無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

勤務間インターバルについて教えてください。

勤務間インターバルの導入を検討しております。

一般的な勤務の場合
・8:00~17:00
この場合、17:00が勤務終了となり、インターバル時間の開始も17:00~という認識です。

下記の場合はいつが勤務終了(=インターバル時間開始)となるのでしょうか?
(ケース①)
・8:00~17:00勤務後、休憩し、22:00~5:00まで勤務。
(ケース②)
・22:00~5:00勤務後、休憩し、8:00~17:00まで勤務。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2022/03/22 11:19 ID:QA-0113509

素人人事さん
大阪府/建設・設備・プラント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①8:00~翌5:00まで一勤務とみなしますので、5:00~開始です。

②5:00~開始です。

投稿日:2022/03/22 13:24 ID:QA-0113522

相談者より

コメントありがとうございます。
➁の場合も➀と同様、1勤務という認識でしょうか?
また、仮に➁でさらに夜勤(22:00~5:00)をした場合は、勤務終了は5:00になるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日:2022/03/22 14:54 ID:QA-0113527大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

②は、22:00~5:00までが1勤務です。

仮に再度、日またぎの場合もご認識のとおり同様です。

投稿日:2022/03/22 18:21 ID:QA-0113546

相談者より

ありがとうございます。
勉強になりました。

投稿日:2022/03/23 18:52 ID:QA-0113588大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、厚生労働省が示していますように、勤務間インターバル制度とは、終業時刻から次の始業時刻の間に、一定時間以上の休息時間を確保する仕組みを指すものです。

従いまして、ケース①の場合ですと、御社の始業時刻となる8:00の前に前日からの継続した勤務が終わっておりますので、文字通り5:00で勤務終了(=インターバル時間開始)となります。

そして、ケース②の場合につきましても、同様の考え方で同じく5:00で勤務終了となります。

投稿日:2022/03/22 20:01 ID:QA-0113550

相談者より

ありがとうございます。
勉強になりました。

投稿日:2022/03/23 18:53 ID:QA-0113589大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
【無料DL】病院・医療現場向け2024年4 月の医師の働き方改革を見据えた勤怠管理の課題と、その対策とは

医療業界では長時間労働が問題となっており、深刻な医師不足が懸念されています。その結果、2024 年4月より、医師の働き方改革として、 時間外労働の上限規制をはじめとする法律の適用 が開始されます。本資料では、医師の働き方改革の概要とともに、医師の勤怠管理における課題例と対策のポイントを解説します。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード