企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

人事マネジメント「解体新書」第113回
「ストレスチェック」が義務化されて3年が経過
従業員のストレスへの気づきや対処の支援、職場環境の改善はどう進んだのか?【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月に「労働安全衛生法」の一部が改正、「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」が導入された。制度導入から3年以上経過した現在、制度の主目的である従業員のストレスの気づきや対処への支援、職場環境改善などはどのように進んでいるのか。制度導入後の動向を追った。

1. 「ストレスチェック制度」とは

ストレスチェック制度の導入背景

最初に、ストレスチェック制度が導入された背景を整理しておこう。近年、過労死やブラック企業などが社会問題化する中、過重労働を防止するための取り組みが人事労務管理上、大きな課題となっている。企業には労働時間が適正かどうかを管理するとともに、従業員一人ひとりの健康状態やストレスに応じた業務配分を行うことが求められている。そこで2015年12月に「労働安全衛生法」が改正され、「ストレスチェック」「面接指導」などを企業に義務付ける「ストレスチェック制度」を導入、従業員50人以上の事業場(※)に対して実施されることになった。

事業場……支社や営業所、工場、店舗など、組織上、独立して業務が行われている場所のこと

ストレスチェック制度で重要なのは、ストレスチェックを受けることで、労働者が自分自身のストレスの状態をよく知ること。その結果を踏まえて労働者には、ストレスをため過ぎないように対処したり、ストレスが高い場合には医師との面接で助言を受けたり、会社側に仕事の軽減などの措置を講じてもらったりするなど、労働条件や職場環境の改善につなげていくことが求められる。このような取り組みを継続的に行うことによって、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防ぐことが期待できる。

ストレスチェックの概要

(1)ストレスチェックの仕組み(*)

ストレスチェックとは、ストレスに関する質問表に対して労働者が回答を記入、それを集計・分析することで、労働者本人がどのようなストレス状態にあるのかを調べる検査である。労働者が50人以上いる事業場では1年に1回、全ての労働者に対してストレスチェックを実施することが義務付けられている。

ストレスチェックの結果、高ストレス者と判断された従業員から申し出があった場合は、医師などによる面談指導を行わなければならない。また、面接指導の結果によっては、医師などから意見を聴取して時間外労働を制限するなど、就業上の措置を講じることが求められる。

*参考:厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム

ストレスチェックの対象
ストレスチェックの実施義務のある事業場 労働者数50人以上の事業場
ストレスチェックの対象者 常時使用する労働者(以下の要件を満たす者)
・期間の定めのない労働契約により使用される者
・その者の1週間の労働時間数が、当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上であること
ストレスチェックの実施頻度 1年以内ごとに最低1回
ストレスチェックの検査項目
職場と仕事の状況 仕事の負担(量・質)、身体的な負担、仕事での裁量、スキルの活用度、職場での対人関係、職場環境、仕事への適性度、働きがい
心身のコンディション(ストレス反応) 活気、イライラ感、疲労感、不安感、抑うつ感、身体の症状
周囲のサポート・満足度 上司/職場の同僚/配偶者、家族、友人等のサポート、仕事・家庭生活の満足度

(2)ストレスチェックの効果・効用

ストレスチェックを行うことで、労働者・事業場においては、以下のような効果・効用が期待される。

労働者
  • 自らのストレスの状態・原因を知ることができる
  • ストレスへの対処(セルフケア)のきっかけとなる
  • 面接指導を受けることで、就業上の措置へとつながる
  • 職場改善へと結び付く
事業場
  • 労働者のメンタル不調を未然に防止できる
  • 職場の問題点の把握が可能となり、対応が進む
  • 経営面でのプラス効果が期待できる

(3)ストレスチェックの実施者

ストレスチェックを実施する場合、担当者として「医師」「保健師」「精神保健福祉士」がその任に当たる。具体的な役割としては、「ストレス項目の選定」「評価基準の設定」「面接指導対象者の選定」「個人への結果の通知」「面接指導対象者への面接指導申し出の勧奨」などが挙げられるほか、ストレスチェックの企画・評価に関与する対応が求められる。

なお、労働者の解雇など人事権を持つ監督的地位にある者は、ストレスチェックの実施や実施に伴う事務へと従事することはできない。役員から関係者への依頼も、ストレスチェックの趣旨上避けたほうがよいだろう。

(4)ストレスチェック実施のステップ

ストレスチェックは、以下のような流れで実施される。

ステップ1:実施方法

ストレスチェックでは、チェックシート方式(いわゆる選択式)で回答する。その際、個人の検査結果が適切に保存され、本人・実施者以外は閲覧できないなどの要件を満たす必要がある。実施する時期は定期健康診断と同時でも構わないが、問診は定期健康診断とは別に行い、情報を適切に管理する仕組みが必要となる。

ステップ2:結果の通知

結果は、実施者から本人へ封書、電子メールなどで通知される。本人の同意がない限り、結果は事業者(※)へ提供されることはない。同意が得られた場合、労働者に通知する情報と同じ範囲内のものが実施者から事業者へ提供される。

※事業者……この場合はストレスチェックを実施する企業のこと

ステップ3:面接指導

ストレスの程度が高く、実施者が「面接指導が必要」と認めた労働者が面接指導の希望を申し出た場合、事業者は医師による面接指導を実施しなくてはならない。面接では、勤務状況や職場でのストレス、メンタル面での症状・心身の状態、周囲のサポートなどを確認する。その際、ストレスへの対処法や自己管理の指導を受け、うつ病などの疑いがあれば、専門医への受診を勧められる。また、医師から人事部門などに、仕事内容や職場環境について配慮するように意見が提出されることがある。職場ではその内容を聴取・検討し、何らかの配慮を行わなくてはならない。

ステップ4:集団分析

事業者は、検査結果を職場の一定規模の集団(部・課など)ごとに匿名化したデータを集計してストレスの状況を分析し、職場環境を改善するよう努めなくてはならない。なお、集団分析の単位が10人を下回る場合、労働者が特定される可能性があるので、集団分析を行うためには全ての労働者の同意を得る必要がある。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
  • 1
  • 2
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは?
健康診断での有所見者に対する対応
健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社...
2016/07/11掲載人事・労務関連コラム
改正労働安全衛生法12月1日施行
ストレスチェック制度義務化に伴う企業の対応状況
平成27年12月より、ストレスチェックの実施が従業員数50人以上の事業場に義務づけられる。多くの企業にとってストレスチェック制度の運用は初めての試みであり、情報...
2015/12/09掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」第86回
「ストレスチェック」義務化に伴う実務にどう対応するか 【後編】
「ストレスチェック」を実施している2社の事例を取り上げ、どのような狙い・目的を持ってストレスチェックを導入したのか、またストレスチェックの結果をどう活用している...
2015/07/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第85回
「ストレスチェック」義務化に伴う実務にどう対応するか 【前編】
「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」。2015年12月1日より従業員数50人以上の企業(事業場)に対して実施されること...
2015/07/13掲載人事マネジメント解体新書
鳥越慎二さん(株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント):
「予防」に着目した「メンタリティマネジメント事業」で社会性とビジネスのバランスを追求する
株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントは、GLTD(団体長期障害所得補償保険)と企業のメンタルヘルス対策支援で、これまで100万人を超える人々に活用され...
2015/04/24掲載HR業界TOPインタビュー
【用語解説 人事キーワード】
受動喫煙
業務上疾病
ストレスチェック
産業医
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...