印刷する印刷する 

【ヨミ】エンゲージメント

エンゲージメント

エンゲージメントとは、社員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」を表すものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。
(2007/11/19掲載)

ケーススタディ

「組織力の強化」と「業績向上」には
個人と組織が共に成長する関係の構築が必要

昨今、企業における人事制度は大きく変化しています。終身雇用や年功序列といった従来の制度から成果主義型の報酬制度へ移行する企業が増えるなか、長期的な社員育成能力開発などの施策よりも、短期的な業績成果のみが重視されてきました。

その結果、より良い待遇や環境を求める動きが活発となり、人材の流動化が進んでいます。特に上昇志向が強く、キャリアアップやスキル向上を常に意識している優秀な人材は、自身のキャリアプランに合った環境を求めて転職するようになり、多くの企業が、将来を担う経営層候補の人材流出に頭を悩ませています。また、若手社員の3人に1人が辞めるなど、離職率の上昇と人材不足が深刻化しており、人材確保を経営の最重要課題の一つとして挙げる企業が増えています。

そうした背景から、組織は、個人の成長の後押しと、長期的な業績向上に向けた人事施策が重要だと改めて認識し始めました。そこで注目されるのが、「エンゲージメント」です。組織に対する単純なロイヤルティーや帰属意識を高めることとは異なり、個人と組織の成長の方向性が連動している、つまりお互いに貢献しあえるような関係の構築が重要だということです。

「個人の成長や働きがいを高めることは、組織価値を高める」「組織の成長が個人の成長や働きがいを高める」という考え方が社内に浸透し、各々が実感できれば、個人と組織がエンゲージメントされている環境といえるでしょう。そのレベルを高めることで、双方の満足度がアップし、組織力が強化され、ひいては業績向上も期待できます。

エンゲージメントを高めるには、個人の仕事の志向性に沿った環境や機会の提供を行う必要があります。そして、多様性や価値観を共有・評価し、自分たちが何をしたいか、どうなりたいかを対話することが、エンゲージメントの高い組織を実現する上で非常に重要です。

※株式会社ヒューマンバリュー サイト掲載記事に準拠し、『日本の人事部』編集部にて作成

新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。



新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...