企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

正社員から契約社員になった場合の賞与支給について

社員本人の都合により、2017年12月31日で退職(退職金支払済み)、2018年1月から契約社員で入社した場合の賞与支給について教えてください。

2018年6月の賞与は、2017年10月から2018年3月が対象月となっています。
今回の対象者の場合、賞与支給は、
 <正社員時の賞与(3/6ヶ月分)+契約社員時の賞与(3/6ヶ月分)>
 となるのでしょうか。
それとも、一旦退職している為、契約社員で入社してからのみ対象
 <契約社員時の賞与(3/6ヶ月分)> 
 となるのでしょうか。

ちなみに、規程では、支給対象について「賞与支給時に在籍しない者には賞与を支給しない」と記載があります。

賞与支給について、教えてください。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2018/05/19 15:34 ID:QA-0076641

SNOWさん
岡山県/HRビジネス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、手続上一旦退職されているとはいえ、退職翌月からすぐ契約社員として入社されていますので、実質的に雇用は継続されているものと考えられます。

つまり、退職金を貰う為に形式上退職手続を採られたに過ぎず、実際には単に契約上の身分が変わっただけと考えられますので、正社員時の賞与(3/6ヶ月分)+契約社員時の賞与(3/6ヶ月分)で支給されるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2018/05/21 12:19 ID:QA-0076655

相談者より

ご回答、ありがとうございました。

投稿日:2018/06/11 13:56 ID:QA-0077131大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の件は、会社の規定によります。
在籍支給要件が規定されているのであれば、本人都合の退職により支給日に在籍していない場合には、支給日在籍要件は有効とされ、すなわち正社員としての賞与は支給する必要はありません。

判例でも定年退職、死亡退職による支給日在籍要件も有効とされています。
ご参考までに、会社都合による場合は、支給日在籍要件は無効、すなわち、支給日に在籍していなくとも算定期間中のものは支給せよとする傾向があります。

契約社員期間については、契約社員の賞与支給規程に従い算出して下さい。

投稿日:2018/05/21 14:41 ID:QA-0076673

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2018/06/11 13:56 ID:QA-0077132参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

継続勤務

契約社員の5年縛り逃れのために雇止め逃れ行為が厳しく監視されています。退職後6か月のクーリングがなければ雇用継続とみなされるように、本件は逆の立場ですが、会社も承認の上で進んだ職務変更と見なされると思います。ボーナスの支給対象として該当期間は当てはめるべきでしょう。もちろん金額等は現契約条件に基づくものでかまいませんが、評価期間としてはしっかり対応するべきだといえます。

投稿日:2018/05/21 14:47 ID:QA-0076674

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2018/06/11 13:56 ID:QA-0077133参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職者の賞与分社会保険料について
先月弊社の従業員が、賞与の支払を受けた上で月中に退職致しました。 ここで疑問なのですが、今回のように月中で退職の場合、当月分の社会保険料は発生しないと思われますが、賞与については支払うべきなのでしょうか。 ちなみに既に賞与分を本人より徴収してしまいました。 ご教示の程宜しくお願い致します。
1人だけ賞与支給
当方、従業員が10人未満の小さな会社です。 7月と12月に賞与支給をしていますが、このたび設立時より会社に貢献している社員に対し、 一時金を特別賞与と言う形で支給して欲しい、と社長より言われました。 時期は6月ですが、1人だけ賞与支給することは問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。
決算賞与を夏の賞与と同日に支給する
いつもお世話になります。 弊社で社員に特別賞与(決算賞与)が出ることになりました。 会社としては、夏の賞与と同日に支給したい意向ですが、 税法上や社会保険上、問題になることはございませんか。 アドバイスをお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 好況時に優秀な人材を採用する難しさ
    景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をしているのでしょうか――。
  • 常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
    成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こうした中、労務行政研究所では「役員の報酬・賞与、退職慰労金などに関する調査」を実施しました。本調査は1986年からほぼ毎年行っているものです。...
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。
あわせて読みたいキーワード
賞与(ボーナス)
「賞与(ボーナス)」は、一般的には企業が多くの利益を上げたときに、従業員にその利益を還元するために支払われる一時金のことを意味します。「いい」という意味をもつラテン語の「ボヌス」から派生した「ボーナス(bonus)」ですが、「パートタイム労働者には賞与を支給しない、もしくは非常に少額」という企業が多...
業績連動型賞与
会社あるいは部門ごとの業績を賞与支給額に連動させる制度。成果主義へ移行する企業のほとんどが採用しています。一般的には全社業績で賞与原資を決め、各部門の目標達成度などに応じて配分額を決める企業が多いようです。
ラッカープラン
「ラッカープラン」とは、企業が創出する付加価値を基準にして従業員の賃金総額を決定する手法のことです。米国の経営コンサルタントであったアレン・W・ラッカーによって提唱されました。企業の付加価値と人件費総額との間にある高い相関関係に着目して賃金総額を管理するのがラッカープランの考え方で、付加価値に標準労...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

流通・小売・サービス関連企業が抱える、数多くの問題点に焦点をあてる。今...