企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法
~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(前編)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、職場における「いじめ」や「嫌がらせ」などをはじめとするさまざまな「ハラスメント」が急増し、企業の人事管理上、深刻な問題になっている。典型的なケースとしては、「セクハラ(セクシャルハラスメント)」「パワハラ(パワーハラスメント)」「モラハラ(モラルハラスメント)」が挙げられるが、ハラスメントが起きた時に迅速かつ適切な対応を怠ると、企業としてさまざまなリスクを抱えることになる。また、対応を誤った場合(裁判で敗訴した場合など)のダメージは、非常に大きなものになることも予測される。そこで今回は、最近特にクローズアップされることの多い「パワハラ」「モラハラ」に焦点を当て、「前編」では基礎知識として、ハラスメントの現状と企業が負うリスクについて紹介する。

「ハラスメント」とは何か?
◆「ハラスメント社会」の到来

ハラスメントとは、広義には「人に対するいじめ・嫌がらせ」のことである。ストレス社会を背景に、ハラスメントは社会生活のさまざまな場面で見られる現象である。例えば、学校における「いじめ」、大学の研究室などでの「アカデミックハラスメント(アカハラ)」、新卒学生の就職活動場面での「オワハラ」、家庭内の「ドメスティック・バイオレンス(DV)」、受動喫煙問題としての「スモーク・ハラスメント」などはその代表例だ。その他にも、子どもへの虐待、近隣住民への嫌がらせ、モンスター・ペアレンツ、ストーカー行為、インターネット上の誹謗・中傷など、ハラスメント行為はいろいろな形で社会生活の中に現れている。まさに現代は、「ハラスメント社会」であるといっても過言ではないだろう。

職場で問題となるハラスメントとしては、「セクハラ(セクシャルハラスメント)」「パワハラ(パワーハラスメント)」「モラハラ(モラルハラスメント)」の三つが代表的である。

【職場における「ハラスメント」】

セクハラ 相手を不愉快にさせる性的な色彩を帯びた言動によるもの
【具体例】
・性的な事実関係を尋ねること
・性的な内容の情報を意図的に流布すること
・性的な関係を強要すること
・必要なく身体に触れること
・わいせつ画面を配布すること など
パワハラ 職権などのパワーを背景に、上司が部下に対してその権限を濫用するなどして引き起こされるもの
【具体例】
・暴行・障害(身体的な攻撃)
・脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言(精神的な攻撃)
・隔離・仲間外し・無視(人間関係からの切り離し)
・業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害(過大な要求)
・業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと(過小な要求)
・私的なことに過度に立ち入ること(個の侵害) など
モラハラ 上司・部下、男女間にかかわらず、言葉・態度・文書などにより、陰湿に(静かに、じわじわと)繰り返される行為・嫌がらせ全般のこと(精神的ないじめ)
【具体例】
・継続的に無視した行動を取る(仲間外れにする)
・見下した態度を取る
・必要な情報を与えない
・聞こえるように嫌味・悪口を言う
・本人が気にしていることを揶揄する
・わざとらしい行為をする
・文句でもあるかのような行為をする
・言われたことをしない など

一般的に、セクハラは分かりやすい行為であるが、パワハラとモラハラは、その違いがやや分かりにくいかもしれない。そもそもパワハラは和製英語であり、法律の条文において「パワーハラスメント」という概念を整理したものは存在しない。一方、モラハラは海外で生まれた言葉で、1990年代の後半にフランス人の精神科医であるマリー=フランス・イルゴイエンヌによって提唱された概念である。パワハラとは力関係や優位性を利用して、身体的・精神的に苦痛を与えること。それに対して、モラハラは力関係や優位性を特に利用することなく、道徳(モラル)的に言葉や態度、身振りや文書などによって相手に精神的な苦痛を与えることである。例えば、継続的に無視したり、見下す態度を取るといった、言わば“精神的暴力”であることがモラハラの特徴である。

また、ハラスメントは発生に関して“密室性”を帯びることが多く、人事がその実態をつかむのはなかなか容易ではない。しかし、問題が大きくなってからでは手遅れになってしまう。その意味でも、職場で日々発生するハラスメントの問題をいかに早期に発見し、適切に対応できるかが「ハラスメント社会」を迎えた現在、企業の大きな課題となっている。

なお、セクハラについては「男女雇用機会均等法」およびその指針上で、企業が取るべき措置について、かなり明確なガイドラインが確立している。そのため、今回はセクハラ以外のハラスメント、すなわちパワハラ、モラハラに焦点を当てて、解説していくことにする。

 


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
職場における「ハラスメント」の現状
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例
「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育...
2018/04/20掲載
もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(前編)
近年、社外の教育ベンダーやコンサルタントに委託していた研修を、自社で内製化しようとする企業が増えている。自社内で研修のプログラムを企画し、社員が講師を務める、「...
2018/04/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第110回
部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編)
新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が...
2017/12/28掲載

関連する記事

本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策
職務上や取引上の優位な立場を悪用して、相手に身体的・精神的苦痛を 与える社外セクハラ・パワハラ。商取引上の違法性などを鑑み、社内で起きた 場合とは違った視点での...
2018/11/08掲載人事・労務関連コラム
懲戒制度の最新実態 解雇の場合の退職金、懲戒解雇と諭旨解雇ではどうちがう?
SNSの普及により、インターネットに関連した懲戒事案なども増えています。 今回は各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇における退職金の有無、30のモデル ケース別...
2018/10/03掲載人事・労務実態調査
職場に“会話”はありますか?
何気ない会話のやりとりがポジティブな雰囲気を醸成することで、働きやすさは格段に向上します。今回は、パート・アルバイトとそれを束ねる上司の間の「会話」についての調...
2018/09/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
障害者雇用 相談事例にみる!企業の“合理的配慮”はどこまで必要か?
法定雇用率の引き上げや雇用義務対象の拡大を受けて、大企業を中心に障害者雇用が進んでいます。一方、障害者雇用をめぐる相談事例も増加傾向にあります。実際の事例をもと...
2018/09/10掲載人事・労務関連コラム
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...