企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キンムカンインターバルキセイ 勤務間インターバル規制

「勤務間インターバル規制」とは、時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。恒常的な長時間勤務や不規則な勤務体系の改善を目指す業界を中心に、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として注目を集めています。
(2012/8/27掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務間インターバル規制のケーススタディ

働く人の健康を守る労働時間の上限規制
“新3K”の汚名返上へIT業界が先陣

長時間労働の是正に資する政策というと、これまではもっぱら時間外割増率の引き上げが議論の中心でした。しかしながら、「働く人の心身の健康を保持する」という労働安全衛生の本来的な趣旨に照らせば、労働時間そのものに対する絶対的な上限の設定こそが、より実効性の高い規制として第一義的に検討されるべきでしょう。「勤務間インターバル規制」は、当日の勤務と次の日の勤務の間に決まった休息時間の確保が義務づけられることから、導入すれば過重労働の防止につながり、従業員の心身の負担を軽減することができると期待されています。

すでにEU(ヨーロッパ連合)加盟国では、1993年に制定されたEU労働時間指令によって、「24時間につき最低連続11時間の休息時間」を義務化する勤務間インターバル規制を定めています。例えば残業で午後11時まで働いたとすると、翌日の勤務は11時間のインターバルをはさんで、午前10時まで免除されることになります。この場合、勤務する会社の就業規則が始業の定時を午前9時と定めていても、定時までに出社する必要はなく、勤務に就かなかった9時から10時までの1時間分の賃金もカットされることはありません。

近年は日本でも、労働組合の主導で勤務間インターバル規制の導入に向けた取り組みが進められています。とりわけ積極的な姿勢を示しているのが、インターネット関連などの情報サービス産業。24時間対応を求められる仕事が多い業界で、以前から長時間労働や深夜にまで及ぶ不規則勤務の解決が課題とされてきました。一部では「きつい・厳しい・帰れない」の“新3K”職場の典型ともいわれ、離職率も高止まりしています。

そうした中、産業別労働組合の「情報労連」では先述したEUの取り組みに着目し、2009年の春季労使交渉(春闘)から「可能な組合においてはインターバル規制の導入に向けた労使間協議を促進する」ことを方針に掲げています。そして同年、傘下の「全国情報・通信・設備建設労働組合連合会」(通建連合)に加入する12社とKDDIで導入が実現し、翌2010年にはさらに通建連合加入の2社が導入を果たしました。

これらの事例をみると、いずれも勤務間のインターバルがEUの規制より短く設定されています。通建連合が定める基準では「最低でも8時間の休息を付与する」ことが条件ですが、個別の規制は加入企業によって8時間や10時間、あるいは8時間+通勤時間などさまざま。KDDIはインターバル時間を7時間と定めています。

2011年には、三菱重工の労組が本制度導入を要求して話題になりました。情報サービス業界に端を発した取り組みが、他の業種・職種に波及する可能性も大いにあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...

関連する記事

“働き方改革”で注目を集める 勤務間インターバル 制度設計と就業規則
現在、長時間労働是正の策の一つとして注目されている「勤務間インターバル」制度。どのような制度で、先行企業ではどのように導入されているのでしょうか。また、導入の際の法的問題点や社内規定の作り方とは?各項目について、詳しく解説します。
2017/07/10掲載人事・労務関連コラム
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
伊藤忠商事株式会社: 「多残業体質」から脱却し、効率的な働き方を実現する「朝型勤務」(前編)
伊藤忠商事では2014年5月から、20時以降の残業を原則禁止し、早朝(午前5~9時)に仕事をする「朝型勤務」を導入しました。これまでの残業ありきという働き方を見直すためには、思い切った意識と制度面の改革が必要と判断し、夜型の残業体質から朝型への勤務へと改めたの...
2015/01/19掲載となりの人事部

関連するQ&A

翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
勤務の区切りについて
お世話になっております。 勤務時間の区切りについて質問します。 所定労働時間が9時~18時の会社で、 「9時から勤務して翌日の朝10時まで勤務した場合、残業時間等の計算上、2日目の朝9時までの8時間を越える勤務時間を残業時間とし、2日目の9時~10時の1時間は通常勤務とする。」 これは、「始業時...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...