企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15393件   回答数33253

適用事業所

当社では、本社以外に10営業所があります。
いずれも5人ほどの規模です。

現在、本社のみ雇用・労災保険の適用事業所として届出しています。
本社以外は、いずれも5人ほどですが、すべての事業所を届出するものなのでしょうか。
また、36協定等もすべての事業所で届出なければいかないのでしょうか。

  • よっしーさん
  • 埼玉県
  • 住宅・インテリア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/05/19 15:22
  • ID:QA-0049584
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/05/19 22:45
  • ID:QA-0049586

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

原則としては、事業所毎の適用になりますので、営業所単位での雇用・労災保険の届出手続き等が必要になります。

しかしながら、文面のようなごく小規模の営業所等で人事管理機能を有さず独立性が無いと考えられる場合には、本社の一組織として適用を除外する事も通常可能といえます。またこのように事業所としての独立性が無ければ36協定等も本社のみで締結する事が可能といえます。

その場合の手続きとしましては、本社で一括処理を希望する場合ですと「労働保険継続事業一括認可申請書」を本社の所轄労働基準監督またはハローワークへ、「雇用保険事業所非該当承認申請書」を各営業所の所轄ハローワークへ提出することで行います。

申請書様式の入手及び手続面での詳細等につきましては、ハローワークにてご確認頂ければ幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/05/21 11:27
  • ID:QA-0049587

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

適用事業所

■雇用保険・労災保険については、実務上は、独立性があるかないかについては、人事や給与計算をどこで行っているかによります。独立しているようであれば、雇用保険は非該当承認届をそれぞれ提出、労災保険は、労災保険番号をそれぞれ取った上で、本社で一括届を行います。ただし、営業所に人事・給与等の独立性がなければ現行のままでも問題はないでしょう。

■36協定については、原則として、1人でも事業場に常駐者がいれば、各事業場ごとに労基署うに届出なければなりません。時間外労働については、労働者の権利が大きいですし、場所が違えば労働時間管理は違うといった観点からです。▲ただし、限定的に新聞社の1人駐在員は適用除外と判例がででいます。

就業規則は10人以上ですから、届出は本社のみでよろしいです。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/05/29 14:07
  • ID:QA-0049723

社会保険労務士法人SRグループ 代表

適用事業所

この度の小規模の事業所で、かつ、管理監督者がおらず事業所として人事機能が無い場合、一つの事業所(本社)のみの届出でも可能であります。
しかし、労働基準法にも定められている通り、原則としては事業所単位での適用になるため、各事業所で雇用・労災保険の届出手続は必要となります。これは36協定等の協定の届出も同様に行います。
一方、一つの事業所(本社)のみの届出でも可能な場合、労働保険の継続事業一括認可申請書と雇用保険事業所非該当承認申請書を提出します。
労働保険の継続事業一括認可申請書とは、継続事業で同一の事業主が2以上の事業を行っている場合、保険関係を一括で取り扱いたいときに、継続事業の一括扱いを受けようとする事業所を管轄している労働基準監督署に提出します。
尚、この申請書は、事業主が同一であることのほか、それぞれの事業が継続事業であること、労災保険料率表による事業の種類が同じであることなど、全ての要件を満たす必要があるため、一度ご確認いただければと思います。
最後に、雇用保険事業所非該当承認申請書は、雇用保険の事務手続きを本社等で一括で行えるようにするための申請書であるため、非該当となる事業所を管轄する公共職業安定所に提出しなければなりません。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
36条協定の本社一括届出について
36条協定の本社一括届出については、「事業の種類」、「事業の名称」、「事業の所在地(電話番号)」、「労働者数」以外の事項が同一であるものに限られていますが、同一の事業場については本社一括で届出し、同一でない事業場については、その事業場のみを単体で届出すればよい、という解釈で宜しいのでしょうか。或いは...
事業所登録について
いつもお世話になります。 弊社では本社の他に、全国で営業に回っている者のために 4箇所の立ち寄り所を所有しております。 そこでご質問ですが、これらの場所を事業所登録する必要はありますでしょうか。 事業所の定義と、事業所登録の要件等、法的に定められているものがあればご教示願います。 よろしくお願い致...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
事業承継
「事業承継」とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことで、一般的には、閉鎖企業や同族経営の中堅中小企業のオーナー社長が親族や従業員に、あるいはM&Aの相手先に事業を承継させるプロセスを言います。よく似た言葉に「事業継承」がありますが、「承継」が先代の「地位、事業、精神を受け継ぐこと」であるのに対し、「継...
メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...
イントラプレナー
イントラプレナー(Intorepreneur)とは「社内起業家」のこと。企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材を一般の起業家を意味する「アントレプレナー」(entrepreneur)と区別してこう呼びます。起業家精神はもとより、経営管理能力や事業全般にかかわる...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...