企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パワハラ パワハラ

2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相談件数が年々増加傾向にあることを受けて行われました。パワハラは、今や日本全体の問題となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.パワハラの定義~職場などにおける精神的・身体的な暴力~

パワハラとはパワーハラスメントの略で、「職場における精神的・身体的な暴力」のことです。ここでは、厚生労働省が出しているパワハラの定義を参照しながら、もう少し詳しく解説していきます。

パワハラとは?

厚生労働省では、パワハラを「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為」と定義しています。

これは、上述の「職場における精神的・身体的な暴力」に該当します。次に厚生労働省の定義における言葉の意味についてわかりやすく解説していきましょう。

「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性」

「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性」とは、肩書上の優劣だけではなく、専門性や経験、学歴などの優劣を指します。職場におけるパワハラの背景には「地位の優位性」がかかわっており、力関係を背景として、精神的・肉体的な攻撃が行われるとされています。

また、「パワハラ」と聞くと、上司が権力を利用して目下の者に精神的・身体的に圧力をかけることだと一般的には思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。部下が、「上司の昇進に響くことをしてやろう」と自分の地位を利用して、上司を脅すことなどもパワハラに含まれます。「地位の優位性」とは何か、という問題は複雑ですが、自分の地位の利点を利用して相手に精神的・身体的な圧力をかける行為だと覚えておけばよいでしょう。

「業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える」

「業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える」とは、仕事とは関係ないことでプレッシャーや圧力をかけることを意味しています。例えば「部下に携帯電話の中身を見せるように強要する」といったように、必ずしも業務に関係ない事柄で苦痛を与えることです。

また、「バカ」「アホ」といった罵詈雑言をはじめ、「仕事できないクン」「仕事遅いちゃん」などの呼び方(誹謗中傷)も、パワハラとなります。これについては「パワーハラスメントの6類型」の節で詳しく解説していきます。

「職場環境を悪化させる行為」

「職場環境を悪化させる行為」とは、急に大声で怒鳴ったり、失敗を必要以上に強く責めたりといったことを指します。また、直接的に精神的・身体的な苦痛を与える行為をしていなくても、周囲が不快になるような圧力を意図して発していた場合は、パワハラになる恐れがあります。


以上のことから、職場でのパワハラとは「上下関係なく自分の地位を利用して、特定の相手、または職場全体に、精神的・身体的なダメージを与えること」とまとめることができます。

次に、パワハラを防止する法律がなぜ今成立したのかを、解説していきます。法律が成立した背景について知ることで、日本社会がどのような状態にあるのかも知ることができます。

パワハラ防止法の成立とその背景

2019年5月29日、「改正労働施策総合推進法」にパワハラ防止に関する規定が盛り込まれたことで、日本で初めてパワハラ防止に関する法律が成立しました。具体的には、企業に対してハラスメント相談体制の設置義務や、パワハラに関する労使紛争を速やかに解決できる体制を整えることなどが盛り込まれています

パワハラ防止法とも呼ばれる同法が可決・成立した背景には、冒頭でも触れたように職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相談件数が年々増加していることがあります。

「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」では、何らかの形で「過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した従業員」の割合は2012年(平成24年)度調査で25.3%でしたが、その後の2016年(平成28年)度調査では32.5%とその数値が上昇しています。これは100人の従業員がいる企業であれば、約30人の従業員がパワハラを受けた経験があるということになります。

一方、2019年にNHKが不登校になった生徒に対して、その原因を聞いたところ、21%がいじめを一つとして挙げています。調査手法が異なるため、単純な比較はできませんが、職場でパワーハラスメントを受けた人の割合はかなり高い数字であることがわかるでしょう。次に、具体的なパワハラの事例を見ていきましょう。

2. 何がパワハラに該当するの? パワハラの種類と具体例

ここまで、「上下関係なく自分の地位を利用して、特定の相手、または職場全体に、精神的・身体的なダメージを与えること」というパワハラの定義を見てきました。それでは、実際にどのような行為や発言がパワハラにあたるのでしょうか。その具体例について、厚生労働省が取りまとめた「職場のパワハラの6類型」を基に解説していきます。

職場のパワハラの6類型~パワハラの種類~

職場のパワハラの6類型は、次の通りです。これで全てを網羅しているわけではありませんが、裁判例や個別労働関係紛争処理事案に基づいて考案されているため、パワハラの代表例だと言えでしょう。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

(1)身体的な攻撃

身体的な攻撃とは、主に「暴行・傷害」のことを意味しています。いわゆる殴ったり、はたいたり、身体的接触によるハラスメントのことです。ただし、業務と関係のない事柄で起きた社員同士のけんかなどは、パワハラに該当しません。

(2)精神的な攻撃

精神的な攻撃とは、「脅迫・名誉毀損(きそん)・侮辱・ひどい暴言」のことを指します。言葉で人格を否定したり、変なうわさを流したりすることで、心理的なダメージを与える行為が該当します。しかし、その言動が何度注意しても改善されない場合に、強めに注意するなどの行為はパワハラにあたらないと考えられます。

