企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「労働基準法」関連のコンテンツ

27件中 120件を表示

用語集2020/07/10
休業手当とは――計算方法や休業補償との違い、パート・アルバイトなど対象範囲は
休業手当は、使用者の都合で労働者を休業させた場合、労働者に支払わなければならないものです。休業手当は労働者の最低限の生活を保障するための労働基準法の決まりの一つですが、休業手当の根拠となる「使用者都合」の判断が難しいケースも少なくありません。

ニュース2019/12/10
『口述労働法入門 第3版 働き方改革法対応』(小西 義博:著)公益財団法人日本生産性本部 労働情報センターより刊行
公益財団法人日本生産性本部 労働情報センターは、小西 義博:著『口述労働法入門 第3版 働き方改革法対応』を刊行しました。通勤や仕事の合間、就寝前の30分に「読む」講義労働基準法をはじめとする労働法は、組織(主に会社)に所属する人々にとって身近でかつ...

ニュース2019/08/09
現場に即した具体的な対処法を解説!~『「働き方改革関連法」企業対応と運用の実務がわかる本』(佐藤広一:著)日本実業出版社より刊行
日本実業出版社は、佐藤広一:著『「働き方改革関連法」企業対応と運用の実務がわかる本』を刊行しました。 ◎「働き方改革関連法」に含まれる各法律の内容と実務を詳しく解説◎現場に即した、具体的な対処法がわかる!本書は、2018年6月に成立し、2019年4月...

ニュース2019/06/04
第19回派遣検定並びに直前対策講座のお申し込みを開始~労働者派遣にまつわる法律知識、コンプライアンス能力を判定する試験、全国7会場で実施:人材ビジネスコンプライアンス推進協議会
特定非営利活動法人人材ビジネスコンプライアンス推進協議会(所在地/東京都中央区、理事長代行/水野臣介)は、人材派遣会社および派遣会社が活躍されている企業の担当者の法律知識、コンプライアンス能力を判定する試験「派遣検定」(労働者派遣契約責任者検定)の開...

ニュース2018/12/04
第18回派遣検定の受験申し込みを開始~労働者派遣にかかわる関係法令の知識をはかるために行われる検定、全国5都市で実施:人材ビジネスコンプライアンス推進協議会
特定非営利活動法人 人材ビジネスコンプライアンス推進協議会は第18回派遣検定(労働者派遣契約責任者検定)の受験お申し込みを開始いたしました。 おかげさまで、過去17回の検定試験で累計受験者数は11,000名を超え、合格者数は3,000名以上になりまし...

ニュース2018/06/29
「無期労働契約への転換(第18条)」内容の認知率は上昇も、内容を知らない有期契約労働者が依然68%~『有期契約労働者に関する調査2018』:連合調べ
2013年に改正労働契約法が施行され、第18条では、同じ事業主で契約更新が繰り返されて通算5年を超えた有期契約労働者は、本人の申し出によって無期雇用として働けるとされており、2018年4月1日以降、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できる...

記事・コラム2017/03/31
ワーク・ライフ・バランス推進のポイント
労働時間削減・多様性への柔軟な対応――。ワーク・ライフ・バランス推進のために会社・従業員双方が押さえるべきポイントとは?

ニュース2017/02/07
政府主導の改革進む 長時間労働が人材採用にも影響か
政府主導の働き方改革が進み、労働基準法の一部改正案として、企業の残業時間に月60時間の上限を定める原案がまとめられた。規制に関しては、企業の繁忙期などに配慮し、最大では月100時間までの残業を認めるものの、年間では平均月60時間を超えないよう求める方...

ニュース2016/11/30
「長時間・過重労働」に関する相談が340件(47.7%)で最多~「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果を公表(厚生労働省)
厚生労働省では、11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として11月6日(日)に実施した「過重労働解消相談ダイヤル※」の相談結果をまとめましたので公表します。 今回の無料電話相談「過重労働解消相談ダイヤル」には、合計で712件の相談が寄せられました...

記事・コラム2016/10/06
人事マネジメント「解体新書」第99回
「採用コンプライアンス」を適切に進める方法とは
――法令を遵守し、リスクを回避するためのポイント・留意事項(前編)
少子高齢化が一段と進む中、人材不足が深刻化し、採用戦線は混乱を極めている。このような状況下、採用活動に関する法令遵守、すなわち「採用コンプライアンス」の重要性が一段と高まっている。リクルーター活動や面接選考などで人事部以外の社員が採用活動に関わること...

ニュース2016/09/01
有給休暇の計画的付与制度を導入している企業は全体の2割程度。有給休暇の義務化で「有給休暇を取得しやすくなる」「現在と変わらない」?~『有給休暇取得促進制度の現状調査』:マンパワーグループ
総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)は、20~59歳の正社員の男女400名を対象に、勤務先企業の有給休暇取得促進制度の現状と、労働基準法が改正された場合に想定される変化について調査を実...

用語集2015/06/29
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約な...

用語集2015/03/10
有給休暇について、実務上の疑問や本音も交えながら解説
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」とい...

用語集2014/11/10
時季指定権とは―日本と欧州では意味合いが違う
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指...

記事・コラム2012/11/22
3. 人材派遣の歴史
わが国の人材派遣は、1986年の労働者派遣法施行によってスタートした、まだ比較的新しいサービス・業界である。現在の人材派遣制度を十分に理解し、正しく活用するためにも、これまでの法改正の背景や、変遷を整理しておくことは大切だ。

用語集2012/04/23
打切補償とは―労働基準法に基づいて解説
業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過...

ニュース2012/02/03
労働基準法第113条に基づく公聴会の開催について(厚生労働省)
標記について、以下のとおり開催いたしますので、お知らせします。1 趣旨:労働基準法に基づき発する命令については、その草案について、公聴会で労働者、使用者及び公益それぞれを代表する者の意見を聴いてこれを制定することとされている(労働基準法第113条)こ...

ニュース2011/10/20
11月に「労働時間適正化キャンペーン」を実施 (厚生労働省)
厚生労働省では、長時間労働や、これに伴う問題の解消を図るため、11月を「労働時間適正化キャンペーン」(別添1)期間とし、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布による周知啓発などの取り組みを集中的に実施します。労働時間の現状を見ると、依然...

ニュース2011/10/20
平成22年度に監督指導により支払われた割増賃金の合計額は、約123億円
-平成22年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ-(厚生労働省)
全国の労働基準監督署が、平成22年4月から平成23年3月までの1年間に、残業に対する割増賃金が不払になっているとして労働基準法違反で是正指導した事案のうち、1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況を取りまとめました。・是正企業数  ...

ニュース2011/06/30
マンパワー・ジャパン、日本市場における企業の採用動向を調査
調査対象企業1015社、採用に対してはやや慎重な姿勢を維持するも、正社員や契約社員の採用に対しては前向きに検討 総合人材サービスのマンパワー・ジャパン株式会社(本社・神奈川県横浜市、取締役・代表執行役会長兼社長: ダリル・グリーン、資本金: 40億円...

27件中 120件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会