企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウネンキンセイド 企業年金制度

企業が、従業員のより豊かな老後生活に備えるために導入する私的年金制度のこと。国が管理する公的年金の補完として位置づけられ、高齢化の進展とともにその役割はますます重要になっています。企業年金は元来、退職給付の一形態であり、退職一時金(いわゆる退職金)の分割払いという側面もあるため、基本的に企業側が年金の原資となる掛け金を負担し、管理・運営・給付を行います。
(2010/2/1掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業年金制度のケーススタディ

積立金不足で支給額の減額も
適格年金廃止で制度の見直しが加速

社員の高齢化や運用利回りの低下によって、企業年金は苦境に立たされています。年金の運営が、業績低迷や財務の悪化に拍車をかけて経営を圧迫、支給額の減額や制度終了に踏み切る企業も増えています。経営危機に陥り、2010年1月19日に会社更生法の適用を申請した日本航空は、再建のネックになっていた企業年金の減額を断行。退職者で3割、現役社員で5割という大幅カットは、日本の企業年金史上で最大規模の減額となりました。

企業年金制度には大きく、将来支払う給付額を決めておく「確定給付型」と、掛け金を決めて給付額は運用実績によって変動する「確定拠出型」の二つのタイプがあります。

確定給付型の中心は、かつては税制適格退職年金(適格年金)と厚生年金基金でした。税制適格退職年金は、企業が国税庁の承認を得て、信託銀行や生命保険会社など社外金融機関と契約を結び、将来の退職金支払いのために掛け金を積み立てるしくみ。企業が積み立てた資金を金融機関が企業にかわって運用し、年金として給付します。掛け金に対する税制優遇を伴い、その分企業負担が軽減されるのが同制度の特徴ですが、一方で免税額に上限が設けられている上、給付に必要なだけ積立をする義務もないため、中小企業を中心に積立不足が多発するという構造的な問題が以前から指摘されていました。確定給付企業年金が2001年に新設されたのを機に、税制適格退職年金は2012年3月末での廃止が決定しています。

厚生年金基金は、企業が厚生年金基金という別法人を設立し、公的年金である厚生年金保険の一部を代行するとともに、基金独自の給付を上乗せして支給するしくみです。運用利回りの低下に伴って、企業にとってはこの代行部分の負担が重くなり、近年、他の年金制度へ移行する動きが相次いでいます。

先述した確定給付企業年金は、加入者に約束した額が支払えないということにならないよう、毎年給付に必要な積立金が準備できているかチェックするしくみになっています。適格年金からの移行も増えていますが、年金資産の運用が低調で積立に不足が生じたら、一定期間内に補てんしなければならないため、企業のリスク負担は大きくなります。

こうした確定給付型の制度と大きく異なるのが、もう一つのタイプの企業年金――確定拠出年金です。確定拠出年金では、企業が負担する一定額の掛け金を加入者自らが運用。将来の給付額は運用の結果次第で変動します。つまり運用リスクは加入者自身が負うことになり、企業の負担は軽減されるわけです。  適格年金廃止が迫るなか、喫緊の経営課題として年金制度の見直しを進めている企業も少なくないでしょう。各制度の特徴をよく理解して、慎重に移行先を検討する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

退職年金制度
企業を退職した従業員(あるいはその遺族)に支払われる企業年金のこと。これまでの税制適格退職年金(以下、適格年金)や厚生年金基金が運用リスクに耐えられなくなり、確定拠出年金(日本版401k)や確定給付企業年金などの新しい制度に移行しつつあります。
キャッシュ・バランス・プラン
Cash Balance Plan。確定拠出型年金の特徴を取り入れた確定給付型年金です。米国の代表的なハイブリッド型(混合型)年金の一つで、日本では2002年4月に第一号が認可されました。CBと表記されることもあります。
確定拠出年金(日本版401k)
公的年金は、定年後の生活を支えるための重要な備えです。しかし、社会構造の変化や長寿化が進む現在の日本で安定した老後を迎えるには、公的年金に加えて、各個人が主体的に資産運用をする必要性があると考えられています。そこで注目を集めているのが確定拠出年金(日本版401k)です。ここでは、確定拠出年金の概要や...

関連する記事

「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
「企業年金コンサルティング」サービスの現状と傾向
「企業年金」は加入者の退職後の資産の一つである。しかも、公的年金同様、企業年金も適切な制度運用や環境の変化に応じたメンテナンスを行っていかないと、加入者にも企業自身にも思わぬダメージを与える可能性がある。専門的で分かりにくいといわれる「企業年金」についてポイン...
2007/09/10掲載人事支援サービスの傾向と選び方
岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの...
2005/03/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

確定給付企業年金における予定利率の設定について
確定給付企業年金において、年金財政上の予定利率はどのような根拠に基づいて設定、見直しを行ったら良いのでしょうか。
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
確定拠出年金の障害給付受給資格について
企業型の確定拠出年金で質問です。 給付の種類に障害給付金があるかと思いますが、受給資格は当該の障害等級のみになりますか? 例えば、加入して3年未満ですと掛け金を事業主に返還するようにしているのですが、 加入して3年未満の社員が当該の障害等級になった場合、障害給付金を給付する必要はありますか? また...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...