(3)人間関係からの切り離し

人間関係からの切り離しとは、「隔離・仲間外れ・無視」のことを指します。人とのコミュニケーションが苦手で、他人と積極的につき合いたくないという人もいますが、それを理由に無視をしたり、業務上仲間外れにしたりすることは、ハラスメントに該当します。

(4)過大な要求

過大な要求とは、「業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害」をすることです。例えば、仕事とは関係のない個人的な資料を整理させたり、大量の資料を明日までに整理するよう命じたりすることは、過大な要求にあたる可能性があります。ただ、期待をかけて少し難易度の高い仕事を任せるなどの行為は、パワハラとみなされないケースがあります。

(5)過小な要求

過小な要求とは、「業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと」です。例えば、同じ部署にいる社員に対してお茶くみばかりさせる、周りには仕事を与えるのに特定の人にだけ仕事を与えない、といった場合はパワハラになります。

(6)個の侵害

個の侵害とは、「私的なことに過度に立ち入ること」です。就業後の予定を提出させたり、有給休暇を取得する理由を細かく聞いたりすると、パワハラになる可能性があります。社員は、一人の人間として言いたくないこともたくさんあります。プライベートなことを強制的に言わせたりすると、ハラスメントになるでしょう。ただ、業務上特別な配慮を目的とした社員への聞き取りなどは該当しません。

※(4)~(6)については、適正な「指導」との区別が簡単ではないため、それぞれの職場で認識を揃えて、「指導」と「パワハラ」の範囲を明確にする取り組みを行うことが望ましいです。

パワハラが起きやすいのはどんな環境?~職場での優位性とパワハラの関係~

パワハラが起きやすい環境を一言で言えば、「ストレスの多い職場」です。厚生労働省の「職場のパワーハラスメント対策ガイドブック」によれば、「上司と部下のコミュニケーションが少ない職場」や「残業が多く休みがとりにくい職場」、「失敗が許されにくい職場」ではパワハラが起こりやすいとされています。つまり、仕事に余裕をもてない職場は、パワハラが起きやすいと考えられます。

また、パワハラには、職場における優位性が関係している側面もあります。上記のストレスが多い職場に加えて、肩書の優劣や学歴、知識などの優位性が、パワハラを引き起こしやすいようです。以下、判例の解説です。

2009年に行われた裁判では、新人にほかの社員の終わっていない仕事を押し付けて、徹夜で仕事をさせたことがパワハラとして裁かれています。この裁判では、企業がパワハラを防止するための対策を何も講じていなかったとして、企業自体も処罰されました(津地裁 平成21年2月19日)。

また、裁判に発展しているケースは少ないようですが、最近ではIT関連の知識がない上司が、IT関連の知識において優位に立っている若者に叱責されるという事例も出てきているようです。このような部下から上司へのパワハラは俗に「逆パワハラ」とされていますが、上司と部下のコミュニケーション不足や、失敗が許されにくい職場で起こりやすくなるようです。

さらに、普段から同僚に命令口調で業務を依頼されていた社員が、ある日突然怒りだして同僚に暴行を加えたという事例もあります。この事例では、業務の依頼という仕事の上だったこともあり、企業自体も責任を問われました(大阪地裁 平成13年11月9日)。

本来は社員全員が仕事に余裕をもち、ワーク・ライフ・バランスに配慮した働き方を実現できる環境が理想の職場と言えるでしょう。そのための一つとして、企業がパワハラに反対する方針を明確に打ち出し、働きやすい環境にすることが重要です。業務命令を出す場合は、「業務の適正な範囲」を守り、適切な口調で指示を出すようにしましょう。

「業務の適正な範囲」について

ここで少し、「業務の適正な範囲」についても解説しておきます。ある言動がパワハラかどうかを判断するためには、「業務の適正な範囲」という考え方が重要になってきます。

この「業務の適正な範囲」とは、業務上の指導や教育のために必要な範囲のことを意味しています。しかし、この基準は曖昧であり、おそらく今後事例が積み重なっていくに従って、その輪郭が徐々に定められていくものだと考えられます

注意が必要なのは、この業務の適正な範囲内であれば、たとえ上司や先輩の注意の仕方や指導方法によって不快感や怒りが生じた場合でも、パワハラには該当しないこと。もし部下が先輩の注意によって傷ついたとしても、それが業務の適正な範囲だと判断されれば、パワハラではないことになります。

パワハラ防止法は、業務の適正な指導や教育を妨げるものではありません。反対に、職場に蔓延する不快感を取り除き、全ての社員が気持ちよく、効率よく働けることを促すものです。

どういう言葉がパワハラ?

業務上必要な注意や指導でも、人格を否定するような言葉は避けなければなりません。「業務の適正な範囲」であればパワハラには該当しないと説明しましたが、人格を否定するような発言を繰り返した場合、パワハラに該当する可能性があります。その発言自体が、適正ではないためです。では、具体例を見てみましょう。

「君が営業できないのは太っているせいだ」
「こんなこともできないなんて使えないやつ」
「小学校からやり直しなさい」
「俺よりいい車に乗っているなんて生意気だ」

これらの発言は、業務を進める上で必要のない事柄ばかりです。このような「業務の適正な範囲」を超えた発言は、パワハラにあたります。また、状況によっては、「残業するのは君の自由だよ」といった婉曲的な発言で、サービス残業などを促すのもパワハラにあたります。

人格を否定するような言葉は、思ったより気軽に出てきてしまうものです。こういった気軽に人を傷つける行為を抑制するためには、定期的に講習会などを行うとよいでしょう。

パワハラを防止するためにすべきこと

パワハラを防止するためにすべきことは、職場環境を整えることです。パワハラはストレスの多い職場で起きやすいとされていますが、まずは職場のどこにストレスの原因があるのか、何がパワハラのもとになっているのかを調査する必要があるでしょう。その手始めに、社内で苦情の相談窓口を設け、アンケート調査などを実施するのもよいかもしれません。

パワハラの防止には、企業が単独で対策を講じているものや、企業と労働組合が共同で行っているものなど、さまざまな形態があります。具体的には、就業規則などでパワハラが発覚した際に厳罰な処罰を下す旨を明記して周知させる、定期的にパワハラに関する講習会をするなどがあります。パワハラに反対する方針を明確に打ち出し、社員を教育・啓蒙することで、パワハラはなくすことができるでしょう。セクハラの防止とともに、取り組むのが理想的です。

3.パワハラを予防し、働きやすい職場にしよう!

冒頭で触れたように、2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける労働施策総合推進法の改正案が可決されました。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相談件数が年々増加傾向にあることを受けて行われました。

職場でのパワハラを防止するにはどうすればよいのでしょうか。まずは、働きやすい職場にすることが近道だといえます。繰り返しになりますが、就業規則などで厳罰な処罰を下すことを明記し、パワハラに反対する方針を明確に打ち出すことが重要です。働きやすい企業になることで、社員がイキイキと働き、仕事にも前向きになってくれるでしょう。また、ストレスマネジメントやアンガーマネジメントなどの講習会を開く、コーピングなどの講師を呼んで社員全員でパワハラ防止に取り組む、といったことも効果的です。

早いうちにパワハラ対策に取り組み、ワーク・ライフ・バランスが整った働きやすい職場にしていくことが、企業には期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
ストレッチ
「ストレッチ」とは、「引き伸ばし」という意味で、個人や組織の成長を促進するために、手を伸ばせば届くレベルではなく、背伸びをしないと届かない高い目標をあえて設定し、その実現に取り組むことをいいます。ストレッチによる人材育成では、現状と目標の間のギャップを意図的に拡大し、従来の手法の延長で改善や努力を...
ハラスメント
近年、職場における「ハラスメント」が急増し、人事管理上、深刻な問題となっています。ハラスメントは、広義には「人権侵害」を意味し、性別や年齢、職業、宗教、社会的出自、人種、民族、国籍、身体的特徴、セクシュアリティなどの属性、あるいは広く人格に関する言動などによって、相手に不快感や不利益を与え、その尊厳...

関連する記事

「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアップしました。
2019/08/01掲載編集部注目レポート
「社外からの 社外への」×「セクハラ パワハラ」対応策
職務上や取引上の優位な立場を悪用して、相手に身体的・精神的苦痛を 与える社外セクハラ・パワハラ。商取引上の違法性などを鑑み、社内で起きた 場合とは違った視点での対応が求められる難しい問題です。 具体的な事例や裁判の判例を挙げながら、抑えるべきポイントについて解...
2018/11/08掲載人事・労務関連コラム
人事マネジメント「解体新書」第96回 職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法 ~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(後編)~
昨今、「パワハラ」「モラハラ」など、職場における「ハラスメント」が急増しており、企業の人事管理上、大きな問題となっている。「後編」では、パワハラ・モラハラ問題に対して、企業はどのように対処していけばいいのか、具体的な方法を紹介する。
2016/06/29掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
パワハラについて
上司によるパワハラではなく、会社がパワハラを行ったと認定されるのはどういう場合でしょうか?当社は同族会社でワンマンな経営者なのですが、何かと、「会社の方針に従えないのなら辞めてしまえ!」と言うニュアンスのことを口にされたり、感情的になって叱責をしたりするものですから、精神的に追い込まれて退職するもの...
パワハラでしょうか
ある管理職が、管理部門の社員に対して「営業が君たちを食わせている」と発言しました。 言われた本人は「自分もきちんと仕事をしている。これはパワハラではないか」と相談されました。 業務的に不利益をこうむったわけではないのですが、言われた本人もモチベーションが下がりますし、こういった発言をパワハラとして...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...