企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カフェテリアプラン カフェテリアプラン

cafeteria plan。カフェテリアで好きな飲み物や料理を選ぶように、社員が会社から事前に与えられた一定のポイント(予算)の範囲内で、住宅、医療、介護、育児、自己啓発、リフレッシュなどの中から、自分の好みにあった福利厚生メニューを自由に選んで利用する「選択型福利厚生制度」のことです。1980年代に米国で広まりましたが、日本でも従業員の多様なニーズへの対応などを目的に、導入する企業が増えています。
(2004/10/15掲載)

カフェテリアプランのケーススタディ

様々な福利厚生メニューから
社員が自分で選んで利用する

日本では健康保険や社会保険が法定福利厚生費で完備されており、カフェテリアプランは法定外福利厚生費の範囲内で実施されています。最初に導入したのは通信教育大手のベネッセコーポレーションで1995年のことでした。厚生労働省が従業員数30人以上の企業約5300社を対象に行った「就労条件総合調査」(2003年2月集計)によると、カフェテリアプランを導入済みの企業は全体の1.2%と多くはありませんでしたが、従業員数1000人以上の企業で見ると、3.2%が導入済みで、24.8%が導入を検討しています。

家電大手の松下電器産業は今年7月、パナソニックモバイルコミュニケーション(旧松下通信工業)、松下電子部品など主要子会社を含む7万8000人を対象にカフェテリアプランを実施しました。会社が年間8万円を補助(来年7月から10万円に拡大)、社員は800ポイント(1ポイント=100円)を与えられ、住宅費補助、介護施設利用、人間ドッグ受診など22種類のメニューから必要な項目を選択する仕組みです。導入した理由について、同社広報では、

「ライフスタイルが多様化している現在、選択肢の少ない旧態依然の福利厚生制度では、社員は満足できないはずです。個々の社員のニーズに対応するためには、幅広い福利厚生制度が必要と考えました」 と説明しています。

また読売新聞によると、2002年6月に導入した大手ガラスメーカーの旭硝子の場合は、社員に年間1200ポイント(社宅・寮利用者は1000ポイント)が与えられ、1ポイント=100円として、本人が負担した金額の半分を上限に会社が支援するシステムになっています。当初のメニューは8分野24種類で、従来の福利厚生では含まれていなかった育児や介護分野なども新たに加わりました。

同社の導入後の1年間の導入実績を見てみると、全社でポイントの74.3%が利用されました。最も人気があったのは、財形住宅貯蓄支援(28.6%)で、以下、旅行・宿泊費支援(21.2%)、財形住宅・住宅金融公庫融資の利息支援(15.6%)の順でした。

企業がカフェテリアプランを導入するメリットとしては、(1)限られた予算内で従業員の多様なニーズに効率的に対応できる(2)従業員の福利厚生に関する関心が向上する(3)コストを抑えつつ新しいメニューを追加できる(4)社員の採用時に宣伝効果がある、などが挙げられます。しかし、その一方で(5)運用システムの管理に手間と費用がかかる(6)税制面での対応が遅れている、など課題も少なくありません。最近ではアウトソーシングも盛んになり、さまざまなメニューを提案・用意したり、ポイント管理システムなどを請け負う専門業者が増えつつあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ポイント制退職金制度
在職中の企業への貢献度に応じて、1年ごとにポイントを付与し、これを累積したものにポイント単価を掛け合わせて、退職金額を算出する制度のことです。賞与と同じように、退職金に報酬(成果の見返り)機能を持たせる点が特徴です。
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
福利厚生施策の実際
ここでは広義の人事制度の中から、注目度の高い「福利厚生施策」について、そのポイントを解説していく。
2017/06/30掲載よくわかる講座
福利厚生アウトソーシングサービスを徹底解説!おすすめサービスもご紹介
『日本の人事部』編集部が福利厚生アウトソーシングサービスを経営者・人事の視点で取材!サービスの選び方から、導入時の注意、活用の仕方までご紹介する。
2006/11/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
スーパーフレックス制度導入に際して
宜しくお願い申し上げます。 現在、弊社ではスーパーフレックス制度の導入を検討しております。 導入した場合、一般社員の制度利用に対して、管理者は会社の運営上の観点から拒否できるのでしょうか。 また、スーパーフレックス制の導入は会社全体ではなく、部単位での導入というのは可能でしょうか。
計画年休の適用範囲について
お世話になっております。 計画年休制度の導入を検討していますが、導入した場合、全社員に適用しなければならないものでしょうか。 一部の社員に計画年休制度を適用して、一部の社員には今までどおりとする。ということが可能かどうか。 宜しくお願い致します。 以上です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...