードサービスセンター一括サービスや人事給与業務のフルアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワン株式会社。日本の人事BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス業界におけるリーディングカンパニーです。同社が目指しているのは、人事BPOサービスによる日本企業の生産性向上。その実現に向けて、豊富な経験と知識を基に新たな変革に挑む、同社代表取締役社長の武谷啓さんに、ビジネスパーソンとしてのキャリアや会社設立の経緯、事業の概要、今後の成長ビジョン、さらには日本の人事BPOサービス業界の課題などについてお話をうかがいました。[2019/02/22]new


イベントレポート一覧を見る

日本の人事部 HRアカデミー 2018冬期講座<br />
就活ルール廃止後の新卒採用――その理論と戦略

日本の人事部 HRアカデミー 2018冬期講座
就活ルール廃止後の新卒採用――その理論と戦略

経団連は2021年卒の新卒採用から就活ルールを廃止することを決定。今後は政府・経済界・大学の三者で構成する協議会が、新たなルール整備を担うことになった。これにより、企業による採用活動の通年化や学生獲得競争の激化が予測され、人事は新たな採用戦略の策定を迫られている。これから学生は何を軸にして、どのような採用活動を行うのか。人事はそれをどう予測し、今から何を準備しておくべきなのか。法政大学キャリアデザイン学部教授の田中氏が、就活ルール廃止後の新卒採用において、人事が考えるべき戦略と戦術について解説した。[2019/02/04]


人事支援サービスの傾向と選び方一覧を見る

『日本の人事部』がおすすめする「内定者フォロー」サービス6選

『日本の人事部』がおすすめする「内定者フォロー」サービス6選

内定者フォローの目的や方法、成功事例を分かりやすくまとめています。さらに、『日本の人事部』が厳選した「内定者フォロー」サービスをピックアップ。内定者フォロー施策を考える上で、またサービスを比較・検討する際にお役立てください。[2018/03/13]


人事マネジメント解体新書一覧を見る

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)<br />
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例

「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育の体系化などを目的として、戦略的に「研修内製化」に取り組んでいる企業の事例を取り上げ、その効果・効用や運用する際のポイントを紹介する。[2018/04/20]


編集部注目レポート一覧を見る

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す

社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す

三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSNS形式の日報を導入し、社員が講師を務める社内大学「SANWAアカデミー」を開設。「つくるひとをつくる」を経営理念として、社員を第一に考え、大切にする仕組みを考えた功績が認められたのです。同社ではどのようにしてこれらの仕組みを生み出し、社内に根付かせていったのでしょうか。代表取締役社長の森本尚孝さんにお話をうかがいました。
(聞き手:株式会社natural rights代表取締役 小酒部さやか)[2018/07/17]


人事白書 調査レポート一覧を見る

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割

従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制度を設けて認める予定である」(9.7%)という結果となった。企業にとって、従業員の「兼業」「副業」を認めることにメリットはあるのか。「大変メリットがあった」(6.5%)、「メリットがあった」(16.9%)と、メリットを感じる企業は合わせて23.4%となった。もっとも調査の時点では、「わからない」が59.7%を占めている。[2018/08/09]


よくわかる講座

人事戦略・人事系IT

企業に不可欠な人事システム、人事制度を解説。この分野のトレンドも把握できます。


人事労務

テーマに特化した労務関係の取組みを解説。導入の際のヒントが見つかります。


その他

それぞれ分野ごとに、基本からサービスを検討する際のポイントを詳しく説明します。



注目の記事一覧を見る

人事部主導でここまで実践できる健康経営<br />
モデルケースから導入成功の秘訣を読み解く<br />
~ホワイト500取得企業と健康経営サービスのリーディングカンパニーが語る~

人事部主導でここまで実践できる健康経営
モデルケースから導入成功の秘訣を読み解く
~ホワイト500取得企業と健康経営サービスのリーディングカンパニーが語る~

近年、「健康経営」が注目されています。「健康経営」とは、従業員の健康を経営的資産と捉え、業績向上へと戦略的につなげていく経営手法です。その背景には、少子高齢化による労働者の減少・定年の延長、従業員におけるメンタルヘルス不調の拡大などの要因が挙げられます。では、何からどのようにして「健康経営」に着手すれば良いのでしょうか。今回は、社長の社員を大切にする想いを形にすべく人事部の発案で健康経営に着手し、試行錯誤を続けながらも見事に健康経営優良法人ホワイト500を取得された、新日鉄興和不動産の事例をクローズアップ。同社人事部長の成田 亨さんと、健康経営サービスのリーディングカンパニーである保健同人社のEAPコンサルタント 佐々木信三さんに、健康経営導入の意義、具体的な施策内容、情報発信の重要性、導入に向けたアドバイスなどを語り合っていただきました。 [2019/02/22]new


