【ヨミ】アプリシエイティブインクワイアリー AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)

「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略で、Appreciativeは「真価がわかる」「価値を認める」、Inquiryは「探求」「質問」などの意味を表します。AIは、米国で開発された人材開発や組織活性化のアプローチの一つ。ポジティブな問いや探求によって、個人と組織における強みや真価、成功要因を発見し、認め、それらの価値の可能性を最大限に活かした最も成果が上がる有効なしくみを生み出すためのプロセスを指します。
(2015/7/31掲載)

AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)のケーススタディ

問題解決だけでは人も組織も変わらない
ポジティブ・アプローチで強みを活かす

従来、組織活性化というと、「もっと成果を上げるために、何が問題になっているか」という問題解決型のアプローチが一般的でした。コンサルティングなどの現場でも、もっぱら阻害要因や問題点がフォーカスされ、それを解消するさまざまな取り組みと成果に、議論の重点が置かれていました。しかしそれは、基本的に製品の“品質改善”と同じ発想であり、組織をまるでモノや機械のようにとらえるアプローチであるともいえます。生身の人間によって構成される実際の組織は、「これをしたので、こういう結果になった」という、たんなるカイゼンの積み重ねだけで変わっていくわけではありません。個人と組織の可能性を活かして、より自律的で、よりダイナミックな変革を促すにはどうすればいいのか――そこで開発されたのが、「AI」=アプリシエイティブ・インクワイアリーの手法です。

AIは、組織の真価を肯定的な質問によって発見し、その可能性を拡張させるプロセス。米国ケース・ウエスタン・リザーブ大学のデービッド・クーパーライダー教授と、シンクタンクであるタオス・インスティチュート創設者のダイアナ・ホイットニー氏らによって、1987年にはじめて提唱されました。最大の特徴は、あるべき姿とのギャップを問題ととらえて解決していく“ギャップ・アプローチ”ではなく、あくまでも組織や個人の核となる資源、強みに目を向けて、その強みを最大限に活用しようとする“ポジティブ・アプローチ”を基盤としている点にあります。人事領域でも最近注目されつつあるポジティブ心理学の理論を、組織において実践する手法としても有効です。

したがってAIでは、「成果を上げるために、何が問題となっているか」と問うのではなく、「成果を上げるために、私たちが持っている力や強みは何か」を考えます。問題をなくすこと、つぶすことを組織改革の目的とするのではなく、問題を「もっとほしいものは何か」「一年後、私たちはどうなりたいか」といった視点でとらえ直します。このようなポジティブな問いかけによって顕在化していない力や強みを見出し、それらの真価を認め利用してほしいものを獲得していく。組織の理想像やあるべきビジョンを実現していく。そのためのアプローチがAIなのです。AIはインタビューや対話を用いながら、以下の「4Dサイクル」といわれるプロセスに沿って進められます。

<AIの4Dサイクル>
●Discover(発見)
 過去や現状における成功体験などについてインタビューを行い、個人や組織が潜在的に持っている強みを見出す

●Dream(夢)
 組織や個人の持つ長所や内在する可能性をもとに、組織の理想像・ビジョンを描く

●Design(設計)
 実現したい理想像やビジョンを共有し、可能性を最大限に生かした組織の姿を設計する

●Destiny(実行)
 その理想像の実現に向けてアクションプランを実行し、持続的に取り組む

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 人気順 古い順

*****さんが参考になったでオススメしました

千葉県 医療・福祉関連 2020/07/13

 

1件中1~1件を表示
  • 1

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード