企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「「働き方改革」」関連のコンテンツ

  • 1

12件中 112件を表示

記事・コラム2020/01/08
業務効率化と労務管理リスク回避をかなえる
おすすめ勤怠管理システムと選び方
働き方改革関連法の改正を受けて、勤怠管理の重要性が再認識されています。従業員の勤怠状況を正確に把握しなければならない一方で、働き方が多様化し、管理者側の業務負荷が増大しています。そのため、「勤怠管理システム」を導入し、業務の効率化を図る企業が増えてい...

ニュース2019/12/09
働き方改革の課題に健康経営が果たす役割とは? 健康経営フォーラム2019
 健康経営を推進するNPO健康経営研究会による「健康経営フォーラム2019」が4日、ベルサール神田(東京都千代田区)で開かれ、「健康経営のその先の広がりと目指すもの」をテーマに、働き方改革推進後の課題に対して健康経営が果たす役割を考えた。 はじめに、...

記事・コラム2019/11/26
「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは
福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレワークを導入。日立製作所の「見える化支援ソリューション」によって、施策の有効性や定量的効果、業務上の課題などをあらかじめ確認し、経営層と現場それぞれの納得感を得たうえで、スムーズな...

記事・コラム2019/11/21
人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関連法」を例に取って、どのように「公的資料」を使って法改正の概要をつかんでいけばいいのかを具...

ニュース2019/03/25
自由度増すリモートワーク 働き方改善の一手に
働き方改革の一環で、リモートワークを取り入れる企業が増えてきた。鉄道駅の構内に個室型のシェアオフィスが登場するなど、社外で快適に働くための設備も整ってきている。 『日本の人事部 人事白書2018』によると、34.5%の企業が何らかの形でテレワーク・リ...

ニュース2019/03/22
職場コンシェルジュで社員の負担減
社員の周辺雑務などを支援するサービス「職場コンシェルジュ」を活用し、長時間労働削減や生産性向上を目指す企業が増えている。 リクルートワークス研究所が全国の15歳以上の男女を対象に行っている全国就業実態パネル調査によると、2017年、雇用者は仕事時間の...

ニュース2019/02/08
育児と仕事の両立 職場の理解深める仕掛けを
職場に子育て中の社員がいるが、自分には子育ての経験がないため、仕事と育児の両立がどれほど大変で何に困っているのかがわからない、という人は多いだろう。また、いずれ子どもを持ったときに仕事と両立できるか不安を抱える人もいるだろう。そんな人たちに具体的なイ...

ニュース2019/01/30
保育士不足 働き方の改善で就労推進を
共働き世帯の増加などにより、保育所不足は恒常的な問題になっている。同時に、保育の質を支える保育士の待遇にも注目が集まっている。東京都を中心に認可保育所などを運営するグローバルキッズは、働く人に選ばれる職場づくりを目指し、短時間勤務制度の内容を変更した...

ニュース2018/11/27
平均残業時間は継続減少となり、2018年の平均は28時間。調査開始の2012年と比較すると18時間減~「2018年『Vorkers残業時間レポート』」:ヴォーカーズ
就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井 慎二郎)は、「2018年『Vorkers残業時間レポート』」を発表しました。 今年6月に働き方改革関連法案が可決・成立し、来...

記事・コラム2018/09/27
「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~
すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえます。多くの企業では、時間外労働削減をはじめとする「働きやすさ」の実現に向けた取り組みを、急ピッチで進めていることでしょう。同時にこの「働き方改革」を、低いといわれる日本企業の生産...

ニュース2018/07/13
残業時間規制「上限に抵触する労働者がいる」中小企業は約20% 求められる対応とは
6月29日、「働き方改革関連法」が参議院本会議で可決、成立した。大企業では2019年4月、中小企業では20年4月に施行される。施行後は残業時間が原則45時間、特別条項付きの協定でも年間720時間(1ヵ月平均60時間)に規制される。繁忙期であっても、1...

記事・コラム2018/07/11
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)」)についてご説明します。

  • 1

12件中 112件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会