企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14905件   回答数31964

定年後再雇用者の副業について

当社では非常勤での定年後再雇用制度を運用しておりますが、再雇用者から副業の希望があった際に、正社員と同様に禁止することは可能でしょうか。非常勤で勤務時間が5時間強と短い為、希望も想定され、照会する次第です。

  • *****さん
  • 東京都
  • 証券
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/11/08 18:11
  • ID:QA-0052007

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/08 19:45
  • ID:QA-0052009

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

副業禁止について

副業の禁止については、法律の定めはなく会社の任意になりますので、その根拠として、就業規則等に明記してあることが必要です。

また、副業禁止に違反した従業員を解雇に対する解雇無効の争いでは、副業が具体的業務の影響がないとされ解雇無効となった例もあります。

労働時間カットや賃金カットを進めるには、副業を認めるのも選択肢であり、時代の流れで、そのような会社は増えています。

すなわち、なぜ副業禁止にするのかの理由、合理性がポイントであり、副業禁止に合理性がないようであれば、争った場合に、副業禁止は無効であるとされる可能性もあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/08 21:34
  • ID:QA-0052011

代表者

社会通念上必要な制限を求めるべき

勤務時間以外の時間の使い方は、 副業も含め、 個人の自由が原則ですが、 兼業による本業遂行への影響、 兼業先が同業の場合の秘密情報の漏洩、 風俗店などの場合のイメージダウン、 労災や通勤災害、 法定超の労働時間などの観点から、 使用者として、 社会通念上必要な制限を求めることが必要だと思います。 ご相談の非常勤・短時間勤務者に限れば、 実態的に問題が起きる可能性は少ないとは思われますが、 特定の個人だけの問題ではなく、 会社と社員間のルールとして、 就業規則等に、 一定の制限を設けることをお勧めします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/08 23:00
  • ID:QA-0052012

人事・経営コンサルタント

可能だが問題あり

副業禁止については憲法とのからみもあって、特に昨今は難しい問題となっています。これまでの慣例で副業禁止をうたっている場合でも、裁判にまで進めば必ず会社側主張が認められる訳ではありません。正社員ですらこのようなすう勢ですので、再雇用者で十分時間に余裕があり、なおかつ給与も低い社員であれば、業務遂行やイメージに支障が無い限りは認める方が無難な気がします。そうした申し合わせを用意されておいてはいかがでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/11/09 00:35
  • ID:QA-0052019

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、御社の就業規則の定め次第といえます。つまり非常勤の再雇用者まで適用範囲とされているか否かによりますが、特に判断出来るような規定内容が無ければ、再雇用者にも原則としまして適用されることとなります。

しかしながら、仮にそうなりますと実務上不合理な措置となる可能性がございます。5時間程度の勤務であれば短時間の副業をされても御社業務に直接の支障は無いものと考えられますので、場合によっては個人の自由を侵害するものとして問題になることも十分にありえます。

従いまして、対応としましては全面禁止は正社員のみとし、短時間雇用者につきましては御社と合わせて法定労働時間を超えない程度の仕事量であれば容認するといった措置が妥当といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年後再雇用時の給与
例えば、定年後再雇用時の給与設定が、定年時の60%としていた場合において、 定年後再雇用時に適当な職務が見つからないので、当人を週1日だけの出勤とし、給与を定年時の12%(60%×1/5)とすることは問題あるでしょうか?
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
定年後再雇用者の労働保険、社会保険の手続きについて
基本的な質問で申し訳ありませんが、当社で定年後再雇用される労働者がおります。 今後はこのようなケースが増える予定ですが、これまでほとんどなく、このような場合には実際にどのような手続きが必要になるのでしょうか。 必要な手続きをわかりやすくご教授ください。よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

副業
副業とは、本業とは別に副次的に行う仕事のことです。2018年には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を整備し、今後副業を推進することを発表しました。最近では、アルバイトに加え、プログラミングやライティング業務など、在宅で行える副業も増えています。(2016/11/30掲載)
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...