企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

就業規則で明記されていない副業禁止への処置について

いつも、的確な回答いただきありがとうございます。
当社、従業員65名の切削加工業を営んでいます。
地域が東北の田舎町でもあり、社員には田畑を
持って、副収入がある者もおります。

今回、実は会社に無断で、夜勤アルバイトしているもの
がいることが発覚しました。市町村よりの所得税等の
通知ですか?から判明しました。

社内では、アルバイトの禁止を口頭で話はしています。
私の立場は総務の責任者ですが、本人に確かめ
確認をとり、改めて処置の連絡をはなすと言っています。

最終的に経営者と話をして、なんらかの対応を話しましたが、
出来たことは仕方ない、また就業規則にもないので、とのことで
不問になりました。
社内では、噂が広まっており(社員のアルバイト)やはり、
なんらかの対応は必要と考えます。

この点どう対応すべきか、ご教示願います。

  • *****さん
  • 山形県
  • 精密機器
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2013/07/03 15:12
  • ID:QA-0055177

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/07/03 19:51
  • ID:QA-0055181

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

副業禁止について

まず、会社として、なぜ副業禁止にしたいのか整理してください。

会社とすれば、通常は、職務専念してもらう、
機密漏えい防止等が考えられます。

ただし、労働契約は所定労働時間についてのものであり、
判例でも、なんでもかんでも、副業禁止が有効とはならず、
副業禁止になるのは限定的となります。

昨今、賃金は上がらない状況が多いですから、
一方的に副業禁止とするのではなく、許可制にするなど、
もあわせて検討し、就業規則に規定するべきと思われます。

田畑についても、業務に支障がない限り、
認めるてあげるべきと思われます。

  • 投稿日:2013/07/04 08:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

判例でも、なんでも副業禁止ではないのですね。
そのあたり、不勉強でした。
許可制の検討含めて対応してみます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/07/03 22:50
  • ID:QA-0055183

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、就業規則で禁止されていない現状では、副業を行っているというだけで会社として制裁等の処分を採ることは困難といえます。

しかしながら、仮に正社員の方が他社で夜勤アルバイトをされているとなりますと、疲労等により本業に差し支えが生じることも十分に考えられます。そうした事を承知で黙認されていますと、単に業務効率の低下を招くのみならず、万一当人の健康状態が悪化した場合に会社が安全配慮義務違反を問われる可能性も生じますので注意が必要です。

従いまして、対応としましては、勤務内容や時間帯・時間数等詳細を確認された上で基本的には辞めてもらうか、少なくとも副業の時間を減らす方向で本人に話されるのが妥当といえるでしょう。

同時に正社員につきましては、原則副業については禁止とし、会社の許可制を採られるよう就業規則に定める事が望ましいというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2013/07/04 08:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

許可制の検討ですね。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/07/04 23:22
  • ID:QA-0055225

人事・経営コンサルタント

副業禁止

副業禁止の就業規則は多くありますが、法的には禁止することは出来ないという考え方もあります。合理的理由としては、業務上の機密保持と健康管理ですので、それらに影響が出ることを禁ずるという形を整えておけば処分も可能と思います。しかし全く業務に障害がなければ、処分までは難しいと思います。処分で禁ずるというより、日頃の勤怠管理、組織管理の中で、職務中に影響があるようなことが無いよう指導するのが順ではないでしょうか。

  • 投稿日:2013/07/05 09:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご指摘の通り、業務になんら支障は出ておりません。むしろ、一生懸命仕事しております。
ただ、彼だけを特別扱いするわけにもいかず、なにがしかの「指導」を必要と考えています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
就業規則の変更と既存社員の保護
いつもお世話になっております。 今までなかったアルバイトの就業規則を作成中です。その中で通勤交通費の上限額を定める予定ですが、アルバイトの就業規則がなかった間に入社しているアルバイトに対しては、正社員の就業規則に準じた通勤交通費を支給しております。(作成中のアルバイトの就業規則より高い) 今後新しく...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 緊急調査 企業のマイナンバー対応状況アンケート
    2016年1月より、社会保障・税番号(マイナンバー)制度が導入された。企業は、マイナンバーの収集、法定調書への記入に加えて、厳重な情報管理が求められている。企業はどの程度マイナンバー制度に関しての対応の準備ができているのだろうか。企業の対応状況について、WEBによる緊急調査を行った。

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
服務規律
服務規律は、企業秩序の維持を図るために社員が遵守すべき義務やルールを定めたもの。就業規則に、労働条件などと並んで明記されるのが一般的です。
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...