【ヨミ】キカンジュウギョウイン 期間従業員(期間工)

期間従業員とは、繁忙期などの増産対策として、企業が就業期間を限定して直接雇用する契約社員のこと。自動車や電子部品などの製造ラインで単純労働に従事することが多く、期間工とも呼ばれます(これに対し、生産現場で働く正社員を本工、常用工といいます)。かつてはおもに農閑期の出稼ぎとして雇用されていましたが、バブル崩壊以降は日系ブラジル人などの外国人労働者やフリーターの割合が増えています。
(2009/11/20掲載)

期間従業員(期間工)のケーススタディ

需要回復と派遣法見直しで採用再開
大幅な雇用増につながるかは不透明

生産現場において、期間従業員という労働形態は、つねに雇用の調整弁として機能してきました。2004年に製造業への人材派遣が解禁されると、コスト削減や人数・契約期間に融通が利くなどの理由で派遣労働者への置き換えが進み、期間工としての雇用は激減。さらに08年秋の経済危機にともなう減産が重なり、大手メーカーでも期間従業員の採用は長く控えられていました。しかしここ最近の回復基調をうけて、09年秋以降、自動車各社を中心に採用再開が相次いでいます。

トヨタ自動車は同年9月、翌月から期間従業員を当初計画の倍にあたる約1,600人採用すると発表しました。同社の国内生産台数は、最も厳しい時期には1日あたり8,000台を割り込んでいましたが、その後は環境対応車への買い替え優遇税制(エコカー減税)や補助金制度などの政策効果もあって、販売が徐々に回復。増産への転換に対応するため、1年4ヵ月ぶりとなる期間従業員の採用再開に踏み切りました。

日産自動車でも、売れ行き好調な小型車の増産にあわせて、9ヵ月ぶりに期間従業員の採用を再開しました。従来は派遣社員が増産体制の主力を担っていましたが、政権交代にともなう製造業派遣禁止の流れを受けて、直接雇用の期間従業員に切り替える方針を示しました。

雇用面でも底打ち感が広がっているように見えますが、こうした動きが、今後のさらなる採用拡大につながっていくかどうかは不透明。景気の先行きが見極めにくいからです。政府の支援策の効果が切れれば、再び需要が失速する懸念がある上、期間従業員の契約を更新しない「雇い止め」などで世論の批判を浴びた教訓から、各社とも大幅採用には慎重な構えを崩していません。現に前出のトヨタでは、期間従業員の採用を再開する一方で、それ以上の追加雇用は難しいと判断。人手の足りない生産現場には09年度の大卒新入社員約900人を一時的に投入し、組み立て作業にあたらせるという“苦肉の増産体制”をとっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード