企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パワハラの防止に関する規則について

このたび、就業規則パワハラの防止に関する規則をのせる形で進めていますが、一部役員より
規則の中に禁止行為の欄があるのであれば、防止ではなく禁止に関する規則ではないのか?との
質問がありました。ネット等にあるサンプルをみるとほとんどが、パワハラの防止に関する規則と記載されている例が多いのですが、禁止と防止を分けている意味を教えて頂ければと思います。

投稿日:2018/01/18 11:38 ID:QA-0074447

keimetalさん
神奈川県/旅行・ホテル

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「禁止事項」は「防止規則の一部」、「パワハラの防止に関する規則」とするのが正解

▼「防止規則」は、通常、最低でも、「目的」、「防止する為の諸措置」、「禁止事項」、「罰則」の諸部分から成り立っています。ご検討中の規則なるものが、「禁止事項の限定列挙」であれば、一部役員の仰る通り、「禁止に関する規則」の方がスッキリします。
▼然し、「抵触事案発生の未然防止が、先ずありき」の観点から、規則の趣旨を十分理解させることが欠かせない故、「防止に関する規則」とされている訳です。「禁止事項」は、「防止規則の一部」という位置付けになります。依って、「パワハラの防止に関する規則」とするのが正解です。

投稿日:2018/01/18 15:01 ID:QA-0074451

相談者より

ご回答ありがとうございます。
未然防止の観点からなんですね。
上司に説明してみます。

投稿日:2018/01/18 15:35 ID:QA-0074453大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、セクハラとは異なり、パワハラにつきましては現時点で防止・禁止に関わる法的な措置義務までは設けられておりません。

その上で申し上げますと、禁止行為の記載があっても、防止する為には何をやってはいけないかが明確になっていなければなりませんので、当然に防止規則としての内容に包含されるものといえます。

結局のところ防止・禁止いずれであるかといった区分けに実務上での意味はないですし、防止から万一発生した場合の措置・事後の環境整備に至るまで総合的な対策を講じられる事が重要といえます。

投稿日:2018/01/18 20:52 ID:QA-0074458

相談者より

ご回答ありがとうございます。
包括的な規則として理解して頂くよう
説明してみます。

投稿日:2018/01/19 09:30 ID:QA-0074463大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

就業規則の服務規律の章の中で、セクハラの禁止規定に次いで、パワハラの禁止規定として記載するのが通常です。

防止は対策ですから、一部役員の言うとおり、規定は禁止とすべきでしょう。

投稿日:2018/01/19 01:33 ID:QA-0074461

相談者より

ご回答ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

投稿日:2018/01/19 09:31 ID:QA-0074464大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
パワハラ社員のビデオ撮影
社内でパワハラ行為をする社員の仕事ぶりを ビデオ撮影して、パワハラの証拠として記録してすることは、プライバシーの関係から 問題がありますでしょうか。 もちろん本人には分かるようにです。
パワハラの対応について
会社の部下が上司にパワハラ行為を受けているとの 訴えが起きた時に、その上司がパワハラの実態調査に 当たるのは、利益相反になりますでしょうか。 また、どの部分で利益相反になるかもご教示お願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...