企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ギョウムジョウシッペイ 業務上疾病

「業務上疾病」とは、特定の業務に従事していることによってかかる、もしくはかかる確率が非常に高くなる病気の総称。俗に言う「職業病」のことです。業務上疾病は労働基準法の用語で、医学用語では「職業性疾病」と表現されます。労基法第75条により、労働者が業務上疾病にかかった場合、使用者は必要な療養を行い、その費用を負担しなければなりません。また、同法施行規則第35条は業務上疾病の範囲と分類を示し、後述の9項目を規定しています。
(2015/11/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務上疾病のケーススタディ

最も多いのは腰痛で7割超、うつ病も増加
業務を離れた後でも因果関係があれば認定

労働基準法では、特定の職業や業務との因果関係が確立された「業務上疾病」として、以下の9項目を規定しています。(8)、(9)により、例示疾病の追加・見直しや個別の認定ができる規定内容となっています。

 (1)業務上の負傷に起因する疾病
 (2)物理的因子による疾病(潜水病、騒音による難聴など)
 (3)身体に過度の負担のかかる作業態様に起因する疾病(腰痛、腱鞘炎など)
 (4)化学物質等による疾病(化学物質に起因する呼吸器疾患・皮膚疾患、酸素欠乏症など)
 (5)粉塵を飛散する場所における業務によるじん肺症又はじん肺と合併した疾病
 (6)細菌、ウィルス等の病原体による疾病
 (7)がん原性物質若しくはがん原性因子又はがん原性工程における業務による疾病
  (石綿業務による肺がん又は中皮腫など)
 (8)その他厚生労働大臣の指定する疾病
 (9)その他業務に起因することの明らかな疾病

こうした業務上疾病は必ずしも業務中に発症するとは限らず、短期で発症するケースもあれば、何年も経ってから発症することもあります。その業務の担当から離れて、時間が経っていたとしても、業務で有害な影響にさらされていたことに起因し、業務とその疾病との間に相当な因果関係があると認められた場合は、業務上疾病が認定されます。

厚生労働省発表の「業務上疾病発生状況等調査」(平成26年)によると、業務上疾病の年間発生件数は7415件で、前年を約100件上回りました。平成10年以降、おおむね年間7000~8000件で推移しています。疾病別に近年の傾向を見ると、業務上疾病で最も多いのは「腰痛」。発生件数全体の約7割を占め、業種の違いを考慮しても、全体的に高いレベルにあります。また最近では、業務上のストレスや過重労働などに起因するうつ病などの精神障害が増加、これも上記項目の(9)として、業務上疾病に認定されるケースが増えてきました。平成25年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」によると、精神障害の労災請求件数も1409件(前年度比152件増)で過去最多となっています。ストレスチェック制度への対応を含め、従業員のメンタルヘルス対策は喫緊の課題だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

労働災害(労災)
業務中や通勤時に負ったけがや病気は、「労働災害(労災)」の対象となります。近年、日本では仕事のストレスに起因する精神疾患を訴える労働者も増えており、企業・労働者ともに労災について学ぶ必要性が増しています。ここでは、負傷・疾病などによる労災の認定基準、労働者災害補償保険(労災保険)の概要や補償内容に加...
業務上外判断
労災の認定は、労働者に生じた傷病、障害、死亡が業務に起因する「業務上」のものか、あるいは業務に関係ない「業務外」のものか――業務上外の判断に基づいて行われます。業務上と認定されれば労災補償が与えられ、雇用も守られますが、業務外の“私傷病”と見なされた場合は補償もない上に、それによる休業は欠勤として...
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。

関連する記事

私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくこと...
2009/04/13掲載人事・労務実態調査
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
2009/09/18掲載注目の記事
いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用...
2009/10/16掲載注目の記事

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
業務上疾病の基準について
いつもお世話になります。 オフィス内である伝染性のある病気が流行している疑いがあり、ある従業員が社内感染したとして会社を休んでいます。 この従業員が「業務上の傷病ではないか?」と申し出ているのですが、このような社内感染された疾病については、業務上疾病と判断されるのでしょうか。 おそらく、従業員は労災...
疾病休暇中の勤務について
いつもお世話になっております。 疾病休暇を取得している社員についての質問です。 該当社員は現在の業務として、お客様先へ出向いて機器の保守業務に従事しています。先日から腰痛治療の為、自宅療養の名目で疾病休暇を二週間取得しているのですが、例えば自宅でも出来うる業務を該当社員に課す事は可能なのでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]
分類:[ 安全衛生 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...