無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

36協定や事業場外みなし労働届けの「事業の種類」欄

以下教えていただけますでしょうか。

弊社には、2つの事業部があり(1つの会社の中に事業部が2つあるということです)、その2つの事業部の行っている事業内容は全く異なっています。
※2つとは、例えば「小売業(仮にA)」と「広告代理業(仮にB)」のような感じです

従来、2つの事業部は同じビル内にあったのですが、今般片方の事業部が移転することになりました。

そこでお聞きしたいのですが、片方の事業部の36協定や事業場外のみなし労働時間制の届けにある「事業の種類」欄を記入するに際しては、あくまでもメインの事業を記入する(あくまでも1つの会社で提出する「事業の種類」欄は同一となる)のでしょうか。

それとも書類を提出する場合、夫々の事業部の行っている事業について記載するのでしょうか。

ちなみに労働保険は被一括としており(Aで提出)、雇用保険についてもB事業所は非該当承認を受けています。
※労働保険や雇用保険のからみで、事業の種類の記入方法も変わってくるのでしょうか

以上、よろしくお願いいたします。

投稿日:2008/08/26 11:11 ID:QA-0013474

*****さん
東京都/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談のケースですと、B事業所に関しては単体事業としまして独立性がないものといえますので、労働法令上では「直近A事業所の一部」として取り扱われます。

従いまして、A事業所における事業の種類のみを記入することで特に問題はないでしょう。

投稿日:2008/08/26 22:44 ID:QA-0013481

相談者より

ご回答くださいましてありがとうございました。

投稿日:2008/08/27 12:20 ID:QA-0035371大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
事業場外みなし労働時間制の労使協定例

事業場外みなし労働時間制の労使協定例です。対象者や労働時間のルール、対象者が有給休暇を取得した場合の取り扱いについてサンプルを記載しています。自社で定めたルールに合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
OKRテンプレート

企業で目標を定めるフレームワークの一つ「OKR」のテンプレートです。店舗販売事業を持つ企業を例にした目標を記載しています。例を参考に自社で編集しご利用ください。

ダウンロード
出向協定書

産業雇用安定助成金に対応し、在籍出向の契約を結ぶ際の出向協定書です。産業雇用安定助成金の必要事項に加え、出向において定めるのが望ましいルールを記載しています。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード