企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エンゲージメント エンゲージメント

エンゲージメントとは、社員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」を表すものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。
(2007/11/19掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンゲージメントのケーススタディ

「組織力の強化」と「業績向上」には
個人と組織が共に成長する関係の構築が必要

昨今、企業における人事制度は大きく変化しています。終身雇用や年功序列といった従来の制度から成果主義型の報酬制度へ移行する企業が増えるなか、長期的な社員の育成や能力開発などの施策よりも、短期的な業績成果のみが重視されてきました。

その結果、より良い待遇や環境を求める動きが活発となり、人材の流動化が進んでいます。特に上昇志向が強く、キャリアアップやスキル向上を常に意識している優秀な人材は、自身のキャリアプランに合った環境を求めて転職するようになり、多くの企業が、将来を担う経営層候補の人材流出に頭を悩ませています。また、若手社員の3人に1人が辞めるなど、離職率の上昇と人材不足が深刻化しており、人材確保を経営の最重要課題の一つとして挙げる企業が増えています。

そうした背景から、組織は、個人の成長の後押しと、長期的な業績向上に向けた人事施策が重要だと改めて認識し始めました。そこで注目されるのが、「エンゲージメント」です。組織に対する単純なロイヤルティーや帰属意識を高めることとは異なり、個人と組織の成長の方向性が連動している、つまりお互いに貢献しあえるような関係の構築が重要だということです。

「個人の成長や働きがいを高めることは、組織価値を高める」「組織の成長が個人の成長や働きがいを高める」という考え方が社内に浸透し、各々が実感できれば、個人と組織がエンゲージメントされている環境といえるでしょう。そのレベルを高めることで、双方の満足度がアップし、組織力が強化され、ひいては業績向上も期待できます。

エンゲージメントを高めるには、個人の仕事の志向性に沿った環境や機会の提供を行う必要があります。そして、多様性や価値観を共有・評価し、自分たちが何をしたいか、どうなりたいかを対話することが、エンゲージメントの高い組織を実現する上で非常に重要です。

※株式会社ヒューマンバリュー サイト掲載記事に準拠し、『日本の人事部』編集部にて作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

組織社会化
組織研究において、新しく組織に加わったメンバーが、組織の目標を達成するために求められる役割や知識、規範、価値観などを獲得して、組織に適応していくプロセスのことを「組織社会化」といいます。個人が組織に参入するときは、必ずこの組織社会化の過程を通過しなければならないと考えられています。 (2012/5...
イグジット・マネジメント
「イグジット・マネジメント」(Exit Management)とは“組織の出口(exit)管理”を意味します。組織の健全な新陳代謝を促すために、雇用の入口にあたる採用の一方で、出口に相当する退職などの個人との関係解消についても戦略的に計画・管理する人材マネジメントのことです。社内外の流動化を高め、...
組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第55回 いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(前編)
近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境を提供し、社員はそれに応えて会社との信頼関係を深めながら、貢献していく。その結果、社員が会社や仕事・...
2012/04/27掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第42回 ベンチャー企業に学ぶ人材戦略(前編:解説) ~組織を“ベンチャー化”することで、人は成長していく
バブル崩壊後、日本を牽引してきた大企業が成長戦略を描き切れなくなっている。一方、成長著しいベンチャー企業は元気だ。何より、働く人のモチベーションと行動力が段違いだ。いったい、この違いを生むものは何なのか?
2010/10/25掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...