企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ゲンテイセイシャイン 限定正社員

「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べると給与など待遇面は劣るものの、無期雇用で、福利厚生が受けられ、非正規社員より立場が安定するというメリットがあります。ただし、事業再編などに伴い、労働契約に定めた職務がなくなったり、務めていた事業所が閉鎖されたりした場合、通常の正社員より容易に解雇されるおそれがあります。
(2015/10/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定正社員のケーススタディ

改正労働契約法“5年ルール”の受け皿に
「企業側が簡単に解雇できる」は本当か!?

「正社員」という言い方はいつ頃から使われているのでしょうか。現在以上に人手不足が深刻だった1960年代の求人広告にはすでに「正社員募集」の記述があり、短い時間で働くパートタイマーや有期の契約社員といった新しい働き方が出てきたこの頃から、そうした雇用形態の人たちと区別するために「正社員」と呼び始めたと考えられています。

一般に正社員とは、「無期雇用」「直接雇用」「フルタイム」で働く労働者、あるいはそうした働き方を指します。正社員として採用された人の多くは、契約で定年までの長期雇用を保障されるかわりに、企業側から配置転換や残業を命じられ、原則的にどこで何をして働くかを自由に選ぶことはできません。これに対して「限定正社員」は、雇用期間に定めのない点は正社員と同じですが、勤務地、職務・職種、勤務時間のいずれか(または複数)をあらかじめ契約で特定した上で雇用関係を結びます。

勤務地や仕事内容を限って働く「限定正社員」は、労働者のワーク・ライフバランスと雇用の安定、そして企業の優秀な人材の確保を同時に実現する施策として、2013年に政府の規制改革会議などで推進の方針が示されました。議論が本格化した背景としては、同年4月に施行された改正労働契約法の影響も大きいといわれています。法改正により、同じ職場で5年を超えて働く契約社員やパートが希望すると、企業は無期雇用契約に切り替えなければならなくなりましたが、そうした働き手の多くは仕事の内容や勤務地が限定されているので、契約転換後は「限定正社員」が受け皿になると見込まれたのです。

とはいえ、こうした働き方・雇い方はとくに目新しいものではなく、政府の推進方針が出る前(2012年)に行われた厚生労働省の調査でも、およそ5割の企業がすでに限定正社員と呼べる制度を実施していました。07年にはユニクロが、転居を伴う異動がない地域限定正社員制度を取り入れ、話題を集めました。日本郵政も昨年4月から、新一般職という地域限定の正社員制度を導入。人事考課と本人の希望をもとに、昨春4700人、今春3000人を期間雇用社員から新一般職として採用しました。同社では民営化以降、期間雇用社員が定着せず、採用コストがかさんだことから、正社員比率を高めて人材確保を図りたい考えです。株式会社アイデムの研究部門である「アイデム 人と仕事研究所」が今年6月に実施した限定正社員に関する調査によると、同制度を導入した企業にそのメリットを尋ねたところ、「人件費の抑制」や「業務に習熟した人材の定着」「限定正社員のモチベーションの向上」といった回答が上位に挙がりました。また、現在正社員で働いている女性の45.0%が「勤務地限定正社員で働きたい」と答えています。

一方、限定正社員については、使用者側が「解雇しやすい」立場だとよく言われます。限定正社員の場合、職務や勤務地を雇用契約で限っているため、雇用の保障もその限りでしかなされないのは確かですが、だからといって、仕事や勤務先がなくなれば、企業が簡単に解雇できると考えるのは早計でしょう。解雇を避ける企業の努力義務が、正社員に比べて小さくなるだけであって、完全になくなるわけではないからです。先述の調査でも、約7割の企業が「限定正社員の解雇のしづらさは正社員と変わらない」と答えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
短時間正社員制度
正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事マネジメント「解体新書」第73回 多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~その可能性と雇用管理のあり方について考える~(前編)
政府と経済界の中で、正社員・非正社員の中間的な雇用区分と位置付けられる「限定正社員」を導入しようとする動きが活発化している。多様な働き方が求められる現代にあって、職種や勤務地、労働時間を限定し、期間の定めを設けず雇用しようとする新たな雇用モデルは、これまでの正...
2014/08/18掲載人事マネジメント解体新書
パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見え...
2014/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...