企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パートタイム勤務者の評価について

同じパートタイム勤務でも、フルタイムと時短(扶養範囲内)とあります。
現状、賞与も時給も勤務時間によって時給や賞与を変えていませんが、フルタイムと時短とで何かしらの差をつける場合は、どのような内容にしたらよいでしょうか。
時間勤務といえども、フルと時短が同じ評価だとフルタイムのスタッフのモチベーションにも関係するものなのでしょうか。他社はどのようにしているか教えてください

投稿日:2020/08/31 22:07 ID:QA-0096290

せぶんさん
福岡県/コンサルタント・シンクタンク

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、単に時間数が異なるだけで仕事の内容や責任度合い等が全く変わらないという事でしたら、同じ時給単価にされるべきといえます。

つまり、時間の多少というよりは勤務の中身によって評価されそれに基づき時給や賞与も決められるのが妥当といえます。

投稿日:2020/09/01 09:43 ID:QA-0096305

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「フル」対「時短」差のモチベーションは希薄になる

▼「同一労働・同一賃金」の観点からは「単位時間当りの価値」が同じであれば、フルタイマーと時短者の賃金差は、労働時間となります。
▼喧伝されている割に、日本では、処遇面で、正社員>パート、フルタイマー>時短者の構図が残っており、ご質問にも見え隠れします。
▼今の処、一般企業が、どう対処しているかに就いての資料は、ネットでも入手できていませんが、正社員、或いは、フルタイマーに何らかの既得権、慣習として残されていると思います。
▼然し、パートタイム労働法にも明記されている通り、「職務の内容と人材活用の仕組みや運用などが同じであれば、単位当たりの仕事の対価は同じであるべきという理念」は、ジワリと具体化してくるでしょう。

投稿日:2020/09/01 11:11 ID:QA-0096308

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

業務内容、責任の範囲等によります。

所定労働日数、会社の規定にもよります。

会社として、フルタイムの働き方を望むのであれば、フルタイムを優遇するという選択肢はありますが、その場合は、説明がつくようにしてください。

投稿日:2020/09/01 14:36 ID:QA-0096318

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

同一労働

勤務時間の長短だけでは差は付けられません。管理責任や職務内容で明らかに違いを付ける必要があります。勤務時間は自己申告で契約しているはずですので、長短は自分の希望であり、それによってモチベーションに差が出る方が普通ではないといえます。担当内容、時間、作業内容などで差があれば、給与面での差は合理性があり認められます。

投稿日:2020/09/01 14:52 ID:QA-0096321

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

フルタイムパートと短時間パートで勤務内容や責任の度合いが異なるのであれば、時給や賞与に差をつけることもやぶさかではありませんが、単に労働時間が長いか短いかというだけで差をつけることは、理由にはなりません。

同じ業務内容でありながら労働時間の長短だけで時給に差を設けている会社は、知り得る限り存在しません。

投稿日:2020/09/14 12:13 ID:QA-0096720

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
早朝勤務者の短時間労働について
弊社では、事業のために土曜日の早朝4時ごろから勤務させる場合が年に数回あります。この場合、3時間程度の勤務でこの日を労働日とみなしてかまわないものでしょうか。また、いったん帰宅して夕方から深夜までの勤務というケースもありえるのですが、例えば「午前4時―7時まで勤務し、いったん帰宅して午後4時から12...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 4.モチベーション・組織活性化研修の企画・導入のポイント 
    モチベーション研修、組織活性化研修を導入する際、最大限の効果を上げるために踏まえておきたい4つのポイントを解説。
  • フルタイム以外の人材紹介
    子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かしたい」という企業側と人材側、双方のニーズが高まってきている。人材紹介会社にも「多様な働き方」への対応が求められるようになってきたのだ。
  • 1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
    「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考え方と具体的な方法であるモチベーション研...
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
評価者訓練
人事評価を行う社員に、評価の手順、基準や着眼点などを理解してもらい、具体的な技術としての評価能力(Appraisal Skill)を体得してもらうために、企業が実施するトレーニング・プログラムのことです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...