企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キュー ダブリュ エル QWL

「QWL」とは、Quality of Working Life(クオリティ・オブ・ワーキングライフ)の略で、日本語では「職場における勤労生活の質およびその向上に資する取り組み」を意味します。労働の機械化、標準化、画一化の推進が労働者におよぼす弊害――人間性の喪失や健康・精神衛生への悪影響を緩和するために、仕事のやりがいや働きやすさなど勤労生活それ自体の質的向上を重視する労働観、あるいはそれにもとづいて作業様式、職務内容、監督様式などを改善する諸施策の総称です。欧米では1960年代後半から注目されてきた考え方で、70年代に入ると、ILO(国際労働機関)やOECD(経済協力開発機構)など国際機関の積極的な関与もあり、世界的な関心を集めるようになりました。
(2016/8/5掲載)

QWLのケーススタディ

人間を疎外する労働の機械化、単純化への反省
働くことそれ自体の喜びを重視する労働観とは

賃金所得の多寡を労働問題における究極の関心事とするような旧来の労働観において、労働者の勤労生活の改善といえば、第一に、賃金や労働時間その他の雇用条件が向上することを意味します。ILOなどの国際専門機関が伝統的に推進してきた、いわゆる労働条件の改善です。具体的な内容としては、安全・衛生に関わる物理的作業条件の改善、賃金・諸手当などの雇用条件に関する団体交渉の保障、疾病・失業に対する保護、労働者の人格の保護などがあげられます。

これに対し、1960年代以降に新しく注目され、70、80年代にかけて世界的に広がった「QWL」は、働く行為それ自体における喜びや充足感をいかに高めるかという観点から、勤労生活の質的側面を重視する考え方です。それは、従来の国際機関や政府・労働組合などが追求してきた労働諸条件の改善とは、次元の異なる価値観でした。

第2次世界大戦後の物資不足を解消するために、欧米の工業先進国で採用され、急速に普及した大量生産方式の下では、労働の機械化、画一化、単純化が進み、人が仕事に順応することが求められました。その結果、人間性の喪失や健康・精神衛生上の問題といったリスクに晒される労働者が急増したことから、「QWL」が提唱され、人間が人間らしく働けるよう労働の質的向上を目指す取り組みとして注目を集めたのです。70年代には、アメリカの自動車産業を中心に、高賃金が保障されていたにもかかわらず、単調な作業や専制的な監督方式に労働者側の不満が集中。企業側はその対策として、従来のベルトコンベヤー方式をグループ生産方式に転換し、職務内容を拡大・充実させることで成果を上げました。

その後、経営のグローバル化や雇用の多様化が進み、大量生産方式にもとづく標準化、画一化された単純作業は、国内にあっては非正規労働者へ、国外にあっては発展途上国へ移転されるようになりました。さらに、二度の石油危機や世界経済の長期停滞を経験し、仕事や働き方の質そのものより、雇用の継続やワークライフバランスの確保といった勤労生活の全体に関わる問題が、人々の不満の対象となっていきました。その結果、労働それ自体の楽しさや働くことの喜び、充実感をいかにして高めるかを問うQWLへの社会的な関心は、90年代以降しだいに薄れていったのです。

しかしこの問題は、不断に問い直されるべき根本課題であり、その解もまた、時代とともにたえずアップデートされるべきなのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

組織の成功循環モデル
「組織の成功循環モデル」とは、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論で、組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程やしくみを明らかにしたものです。組織の成功循環モデルでは、成功や成果といった組織としての“結果の質”を高めるためには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互...
労働施策総合推進法
かつて「雇用対策法」と言われた法律が改正され、2018年に新たに制定された「労働施策総合推進法」。働き方改革の一環として、多様な働き方を促進させることを目的として改正されました。パワハラの防止も規定されているため、「パワハラ防止法」とも呼ばれていますが、同法ではフリーランスや時短労働など多様な働き方...
労働契約法
労働者を雇用する際、使用者と労働者の間で労働契約を結びます。現代は、社内に正社員やパート・アルバイト、契約社員などさまざまな雇用形態の労働者が混在するのが一般的。いかなる雇用形態であっても、労働者が安心して働けるよう定められているのが「労働契約法」です。

関連する記事

「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、 人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?
来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正する法律」(改正労働基準法)が施行される。長時間労働を抑制し、働く人の健康確保や仕事と生活の調和を図ることを目的としたこの法律。
2009/06/30掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
36協定(休日労働)について
当社は休日労働について36協定を届け出ておりますが、(4週に1日)この「労働させることができる休日」とは振替休日を採用している場合は「休日労働」とはならない解釈でよろしいでしょうか。代休の場合は当然「休日労働」となりますが、当社は振替休日を採用しております。よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...