企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】タンジカンセイシャインセイド 短時間正社員制度

正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。
(2009/2/16掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短時間正社員制度のケーススタディ

「多様就業型ワークシェアリング」の代表的制度
働き手だけでなく導入する企業にもメリットが

短時間正社員の場合、仕事の内容や責任はフルタイム正社員と同じ。給与は就業時間に比例し、ボーナスや有給休暇なども保障されます。パートタイマーや派遣社員のように、雇用契約期間が限られることもありません。

フルタイム正社員から短時間正社員へ雇用形態を変更するにあたっては、育児や介護のために一時的に移行するケースと恒常的に移行するケースがあり、さらにパートタイマーから短時間正社員へと移行するケースも含めて、事業主には個々の働き手の希望や事情に応じた制度適用が求められます。

制度の普及・定着を進める厚生労働省が2008年末に開設したサイト「短時間正社員制度導入支援ナビ」(http://tanjikan.mhlw.go.jp/index.html)によると、短時間正社員制度のメリットは社員だけでなく、導入する企業にとっても少なくありません。なかでも「人材の新規獲得がむずかしい」「社員(とくに女性従業員)が定着しない」「雇用の維持がむずかしい」「社員のモチベーションが上がらない」などの課題に対して、効果が期待できるという調査結果が出ています。ただ実際の運用においては、たんに新しい雇用形態を認めるだけでなく、短い労働時間内でのスキルアップやフルタイム社員との仕事の分担、情報の共有をどうはかるか、公正な評価制度をどのように構築するかといった点も視野に入れた包括的な組織改革、人事制度改革が伴うことは言うまでもありません。

ワークシェアリングの視点からみると、短時間正社員制度はいわゆる「多様就業型ワークシェアリング」の代表的な制度です。一方、雇用不安の広がりをうけて、現在議論されているワークシェアリングは「緊急避難型」といわれるもの。企業の業績が悪化した際に一人当たりの労働時間を減らして総賃金を抑え雇用を守る一時的な対策で、働き方を改革して新たな雇用の創出や組織の活性化を促そうという短時間正社員制度とは、本来、趣旨やねらいが異なります。

先述のサイトでは本制度導入の注意点として、コスト削減など企業の都合で労働時間を短くするのではないかとの誤解をまねかないように、制度導入の必要性、従業員側のメリットを周知徹底するよう呼びかけています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第73回 多様な働き方が求められる時代、注目される“限定正社員”~その可能性と雇用管理のあり方について考える~(前編)
政府と経済界の中で、正社員・非正社員の中間的な雇用区分と位置付けられる「限定正社員」を導入しようとする動きが活発化している。多様な働き方が求められる現代にあって、職種や勤務地、労働時間を限定し、期間の定めを設けず雇用しようとする新たな雇用モデルは、これまでの正...
2014/08/18掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

正社員への退職金制度適用について
現在、弊社では正社員に対しての 退職金制度の見直しを考えています。 そこで質問なのですが 例えば同じ正社員の中でも ・退職金制度 ・確定拠出年金制度 ・支給なし 上記のように適用ルールを変えることは可能でしょうか? お手数ですがご教示ください。 よろしくお願いします。
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事制度 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...