企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

長期的観点から再考する「コア人材」の採用と育成【前編】
~企業の発展段階により、コアとなる人材ニーズは変化する (1/3ページ)

2015/12/07

企業間競争が激しさを増す中、企業には自社固有の経験と高い能力を持った人材、いわゆる「コア人材」の確保・育成が求められている。実際、さまざまな企業がそのために施策に取り組んでいるが、早期登用や外部採用などではなく、長期雇用を前提としたコア人材の確保・育成や、キャリア支援に力を入れる企業が目立つ。短期的な評価や雇用関係によらない長期的な人材戦略を行うことで人材層の厚さが確保され、企業価値の創出、職場での信頼関係などプラスの要素が期待できるからだ。では、長期的な視点からコア人材をどう処遇していけばいいのか。「前編」では、そのあり方について解説する。

「コア人材」の活用によって進む企業変革
◆企業の発展段階ごとに求められる人材要件とは?

新たな段階に入ったアベノミクスの下、景況感は好転。新たな成長戦略を受け、多くの企業が事業変革を推し進めている。それと同時に、そのカギを担うコア人材への“渇望感”も、また大きく膨らんできているようだ。昨今の人材難に加えて、たとえ同じ企業でも、創業期と変革期とでは置かれた状況や構成要素が異なってくるので、コア人材に求められる要件も異なってくるからだ。だからこそ今後、中長期的な成長戦略を図るため、どのようにコアとなる人材を採用し育成していくかを、今一度考え直す必要に迫られているのだ。

企業がその発展プロセスの各段階で、事業を推進していくためにどのような人材が求められるのか(人材要件)を整理しておくことは、コア人材の処遇を考える意味で有効なことだろう。なぜなら企業の発展段階により、求められる人材ニーズも変わってくるからだ。なお、ここで言うコア人材とは、トップマネジメントやその候補者だけを指すのではなく、企業のビジネスモデルを効果的に回し、他社との差別化の源泉となる人材のことである。

(1)創業期:組織が未完成なため、課題発見や判断、実行力のある人材の有無がカギを握る

企業が誕生したばかりの「創業期」は、まだ組織・制度などが未完成・未整備の状態にある。このような時期は、トップの強いリーダーシップの下、何事にもスピーディーに対応できる組織となっている必要がある。まだ社員数も少ないため、個人の役割分担もそれほど明確になっていない。逆に言えば、全員に経営者的な視点が求められると言っていいだろう。会社独自のビジネスモデルをはじめとして、業務の流れや仕組みを一から構築していかなければならず、その上で、他社との差別化を図っていくことが急務となる。

求められる人材は、何事にも主体的に取り組み、自分で企画立案を行うことができ、そこでの課題を発見し解決のための提案ができる、万能型のタイプ。創業期では、このような資質を持った人材が社員として参画することによって少しずつ組織が整備され、企業としての基盤が築かれていくのだ。

(2)成長期:自社の事業サービスの標準化・システム化が課題。量的拡大や生産性向上への貢献のできる人材が不可欠

そして「成長期」になると、受注等の拡大に伴い、右肩上がりの状況になる。社員も増え、各部署の役割分担がより明確になり、組織としての基盤が進み始めた状態となる。自社の事業サービスの内容もある程度、均質化・標準化・システム化され、よりいっそうの量的拡大を求める動きが活発化してくる。

先に述べたように、創業期にはトップと直結したスピーディーな動きが求められたが、組織が拡大していく成長期になると、指揮系統はトップダウンから委譲型へと移行し、現場レベルでの権限委譲が進行する。その結果、自分に与えられたミッションを果たすために、周囲の仲間や部下、他部門との連携プレーが不可欠となる。さらに、業務を効率的に進めていく中で、その都度発生した問題を適切に解決したり、優先順位を決めてやるべきことを遂行したりする能力も必要となる。成長期にあっては、このような量的拡大や生産性向上に貢献のできる人材がとても重要なのだ。

(3)多角期:確立したサービス商品・サービスを軸に、顧客層の拡大や競合との差別化戦略で、活路を拓くことの出来る人材が求められる

そして「多角期」を迎えることになるが、ある程度発展を遂げ、自社の商品・サービスが比較的安定した顧客を確保し始めた段階では、今後どのよう方向を目指していくのかが重要な企業戦略となる。

