企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ギョウムイタク 業務委託

「業務委託」とは、企業に雇用されるのではなく、企業と対等な立場で、仕事単位で契約を結ぶ働き方のこと。契約形態には、委任契約と請負契約の2種類があります。委任契約は、成果や結果にかかわらず、一定期間に実際に遂行した業務に対して報酬が支払われます。請負契約は、役割を完了させることが任務となっており、納品物や成果物に対して報酬が支払われます。昨今では、企業の人件費削減の流れや働き方の多様化を背景に、業務委託が増加しています。
(2018/2/21掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務委託のケーススタディ

増加する雇用されない働き方
「業務委託」のメリットとデメリット

働き方に対する価値観が変化しつつあります。キャリアは“会社”で築くものという考え方から、より“仕事”に主軸を置いた、組織にとらわれないフリーランスや複業といった働き方が増えています。クラウドソーシングサービスのランサーズによると、日本におけるフリーランス数は、2016年の1,064万人から約105%増加し、2017年には1,122万人となっています。

多様な働き方が増えるにつれ、業務委託という契約形態もよく耳にするようになってきました。業務委託のメリット、デメリットはどんなものでしょうか。

まず、事業者側のメリットは、発注先の人材と雇用契約を結ぶ必要がないことです。従業員を抱えることで発生する毎月の給与のほか、健康保険や厚生年金、雇用保険といった社会保険料を負担する必要がありません。また、労働基準法の適用外となるため、最低賃金などを考慮する義務がなく、案件ごとの契約となるので、折り合いがつかなければ継続をせずに打ち切ることができます。

一方の受注者側には、時間や場所の拘束がなく自由に働くことができるメリットがあります。自分の得意分野を専門に仕事をすることができるため、会社内の異動のように、希望していない仕事を引き受ける必要もありません。子育てやリモートワークといった、各人のライフスタイルに合わせた働き方に加えて、業務委託は成果主義。努力や実力が認められれば、高収入に結びつくこともあります。

ただし、業務委託で仕事を受ける場合、人事労務面の保障を受けられない、継続的に仕事を受注できる保証がなく不安定である、といったデメリットもあります。また、最低賃金の概念も業務委託には適用されないため、場合によっては低賃金で働くことを余儀なくされるケースもあります。長時間労働が常態化した職場や、危険が伴う仕事が多い職場では、あえて業務委託契約として、労働者を使い捨てるような悪質な企業も存在しているようです。

広がりを見せる多様な働き方に対応するため、政府は検討会などを開いていますが、不当な契約で働く労働者を保護する法整備は、追いついていないのが実状です。会社員としての働き方と、雇用されない業務委託者としての働き方。契約内容をしっかりと吟味し、メリットとデメリットを自分の価値観と照らし合わせて考えることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

クラウドソーシング
働き方改革の影響を受け、副業をする人やフリーランスとして活躍する人が増えるなど、個人の働き方は大きく様変わりしています。企業にとっても雇用と外注における選択肢が増え、ビジネス環境に大きな変化をもたらしています。このような環境下、耳にする機会が増えているのが「クラウドソーシング」です。ここでは、クラウ...
個人請負労働者
企業と雇用関係を持たない個人請負の契約労働者を言います。最近、急増していると言われますが、労働基準法上の労働者に該当しないため、労働法などの保護の対象にはなりません。
最低賃金
働き方改革により同一労働同一賃金の考え方が認知され、賃金への意識が変わりつつあります。政府の重要施策の一つである最低賃金の引き上げは、非正規雇用者の賃金を底上げし、消費を拡大させて経済の好循環を目指すものです。最低賃金はほぼ例年改定されるため、制度を理解したうえで対応することが重要です。ここでは、最...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
最低賃金について
産業別最低賃金が適用される場合、その業種で働く事務職の方にも適用されるのでしょうか?
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...