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これからの競争社会で生き残っていくことは難しい。そのため、企業における研修の重要性が、改めて見直されている。しかし、どのように研修体系を構築していけばいいのか、あるいは実効性を高めていくにはどのような工夫が必要なのかなど、実際の導入・運用で苦労しているケースは多いようだ。[2010/07/27]


人事・労務実態調査一覧を見る

2019年賃上げの見通し―労使および専門家472人アンケート <br />
~定昇込みで6820円・2.15%と予測。経営側の38.1%がベアを「実施する予定」~

2019年賃上げの見通し―労使および専門家472人アンケート 
~定昇込みで6820円・2.15%と予測。経営側の38.1%がベアを「実施する予定」~

賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2019年賃上げの見通しは?[2019/02/13]


人事・労務関連コラム一覧を見る

法的な要件と労使双方の要望を満たす 定年後再雇用の労働条件と賃金設計

法的な要件と労使双方の要望を満たす 定年後再雇用の労働条件と賃金設計

高齢者の活用に向け、就業促進や労務管理の見直しを会社に迫る動きが広がっています。
高齢者、特に定年後再雇用された労働者の労務管理に関する最新の動向を踏まえつつ、法的な要件を満たす定年後再雇用者の労働条件等について考えます。[2019/01/15]


新卒・パート/アルバイト調査一覧を見る

上司とのいい関係が部下のやる気アップに!

上司とのいい関係が部下のやる気アップに!

アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。
部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、
信頼感とコミュニケーションに関するアンケート結果から考察します。[2019/01/21]


人材採用“ウラ”“オモテ”一覧を見る

人材採用“ウラ”“オモテ” <br />
入社直前に急病になったら

人材採用“ウラ”“オモテ” 
入社直前に急病になったら

転職活動で内定が出ると、ホッとする人は多いだろう。しかし、内定はゴールではない。入社予定日に出社してはじめて、転職活動は完結する。人材紹介会社は入社日まで注意深くフォローするが、時にはアクシデントが起こってしまうこともあって――。[2019/02/01]


あの仕事の「ヒト」と「カネ」一覧を見る

伝統建築継承の要となる職人技も後継者不足が深刻化。絶滅危惧職種「宮大工」

伝統建築継承の要となる職人技も後継者不足が深刻化。絶滅危惧職種「宮大工」

飛鳥時代から受け継がれると言われる技法を用い、日本の歴史的な建築物を綿々と守ってきた高度な職人集団「宮大工」。木組みを始めとする伝統的な建築技術と、宗教学・史学・美術・数学的思考などの知識の双方に精通していることを求められるプロフェッショナルな仕事です。古民家のリノベーションなど、新たなニーズが生まれている一方、職人の高齢化による深刻な後継者不足に直面する「宮大工」の仕事にせまります。[2019/01/31]


専門家コラム一覧を見る

細木聡子

女性管理職の育成方法

本日は、 「女性リーダー育成対象者の選抜方法」 「女性管理職の育成方法」 以上についてお話を進めていきたいと思います。 ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓ ■半自動的に女性管理職が育つメカニズム ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ 私自身の経験や、これまでの大中小様々な 企業のサポート経...[2019/02/20]new

テーマ:女性管理職育成 執筆:細木聡子


服部 裕樹

部下のモチベーションを上げる褒め方

部下や後輩にもっと仕事を頑張ってほしい。   そんなとき、あなたはどのような声かけをしていますか?     良い結果を出せば臨時収入がもらえる。   この仕事を頑張ったら会社から評価される。   この仕事が成功したらお客様に喜んでもらえる。   など、いろんな声のかけ方がありま...[2019/02/20]new

テーマ:コミュニケーション 執筆:服部 裕樹


野元 義久

「プレイヤーからマネジャーへの転換」vol.1

企業における最も古典的な断絶であり、ダイバーシティ対応への鍵ともなる、 「”優秀な個人プレイヤー”から”チームを率いるマネジャー”への転換」をテーマに連載します。   ◆◆はじめに:今どきのマネジャー実態◆◆ 近くにお手本のいない新任マネジャー 経営は大きな期待を込めて、これまで優秀な成績を...[2019/02/19]new

テーマ:マネージャー育成 執筆:野元 義久


会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第2回)

管理職1年生日記 (第2回)

営業課長へと昇進し、当初は個人目標がなくなったことへの戸惑いを見せたA...