企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ネンキンイチゲンカ 年金一元化

職業別に分かれている公的年金制度を一本化し、保険料、給付水準の仕組みを同じくすることです。厚生年金と共済年金の統合を目指すのか、国民年金を含めたすべての公的年金の一本化を実現させるのか、さまざまな議論があります。
(2005/4/18掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年金一元化のケーススタディ

政府・与党が目指すのは
被用者年金の比例報酬部分の統合

政府・与党案では被用者年金の比例報酬部分の一元化に焦点を当てて論議が進められています。被用者年金とは、サラリーマンが加入する厚生年金と国家公務員などが加入する3つの共済年金の総称です。また比例報酬部分とは全国民共通の基礎年金に上乗せされる給付のことです。つまり政府・与党の一元化論は、国民年金にはない被用者年金の比例報酬部分の統合を目指すものと言えます。

経済財政諮問会議でも国民年金と被用者保険の一元化については、条件整備の問題や自営業者などに所得比例保険料負担を求めることができるかなど、問題点を指摘する意見が出されました。また、厚生年金と共済年金の一元化は比較的容易であると考えられるため、まずこれらの一元化を実現すべきとの意見があったことも併記されています。

しかし近年、厚生年金の対象者が減る一方、国民年金の対象者となる雇用者が増加して、年金制度と就業構造とのギャップが拡大しています。派遣社員やアルバイトなど雇用形態の多様化が進み、短期間労働者が増えているためです。国民年金対象者の就業形態別内訳を見ると、自営業者528万人に対して、雇用者は729万人で全体の約3分の1を占め、アルバイトも168万人となっています(社会保険庁調べ、2001年実績)。このため国民年金の対象となっている雇用者を含めた被用者全体の年金制度の統合を図るべきだとする意見もあります。

今年2月の党首討論で民主党の岡田代表は「国民年金を含めた年金の一元化を考えると理解していいのか」と迫りましたが、小泉首相は「できればそれが望ましいが、その過程で解決しなければならない問題が実に大きい」と述べ、議論は平行線をたどりました。このように年金一元化には広範囲な論点があります。議論をさらに進化させて、国民から信頼される確固とした年金制度を構築する必要があるのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

国民年金
「国民年金」とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。「日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方」は、全員が国民年金に加入する義務があります。俗にいう「第1号被保険者」の場合は保険料を自分で全額を直接収める必要がありますが、厚生年金に加入している場合は、保険料の一部が国民年金にまわされるた...
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...
年金改革
現在の年金制度の問題点を改革し、国民が安心できる制度にすること。2004年の年金改革では将来の給付水準の引き下げや保険料率の引き上げ、国庫負担の拡大などが盛り込まれました。

関連する記事

岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの...
2005/03/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
いよいよ10月から施行!企業担当者が押さえておくべき 「年金一元化」の改正ポイント
今まで共済年金と厚生年金に分かれていた公務員と会社員の年金は、平成27年10月1日、厚生年金に一元化(統合)されます。一元化による改正の影響は、制度が変わる公務員だけでなく、会社員にも及びます。今回は、会社の人事労務担当者にかかわりがあると思われる、いくつかの...
2015/11/09掲載人事・労務関連コラム
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

在職中に老齢厚生年金を繰り下げた場合
いつもお世話になっております。 年金の繰り下げについて教えてください。 66歳の従業員が1年間年金の繰り下げをしています。 S22.12.1生まれ 報酬月額 38万円 前年の給与総額 200万円 年金額(報酬比例部分)180万円 弊社としましては、給与を年金併用型にしたいので、7月から契約...
特別支給の老齢年金
再雇用制度における雇用を継続雇用制度にて考えております。そこで60歳の時点で昭和21年4月ですと、特別支給の老齢年金は報酬比例部分のみとなり、定額部分の支給は63歳からとなります。初歩的な質問でありますが、①特別支給の老齢年金(この場合報酬比例部分)は申請をしなければ支給されないのでしょうか?、申請...
年金の繰り下げ支給について
老齢年金、老齢厚生年金の繰り下げ支給について教えていただければと思います。1948年生まれの方が繰り下げ支給を行う場合、老齢基礎年金、老齢厚生年金共に65歳前に支給される部分についての繰り下げは出来るのでしょうか。繰り下げ出来るのは65歳以後に支給される部分だけと思っていました。勉強不足で申し訳あり...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...