企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ



人事マネジメント解体新書 バックナンバー一覧

いま人事は何に注目し、何をすべきなのか――。
毎回、人事に関する“旬”のテーマを取り上げ、徹底的に解説します。


108件中 120件を表示

人事マネジメント「解体新書」第108回
新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(後編)
~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
「前編」でも見たように、一口に「再入社制度」といっても、そのネーミングはさまざま。「即戦力化」という点で共通してはいるものの、経営戦略や、何よりも人材戦略から導き出された、それぞれの目的は異なる。「後編」では、「再入社制度」を古くから導入している企業... [2017/08/04]
人事マネジメント「解体新書」第107回
新しい採用スタイル「再入社制度」による効果とは(前編)
~元社員が社外で得た知見を活用することで、人と組織の多様性を実現する~
有効求人倍率がバブル期水準に達し、人材不足が深刻化している。中途採用を行っても、なかなか思うような人材を採用できない企業は多い。このような状況下、一度退職した後に復職する「再入社(出戻り)社員」が注目を集めている。これまでは会社を辞め、他社に就職した... [2017/07/28]
人事マネジメント「解体新書」第106回
「健康経営」の時代
~健康を「経営課題」と位置付け、社員の健康増進図る企業例(後編)
「健康経営」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することに他ならない。経営の視点から従業員個々人の健康に介入することによって、利益効率の高い職場集団を形成し、かつ日本特有の労働法規の遵守、安全配慮義務の遂行、健康保険組合の財政の安... [2017/04/27]
人事マネジメント「解体新書」第105回
「健康経営」の時代
~「コスト」から「投資」へ、健康増進への取り組みを位置付ける(前編)
従業員の健康は、企業経営を支える重要な基盤である。しかし、過重労働による心身の不調や生活習慣病の増加、それらに伴う医療費負担の増加など、その基盤を揺るがすリスクは年々高まっている。そうした中、健康増進への取り組みを経営上の「コスト」ではなく、戦略的な... [2017/04/20]
人事マネジメント「解体新書」第104回
人材難の時代における「ヘッドハンティング」活用法
~「即戦力」をサーチする際の留意点とポイント(後編)
スペックの高い「即戦力」を求める場合、求人メディアよりも「ヘッドハンティング」を利用した方が、より確実にピンポイントの人材を探し出すことができる。問題は、求人メディアのようなシステムと違い、ヘッドハンティングは人と人とが直接会って、詳細を詰めた上で合... [2017/03/13]
人事マネジメント「解体新書」第103回
人材難の時代における「ヘッドハンティング」活用法
~「即戦力」をサーチする際の留意点とポイント(前編)
企業のM&Aが活発化し、ビジネスモデルの変化が早くなっている現在、事業展開のスピード化・専門化に対応するため、「即戦力」の人材に対する中途採用ニーズが高まっている。そうした中、即戦力を探し出す方法として「ヘッドハンティング」に注目が集まっている。そこ... [2017/03/06]
人事マネジメント「解体新書」第102回
これからの組織を支える「ミドルマネジャー」を育成する
期待される役割を見直し、ミドルマネジャーを活性化させる方法とは?(後編)
経営を取り巻く環境の変化とともに、「ミドルマネジャー」に求められる「役割」が、これまでとは大きく異なるようになってきた。日的なミドルマネジャーを育成していくためには、どのような取り組みを行っていけばいいのか。「後編」では具体的なケースを元に、そのポイ... [2016/12/16]
人事マネジメント「解体新書」第101回
これからの組織を支える「ミドルマネジャー」を育成する
期待される役割を見直し、ミドルマネジャーを活性化させる方法とは?(前編)
経営を取り巻く環境が大きく変化している現在、中間管理職である「ミドルマネジャー」に期待される役割が増大している。ところが、これまでのキャリアの中で、「経験・成長の機会が減少」しているのは否めない。さらに、ミドルマネジャー自身の管理職であることの「イン... [2016/12/09]
人事マネジメント「解体新書」第100回
「採用コンプライアンス」を適切に進める方法とは
――法令を遵守し、リスクを回避するためのポイント・留意事項(後編)
近年、企業に求められる「採用コンプライアンス」(採用活動に対する法令遵守)が、一段と厳しくなっている。そのため、人事部門が研修を実施したり、注意喚起を促したりするなど、早急な対策が必要となっている。「後編」では、「人権問題(就職差別)」「外国人採用(... [2016/10/13]
人事マネジメント「解体新書」第99回
「採用コンプライアンス」を適切に進める方法とは
――法令を遵守し、リスクを回避するためのポイント・留意事項(前編)
