企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14452件   回答数30697

副業のため個人事業主になった社員の雇用契約破棄できますか

1日8時間勤務の正社員が、副業を行いたいと申し出てきました。(副業は許可制となっています)
副業先での勤務時間が容易に45時間超えることが予想されるので、許可しないと通知
「個人事業主になれば、残業や勤務時間の継続の対象からはずれるはず。」と言ってきています。
雇用契約時には個人事業主でなかったので正社員として雇用しましたが、個人事業主であれば通常契約社員としての契約しています。
現在の雇用契約を破棄し、契約社員としての雇用に切り替えることはできますか?
よろしくおねがいします。

  • 投稿日:2019/04/16 15:55
  • ID:QA-0083914

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/04/18 10:14
  • ID:QA-0083953

人事・経営コンサルタント

労働契約

副業を認めるかの判断と、現在の社員としての労働契約の問題は別ですので、分けて考える必要があります。副業先で45時間の社員契約をするのであれば、貴社での労働が残業となてしまう恐れもあり、現実的には不可能です。副業許可の範疇に業務に支障がないことなど制限を設けているのではないでしょうか。それに沿って判断となります。

その際に副業先に個人事業者として関与する場合、貴社勤務も同時に個人事業者にしたいとのう申請でしょうか?契約自体が変わる以上本人了解の下、契約社員なのか請負契約なのか、新契約が必要となります。

  • 投稿日:2019/04/22 16:49
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
当社の就業規定は、「他の職務または職業に従事するときは、会社の承認を受けるものとする。」のみです。就業規則の改定も準備したほうがよいですね。
社員からは、「8時間勤務の後、2時間程度の副業で、月2~3回土曜も副業したい。副業の予定先からは、個人事業主として勤務してもらうといわれています。」
1.当社の勤務時間が残業扱いになるのも困る
2.長時間労働も36協定を結んでいる当社に義務や責任がくるのは困る。
当社として、個人事業主として契約することにより上記の問題が解決するのではと変更を打診したいとの想いで相談しました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
専門家より
  • 投稿日:2019/04/18 11:44
  • ID:QA-0083958

代表者

長時間副業の本業への影響

▼御社の正社員と契約社員の区分定義は分りませんが、「副業先での勤務時間が45時間超」に、信憑性と立証性があるのであれば、フルタイマー(正社員)から、パートタイマー(短時間勤務者)への切替えには、一定の合理性があると考えます。

  • 投稿日:2019/04/22 16:59
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
本人は当社で正社員のままの副業を希望しています。
副業先が残業等のしがらみを逃れるため個人事業主での契約を言ってきているようです。
その状況下で、当社での勤務をパートに切り替えか、個人事業主としての契約を考えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/04/18 22:42
  • ID:QA-0083971

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、職業選択の自由が当人にはございますので、個人事業主としての副業を御社側で止める事までは出来ません。

しかしながら、副業の内容をきかれた上で御社での現在の労働契約の履行に支障をきたしたり、或は健康面で不安が生じたりするという事であれば、現行契約の条件を維持する義務まではないものといえます。

従いまして、就業規則に反する行為であること、そして上記観点から現行契約の維持は困難と思われる事を伝えた上で 契約社員として御社での労働契約を軽い労働負荷とされるのは合理性があり妥当な措置といえます。

  • 投稿日:2019/04/22 17:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
個人事業主になるのを阻止できない。参考になりました。
副業の内容を詳しく聞き取り、当社での勤務に支障をきたすか否かで正社員のままか契約社員となるかを相談していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
副業の承認
当社は、製造派遣・請負業をしており、昨今の不況により社員の雇用を守ることが厳しくなっております。 そこで何とか少しでも雇用を守るためにもワークシェアリングや副業を認める動きを社内でしていことうと考えます。 もともと、副業については、認めているわけでも禁止しているわけでもなく、就業規則にも明記してお...
障害者雇用の雇用率カウントについて
障害者の雇用を促進しています。最近のニュースで、雇用している社員の副業について承認する企業も 増えてきていると聞きました。 例えば会社で雇用している障害者の方が副業をしていた場合、雇用している会社での雇用率カウントの考え方はどうなりますか。 何か算定基準がありますか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

副業・複業
「フクギョウ」と言う場合、通常は「副業」と書き、本業のかたわら別の仕事を持つこと、雇用者であれば勤務先外の業務で収入を得ること、あるいはその仕事自体を意味します。「複業」も本業以外の仕事のことですが、「副業」があくまで本業の片手間に行う、所得補てんを目的としたサブ的な仕事という意味合いが強いのに対し...
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...