無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 最終更新日:2022/10/31

コンピテンシーの活用方法

「コンピテンシー(competency)」とは、高い業績を挙げている人材に見られる行動や思考、判断基準などの特性を指します。コンピテンシーは採用や人材育成、人事評価などで効果を期待できます。また、成果を出すために従業員の取るべき行動が明確化することで、業績向上にもつながります。

採用面接

自社で活躍している従業員のコンピテンシーを基に採用基準を策定することで、入社後に活躍してくれる人材を見極めやすくなります。採用基準を社内で共有することで、面接官の主観を排除し、公正かつ客観的に評価することもできます。下記の手順で実施します。

1)理想の人材像を明確化する

コンピテンシーを抽出し、応募者に持っていてほしいコンピテンシーの観点から優先順位をつけ、採用基準を策定します。価値観や達成動機といった後天的に伸ばすことが難しいものや、会社にとって重要度の高いものを選ぶことが重要です。

2)面接官に訓練を行う

応募者の回答があらかじめ設定した採用基準をどの程度満たすのかという認識を統一する必要があるため、面接官に対して、応募者のコンピテンシーを見極めるための訓練を実施します。ケーススタディを行うことも効果的です。

3)面接を実施する

面接ではマクレランドが開発した「行動結果面接(Behavioral Event Interview = BEI)」を取り入れるとよいでしょう。この手法を用いることで、応募者の持つスキルや価値観、行動の特性を読み取ることができます。具体的な流れは下記の通りです。

  1. 職務上で経験した重要な状況について、具体的なエピソードを話してもらう
    質問例:
    「あなたの成功体験を話してください」
    「失敗したとき、どのように対処しますか」
    「これまでにあなたが立てた目標を教えてください」
  2. 応募者が話したエピソードについて、深く掘り下げていく
  3. 回答の内容が、内容が事前に設定しておいた採用基準とどの程度マッチするかを判定する

人事評価

コンピテンシーをもとに人事評価を行うことで、定量的な目標だけでなく、成果を出すまでの定性的な過程を評価することができます。 また評価の基準が明確になることで、主観による評価のブレが少なくなるほか、従業員にとっても評価の納得感が高まる効果があります。導入手順は下記の通りです。

1)ハイパフォーマーからのヒアリング

部門ごとに高い業績を挙げた従業員にヒアリングを行います。「何をしたか」といった行動だけではなく、「なぜその行動を取ったか」といった思考や価値観も明らかにすることが重要です。該当する人物がいない場合は、理想とする人材モデルを想定し、行動や達成動機を設定します。

2)評価シートの作成

部門や階層ごとに評価シートを作成します。シートには、評価項目や評価基準などを盛り込むことが必要です。

3)評価の妥当性を検証する

実際に従業員を評価基準に照らし合わせ、評価が適正かどうかを確認します。高い業績を挙げている従業員と平均的な従業員のどちらもテストしてみるとよいでしょう。

4)評価する

実際の評価の場面で用います。評価の際には、「優秀である(スキルがある)か」よりも「成果につながっているか」を意識します。

人材育成

人材育成の場面でも効果を発揮します。たとえば、ハイパフォーマーを育成する研修内で「高い業績を生み出す行動」や「行動のもととなる思考」を従業員に浸透させることで、効率のいい人材育成が可能になります。大事なのは、行動の手順を教えることではなく、行動を生み出す源泉となる価値観や思考パターンを理解してもらうことです。

従業員一人ひとりに目標を設定させることも効果的です。自ら目標を設定することにより、「自分はどのような行動をするべきか」「どのように考えればいいか」をそれぞれが考え、行動に移すようになります。その結果、従業員が主体性を発揮する可能性が高まります。

「コンピテンシー」について深く知る記事一覧

企画・編集:『日本の人事部』編集部

この記事を既読にする

無料会員登録

「既読機能」のご利用には『日本の人事部』会員への登録が必要です。
メールアドレスのみの登録で、15秒で完了します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

関連する記事

「コンピテンシーの活用方法」に関する人事のQ&A

二重の評価制度は違法となりますか?

同一労働同一賃金なども踏まえ、二重の評価&賃金制度は違法となりますか?

10人未満の小さな会社ですが、
知り合いの会社で非常にうまく回っている評価&賃金制度があり、
知り合いにも依頼し、その評価&賃...

jinjibu-workさん
東京都/ 情報処理・ソフトウェア(従業員数 1~5人)
2020/10/14 01:15 ID:QA-0097488 報酬・賃金 解決済み回答数 2 件

「コンピテンシーの活用方法」に関する書式・テンプレート