少子高齢化が一段と進む中、人材不足が深刻化し、採用戦線は混乱を極めている。このような状況下、採用活動に関する法令遵守、すなわち「採用コンプライアンス」の重要性が一段と高まっている。リクルーター活動や面接選考などで人事部以外の社員が採用活動に関わること... [2016/10/06]
人事マネジメント「解体新書」第98回
仕事と介護の「両立支援」を考える
手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(後編)
高齢化社会が到来する中、多くの企業では仕事と介護の両立が大きな課題として顕在化してきている。介護への対応は、運用の仕方や、従業員の意識啓発など、ハード面とソフト面の両方が必要となる。「後編」では、独自の工夫を凝らしている先進企業2社の事例を紹介する。 [2016/09/08]
人事マネジメント「解体新書」第97回
仕事と介護の「両立支援」を考える
手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(前編)
企業の中核を担う40代、50代を中心に、介護を理由とした離職が増えている。介護は「いつ始まり、いつまで続くのか」が分からない。手遅れになる前に、企業としての基本方針を示し、何らかの対策を講じておくことが、組織経営(人事マネジメント)の観点からも極めて... [2016/09/01]
人事マネジメント「解体新書」第96回
職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法
~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(後編)~
昨今、「パワハラ」「モラハラ」など、職場における「ハラスメント」が急増しており、企業の人事管理上、大きな問題となっている。「後編」では、パワハラ・モラハラ問題に対して、企業はどのように対処していけばいいのか、具体的な方法を紹介する。 [2016/06/29]
人事マネジメント「解体新書」第95回
職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法
~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(前編)~
職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法「前編」では、最近特にクローズアップされることの多い「パワハラ」「モラハラ」に焦点を当て、「前編」では基礎知識として、ハラスメントの現状と企業が負うリスクについて紹介する。 [2016/06/22]
人事マネジメント「解体新書」第94回
社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【後編】
「前編」では、「キャリア開発支援」が求められる背景と、その対応(施策)と運用のポイントについて解説した。「後編」では、積極的に社員の「キャリア開発支援」を行っている2社の事例を取り上げ、キャリア開発支援をどのように推進しているのか、具体的な取り組み内... [2016/04/20]
人事マネジメント「解体新書」第93回
社員に気づきと成長を促す「キャリア開発支援」【前編】
「キャリア開発」があらためて注目されている。まずはキャリア開発支援の枠組みをしっかりと把握し、具体的な制度設計に踏み込んでいくことが重要である。「キャリア開発支援」の必要性を明らかにするとともに、具体的な対応(施策)と、運用のポイントについて解説する... [2016/04/14]
人事マネジメント「解体新書」第92回
「アクションラーニング」で戦略実行力を高める【後編】
アクションラーニングに関する考え方と実務的な対応について見てきたが、アクションラーニングが企業経営のさまざまな場面・目的に対応できることをお分かりいただけたことと思う。後編では、「学習の場」「経営幹部(リーダー)育成」「業績向上」など、アクションラー... [2016/03/24]
人事マネジメント「解体新書」第91回
「アクションラーニング」で戦略実行力を高める【前編】
近年、組織変革を進めるための手法として、戦略実行力を高める「アクションラーニング」が注目を集めている。アクションラーニングによって組織変革を進め、実効性を高めていくにはどのような設計・運用を行えばいいのか。「前編」はこのポイントに絞って解説していく。 [2016/03/18]
人事マネジメント「解体新書」第90回
長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【後編】
短期的な成果を望むあまり、人材育成を軽視しがちになった成果主義への反省から、近年では、長期に渡って人材を育成することの重要性が見直されている。特に、企業のコアとなるビジネスリーダーについて、長期雇用を前提とした人材育成やキャリア支援に力を入れる企業が... [2015/12/16]
人事マネジメント「解体新書」第89回
長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育... [2015/12/07]


会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...