この段階で求められる人材は、現在、会社が置かれている状況を的確に分析し、どう進むべきかを考え、見極めることができるタイプである。今、いったい何が問題なのか、どのような障壁を克服すれば新しい発展につながるのか、今後変えていくべきことや残すべきことなどを見極める。そして、やるべきこと・行くべき方向が定まれば、周囲や上司を説得し、自らが率先して推し進める。このような人材に、経営側も大いに期待することになる。

(4)変革期:改善・改良レベルではない、抜本的な仕組みを考え、提案や実行していく人材が不可欠。第二の創業的な新生に挑戦するタイプが求められる

「変革期」というのは、言わば第二の創業、企業の新生時期に当たるものである。それだけに求められる人材要件は、創業期と似通った点がある。しかし、異なる点も多い。なぜなら、従来のビジネス構造をベースにした新しい仕組み作りの提案や、既に確立している顧客や取引先に対する顧客満足の見直しなどを踏まえた上で、新規事業の立ち上げやビジネスモデルの再構築に取り組んでいかなければならないからだ。

そのためには、自分の提案やアイデアを現実レベルに落とし込みながら、主体的に推し進めていく力が求められてくる。また、短期間に結果を出すことよりも、中長期的な視点で改善計画や目標達成の具体的なシナリオを考案できるかが優先される。変革期では、このようなことのできる人材が求められており、高度成長期、そしてバブル経済崩壊後の空白の10年を経て、成熟期にある大企業がこの段階にあるのではないか。

参考までに、具体的なコア人材のイメージをつかんでもらえるよう、企業の発展段階で求められる人材要件(人材ニーズ)とコア人材の例を上げておく。

■図表:企業の発展段階と求められる人材要件(人材ニーズ)=コア人材のイメージ

企業の発展段階創業期成長期多角期変革期
求められる人材要件(人材ニーズ)=コア人材のイメージ
  • ・即戦力となり得る同士、参謀
  • ・夢やビジョンに対する共感度が高く、トップ自身が信頼感を持てる人材
  • ・会社の骨格作りに必要な総務的な業務のできる人材(幅広い対応力が必要不可欠)
  • ・ラインのチームリーダー
  • ・推進力と人望のある現場マネジャー
  • ・経理、総務、人事の専門性の高いスタッフ
  • ・事業の多角化に伴い、やる気先行型に加えて、企画・分析力に優れた人材
  • ・マーケティング分野に詳しい人材
  • ・戦略性の高い現場マネジャー
  • ・事業部、カンパニーを任せられる長
  • ・分析力、構想力、創造力に優れたミドルクラスの事業戦略スタッフ
  • ・戦略的志向と知的タフネスを備えたミドルクラスのマネジャー
  • ・経営企画、財務のプロ
  • ・新規事業開発スタッフ

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. takakoさん HRビジネス 東京都
いずれの企業も同じ課題を抱えている。しかしそこから一歩ぬきんでて成果を上げるには、何が必要なのか。改めて現在地を見直す必要を感じた。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(後編)
自社課題の解決と専門教育の体系化に取り組む2社の事例
「研修内製化」はコスト削減だけではなく、自社のニーズに合った教育ができるなど、さまざまなメリットが期待できる(前編参照)。「後編」では、自社課題の解決や専門教育...
2018/04/20掲載
もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(前編)
近年、社外の教育ベンダーやコンサルタントに委託していた研修を、自社で内製化しようとする企業が増えている。自社内で研修のプログラムを企画し、社員が講師を務める、「...
2018/04/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第110回
部下のやる気を引き出し、自律を促す「メンター制度」(後編)
新入社員を職場全体で育てていく、キーパーソンとしての「メンター」の役割とは?
近年の新卒採用は売り手市場が一段と進み、採用のミスマッチが顕在化したため、入社後のフォローの重要性が今まで以上に増している。しかし、配属先の現場では早期戦力化が...
2017/12/28掲載

関連する記事

渡辺雅司さん:改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「グローバル人材」育成のポイントがわかる記事9選
現在、日本企業の多くがグローバル展開を進めています。人材の面からそれらの事業を支えるのが人事の役割ですが、社員の語学力向上や、グローバルに通じるマインドセットな...
2017/07/04掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて
日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマネジメントには、まだ多くの課題が残されている。いま人事はどのような投資を行い、どのような方...
2017/06/08掲載注目の記事
ワーク・ライフ・バランスとは何か?
「仕事と生活の調和が実現した社会」の指針となるワーク・ライフ・バランスへの取り組みとは?近年社会に認知されてきた背景と現状について考察する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...