無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

59歳時の賞与に関して

59歳時の賞与に関して、「前年の所得によって在職老齢年金が減る場合があるので、賞与としてではなく退職金として支払うとよい」ということを聞いています。ただ、賞与と退職金の違いにより所得税の軽減につながる場合もあると思いますので、税法上の問題を指摘される可能性はないものでしょうか。当社では、賞与は夏冬分を1回にまとめ、7月に支給しています。

投稿日:2007/07/04 11:40 ID:QA-0008986

*****さん
山形県/マスコミ関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、税法上の問題というよりは御社の賃金制度上問題が出てくる場合があるといえます。

例えば、賃金規程等で賞与支給時期が定められている場合に、理由を問わず支給されるべき賞与分を退職金に回すことは定めに反することになってしまいます。

年金受給や課税の面でメリットがあるのは確かでそれ自体に違法性はございませんが、従業員によっては賞与として先に受給する方を望む場合も十分に考えられますので、会社側の意志のみで賞与支給をしないということは認められないでしょう。(※ちなみに退職金として前払いしましても実質判断で賞与と同様の扱いを受けます。)

原則としましては、労使間で十分協議した上で賃金規程変更により59歳時賞与の廃止及び退職金上積みの内容を制度化すべきですが、時期的に間に合わないようであれば、事前に年金受給内容を含め該当者に詳細を説明し個別に合意を得た上で変更することが必要です。

尚、60歳再雇用に関しましては、在職老齢年金や所得税以外に高年齢雇用継続給付金の問題も絡んできますので、かなり複雑になってきます。
出来れば、人事制度の専門家に直接ご相談された上で最適な結果が得られるように制度設計される事をお勧めいたします。

投稿日:2007/07/04 13:48 ID:QA-0008987

相談者より

ありがとうございました。説明不足で申し訳ございません。もちろん、会社で勝手に決めるわけではなく、詳細を説明した上で本人に選択させておりますが、初めて退職時の支払いを希望する社員が出まして、万が一にも本人に不利になるようなことがないか確認したいと考えたしだいです。ありがとうございました。

投稿日:2007/07/04 13:54 ID:QA-0033589大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
賞与査定表

賞与の査定表です。査定に必要と考えられる項目をリストアップしています。業種・職種に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
賞与計算規定

一般的な賞与(ボーナス)計算式を記載した規定例です。計算要素として人事考課と出勤率を組み込んでいます。自社の賞与計算要素に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
関連する資料
HRテクノロジーで退職を防ぐ~AI×勤怠データから高精度に退職予備軍を検知~

企業において人材流出は、採用コスト・人材育成コストの増加、従業員の負担、業務の停滞による生産性の低下など大きな損失になります。「優秀な人材の流出をいかにして食い止めるか」は大きな命題の1つと言えます。本資料では従業員の離職防止をテーマに、AIを活用した退職予備軍の早期検知手法についてご案内致します。