無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

高年齢雇用者の遠隔地勤務規定について

 お世話になります。

 当社では正規従業員が現任地から一定以上の距離にある遠隔地に転勤する場合、転勤手当、単身赴任手当、住宅補助という名目の月例手当を支給しております。

 60歳定年を迎えた後の従業員には正規従業員とは別の就業規則に基づく再雇用制度を敷いておりますが、その中において、「今までの勤務地がどこであるかを問わず、再雇用にあたっては新たに会社が示した地にて勤務することを受け入れて頂けるのであれば、その雇用契約を結ぶ(正規従業員には支給される上述のような手当支給の対象にはならない)」ことを意図した規定をすることは、問題がありますでしょうか?

 退職勧奨的な規定と捉えられなくもない気は致しますが、ご意見を頂ければと思います。

投稿日:2021/09/03 13:54 ID:QA-0107223

スイーツ男子さん
山梨県/半導体・電子・電気部品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容であれば勤務地を会社側が一方的に決める事が再雇用の条件とされている事になります。

そうなりますと会社側が遠方の勤務地を指定された場合に通勤が困難となる事態も当然起こりえますので、再雇用を阻害する条件設定といえます。

従いまして、ご認識の通り退職勧奨的な意味合いを持ちえますので、こうした内容の規定は当然避ける必要がございます。

投稿日:2021/09/03 18:01 ID:QA-0107229

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

提案は不当

▼正規・非正規間において「合理的な理由のない不利益な取扱いをしてはならない」というのが原則です。
▼今回の事案では、「会社提示の手当不支給に同意しなければ雇用契約をしない」という趣旨の提案は、不当だと判断されます。

投稿日:2021/09/03 20:15 ID:QA-0107232

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

文面を拝見する限り、恣意的に再雇用をさせないと感じてしまいます。

65歳までの雇用継続を妨げる内容となりますし、
転勤はさせる可能性があるが、転勤手当等は出さないということであれば、同一労働同一賃金にも反しますので、

トラブルに発展するリスクも大きいといえますので、避けるべきでしょう。

投稿日:2021/09/03 22:39 ID:QA-0107235

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

合理性

通常の社員にはなく、再雇用者だけ勤務地問わずの転勤義務を負わせることの合理的理由が説明出来る必要があります。通常そのような合理的理由はないので、リストラ、再雇用拒絶のためのハードルと取られる恐れがあるのではないでしょうか。

投稿日:2021/09/04 00:34 ID:QA-0107239

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード