無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パワハラの対応について

会社の部下が上司にパワハラ行為を受けているとの
訴えが起きた時に、その上司がパワハラの実態調査に
当たるのは、利益相反になりますでしょうか。

また、どの部分で利益相反になるかもご教示お願いいたします。

投稿日:2019/11/17 02:04 ID:QA-0088481

ベルリンさん
埼玉県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

まず、部下は、パワハラを受けている上司に相談はできないでしょう。

また、上司自身がパワハラと認定されれば、懲戒の対象となりますので、
公正な立場とはなりえません。

相談窓口を設けて対応すべきです。なお、2020年6月からはパワハラの相談窓口設置が企業に義務付けられます。

投稿日:2019/11/18 12:12 ID:QA-0088502

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2019/11/19 00:07 ID:QA-0088553参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

ハラスメント対応を行為者や関係者が行うことは最も避けなければなりません。必ず管理部門責任者(担当取締役レベル)の責任において、管理部門が対応し、管理部門が利害関係者であれば社長他役員レベルで対応としなければなりません。
法律では無く実務上の運用で、対応リスクをするには絶対的なものといえるでしょう。

投稿日:2019/11/18 13:58 ID:QA-0088519

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2019/11/19 00:09 ID:QA-0088555大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

検討委員として不適格

▼利益相反というより、検討委員として不適格故、除外すべきです。
▼登場機会は、告発、被告として出席する場合だけです。

投稿日:2019/11/18 15:47 ID:QA-0088529

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2019/11/19 00:08 ID:QA-0088554参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、パワハラで加害者の疑いがある者が自ら調査する等という事は利益相反も甚だしく、当然にありえない対応といえます。簡単に言えば、犯罪に容疑者自らが事件の捜査をするのと同じような事です。

従いまして、余り難しく考える事なく、事案の当事者には実態調査をさせない事が必要不可欠です。

投稿日:2019/11/18 18:53 ID:QA-0088534

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2019/11/19 00:07 ID:QA-0088552参考になった

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード