企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パワハラについて会社側の防御

お疲れ様です。
最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。
会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか?
最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。

投稿日:2009/07/02 14:10 ID:QA-0016649

※さん
大阪府/人事BPOサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

荒川 大
荒川 大
株式会社ENNA 代表取締役

行動指針とガイドラインの策定が一番でしょう。

こんにちは、株式会社ENNAの荒川と申します。

パワハラに限らず、ハラスメントは「受け手の主観」に左右されますので、訴えられないための基準に明確なものは無いと思われます。

管理者側に「自分の家族が言われて、自分が嫌な気分になる単語は使うな」ということしかないように思います。

指導を行うのであれば、業務プロセスに対する指摘と、人格に対する非難の切り分けについて一度学ぶ機会が必要かもしれません。
実際に使っている言葉が、仕事の効率について話していても、受け手は「自分がのろまだ」と人格を否定されているように感じるのであれば、NGということになりますので。

ポイントとしては
①行動指針策定により、従業員に求められるものを提示する
②ガイドライン策定により、業務上の指導について確認できる基準を作る
③管理職を対象とした「労災判定基準」の勉強会の開催

参照)
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/04/dl/h0406-2a.pdf

投稿日:2009/07/02 16:48 ID:QA-0016652

相談者より

 

投稿日:2009/07/02 16:48 ID:QA-0036520大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

パワハラに防御線引は引けない

■ パワハラが起きる背景には、能力主義の強化、リストラの進行、人間関係の複雑化やこじれなどが考えられ、更に、上司が部下のいじめによる心理的負荷で、ウツ症状を示すような局面(逆ハラ)まで、アメーバ的は広がりを見せています。
■ 形態の多様性、原因特定の難しさ、誰もが加害者・被害者になり得る状況の下で、《 このような基準をもてば大丈夫 》 といったような、確たる線引きはあり得ないと思います。加害者にならない観点からだけではなく、被害者にならない視点からの対応が要求されます。手始めに、下記のステップに沿った検討を始められることをお勧めします。
▼ できだけ多くの、具体的事例を引用し、パワハラとは何かを理解させる。
▼ 社内に、匿名性が保証された、アクセスのし易い、苦情・相談窓口を設置する。
▼ 上記措置を、就業規則などに明記する。
■ 観方によっては、セクハラよりも、広がり、心理負荷の重さなどの点で、企業にとっても、個人にとっても、より深刻度の高い問題だと考えています。

投稿日:2009/07/02 20:35 ID:QA-0016653

相談者より

 

投稿日:2009/07/02 20:35 ID:QA-0036521大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

既に他社様からも適切な回答がなされていますが、私共の気付いた点からお答えさせて頂きますね‥

業務上の指導・教育といった事柄は当然会社にとりまして必要な事柄ですし、時には厳しい内容となる場合もあるかもしれません。

その際、パワハラと従業員が受け取り易い行為については、以下のような指導内容が見られるケースが多いものといえるでしょう。

・感情的な態度をあらわにされる
・暴力的・威圧的な行為又は言動を伴う
・業務上の行為というよりは従業員の性格を問題視している
・従業員の意見・弁明に耳を貸さず一方的に叱責や注意を行なう
・特定の従業員に対して厳しく接する等公平な取り扱いに欠ける
・指導に至る理由やその内容を従業員が理解できていない

等が挙げられます。

特に注意したいのは最後に挙げました「指導に至る理由やその内容を従業員が理解できていない」で、指導する側から見ますとパワハラとは考えていないケースが多いものと思われます。

しかしながら、指導される方からしますと「必要もないのに注意された」と感じますと、一種いじめの感覚を覚えパワハラ行為と受け止められてしまう可能性が生じます。

パワハラ防止につきましては、こうした従業員の目線に立った考え方を抱きつつ指導を行う事が、形式的な基準作りよりもはるかに重要といえます。

文面の「厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員」の方も何故自分が指導を受ける必要性があるのかを理解出来ていない可能性が高いように感じます。

また指導が適切であったとしましても御社に対して何か不満を抱いていれば、このような態度に走ることも考えられます。

差し当たり当該社員のパワハラ主張の件につきましては、事実関係を双方からきちんと聞き出した上で先入観に捉われず客観的に判断されることが必要です。

その上でどう見てもパワハラ行為があったとはいえないようでしたら、日頃の勤務態度や業務内容等を確認された上で、一度本人と現在の仕事や処遇等について不満が無いか話をされてみるのもよいでしょう。

投稿日:2009/07/02 22:45 ID:QA-0016656

相談者より

 

投稿日:2009/07/02 22:45 ID:QA-0036524大変参考になった

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パワハラの対応について
会社の部下が上司にパワハラ行為を受けているとの 訴えが起きた時に、その上司がパワハラの実態調査に 当たるのは、利益相反になりますでしょうか。 また、どの部分で利益相反になるかもご教示お願いいたします。
パワハラ社員のビデオ撮影
社内でパワハラ行為をする社員の仕事ぶりを ビデオ撮影して、パワハラの証拠として記録してすることは、プライバシーの関係から 問題がありますでしょうか。 もちろん本人には分かるようにです。
パワハラについて
上司によるパワハラではなく、会社がパワハラを行ったと認定されるのはどういう場合でしょうか?当社は同族会社でワンマンな経営者なのですが、何かと、「会社の方針に従えないのなら辞めてしまえ!」と言うニュアンスのことを口にされたり、感情的になって叱責をしたりするものですから、精神的に追い込まれて退職するもの...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
ストレッチ
「ストレッチ」とは、「引き伸ばし」という意味で、個人や組織の成長を促進するために、手を伸ばせば届くレベルではなく、背伸びをしないと届かない高い目標をあえて設定し、その実現に取り組むことをいいます。ストレッチによる人材育成では、現状と目標の間のギャップを意図的に拡大し、従来の手法の延長で改善や努力を...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...