企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

賞与算式について

現在、賞与算式の方法として、全社で賞与原始を持ち、
それを、各部署業績によって振り分け、その部署内で、評価の掛け率によって取り合い、
といった形を取っているのですが、どうしても部署内の人数が異なるので、
最後の評価の掛け率で分けた際に、同じ達成率、同じ評価を受けた人が
違う金額になってしまいます。(ベースは基本給)

違う部署の人間で、部署の達成率が同じ、同じ評価をうけた場合、
同じ額を与えたいのですが、どういった賞与算式であればよいでしょうか。

宜しくお願いいたします。

投稿日:2013/04/18 16:59 ID:QA-0054223

*****さん
大阪府/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答6
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

お答えします

「部署の達成率が同じ、同じ評価をうけた場合、 同じ額を与える」のを どうしても実現するのであれば、現状の、部署の原資設定から入る方法を変えるしかないのではないでしょうか。

理屈で言えば、個人の評価から算出された部署の合計額を、在籍者数で割った額(役職や等級を加味した、加重平均額)は、現状の部署ごとの原資の比率とだいたい一致するはずです。もちろん、役職者の人数や基礎となる基本給額の差などで、そううまくはなりませんが、大きな乖離がなければ、それで割り切るのも、よくある一つの方法です。

一度 定めた原資を、個別の評価結果と額を見ながら、調整するという方法もあります。不公平だと感じられる場合に限って、額を揃えるために 部署の原資を増減させます。

階層によって、部署の業績の反映度合いを変える方法もあるでしょう。例えば、若手については個人評価のみで賞与を決定し、管理職とか中堅以上は 個人の評価だけでなく部署の業績も影響するようなやり方です。

投稿日:2013/04/18 17:47 ID:QA-0054225

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、部署業績によって賞与原資を振り分けている以上、違う部署の従業員について同じ評価であっても、同じ賞与額を支給する事は基本的に無理があるものといえます。

従いまして、個人への評価を支給額決定の中心に据える場合には、まず部署業績による振り分け自体を廃止されることが必要です。その上で改めて計算方法を決めなければなりません。

また、御社の賞与制度内容から判断しましても、明らかに部署業績を最重視する仕組みとなっていますので、こうした個人評価重視への変更は現行の会社方針と矛盾するものと考えられます。

それ故、単に計算上の問題と捉えるよりも、今一度賞与支給全体に関わる会社方針の見直しも含め議論を尽くした上で決められるべきというのが私共の見解になります。

投稿日:2013/04/18 22:34 ID:QA-0054230

相談者より

有難うございます。

個人の評価から算出された額を、その部署でなく、会社全体の在籍者数で掛け戻した場合、差はでません。その場合、部署での差をどこで出すか、との問題になるのですが、個人の評価の算出の際にその個人に部署の達成率をかけて上乗せする、という方法は問題でしょうか。

投稿日:2013/04/23 17:49 ID:QA-0054289大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

賞与算式について

ご質問の内容のとおりにしたいのであれば、
現在の、各部署の振り分け方に問題があります。振り分ける際に、人数を考慮していないのではないでしょうか。賞与算式ではまなく、原資の各部署振り分け算式を見直してください。

その上で、
達成率が同じ部署は、各部署の原資を足したうえで、一緒に評価する。
あるいは、
部署振り分けを辞めて、会社全体の算式とする。
最後に、部署間調整をするなどが考えられます。

ただし、最も重要なのが、
そもそもなぜ、部署間に振り分けているのかといった会社の考え方です。

それと賞与規定も再確認してください。
以上

投稿日:2013/04/19 10:45 ID:QA-0054237

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

支給額ベース

計算式を変え、同じ達成の社員には同じ額とするという方式にするしかないでしょう。しかし一般的には業績連動であっても全く同じということは無く、予算の立て方等も総合的にリビューしていく必要があると思います。

投稿日:2013/04/19 22:52 ID:QA-0054249

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

お答え2

もちろん、問題はありません。ただ、受け取る方からは、ちょっと分かりにくい感じはします。
部署の業績の反映を、額にするのは どうでしょうか。個人の達成率に、部門評価によって上乗せ額が変わるというやり方です。

投稿日:2013/04/23 18:14 ID:QA-0054291

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂きまして有難うございます。

文面の件ですが、賞与の計算方法は原則任意ですので、そのような方法でも差し支えございません。但し、個人評価をベースにした支給になりますので、部署優先の支給方針は弱まることになります。その辺に関しまして社内でのコンセンサスが取れていればよいでしょう。

いずれにしましても、御社の賞与支給方針に加えまして、従業員のモチベーションにも関わる事柄ですので、経営陣も含めて十分な検討をされた上で決められる事が重要です。

投稿日:2013/04/23 20:06 ID:QA-0054293

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
兼務者の評価について
A部署とB部署を兼務している社員がいたとします。この社員をどう評価すべきか迷っています。 目標管理シートを2枚作成し、予め、その社員のA部署に関わるウェイトとB部署に関わるウェイトを決め、期末評価時には各部署の評価者が通常通り評価し、ウェイトに基づいて計算した点数を評価点とする方法等が考えられると思...
異動者の評価について
異動者の評価についてご教授お願いします。 異動をすると新しい業務に慣れるまで時間がかかるので、前の部署ではハイパフォーマーであっても評価が下がりがちです。それは当然と考えるのか、そうならないような評価の仕組みもしくは運用を作るべきなのか、みなさまの会社ではどのように考え、運用していらっしゃいますでし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...