人材の価値を最大限に引き出し、企業の持続的な成長を実現する

日本の人事部 人的資本経営 ロゴ

「人的資本経営」とは

「人的資本経営」とは、従業員を資本と捉えて積極的に投資し、その価値を最大限に生かすことで、企業価値を高めていく経営手法。ビジネス環境が急激に変化する中、経営戦略と連動した人材戦略を構築することで、企業の持続的成長につなげていくことを狙いとしています。では、「人的資本経営」を実現するために何をすればいいのでしょうか。求められる背景や情報開示に向けた動き、具体的な取り組みなど、さまざまな切り口から「人的資本経営」の実践について考えます。

「人的資本経営」コラム

  • かつてないほどに変化が求められる現代。私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。個人のためのキャリア形成と、人事によるキャリア開発支援について、法政大学 田中研之輔教授がプロティアン・キャリア論をベースに述べる連載記事「タナケン教授のプロティアン・キャリアゼミ」の中から、「人的資本経営」について語ったコラムを抜粋して掲載します。

一覧を表示する

「人的資本経営」
専門メディア

  • 政府の「骨太方針2022」でも掲げられ、注目度を増す“人的資本経営”。経営環境が複雑化し、目まぐるしく変化する中、企業は無形資産である人的資本にどう向き合い、企業価値を高めていけばいいのでしょうか。人事メディア、シンクタンクなどが発表した人的資本経営に関する調査・分析をピックアップしました。

「人的資本経営」
用語辞典

人的資本経営を実践する上で欠かせない用語を網羅しました。
用語の基本的な意味、具体的な業務に関する解説や事例などを豊富に掲載しています。