無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ケアハラスメント ケアハラスメント(ケアハラ)

「ケアハラスメント」とは、働きながら介護を行う人に対して行われる嫌がらせや、不利益を与える行為のことを指すハラスメントの一種で、「ケアハラ」と略されることもあります。家族の介護が理由で残業ができなかったり、休まなければならなかったりする従業員に対して、人事評価を下げる、介護休暇の取得を阻害する、尊厳を傷つけるなどという行為に至ることがケアハラにあたります。介護休業は、育児・介護休業法で認められた労働者の権利であり、これを阻害するハラスメント行為は法令違反となります。

ケアハラスメント(ケアハラ)のケーススタディ

ケアハラを起こさないために
人事ができることとは

超高齢社会である日本では、介護と仕事を両立しなければならない労働者が今後ますます増えていくと予想されます。企業には、介護のための休暇や時短勤務などへの対応が求められますが、一方で、社内のケアハラへの対応はまだ不十分といえそうです。

産休・育休の場合は、子どもの成長とともに職場に復帰する可能性が高まるため、当事者も企業もある程度先を見通すことができます。しかし、介護は突然始まることが多く、終わりも見通せないことがほとんどです。

そのため、人事担当者は、自社の従業員が介護の必要性に迫られた場合、どのような権利や制度があり、会社としてどのようなサポートができるのかを事前に整理しておくことが重要です。また、介護のためにチームから一人抜けると、それ以外のメンバーの負担が増えます。各メンバーの声を聞き、ケアをすることも必要といえるでしょう。

介護のため休暇や時短勤務を行なう従業員に対して、正当な理由なく、管理職からメンバークラスへ降格させる、希望しない部署に異動させる、契約社員を雇い止めにする、などといった行為はケアハラに当たります。企業にはケアハラなどのハラスメントの防止措置が義務付けられていますので、ハラスメント対策委員会のような窓口を作り、相談できる環境を整えるといいでしょう。

また、降格などのわかりやすいケアハラではなく、「残業しなくて、いいな」「他に面倒を見てくれる人はいないのか」といった嫌味レベルのケアハラの場合、言われた側が我慢しがちでハラスメントが顕在化しにくい、という問題点があります。そのため、ハラスメント研修や管理職研修のなかにケアハラの事例も盛り込むなどして、介護休業という権利を否定するような行為は法令違反であるという認識を全社的に高めていくことが大切です。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ケアハラスメント(ケアハラ)」に関する記事

「ケアハラスメント(ケアハラ)」に関する人事のQ&A

ハラスメント行為について

いつもお世話になっております。

パワーハラスメントについてのご相談です。

職場において、正規職員から非正規職員に以下のような暴言を吐かれたと申告がありました。
・クビや(クビにしてやる)。上司も辞...

総務一郎さん
大阪府/ 医療・福祉関連(従業員数 101~300人)
2020/12/10 22:10 ID:QA-0099032 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 3 件

パワハラ禁止の規定が就業規則にないことについて

いつも勉強させていただき有難うございます。
会社で総務を担当しております。
弊社、顧問弁護士に就業規則にパワハラ禁止の規定がないとの指摘を受けました。
(セクハラについてはあります)

(1)パワハラ...

労務管理さん
鹿児島県/ コンサルタント・シンクタンク(従業員数 31~50人)
2020/08/26 17:24 ID:QA-0096115 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 4 件

「ケアハラスメント(ケアハラ)」に関する書式・テンプレート